過去に紹介した。助かる可能性は1パーセント以下と医者から告げられた末期がんの方の今はどうしていると思いますか。

 

この方は直腸がんから腹膜に転移をしてしまい、腹膜には無数のガンが散らばっていた状態でした。

 

この方の妹さんが、E先生の施術で、大きな子宮筋腫を小さくしてもらい、子宮全体を取らなくてはならないのを、

 

子宮を残して手術をして、今は子供を産める体になったことで、末期ガンのお姉さんをE先生に紹介したのです。

 

施術を一週間に3回行いガンが消えたのは10か月ほどですが、施術をするたびに体調は良くなり、精神的に落ち込んでいましたが、明るく元気になりました。

 

10か月経ってガンが消えましたが、医者は(ガンが消えるわけがない、必ず体にガンが潜んでいる)と、その後2年間言い続けたのです。

 

今施術を受けてから3年半になりますが、元気に仕事をしています。

 

医者もさすがにガンが表れないので、ガンが消えた事実を受け入れるしかなかったのです。

 

いま、この方はメンテナンス程度に施術を受けに来ていますが、施術をすると疲れが取れて精神的に楽になると言います。

 

先生の不死儀な気の力は、ガンや難病に高い効果を与えるだけでなく、体中の要らないものすべてが浄化することです。

 

この方は体も健康に痩せて顔もきれいになり10歳若返ったのです。

 

決して大げさに説明をしているのではありません。このような奇跡が起こるのです。

 

このような凄い気の力を持っていても、先生はおごらず、自慢もせず、(神から与えられた宿命です)というのです。

 

先生の気の力は一般的に言う、気功とは少し違います。スピリチュアルヒーリングという生まれ持って与えられた奇跡の癒しの超能力なのです。

 

ガンや難病を治したのは、この方だけではなく何人ものガンや難病の人に高い効果を与えているのです。

 

私は先生のような人は日本には居ないと考えています。先生のように事実の映像やガンを難病を治したと言う記事は書かれてないのです。

 

もし先生のようにガンや難病を何人も治した事実があれば、自分は神のごとく自慢をして、本を出したりテレビに出たりして自慢をするでしょう。

 

ガンや難病に程々の効果を出せる人は居ると思いますが、完全にガンを消せる人間はE先生しか居ないと思います。

 

このことから本当にガンや難病を治せる人は居ないと思うのです。

 

 

■E先生の紹介をご希望の方へ

難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

負のエネルギーとは、人に怒りを感じたり、納得のいかない自分を責めたり、嫌な相手に仕返しをしてやろう、など、怒りを向けようとすることで起こるオーラのことです。

 

オーラとはその人自身の生命体であり、体から発する気のことです。

 

負のエネルギーで相手に嫌な思いを伝えたり、不幸になればいい気味だ、悪いことが起これば自業自得だ、など、相手を不幸にさせて満足のいくエネルギーです。

 

負のエネルギーを感じて、相手の不幸を喜んだり、仕返しをして納得したりしては、不幸が自分にも帰ってくるのです。

 

負のエネルギーを正のエネルギーに変えるには、相手の不幸を望んではいけないのです。

 

自分を反省して自分を磨き、今以上の自分に変えることが必要なのです。

 

どういうことかと言いますと、相手を恨んで不幸になることを望まずに、【自分が向上して見返してやる】と言うことです。

 

負のエネルギーは向上して見返すために、その悔しさをエネルギーとして、やる気を起こし、向上心を刺激します。

 

何もなかったら、面倒くさいとかやる気にならないなど、真剣に向上しようとはしないでしょう。

 

しかし、見返してやるという、負のエネルギーで、負のエネルギーが後押しをして、やる気を起こしてくれるのです。

 

負のエネルギーも正のエネルギーも強さは同じなのです。

 

正のエネルギーは、人を幸福にしてあげたい、良くなってもらいたい、など、相手の幸福を考えて実行することから、正のエネルギーが出るのです。

 

正のエネルギーも、自分が考えていることが起こるように、行動したり、気持ちを伝えたり、気を送ったり、と正のエネルギーを使います。

 

このように、正のエネルギーも負のエネルギーも、何かの目的を果たすためのエネルギーとなって、必要以上のやる気を起こしてくれるのです。

 

人の考え方はそれぞれです。納得のいかないことも沢山あります。

 

自分の立場で判断する人間がいかに多いかです。

 

自分の立場とは、自分は困らない、自分はそれで満足、それで十分では、というように自分が有利だと、人のことまで考えないからです。

 

しかし全ての人がそうではありません。良い人もいます。人を許すことが自分も許し、納得のいかないことでも、気にせず、自分のやり方でマイペースに向上心は絶やさずに生きることが全てなのです。

 

E先生はいつもこのようなことを言ってます。自分は人間の部分は沢山あるが、この意味を知っているだけでも、有意義に生きられます。

 


■E先生の紹介をご希望の方へ

難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

この前の記事を読めばクローン病の方の最初の状態が分かりますが、もう一度簡単に説明をします。

 

クローン病で最初に来た状態は、歩くのがやっとで車で来る場合でも、うつ伏せで来る状態でした。

 

そのころの一番深刻なのは、消化器官が機能しないために、無理に食べても消化しないことでした。

 

肛門に痔瘻が出来て膿が溜まり、三日に一度膿を出さなくてはならず、麻酔が効かないために麻酔なしで膿を出すために失心したのです。

 

歯茎は腫れて、舌も腫れ、肝臓も三倍に腫れ、胃は悪く小腸大腸は機能しない状態で、死を覚悟していたようです。

 

施術をしてから、三か月後には、肛門の膿は一月に一度しか溜まらなくなり、舌の腫れも引き、肝臓の腫れも少なくなり、食事も少しとれるようになったと言っています。

 

施術をするたびにクローン病の回復が診られるようになり、一年後には、80パーセント回復したのです。

 

今はメンテナンス程度の施術をしていますが、体調は9割以上の回復が診られます。

 

仕事も普通にしているそうです。本当に良かったと言う思いでいっぱいです。

 

E先生と巡り合えなかったら、死んでいたでしょう。このことを両親が心の底から感謝をしているのです。

 

E先生の気の力は、生まれ持って与えられた宿命の気の力である、スピリチュアルヒーリングというものです。

 

信じられないでしょうが、この奇跡の気の力で、クローン病のような難病やガンなどを治すのです。

 


■E先生の紹介をご希望の方へ

難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

 

 

固定観念とは、自分の描いている、思考や経験の中から、【これしか無い、これが正解だ、】と考え方が定着してしまうことです。

 

自分の描いている考え方や体験以外にも、違う見方の通りがあることを知り、自分の考え方と相手の考え方を比較をして、相手の考え方も素晴らしいと思ったら、取り入れることで向上します。

 

固定観念は強い思い込みが全てです。自分の考えの中で、これしか無いと思ったことが、固定観念です。

 

自分の経験の中で知っていることが全てではないと言うことです。

 

視野を広く持ち、このことはこれが絶対に正しいと思っても、強調せずに、言いきらないことで、たとえ間違っていても、言い訳が効きます。

 

どんなことでも、自分が正解だと言うことでも、強く言い切らないことで、協調が生まれ、相手の考えの聞く耳が持てるのです。

 

例えば、自分が100パーセント正しいとして、相手の正解は50パーセントとした場合、相手に自分の正しさを強調するでしょう。

 

すると、相手が不正解だと分かっても、反発して平行線をたどり、正しさを言えば言うほど、反発します。

 

自分が正しいとしても、逃げ道を作ってあげることです。

 

自分が正しいからと言って、追い込めば、窮鼠猫を噛むのことわざのように、反発されて嫌な気分になるのです。

 

固定観念はいりません。どこから考えても正しいとしても、もう一度思いを見直しながら、話したり行動することで、自分が失敗しないことと、相手を立てることに繋がります。

 

固定観念の思い込みはこだわりに繋がります。こだわってはなりません。柳のごとく雲のように、風に吹かれれば、風邪の方向に揺られ、風に逆らうことが無く、風邪がやむのを待てば、枝は折れません。

 

雲のように風に吹かれれば形を変えて、ふわふわと浮かび、やがては消えて、水蒸気になり消えていきます。

 

人生も同じです。与えられた能力と宿命の中で、気負うことなく、風に吹かれるままに、形を変え、風を読めば、方向も決まります。

 

E先生も同じことを言っています。先生の気の力は強くとも、役割分担で一般の気功師は自分に出来ることをしていればそれでよいのですと。

 

ガンや難病を治せることが全てではなく、(その人の能力の範囲内で人に喜びを与えればよいのです)と言ってます。

 


■E先生の紹介をご希望の方へ

難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療について

お問い合わせはこちらから。

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ