気功はまだやるな。

気功はまだやるな。

気功は特殊能力ではありません。鍛練も必要ありません。左回り渦エネルギーで「辛い。」「ついてない。」そんな深刻な悩みがたちまち解消します。

tatat

こんにちは。気功整体師の岩瀬です。

 

軟酥(なんそ)の法というのをご存じでしょうか?

 

臨済宗白隠(はくいん)禅師の健康法です。


酥(そ)は、バターのようなもの。
鴨(かも)の卵大の丸薬(酥)を頭の上に置いていると、

イメージしながら、下丹田呼吸をはじめます。

 

その丸薬は、清色、芳香、滋養豊富。
この丸薬が、だんだんと溶けだし、頭から、胸部、腹部へと・・・


そして、軟酥の豊富な栄養は、心臓、肺、肝臓、胃腸、脾臓。

そのほかすべての臓器をはじめ、背骨、尾骨、手足の筋肉まで

いきわたり、足心に至って終わる。

・・・と、イメージしながら行います。

簡単に言うと、イメージをしながら行う丹田呼吸です。

 

臨済宗白隠(はくいん)禅師は
「この方法を何回も根気よく行えば、どんな病気でも治せないものはない。」さらには、
「また、どんな事業をやっても必ず成功する。その効果が早く現われるか、遅く現われるかは、これを行う人の熱心さいかんによる。」

とまで言っています。

 

この軟酥の法。に似せたわけではないのですが、

 

気をより実感していただくために

気のボール(?)の作り方を説明します。

 

まず、呼吸を整えます。

 

次に、両手の平を合わせ、5、6回こすり合わせます。

 

手の指には、N極・S極があります。

 

 

人間の身体には、0.06mA(ミリアンペア)という

微弱の電流(生体電流)が流れているのです。

微弱の電流なので、バチバチとか、ビリビリと感じることはありません。

 

それではまず、手のひらを向い合せ、

目には見えないが、手と手の間に風船があるかのように、イメージしてください。

この時、左手の親指と右手の親指、

そのほかの指もすべて向かい合うようにします。

 

そしてゆっくりと、両手をその風船をなでるように動かします。


右手を右回転させているときは、左手は逆回転、
左手が右回転の時は左手は逆に動かします。

温感・圧力感が生じてきたら気のボールが手の中にある証拠です。

これを、ひと呼吸で作れるようになるまで、やってみてください。

ポイントは、「できろできろ。」と力まないこと

そして、どんなストレス状況下でも
簡単に作れるようになるまで、挑戦してみてください。

また、できていない感を感じていても、
「やっぱりできるわけないよ」とおもってあきらめないで下さい。

最初はできていると思い込むこと。

そのうち必ず、「気のボール」は作れます。

 

できた気のボールを頭のてっぺん(百会)から、身体に取り込みます。

 



そしてその気は相手に送ることもできます。


与える側は、相手の頭頂部と自分の両手で気のボールを作る。
受け手はおへその下あたりで気のボールを作る。
そしてお互いに、できた気のボールが百会のツボを昇って
雲を超え、空を超えて宇宙に出た
事をイメージする。

 

宇宙には一切のノイズのないすばらしい「気」があり、
それを、息を吸い込む時、百会のツボから吸い込むイメージをする。


そして吐く息にのせて、「気」を手に流していく。
これが、宇宙の気を相手に送り込む方法です。


「しようと思わないでする。」ことが、最高のコツです。

 

1,000円整体についてくわしくはこちら

 

整体はうすほぐれーるは、当時の名称です。

 

 

 

※特別料金での開催です。先着1名限り。お急ぎください。

岩瀬のホームページはこちら→気功はまだやるな。

えっ!このカード1枚で、腰痛がたちまち消える?運気が上がる?

驚異の力!氣が出るカード?↓

 

気功カード

 

気功カード・ペンダントとは?

 

 

このブログの人気記事ベスト5は?

 

 →気功は危険なのか?魔法のカードとは?

 

 

岩瀬気功のホームページ