部活動 / club at school

テーマ:
長男の部活がインターハイへ。うれしいですね。

そんな日に、わたしは上の息子たちの部活を振り返ってました。
わたしも夫も、高校時代はあまり部活に打ち込まなかったタイプ。
どこかで息子たちには打ち込んで欲しいなと思ってました。
が、やはり厳しかったようで。
最後まで続けてるのは本当に偉いけど、高校に入ってからはあまり楽しめてないようです。
縦社会とか不合理とか、そういうのを部活って学べるイメージがあるけど、わたしは昔から苦手でね。
息子たちにはできるんじゃと思ってたけど、できなかった。
当然よね、そしてこれからの時代は、その方がいいとも思うのよね。
三男は部活を楽しんでるけど、どうかな。



My first son’s club won the match and is going to the match all Japan.
It is very exciting.

I looked back my sons’ clubs at school.
My husband and I couldn’t focus on the clubs when we were high school students and we want my sons to enjoy them.
But it is very tough for them.
They have belonged to the club at the end but they can’t enjoy them at high school.
Japan clubs at school are strange where we can learn unreasonable and longitudinal society. 
I was and am bad at unreasonable and longitudinal society. 
But my hope has been my sons can overcome it.
However they can’t.
It is natural and sure for them.
My youngest son enjoys the club but nobody knows what will happen to him at high school.

回復 / recovery

テーマ:
仕事でしばらく休みがなかったので、今日はよく寝た。回復した。
明日、日曜日はもう少し何かしよう。
まずは長男の部活の仕事をしなきゃ。


I haven’t taken holidays because of the work.
I took a long nap today.
I have recovered.
I will try some productive things tomorrow on Sunday.
I will have to work for my first son’s Japanese archery club.

Have a nice weekend.
三男がテニス部に入り、5月末から本格的に練習に参加しはじめた。
小学校入学前から通うテニススクールも続けている。
最近、テニススクールでの練習を見ていると、急にうまくなった。
ずーっと進歩がゆっくりだった三男。
急な変化にびっくり。
部活で走り込みするからかな?
部活の顧問の教え方がうまい?
なんにせよ、わたしも三男もうれしいです。



My youngest son joined the tennis club at school as I mentioned.
He started to join the activities at the end of May.
I found his changing.
He counties the tennis school as well.
I can watch his tennis there.
He has been there for more than 6 years but his progress has been slow compared with his friends.
However, after he joined the tennis club, he was better at tennis dramatically.
I am not sure why his progress has been moved forward.
Is it good for him to run at the club?
Is his coach good for him?
Anyway he and I are happy.

長男の部活のランチ会に行きました。
長男は中高の最高学年なので、同じテーブルのお母様たちにいろいろと教えることができて、役に立ててよかったです。
お母様たちが言うには、後輩たちはみんな先輩を尊敬していて、お母様の言うことより先輩の言うことを聞くらしい。
うちの息子がそうだとはとても思えないけど。
長男に、後輩が見てるからきちんとした行動をしなさいと言わないと。


I joined a lunch of mothers of my first son’s club.
He is in the top grade now and I was happy that I told the mothers sitting in the same table something I experienced.
They told me that their sons and daughters are proud of older students like my son and they believe the older students more than their mothers.
I was surprised because my son doesn’t look mature enough to be admired by younger students.
I will tell him to behave as a role model of the younger students.


ブログに英語をつけはじめて、だいぶ慣れてきましたが、最近やり方をちょっと変えました。
前は、日本語を書いて、あとから翻訳した英語をつけてましたが、今はまず英語で書いて、日本語で同じ意味の文章をつけてます。
こっちのがずっと簡単。
日本語から英語に訳すのは、たとえ自分で書いたものでも難しい。
通訳さんってすごいですよね。
それに英語を先に書くほうがより英語力向上に役立ちそう。


I changed the way to write my blog recently.
I wrote in Japanese first and translated it into English.
Now I write in English first and write the same contents in Japanese after that.
It is more comfortable for me because translation from Japanese into English is sometimes tough.
In addition it is good to train English skills as well.
大先輩の女性も一緒に女子会。
以前行われたUS女性エグゼクティブとのラウンドテーブルから生まれた企画でした。
同じ悩みを認識して、いろんな経験談をシェアし合おうということになったんです。
いろんなdeepな経験談を聞けて嬉しかったです。
会社をよりよくしようという観点では先輩方とも変わらない思いがあることがわかりました。
が、キャリアに関する考え方は、会社に帰属意識を持つか持たないかの違いもあり、異なる点もあります。 
私は迷ってるんですよね。
自分のキャリアを追求すべきか、会社の将来を中心に考えるべきかを。
そのことがより明確になりました。
これからもずっと考え続けて、いつかなんらかの結論を出すのかな。
とにかく楽しかったです。


We had a ladies’ dinner last night.
It was from the round table with the female executive from the US the other day.
We identified the common worries and planned to communicate each other at that time.
I was happy to hear some female executives’ deep experience.
I thought they looked far from me but I found the same thoughts we want the company to become better.
But I found the difference about thinking way of the career.
I am worried about the priority on which is higher, my own career or the future of our company from the discussion.
I will think of it by myself.
Anyway I enjoyed it so much.

NY出張 / business trip to NY

テーマ:
NY弾丸出張。
お客様をお連れして、私たちのベストソリューションをお見せし、ディスカッションもしました。
非常に有意義な時間を過ごすことができ、得られた結果にも満足してます。
時差ボケだけは厳しかったけど。
私の英語力はだいぶ上がったようで、ほとんど言語で困ることがなくなりました。

今日は金曜日。
長かった1週間もやっと終わります。


I went on a business trip to NY for a few days.
I went to see our best solutions with my client.
We had a great time and I got better result than I had expected.
I was satisfied with it,
Hawever I struggled with jet lag.
My English skills have been improved and I didn’t have any big troubles of language.

Today is Friday and I will finish the work of this week.
三男の学校で個人面談があった。
成績を見せられた。
ひどかった。
長男の中1の頃をまた思い出した。
まぁ、いろいろ言われた。

三男は一度もまともに成し遂げたことがない。
中学受験は間違いなくそうだ。
学校選びとしてはこれもありかなと思ってたのでいいんだけど。
気になってはいたのだ。
失敗は失敗なんだけど、それをちゃんと消化してないんじゃないかと思って。
褒めて育つ子供はもともとちゃんとしてるんだよね。
失敗して、「俺ってダメだな」と思ったときが成長のときなんじゃないかと思う。

中学生男子はいろいろ大変だな。
長男次男を育てたときより私が忙しくなったし。

がんばんなきゃ。


I went to my youngest son’s school to meet with his teacher.
I was showed his interim result.
It disappointed me.
I remembered my first son when he was in the same grade as my youngest.
I was told some things by his teacher.

I have never found my youngest has achieved something.
His challenge to enter junior high school must have failed.
His junior school was selected because we were interested in its way of education, though.
I have had concerns about that he didn’t reflect his failure.
He isn’t a child who grows up well being praised because he can’t do well without being told.
He needs the experience in which he feels he doesn’t well to grow up well.

It is tough for me to raise junior high school sons.
I am busier than when I raised my twin boys.

I will do my best.

出来損ない / Nonstarter

テーマ:
あまり息子たちに怒らないのだけれど。
昨夜は三男を本気で怒った。
怒りながら、長男の中1時代を思い出した。
この人、本当に大丈夫かな?暖簾に腕押しだなと思いながら、絶対に本気だとわからせてやると思いながら怒る感じ。
あとで長男も「まるで俺の中1の頃を見ているようだ。出来損ないだな。」と言っていましI た。
道のりは長いな…。

I often am not angry at my sons.
However, I got angry at my youngest son last night.
During being angry, I was remembering my first son when he was the same age as my youngest.
I was and am angry thinking if he is OK or that it is like beating the air.
Later my first son told me that my youngest looked  like himself when he was in the seventh grade.
How far do I have to be worried about my youngest son?

有識者会議 / Experts meeting

テーマ:
有識者会議に出ました。
みなさん、すごいですね。
とにかくよくお話になる。
日本人でもこんなに議論討論好きがいることに驚き、そして安心しました。
アメリカのビジネススクールに1週間行ったときに、つくづく世界のみなさんは話したいことがあるなと思ったけど、日本にもいるんだ。
私が自覚したのは、議論があまり好きでないこと。
昔からそうだったかもしれないな。
自分で考えるのは好きだけど、人々とそれを交換するのはそこそこに、とにかく実践してみたくなる人のようです。
ある意味、忍耐力がないのですね。

例えば、私は女性が子育てをしながら働くのが難しい業界で、まだ難しいと言われていた時代に、どちらかと言うと社会に発信することなく、黙々と実践してきた。
結果で「できないことはないよね。」と示してきた。
仕事もそうだ。
あーだこうだ言ってないで、一歩でも前に進めて、それから議論しませんか?という思想だ。
ただ、社会を変えるには、両方必要だと思う。
私のような実践型は、草の根になりやすい。
結局あまり議論しないし。笑
なぜなら次の実践に向かってしまうから。
実践である程度結果が出ると興味を失ってしまうから。
ここが私の弱点でもあるんだろうが、たぶん人並み外れた実践力があるからいいことにしよう。
つまり、私のように、思い立ったら吉日で、多少失敗したり理解されなかったりしても実践できる人はあまりいなくて、ほとんどの人は立ちすくんでしまう。
だから、議論をしてどうすべきかを話し合う。
人々は集うから生き残ってきたんだ。
で、その議論から社会が変わっていく。

私はなぜ実践するのか。
一つは、実践が得意だから。実践のための方法なら思いつき、そして結構確信して(あまり根拠なくても)一歩を踏み出せる。怖くない。
二つ目は、人の目をあまり気にしないんだろう。全く気にしないわけではない。ただ、実践するときには、実践への意欲の方が上回る。

一つ目は、我が家が理系だったからかな。とにかく実験。試す。という発想がベースなんだろう。
二つ目はなぜか。
加えて、育った土地柄が保守的で、おとなしくしていてもどっちみちみんなと同じことはできないから、いっそのこと変わり者のポジションを取ることになったのかな。
我が家自体が、よそ者だったからね。
これが、男性社会でここまできた理由でもあろう。
人と違っている方が心地いいんだね、私って。

有識者会議には普段出会えないような方々が来てましたので、keep in touchで行こうと思います。


I had an experts meeting.
I was surprised that the experts spoke a lot.
I was impressed and pleased that there are many people who like discussions in Japan.
When I was in the business school in the US for a week, I was surprised that the people had many things to speak in the world but I found the people in Japan as well.
I was aware that I didn’t like discussing so much.
I might like thinking alone but like practicing instead of exchanging ideas with others.

For example I balanced between work and life silently in the industry and the timing which was said that it was hard for working mothers to keep the work.
I have showed that we can do it as a result.
The work is the same as it.
The way of my thinking is that discussion is to be after stepping forward.
But I think both of discussion and practice are needed in order to change the world.
The practice person like me tends to share the knowledge and experience with limited people.
I don’t have enough discussion after practicing because I will be interested in the next practice.
It is my weakness but it is OK because I might have excellent abilities to practice.
There are few people who begin to practice when they get some ideas without taking care of the world.
Many stop in the case.
Therefore they discuss how to do.
Human beings have survived because they supported each other.
The discussion is changing the world.

Why am I always practicing?
One is that I am good at practicing. I can find the steps for practicing and step forward without fears.
Another is that I don’t care how I am looked at by others. I care a little bit but interest in practicing is more than caring others.

The reasons why.
For the first my family was scientific oriented one. The basement of thinking was practicing first. 
For the second is that I grew up in the conservative city, couldn’t behave as the same as the others, and I took the position of a stranger.
Therefore I am surviving in the men-domain world.
I am comfortable when I find my differentiation from others.
They are all hypotheses for sure.

I knew the experts whom I usually don’t meet with in the meeting and I will keep in touch with them.