病院では治せないガンや難病が治り、若返れば言うことは無いでしょう。そのことが起こるのです。ガンや難病を奇跡的に治した事実は何回か説明しましたが、体が引き締まり、顔のしわが減り若返る、不思議というか、本当にそんなことが現実に起こるのかと、疑いたくなるような、不思議な奇跡が起こる事実の説明を致します。

 

なぜそのようなことが起こるかを先生に聞きました。先生の癒しの気は、アトピーに効果を出せる気だと言うのです。何院ものアトピーの人を治した事実からは、その場でアトピーがある、ぶつぶつだったり赤く腫れていた顔に手を翳した瞬間にぶつぶつや赤い顔が白くなったり、ぶつぶつが減るそうです。

 

このことから先生の気は、細胞を浄化させる力があるのです。体中の細胞を浄化させるために、細胞が若返りガンや難病を治すほかに、体中の要らないものすべてが無くなるので、スリムになり、しわが減り顔がきれいになり若返るのです。

 

最近のことで実際にガンや難病の効果が出て、スリムになり若返った人を二人紹介します。一人の方は、現在初期の乳癌で、施術を受けている方ですが、最初は、右の乳房に1,3ミリのガンがあったのですが、一か月後には、9ミリになり、2か月半経った、今は4ミリになったそうです。

 

それと同時に、何をしても痩せなかった体が痩せてスリムになり、顔も若返り、友人や旦那さんからも痩せた、きれいになったと言われているのです。いつも一緒にいる、旦那さんから言われると言うことは、相当の変化が無いと言われないのです。

 

もう一人の方は74歳になる、パーキンソン病の女性です。この方は歩くのがやっとで時には足が固まって歩けない状態でした。施術をして2か月になりますが、少しづつ歩けるようになり、施術後は普通に歩いて帰りますが、何回も脳に気を与えないと元には戻らないので時間はかかると思いますが、少しづつ良くなるでしょう。

 

顔ですが、しわくちゃで、自分で鏡を見るのが嫌だと言ってましたが、今では肌がつるつるになり、しわも減り、どう見ても60歳半ばの人にしか見えないそうです。

 

このような気の力のある先生は、凄い人だと思いますが、先生は、神の力を伝えているだけなので、気負うこともなく、宿命によってこの仕事をしているだけだと、淡々と答えていました。



■E先生の紹介をご希望の方へ

難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ 

カルマとは、前世に犯した罪と同じものが自分に来ると考えてください。人を悲しませたり、苦しめたり、した場合、人が苦しんだり、悲しんだり、と同じ悲しみや苦しみが自分に返ってくるのです。このことは先生よりお聞きしたすべてを書きました。

 

例えば、人を不幸にしたり、精神的に苦しめたりした場合は、不幸の度合いや精神的に苦しめた度合いによって、自分に降りかかるカルマが決まるのです。人を自殺の追い込んだりした場合は、重いカルマがついてきます。

 

そのカルマは同じような苦しみを与える場合もありますが、ガンや難病になり、死に至らしめる苦しさを負わせることもあるのです。人を何人も苦しめた人間は何回生まれ変わっても、人を苦しめたと回数と同じ分、すごい苦しみを味合わせられる運命にあります。

 

例えば一度目は、金持ちの家に生まれて、エリートで最高の会社に入り、美人な人と結婚して、かわいい子供が生まれるとして、ある日突然、女房と子供だ惨殺され、生きる望みを失い、絶望の果てに苦しみぬいて自殺をすると言うようなカルマが何回でもめぐるのです。

 

新しく生まれ変われば記憶もないので、周りから見ればなんでこの人が不幸に合うのか、と思いますが、前世のカルマがついているので、その時に何の悪いこともしないでも、カルマが罰を与えるのです。

 

どうすればカルマからときはなれるかは、苦しみや悲しみや不幸を受け入れて、耐えてまっとうに生きることだけを心掛けることです。なかなかできませんが、人を恨むことなく、自分の運命を受け入れて粛々と生きることです。

 

このことを行えば人生の旅立ちの時には、達成感と安らぎに満ち溢れ、今までの不幸や苦しみなど一切、遠い昔のように懐かしく思えてくるのです。そして卒業を迎えて、来生に生まれ変わるときには、カルマのない、人生が来るでしょう。

 

ガンや難病に罹り命を失う人も、カルマのせいかもしれませんが、その中でもチャンスを与えるに等しい人は、ガンや難病を治す人と巡り合うことが出来るのです。

 

もし死に直面するガンや難病が治ったら、感謝の心を持ち、自分に出来る施しを与えなければなりません。社会貢献や同じ病で困っている人を助けたりすることです。もしこれをやらない場合は、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」では時世にカルマが付くのです。

 

 

■E先生の紹介をご希望の方へ

難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ 

のど元過ぎれば熱さ忘れる、という言葉があるように、人間は苦しさから逃れたい時には、何でもよいから助けてくださいと、神頼みをしたり、必死の思いでガンや難病を治す力のあると思われる人を探すのですが、簡単に見つかるわけがありません。

 

皆さん、よく考えてください、現代医学でも進行性のガンやステージ4のガンは、病院の治療では治せないのです。難病も同じです。難病の要因は、原因不明の病が多く、分かっていることは、体を壊す免疫が出ていることにより、原因不明の病が発症することです。

 

治療方法は、悪い免疫を抑える、免疫抑制剤(ステロイド)の投与しかありませんが、副作用が付いてきます。良い免疫もストップさせるために、体に負担がかかり、内臓疾患やガンを発生させる原因になることが多く見られますが、この方法でしか抑制できないのも事実です。

 

このようにガンや難病に罹った方は必死の思いで奇跡を起こせる気功師を探すのですが、殆どの気功師はガンや難病を治せる力がありませんが、ホームページには、ズラーっと、ガンや難病をいとも簡単い治すことが書いてあります。

 

このことはさておき、本当にガンを治せるスピリチュアルヒーラーと縁で繋がったとしてガンや難病が治ったときに、殆どの人が、そんころの必死の思いから離れて、治ることになっていたと勘違いをしてしまうのです。その時の精神状況は、ガンや難病に罹り死を意識したころとは、まったく別の考えに代わってしまう人が多く見られます。

 

これではいけないのです。初心忘れべからずのごとく、奇跡の力で治ったときには、感謝の気持ちを一生持たなければいけないのです。もう一度もらった命を、ガンや難病の人に捧げなければいけないのです。このことは大げさなことでは無く、自分にできる範囲の小さな施しでよいのです。

 

先生からお話しを聞いて分かったことです亜が、ある人は難病に罹ったときには死をも覚悟した人ですが、治った今、同じ病で困っている方の目に留まるように、一日一回あるページにクリックしてくれるように頼んのですが、忙しいのでできないと言われたようです。たった30秒でできることを断ったのです。

 

病院で治らないガンの方を治した人もそのような人がいると言ってました。完治した今、協力をしないそうです。このことをしないからと言って法に触れるわけでもなく、何の咎めもありませんが、助からない命が助かったことに感謝をして、ほんの少しの施しを相手に与えることが、

 

これからの人生に影響が出ることを知るべきなのです。昔のことを忘れて自分勝手に切れば、必ず報いは来ると思います。このことは強要するものではなく、本人の自覚が必要ですので、それ以上のことは申しません。

 

このことは私なりに感じたことを申し上げたわけで、先生は、本人の自覚次第なので、自由に生きればそれでよいと言っていました。

一生を苦労なく過ごせるかは、全て本人の考え方次第だと言うことだと思いました。




■E先生の紹介をご希望の方へ

難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ 

このことは先生に聞いたことですが、最近になってヒーラーになりたいのでお話を聞かせてください、と言って電話をかけてきた人のお話しをします。この方は自分ではヒーラーになる力があると言っていたそうです。

 

どのくらいの気の力があるのかを聞いたところ、肩こりや腰痛程度は治せると言いました。そこで先生は、私の場合はこの力を人助けのために使うだけを考えて、今まで施術をしてきました。

 

この仕事を本格的に始めて約10年になりますが、最初のころは脳梗塞の後遺症の改善や原因不明の難病で頸椎にしこりのできた女性を治したり、膠原病やリュウマチ症の人に効果を与えたりしていました。

 

ガンを治せるようになったのは5年程前くらいからです。その前はガンに効果を与えられても完治にまでは結び付けられなかったと言います。いまになっては意識のある人で必死の思いがある人ならば、殆どガンを治せると言います。

 

このヒーラーになりたいと言う女性は、先生の助手に、何故先生はガンを消せる凄い力があるのに、テレビに出たり本を出したりして、有名になり、大きく手を広げようとしないのかといったそうです。

 

この考え方の時点で失格なのです。神から与えられた奇跡の力は、必要以上の金もうけをしてなならないのです。一生人助けをすると言うことは苦痛にもつながりますが、このことこそが先生に与えられた宿命だと言っています。

 

先生はお布施をいただいて施術をしますが、必要以上のお布施をいただこうとはしません。必死の思いになっていただくために、ガンや難病に効果のあった時点で感謝の気持ちのある方はお布施を受け付けますと書いてありますが、頂いたことは一度もないそうです。

 

二度ほどお布施を持ってきた方が居たと言います。一人の方はステージ4の乳癌が消えた人で50万円持ってきたそうです。もう一人の人は治らないと言われたガンの人が治り、100万円持ってきたそうですが、受け取らなかったそうです。

 

このように使命があって人助けをしていると言う自覚があってこそ、奇跡の起こせる気の力が強くなるのです。私利私欲に走れば奇跡の力は消えると言います。先生は一生修行の積み重ねだと言います。このことをすることで安らぎが生まれるのだそうです。

 

さきほどのヒーラーになりたいと言う女性に先生はアドバイスをしました。自分がヒーラーとしての力を知る必要があるので、まずは、いろいろな方に施術を試みることで、自分の気の力がどのくらいの病に通用するのかを知り、その時点で大げさな宣伝をせずに、

 

自分に治せる範囲の人に施術を施し、自分の力を磨くことでさらなる気の力が身に着くのです。自分お力が分かった時点で、絶対にしてはいけないことは、ガンや難病治せないのに治せると言うことは行けません。

 

金儲けだけに走っては行けなく、自分を磨く修行だと思ってすることで、達成感が生まれるのだと言います。そのことをしているうちに信用が付き、安定した生活と安堵感が訪れると言います。人それぞれに役割があり、このことを全うすることがこの世に生まれた意味です。

 


■E先生の紹介をご希望の方へ
難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ