涅槃寂静 | 吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

四法印について、
これまで説明してきましたが、

(これまで説明した四法印はこちら⇩

本日は、最後のひとつ、
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)
について記していきたいと思います。


涅槃寂静とは、
煩悩の炎が吹き消された悟りの世界(涅槃)は、
静かな安らぎの聖地である(寂静)
という教えです。

諸行無常、諸法無我の教えを理解し、
それにより自己をコントロールして生活すると、
心理に合致した完全な調和安らぎの状態になれます。

一方で、
諸行無常や諸法無我を自覚しないと、
様々な煩悩による苦に
苦しめられてしまいます。

まずは、互いに相依相関していることを理解することが、
寂静の地に近づく一歩
というところでしょうか。


話は変わりますが、
涅槃寂静は、漢字文化圏で
数字の単位として使われています。

1番大きい単位が「無量大数」ですが、
1番小さい単位は「涅槃寂静」です。
数字にすると、10のマイナス24乗だそうです。

最も小さな数が悟りの世界とは、
面白いですよね。


管理人