アライグマが屋根裏で子育て。取り残された赤ちゃんアライグマ? | アスワット大阪支社のきまぐれ日記

アスワット大阪支社のきまぐれ日記

関西で活動しているイタチ・アライグマ等害獣防除専門業者アスワットの大阪支社のブログです。害獣防除の日常業務などを綴っております!

毎日ほんとに忙しくイタチやアライグマ防除に走り回っております。季節柄この時期に有害獣防除のご依頼をくださいますお客様宅のほとんどが家屋内にて侵入動物が子育て中となっております。この時期に頻繁に動物の侵入のあるお宅は要注意ですよ。本日お伺いいたしました大阪府内のお客様宅は木造と鉄骨造りをリフォームにより繋いだ住宅でアライグマが2階壁内で子育てをしているケース。

 

お客様が言われるには足音の感じからしてこの2・3日間は母アライグマが赤ちゃんアライグマのもとを離れたまま帰って来てないようで、母アライグマの足音がしなくなった頃から壁内から聞こえる赤ちゃんアライグマの鳴き声が日に日に弱くなってきているとの事。

 

育児放棄か?それとも母アライグマが餌をとりに外へ出た際に事故にあったか捕獲されたか?などなど母アライグマが何らかのアクシデントに遭った可能性が考えられます。いずれにしろ残された赤ちゃんアライグマは壁内で死んでしまいますので腐敗などの二次被害が発生しますのでなんとかしないといけませんわ!

 

母親と赤ちゃんが共に生息している状態では母アライグマに赤ちゃんを1頭づつ咥えて家屋外へ連れて出て行かすように親子セットで忌避施工をする事が可能ですが赤ちゃんだけ取り残されている場合は人の手で直接取り出さなければいけません。アライグマは特定外来生物に指定されている動物で外来生物法により原則として運搬などの行為も禁止されています。特に野外に放つ行為はとてもとても重い罪になります。大阪府では各市町村で登録手続きを行う事で外来生物法に基づく捕獲が可能となります。

 

お客様宅の管轄する農林水産課に朝一番に事情を説明、相談し赤ちゃんアライグマを壁内からの取り出し捕獲許可をもらいましたので作業開始。アライグマを含めた野生動物を捕獲しようとする場合は許可や登録の手続きが必要です。

 

取り出しましたアライグマ赤ちゃん。

 

鳴き声の聞こえる壁に点検口を作成。開口すると赤ちゃんアライグマが見えましたので捕獲。

 

リフォームで木造と鉄骨を繋いだ箇所の壁内空間に4頭生息していました。

 

捕獲については僕が出来るのは法的にここまで。農林水産課の職員さんがすぐに回収に来て下さり無事に引き渡し完了となりました。

今後は2度とこのような事がおきないように侵入口を封鎖する事が重要となります!

 

特定外来生物に指定されるアライグマは日本の野生にいてならない動物とされます。これってアライグマを安易に輸入した人間の責任ですよね!

 

★★★★★       ★★★★★       ★★★★★ 

 

害獣防除専門業者アスワットのサイトです!

イメージ 1

 

 

よければ以下のアスワット関連ブログもご覧ください!

アスワット奮闘記

 

  いたちものがかり