愛媛西条☆四季彩農園の農ある暮らし

愛媛西条☆四季彩農園の農ある暮らし

ぶどう・ブルーベリー、スナップえんどうや里いも、食卓を彩る食べ物を育てます。
作物ごとに、品種ごとに、それぞれの良さ・特徴があります。
その多様性を受け入れてそれぞれがその魅力を最大限発揮できるように育てています。

やぎ座四季彩農園 くだもの狩りと野菜の収穫体験をしています


blueberryブルーベリー狩り  2020年7月下旬オープン予定  詳細はこちら>>  

無農薬ブルーべりーについて


ぶどうぶどう狩り 2020年8月中旬オープン   詳細こちら>>
 減農薬でぶどう作りはこちら>>

 ぶどう狩りは予約制です、ご予約をお願いします。


プレゼント発送もしております 
>>ブルーベリーの通販(7月~8月、数量限定です) 
>>ぶどうの通販(8月~9月) 
>>スナップえんどう(2月~4月)



お問合せ・ご予約は  右矢印TEL0898-68-7936

農園のインスタグラム  右矢印こちら

農園へのアクセスは  右矢印こちら




掃除をしていたらひょっこり出てきました、10年と少し前に作ったぶどう狩り案内POP。
今とは栽培している品種が違いますね。

私のお気に入りは高墨。
甘すぎず、渋みというかコクというか少し大人な味がしたような記憶があります。



うちの農園にある歴史、想い、物語ってなんだろう。
この頃よく考えていました。

目に見えないものを形する、
それが私の中ではPOPを作ることであったり、写真を撮ってきてくださるお客様に紹介することでした。
パソコンにphotoshopをいれて、画像を編集して、手書きで紹介文をかき、品種名は段ボールで立体的に見せて…すごく手がこんでる。
ラミネートもして防水もしっかりさせてるけど、台紙はおちょっとしっかりしたお菓子の箱の底という、身近なもので!すぐできるもので!とにかく作れ!という気概がムンムン伝わってきます。笑
夜中までかかって他にもたくさんのものを作っていました。
一生懸命でした。


その気持ちだけが空回りして、
聞いて聞いて!見て見て!って半ば押し付けのように
お客様に伝えさせてもらっていた時もあったように思います…笑


でもこうして、目に見える形になると
父母と私のなかの共通言語、のようなものが出来て
見ている部分、目指す場所、大事にしたいことの輪郭も徐々にはっきりしてきたように思います



10年、12年くらい前かな。
こういうのを作ると、ばあちゃんが「いくちゃんは本当に器用やね~上手に作るわ~」と褒めてくれて、すごく嬉しかったです。
その時は、褒めてもらえることがただ嬉しかったのですが、
今思えばばあちゃんが農園に関わった長い時間があるからこそ、そう言っていたんだと思います。



また書きます。


秋が短くあっという間に冬へ、という感じですね。

農園のイチョウは黄色く
もみじは赤くなっていきます。


ぶどう畑、
春のスナップえんどうに向けて
土づくり、畝立て、マルチを張って、種まき。



土の中、水を吸って
あたたかな環境にいると種から芽を出し
根を張ってどんどん大きくなります。


誰にも教えてもらってなくても、そうなっていく生命。
神秘的で大きなエネルギーですね。




里芋の収穫をしたり
きゅうりの収穫をしたりして過ごす10月でした😊

今年はお米の収穫量が少なく
販売まで回らずとなってしまいました。。
すみません。


また気温が下がって季節は動いていきますね。
秋を楽しんでいきましょう😆

また一つ、季節は巡って、朝晩涼しくなり過ごしやすい9月下旬です。

ぶどう狩りが終わって1週間がたち、めちゃくちゃ暑かった8月なんて随分前のことのようで…

 

改めて、

今年もぶどう狩りにたくさんご来園ありがとうございました!

無事に収穫を終え、また一つ実を結ぶことができました。

ぶどうが丈夫に、しっかり育ってくれたこと、そしてかかわってくださる皆様のおかげです。

ありがとうございます。

 

image

 

 

思い返せば、父と母と一緒に農園を始めたころは

栽培方法も試行錯誤、出来栄えも決して最高のものではなかった年もありますし

(無農薬での栽培に挑戦し、収穫ゼロとなった年もありました)

ぶどう狩りのことをなかなか上手に周知もできず、

ぶどうは実ったもののシーズンが終わっても余ってしまった…ということもあります。

栽培でも、

PR面でも、

また私たちの目指すことと、当時のお客様から求められることが離れていたりして

いろんな面で、すごくすごく、しんどかった時もあります。

 

そんなこともきっかけで、アイデアをだし工夫し、私たちなりの農園の輪郭を少しずつ作ってきました。

 

今は西条市丹原町にはたくさんのぶどう農家がいてぶどう狩りのできる農園もいっぱいあることを

多くの方に知ってもらえて、

夏のぶどう狩りは年中行事!となっている家族さんも多いですし、

お問合せやご予約をたくさんいただき、

申し訳ないですがお断りしないといけないほどとなりました。

 

本当に、頑張ってきたな。……と

10年前や15年前の自分を思い出し、親の姿を思い出し、地域のみなさんのお顔を思い出し、

ずっと通ってくださってるお客様のお顔が浮かび…

なんだかジーンとします照れ

 

image

 

人間の思い通りにはいかない、

大きな自然と共に農業をしていますので

今も毎年、なんやかやとハプニングやドラマチックな展開はあります。

 

今年はシャインマスカットに「かすり症」が多く出てしまい、見た目の良さが落ちてしまいました。

栽培過程での要因・結果はしっかり受け止めて、

そして、やっぱりその都度都度、考えて工夫して進んでいくしかないなと思っています。

 

来てくださる皆さんに今年はこんな状況ですとお話しさせてもらって。

ありがたいことに、

おいしいぶどうだから、自然のことだから、とご理解いただける方が多く

同じ価値観を持つ方たちに囲まれて農業が出来ていることが本当に有難く思います。

 

 

ぶどうという商品を買うだけではなく、

ぶどうが実るまでの過程など栽培も含め、

栽培の方法とか、なぜそうするのかという私たちの考えも、

農園の雰囲気丸ごとを買っていただいているのかな、と思います。

 

これは、とても、とてもとてもすごいことだと思います。

農園に来てくださる方と、気持ちでもつながってるような感覚であり、

めっちゃ安心感のあるサポーターさんがいる感覚です。

ほんといつもありがとうございます爆  笑

 

image

 

感染症対策をとりつつのぶどう狩り開催となりました。

小さな農園で予約制ですし

テーブル・ベンチの数を減らして…となかなか予約のとりにくい状況が続きご迷惑おかけしました。

 

今後は持ち帰りや販売にももっと力を入れて、

ぶどう狩りじゃなくても、ぶどうを買えるスペースも作って行きたいなと思っています。

そしてこれからも、自宅で楽しむぶどうや、

大切な人へのプレゼント、

農園で食べるぶどう狩りも、いろいろなシーンで楽しんでもらえますように考えていきますね。

また来年、ぜひお立ち寄りください。

 

 


image

 

2020年、変化の年ですね。

生活が変わり、人付き合いも変わり、日常が変わっています。

それぞれの立場で、みんなそれぞれの考えでお互いを尊重しながらいけたらいいなと思います。

自分のことを自分で決めて、自分で責任を持って生きていける…

そう思えば、とても自由度の高い時代だと思います。

こんなに自由で高度な時代を作ってくれた前の時代、前の世代の人たちに感謝です。

 

そして、今、それぞれの立場・職場で頑張ってる方、

それは私たちみんなですが、、とっても頑張ってる!!めっちゃ頑張ってますよね!!

それぞれほっと一息つける時間や場所で、素の自分と対話する時間も持ちつつ、

自分の道を信じて、元気で楽しい毎日を過ごしましょうね爆  笑

 

 

これからも変化しつつ、続けていこうと思います。

つながりを大事にしたいなと、

メールでもやりとりさせてもらったり、インスタも始めてみました。

また良ければのぞいてください。

大事なことはブログでお知らせしています。ただ、更新頻度はとても低いです笑い泣き

 

 

さて、ぶどうの収穫を終えた農園では

早速春のスナップエンドウに向けた土づくりが始まっています。

里芋の収穫、稲刈りももうすぐです。

地道に、

土とともに、

すくすくのびのび、進んでいきます。