皆さん、アリとキリギリスの話はご存じですよね。アリは小さな体で遊びもしないでせっせと働き、キリギリスは歌を歌い、自分が思うように過ごした結果、アリには仕事をした貯えがあり、年をとっても、その貯えで優雅に暮らした。しかし、キリギリスは、仕事も満足にしないで、青春を謳歌した日々を送っていたために、年を取って誰もが相手にしなくなり、仕事にもつけず、寂しい人生の週末を迎えることになる。というお話です。

 

人間に例えると、若いうちは、何をしても食べていける仕事に就けます。若いうちはきれいで、若いからと言って、ある程度のことは許されます。何をしても何をやっても自分の思うことができ、自分が自由に生きられます。

 

年を取ると体も衰え、醜くなり、いうことが効かなくなり、仕事にもつけず、自分で思ったこともできない状態になるのです。

若いうちは、未知の将来に希望が持て、希望に向かって生きるので、何とかなるという希望で、生きられるのですが錯覚なのです。

 

未知の将来は、将来に向かって目的のために自分で努力をして目的を達成するために計画をしなければ、達成できないのですが、

何とかなるという人は、そのうちに何とかなると言うような考えが離れずに、なんとなく生きてしまい、自分が年を取ったころには、仕事にもつけず、自分の思ったこともやれないようになるのです。

 

若いうちは有利に生きられますが、年を取ると年のハンデが付きまとい、自由に生きられなくなるのです。

若いうちに人生の経路をしっかりと計画をして生きる必要があるのです。

しっかりした人生の経路を作るには、早ければ早いほうが良いのですが、体が動き働けるうちは、ある程度の年齢は関係ありませんが、目的の範囲は制限させられてしまいます。

 

人によって、満足の度合いが違います。目的の幅は人それずれです。自分で楽しみを作り、ひっそな暮らしでも満足して生きられれば、それで良しです。

 

人間には能力の差がありますので、自分の能力の範囲内での努力を致した結果でよいのです。

それで満足して生きればよいのです。

 

人と比べてはなりません。自分の宇宙と人の宇宙は違うのです。

宇宙はつながっていますが、自分の考え方は宇宙で繋がってはいないのです。

 

人間は、一人一人が、一人の宇宙の中で生きているのです。

自分の考え方や思い方で、景色が変わり、喜怒哀楽も自分の感じ方でいかようにでもなるのです。

 

般若心経の五蘊がすべてを説いています。

色、受、想、行、識、です。形あるもの、熱い寒い、苦しい、爽快と感じること、何かをなそうとすること、残念に思うこと、

楽しい、と思うこと嫌だと思うことなど、全ては自分で作り出し、自分で感じていることなのです。

 

五蘊のすべてが空という意味は、自分の心が作り出しているもので、形あるものでも時間がたてば変化をして消滅するし、ものの考え方も自分で作り出したことであって、最初から何も存在しないものだということから空という。

 

付け加えますが、病院では治せないガンや難病の方は辛い人生を生き抜くには大変でしょうが、正しい考え方をもって希望をもって生きていれば、必ずガンや難病を治してくれる超能力者と縁で神様が結び付けてくれるでしょう。

 

お問い合わせはこちらから。 ◎病院の治療で治せない、ガンや難病や生活に支障のある病の方へお伝えします。
施術を受ける心構えとして、何を差し置いても病を治したいという必死の心境が必要です。
無難になんとなく治したいというのでは奇跡の効果を与えることはできません。
命の危機感をもってください。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

生きる意味とは、大きく分けて、修行によってカルマを拭うため、自分にしかできない社会貢献をするため、人として生きて正しいことを積み重ねて成長をするため、です。

 

正しいことをするためとは、出来るだけ人に迷惑をかけない、人を悲しませない、施しの心を持つ、自分にできる社会貢献をする、

というようなことを言うのです。

 

人間には煩悩が付いて生まれます。この煩悩が付くことで欲望が生まれ、性欲、食欲、強欲、をいかに抑制して、人に迷惑をかけないで生きるかによって、カルマが付くのです。

 

カルマを簡単に説明すると。前世で生きてきた中で、自分でしたことがそのまま帰ってくるということです。

人にやさしく、人に愛されるような生き方をすれば、そのことがカルマとなって来栖に繋がるのです。

人をいじめたり、嘘をついたり、人を不幸に陥れたりすれば、それと同じ罪がカルマとなってつくということです。

 

キリスト教などでは、懺悔をすれば罪は拭われるとありますが、この意味はこの世で生きている間は罪は問わないということですが、来栖に生まれた時には、その罪がカルマとなって憑くので、カルマを脱ぎ捨てるためのつらい修行が待っているのです。

 

辛いカルマから抜け出すためには、カルマを受け入れて、過去の反省をして、静かな心で生きるのです。

自分だけなぜ不幸なのかと思い、自棄になったり、人に危害を加えたり、不貞腐れたりすればするほど、カルマがのしかかるのです。

 

そして、自分にできる、施しをする、施しとは、人に対して優しくすることや親切にすることや自分にできる社会貢献をすることや自分を反省して自分を磨くことで来栖にはカルマが拭われるのです。

 

仮にカルマが弱くとも、人は欲望を求めてしまうのです。

そうすると、平凡なことがつまらなくなり、自分がワクワクすることを求めたり、自分の立場が向上することを求めたり、しなければ、生きるのがつらくなってしまうのです。

 

そこで自殺などすれば、修行を放棄したことになるので、次に生まれた時には、放棄したカルマが重くのしかかるのです。

人間は最後まで辛くとも生き抜かなければならないのです。

 

何でもよいので何か生きがいを見つけるのです。自分が没頭できることを探すのです。

例えば、少し早く起きて歩き、軽い体操をする、トレーニングをする、スポーツをする、スポーツ観戦を趣味とする、歌手の追っかけ、など自分を向上するためのことを何かするのです。

 

目標をクリアすると達成感が生まれ喜びを感じます。

そしてまた、少し上のレベルに挑戦するのです。

クリアするたびに喜びが生まれ、毎日の生活が楽しくなるのです。

 

人生は山登りと同じなのです。苦しい山を登り、丘にたどり着き達成感と喜びを感じますが、いつまでも同じ場所にいるとつまらなくなります。

さらに上の丘に向かって登るのです。登っているときには辛くとも、丘に就けば達成感と喜びが得られます。

 

人生とは山登りと同じように、絶えず困難にむかって、挑戦して乗り越える、この繰り返しをしなければ、つまらなくなり、生きるのが嫌になってしまうにです。

 

人生山登りと同じで、登っているときには辛くとも、登り切れば達成感と喜びが生まれ、人間が大きくなり、魂が磨かれます。

そうなれば、生きることが楽しくなり、人生の終着の時でも、満足感の中に安らぎの境地が生まれるのです。

 

生きてきてよかった、素晴らしい人生だった、安心してあの世に行けます。という、安らぎの境地にたどり着くことができるのです。このことが生きる意味なのです。

 

お問い合わせはこちらから。 ◎病院の治療で治せない、ガンや難病や生活に支障のある病の方へお伝えします。
施術を受ける心構えとして、何を差し置いても病を治したいという必死の心境が必要です。
無難になんとなく治したいというのでは奇跡の効果を与えることはできません。
命の危機感をもってください。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

下の文章は先生の書いたものです。

不幸に見舞われても心静かに受け入れていかにこの世を生きということを分かりやすく説明をしています。

 

自分が不幸だと、どうしても受け入れられずに、自暴自棄になったり、人を恨んだりしてしまうものですが、例え不幸でも、心静かな気持ちで、不幸を受け入れて、生きるということが、自分の行った罪から逃れることができ、来栖の人生に、不幸であれ、幸せであれ、大きな影響が及ぼすことを知りました。

 

[カルマとはカルマとは。サンクりット語で理解されるカルマとは、自分で行った行為により、良い行為にせよ、悪い行為にせよ、いずれは自分に帰ってくるという、
因果応報の法則のことであり、この世で自分の行った行為が来栖に結び付き、悪い行為を行えばそれと同じ悪いことが自分に帰ってくる。
良い行為を行えば、それと同じの幸せを得ることができるという考え方です。
今良くないことがある場合前世で生きた時に、人に与えた罪が自分に帰ってきたということです。
なぜ自分だけ不幸なのかと、不幸に生まれた親を恨んだり周りを妬んだり、自分を責めたりして、人に迷惑をかければかけるほど、カルマからは解放されず、
来栖に今のカルマが付いて回り、同じような不幸な人生になってしまうのです。
どうすれば来栖に今のカルマを脱ぎ捨てて、幸せな人生に結び付くのかは、今の不幸の状態でも、心静かに受け入れて、人を恨まず、自分にも優しく、周りの人にやさしく、自分にできるやさしさを伝えて、自分にできる仕事をこなし、じぶんにできる施しを心掛けることです。
辛く悲しいかもしれませんが、あがけばあがくほど自分が苦しくなり、来栖も不幸な人生に結び付けられてしまうのです。
例えばなぜ自分だけ難病やガンにかかってしまうのか、なぜ自分だけ不幸になるのか、という考え方は捨てて、辛く大変なことですが心静かに受け入れ、決して人を恨んだり、人に嫌なことをしないことです。
(宿命を受け入れ耐え忍び、自分にできる施しを心掛けて生きることです。)
さすれば来栖には、今のカルマが脱ぎ捨てられ、幸せなカルマが付き、幸せな人生を歩むことができるのですよ。]

 

お問い合わせはこちらから。 ◎病院の治療で治せない、ガンや難病や生活に支障のある病の方へお伝えします。
施術を受ける心構えとして、何を差し置いても病を治したいという必死の心境が必要です。
無難になんとなく治したいというのでは奇跡の効果を与えることはできません。
命の危機感をもってください。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

病院での狭窄症の治療は痛み止めを打つか、けん引するか、手術をするかしかありませんが、痛み止めを打っても薬が切れれば再び痛みが襲ってきます。

けん引してゆがみを取る方法もありますが、重度の狭窄症ではほとんど効き目がありません。

 

手術をした場合、手術後は痛みが取れますが、手術後は腰の筋肉をつける運動を相当しなければなりませんが、手術後に運動をする人はほとんど居ないというか、出来ないのです。ということで手術によって腰の筋肉が衰えるため、すぐに再発してということで、

現代医学でも狭窄症を治すのは難しいのです。

どうすれば狭窄症を治せるのでしょう。病院で治せないのでしたらこの世では治せないのですが。

 

この世では考えられない、癒しの超能力を持つ人にしか治せません。

ホームページを見ると、簡単にがんを治した。難病を治したと書いてある気功院が数多くみられますが、ほとんどが治した事実も実績もなく、ただ、難病やガンを治すと書いてあるだけなのです。

 

狭窄症を完治させたということを書いてある気功院は少なく、治したと書いてあっても、本当かどうか疑いたくなるようなことしか書いてありません。

 

前々から説明してますが、先生の場合、何人もの狭窄症や重度の腰痛や坐骨神経痛の人を何人も完治させているのです。

腰痛くらい、一般の気功整体や、針や、カイロプラクティックで治せると思っている人が殆どだと思いますが、

軽い腰痛程度でしたら一般の気功整体や針でも効果は出ると思います。

ただし、カイロプラクティックは骨の矯正なので、まかり間違えれば、腰痛がさらに強まる可能性があるのです。

 

ある人に聞きましたが腰痛で気功院にいって施術を受けたところさらに腰痛が悪化して、歩けなくなったという方がいました。

最近歓喜堂に来た狭窄症の人のことを書きたいと思います。

 

この方が来たのは一か月ほど前になります。病院では狭窄症と診断されたそうです。腰痛のために、仕事ができずに二月ほど休んでいたのです。

 

一回目の施術をした後には、腰の曲げ伸ばしが少しできるようになり、痛みが緩和したと言ってました。

それから、5回の施術をした後には、腰の痛みは無くなり、ある程度の仕事ができるようになりました。

 

日常生活は問題なくこなすことができるのですが、仕事で午後になると、少し腰に違和感が出ると言ってました。

痛みは無くなったのですから、施術を受ける必要は無くなったのですが、仕事をしても痛みが出なくなり、正常になるのにはもう少し施術を続ける必要があることを伝え、もう少し治るまで施術をすると言ってたそうです。

 

最後の説明しますが、皆さんこれだけのことを書いても、なんとなく、こんな人がいても良いいのではとか、このくらいのことができる人は他にもいるのでは、というような観単に思っている人がいると思いますが、

 

先生のように強い気の力を持つ人は居ないのですよ。

先生からも伝えるように言われていることがあります。がんや難病の人を治すのには、大変な労力がいります。

何回も何回も気を送り込まなければ効果は出ないのです。

 

数回の施術で自分の思っていたような効果が出ないと、すぐに文句を言う人もいます。

『凄い先生で凄い気の力だというので施術を受けたが、大したことが無くがっかりした』

『あと何回で治るのですか』『自分で思っていた効果が感じられない』

このような人もいます。

 

まずは受け入れる姿勢が正しく、必ず治してもらうという心と、死んだらすべては終わりだ、この世にとどまって、やり残したことをしてから旅立ちたい。生きるためだったら、自分にできるすべてをなげうっても治してもらいたい。

 

というような切羽詰まった必死の思いと、治すためだったら、何を失ってもという、自分にできることを捧げようとする、真剣な気持ちになっていただきたいと言っておられました。

 

先生は、お金をたくさん使いなさい、と言っているのではなく、何を失っても命を守りたいという思いになってもらいたいということなのです。それによって先生の施術の効果がより以上に出てくるからなのです。

 

お問い合わせはこちらから。 ◎病院の治療で治せない、ガンや難病や生活に支障のある病の方へお伝えします。
施術を受ける心構えとして、何を差し置いても病を治したいという必死の心境が必要です。
無難になんとなく治したいというのでは奇跡の効果を与えることはできません。
命の危機感をもってください。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

この方は左乳癌が大きくなり、激痛が走り、病院の治療では手術ができないために、施術を求めた人です。

先生が診たところ、幸いにも内臓には転移はしてなかったのですが、左の乳房は右に比べて三倍ほどガンのために腫れていました。

 

この方は週に三回の施術を繰り返し二か月経ったときには、ほぼ左の乳房と変わりがないくらいにガンが小さくなったのです。

このまま施術を続ければ、三か月後には治ると先生は思っていたようですが、経済的な理由と、病院の治療にするという考えになり、施術をやめてしまったのでした。

 

先生は、このままでは近い将来ガンが体の内部まで進行すると思ったので、メールで病院の治療で効果が無かったら再び来るように言いました。

 

すると、三か月後にメールが入り、病院の治療では治らないので、先生の施術を受けたいということで来たのです。

やはり三か月経っているので、左の乳房が最初の様にガンで大きくなっていました。

幸いなことに、リンパを伝わって肺や肝臓にはガンが進行してなかったのでした。

 

それから三回施術をするとガンで覆われた乳房が小さくなり始めたのです。本人も続けて来ていれば今頃は相当よくなっていることを思ったようでした。

 

一度施術をやめてしまったので、元通りの高い効果を出せるか心配でしたが、間をあけたのも関わらずに、効果は出ているようでした。最初からの施術になりましたが、時間はかかるが必ず治ると先生は言ってました。

 

この方の様に、途中の自己判断で施術をやめた方が再び考え方を変えればよいのですが、施術を途中でやめた人のほとんどは、病院を頼りにして、抗ガン剤を投与したり放射線治療をしたりするのです。

 

これで治れば何の問題はありませんが、現代医学ではステージ4以上のガンの人を治すまでには至らないのが現状なのです。

そのうちに、あきらめて緩和ケアーに入り人生を終わるのでは悔しさと残念な思いがあると思いませんか?

 

何に変えても何を失っても命があれば、もう一度やり残したことをして、悔いのない人生を歩めるのです。

この世に人として生まれ、中途半端な状態であの世に戻るのでは悔いが残るでしょう。再び命を取り戻せば、思い残すことが無い満足した人生の果てからあの世に旅立てるのです。

 

お問い合わせはこちらから。 ◎病院の治療で治せない、ガンや難病や生活に支障のある病の方へお伝えします。
施術を受ける心構えとして、何を差し置いても病を治したいという必死の心境が必要です。
無難になんとなく治したいというのでは奇跡の効果を与えることはできません。
命の危機感をもってください。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ