全国小学生棋童戦実行委員会公式blog

全国小学生棋童戦実行委員会公式blog

全国小学生棋童戦実行委員会の公式blogです。各地域の開催状況などご覧頂けます。

盛り上がった第1回全国小学生棋童戦全国大会。もうあれから1ヶ月。

 

大会の時に1ヶ月位したらお送りするとお約束した全国大会の資料は予定より少し遅れましたが、もうすぐ完成。来週以降順次発送します。もう少々お待ちください。

 

今回は数回分けて、大会のあれこれを振り替えたいと思います。

 

【大会前夜】

都道府県代表になったけど、本当に大会は開催されるの?

そんな子供たちの不安を払しょくするために、今回は代表の子供たち向けに招待状を発送しました。

※切手は特注です。

 

招待状は往復はがきになっていて、返信面はアンケートになっています。

名前、得意戦法、好きな駒、好きな棋士、将来の夢です。

 

好きな棋士の集計結果は以下のとおり。高学年と低学年で結構違いますね。

アンケートの詳細内容は、今回お送りする資料に収録しています。

 

好きな棋士    

 

高学年と羽生推し、低学年は藤井聡太推しが多かったです。

 

高学年 (39人)

羽生善治九段  14人

藤井聡太二冠   2人

佐藤天彦九段   2人

 

低学年 (36人)

藤井聡太二冠  13人

羽生善治九段   6人

永瀬拓矢王座   2人

 

 

 

昨日3月13日(土)、東京の築地本願寺にて第1回全国小学生棋童戦全国大会を開催致しました。

 

全国から予選を勝ち抜いた将棋キッズが集まり熱戦を繰り広げました。

 

予選は6~8名のリーグ戦で行い全勝者が決勝トーナメントに進出、初代棋童の座を賭けて対局しました。

 

決勝の結果は以下のとおりです。

 

【低学年の部】 

優勝 千葉県・尾崎篤泰君(初代棋童)

準優勝 奈良県・井上岳君

3位 愛知県・飯田啓吾君

4位 兵庫県・中西一稀君 

 

【高学年の部】 

優勝 新潟県・西村晃太君(初代棋童)

準優勝 滋賀県・松本佳大君

3位 静岡県・櫻井純之介君

4位 栃木県・阿久津颯人君

 

 

また全国大会に先立ち、全国42都道府県で計44の地方予選大会を開催することが出来ました。

(東京都は23区大会と東京多摩地区の2地域開催、またオンライン予選大会を1度開催)

 

地方大会の開催に当たって主催・運営を担ってくださった皆様に心より感謝を申し上げます。

 

また実行委員長の加藤一二三九段、司会ならびにテーマソング「目指すは棋童!」のボーカルも務めてくださった加藤桃子女流三段

当日指導対局を引き受けて下さった飯島栄治八段、八代弥七段にも感謝申し上げます。

 

初代棋童を決めるに相応しい会場を提供してくださった築地本願寺様、優勝賞品として素晴らしい駒を提供くださった将棋駒研究会の皆様など本当に多くの皆様に支えられ実現できた大会です。

 

本当にありがとうございました。

 

第2回以降の開催は現時点で未定ですが、また何かしらの動きや進捗がありましたらこのブログやTwitterでご案内させて頂きます。

 

 

棋童戦実行委員会

 

 

【会場の築地本願寺】

 

【実行委員長の加藤一二三九段】

 

【会場の様子。新型コロナ対策を徹底致しました】