香港IFA木津英隆のマネーは巡る
  • 29Oct
    • 【11月28日(土) 30日(月)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【11月28日(土) 30日(月)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【11月28日(土) 30日(月)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせここ最近、香港を取り巻く様々な国際情勢の動きがありますが、2019年末現在、香港の資産運用業務で管理されている資産総額は前年同期比20%増となっており、海外投資家からの資金流入が続いております。香港ドルへの資金流入も続いており、現在の対米ドルレートは1US$=7.75の上限値を維持するための香港ドル売り為替介入が継続されており、香港の外貨準備高が増え続ける状況が続いております。香港の外貨準備高は香港ドルの発行量の約2倍に上ることから、全ての香港ドルが売られたとしても米ドルペッグ制は維持可能です。従いまして、ここ最近の国際情勢が香港の金融機関や運用商品に与える影響は極めて限定的なものであり、今後も香港はアジアの中の国際金融センターとしての機能を維持していくことになるかと思います。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」をオンライン開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて説明させて頂きます。本イベントはZOOMミーティング形式となりますので、ご参加ご希望の方は、事前にPCもしくは携帯端末へZOOMアプリのインストールをお願い致します。【セミナー日程】2020年11月28日(土)香港時間10:00~11:30、日本時間11:00~12:302020年11月30日(月)香港時間19:00~20:30、日本時間20:00~21:30参加費:無料開催方法:ZOOMミーティング【セミナー内容】(1)国際金融センター香港を活用するメリット(2)香港の保険商品を活用するメリット(3)ケイマン籍ファンド積立&固定金利プラン(4)NZD建て債券ポートフォリオ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津英隆(きつひでたか)謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。香港保険業監督局ライセンス番号:IA5000ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 02Oct
    • 【10月23日(金)24日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【10月23日(金)24日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【10月23日(金)24日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせここ最近、香港を取り巻く様々な国際情勢の動きがありますが、2019年末現在、香港の資産運用業務で管理されている資産総額は前年同期比20%増となっており、海外投資家からの資金流入が続いております。香港ドルへの資金流入も続いており、現在の対米ドルレートは1US$=7.75の上限値を維持するための香港ドル売り為替介入が継続されており、香港の外貨準備高が増え続ける状況が続いております。香港の外貨準備高は香港ドルの発行量の約2倍に上ることから、全ての香港ドルが売られたとしても米ドルペッグ制は維持可能です。従いまして、ここ最近の国際情勢が香港の金融機関や運用商品に与える影響は極めて限定的なものであり、今後も香港はアジアの中の国際金融センターとしての機能を維持していくことになります。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」をオンライン開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて説明させて頂きます。本イベントはZOOMミーティング形式となりますので、ご参加ご希望の方は、事前にPCもしくは携帯端末へZOOMアプリのインストールをお願い致します。【セミナー日程】2020年10月23日(金)香港時間19:00~20:30、日本時間20:00~21:302020年10月24日(土)香港時間10:00~11:30、日本時間11:00~12:30参加費:無料開催方法:ZOOMミーティング【セミナー内容】(1)国際金融センター香港を活用するメリット(2)香港の保険商品を活用するメリット(3)ケイマン籍ファンド積立&固定金利プラン(4)NZD建て債券ポートフォリオ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津英隆(きつひでたか)謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。香港保険業監督局ライセンス番号:IA5000ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 29Aug
    • 香港ドルへの資金流入が続く、資産運用額も前年比20%増加の画像

      香港ドルへの資金流入が続く、資産運用額も前年比20%増加

      香港ドルへの資金流入が続く、資産運用額も前年比20%増加ここ最近、香港を取り巻く様々な政治的な動きがありますが、そうした政治情勢が香港の金融市場に与える影響は極めて限定的なものであり、今後も香港はアジアの中の国際金融センターとしての機能を維持していくことになりそうです。その理由が記載された香港政府や金融機関発行レポートの内容をまとめてみました。まず、香港証券先物事務監察委員会(SFC)が8月25日に発表した今年上半期の香港金融市場リポートによると、香港金融市場は試練に満ちた形勢の中で依然として安定を維持し、株式・先物市場では活発な取引を保ち、1日当たり平均の売買成約高は前年同期比20%増の1,175億ドルに達しています。新規株式公開(IPO)市場のパフォーマンスも良好で、上半期の資金調達総額は928億ドルに上っています。また、資産運用活動調査によると、2019年末現在、香港の資産運用業務で管理されている資産総額は前年同期比20%増の28兆7,690億ドルに達しております。資産運用業務に昨年流入した資金は1兆6,680億ドルとなり、海外投資家からの資金流入が続いています。香港ドルへの資金流入も続いており、1US$=7.75~7.85HK$間の目標相場圏制度となっている対米ドル為替レートで、今年4月以降、1US$=7.75HK$の上限値を維持するため、香港金融管理局(HKMA)による香港ドル売りの為替介入が継続されており、香港の外貨準備高が増え続ける状況が続いております。香港の外貨準備高は香港ドルの総発行量の2倍超に上ることから、全ての香港ドルが売られたとしても米ドルペッグ制は維持可能です。また、香港は中国本土外で最大のオフショア人民元市場でもあり、中国における海外からの直接投資(FDI)の受け入れ額の8割は香港経由となっています。中国本土における人民元市場の自由化には相当な時間を要するため、香港は海外から中国への資金の玄関口としてのゲートウェイ機能としての役割も持ち続けることになります。一国二制度となっている香港・中国間には物理的なボーダーが存在し、金融や為替制度も全く異なります。香港の代替地が存在しない限り、世界の金融センターとしての香港の役割を中国政府が安易に手放すことは対外政策的に想定できず、香港の金融面での優位性は今後も継続されることになります。最後に、香港の経済状況についてですが、米ヘリテージ財団調査「経済自由度指数」で香港は2019年まで25年連続世界一を維持していました。経済自由度指数は「ビジネスの自由」「貿易の自由」など12項目を100点満点評価したもので、2020年は総合1位の座をシンガポールに譲りましたが、「財政の健全さ」では引き続き香港が世界一の評価を維持しています。香港の国庫には約16兆円もの余剰資金(香港市民一人当たり213万円)があり、過去の金融危機時においても香港内の銀行預金は全額保護されていることから、香港の金融機関は海外の投資家からの信頼が厚く、個人投資家が最も安心して資産運用できる環境が整っていると言えます。ブログに合格点を!↓にほんブログ村

    • 【9月25日(金)26日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【9月25日(金)26日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【9月25日(金)26日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせここ最近、香港を取り巻く様々な国際情勢の動きがありますが、2019年末現在、香港の資産運用業務で管理されている資産総額は前年同期比20%増となっており、海外投資家からの資金流入が続いております。香港ドルへの資金流入も続いており、現在の対米ドルレートは1US$=7.75HK$の上限値を維持するための香港ドル売り為替介入が継続されており、香港の外貨準備高が増え続ける状況が続いております。香港の外貨準備高は香港ドルの発行量の約2倍に上ることから、全ての香港ドルが売られたとしても米ドルペッグ制は維持可能です。従いまして、ここ最近の国際情勢が香港の金融機関や運用商品に与える影響は極めて限定的なものであり、今後も香港はアジアの中の国際金融センターとしての機能を維持していくことになります。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」をオンライン開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて説明させて頂きます。本イベントはZOOMミーティング形式となりますので、ご参加ご希望の方は、事前にPCもしくは携帯端末へZOOMアプリのインストールをお願い致します。【セミナー日程】2020年9月25日(金)香港時間19:00~20:30、日本時間20:00~21:302020年9月26日(土)香港時間10:00~11:30、日本時間11:00~12:30参加費:無料開催方法:ZOOMミーティング【セミナー内容】(1)国際金融センター香港を活用するメリット(2)香港の保険商品を活用するメリット(3)ケイマン籍ファンド積立&固定金利プラン(4)NZD建て債券ポートフォリオ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。香港保険業監督局ライセンス番号:IA5000ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 14Aug
    • 【8月28日(金)29日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【8月28日(金)29日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【8月28日(金)29日(土)オンライン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせこの度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」をオンライン開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて説明させて頂きます。【セミナー日程】2020年8月28日(金)香港時間19:00~20:30、日本時間20:00~21:302020年8月29日(土)香港時間10:00~11:30、日本時間11:00~12:30参加費:無料開催方法:ZOOMミーティング【セミナー内容】(1)国際金融センター香港を活用するメリット(2)香港の保険商品を活用するメリット(3)ケイマン籍ファンド積立&固定金利プラン(4)NZD建て債券ポートフォリオ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。香港保険業監督局ライセンス番号:IA5000ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 11Aug
    • 香港版国家安全法についての画像

      香港版国家安全法について

      香港版国家安全法について昨日、香港で大きなニュースが流れました。(日刊香港ポストより)香港警察は「りんご日報」を発行するネクストメディアの創業者である黎智英(ジミー・ライ)氏、元香港衆志メンバーの周庭(アグネス・チョウ)氏ら10人を「香港版国家安全法」違反などの容疑で逮捕しました。警察は午前9時ごろ、何文田にある黎氏の自宅を捜査し「香港版国家安全法」第29条の「外国または域外の勢力と結託し国家の安全を脅かした罪」のほか詐欺罪や扇動罪の容疑で黎氏を逮捕、午後8時には警察が周庭氏の自宅を捜査し、午後10時に周氏を逮捕しました。香港基本法はイギリス法に基づくコモンロー法体系で、裁判では判例が重視されますが、今年の6月30日に成立した香港版国家安全法についてはまだ判例がなく、具体的にどのような活動が「外国または域外の勢力と結託し国家の安全を脅かした罪」と定義されることになるのか明確になってはおりません。今後は個人のSNS上でも香港を取り巻く政治的な発言には十分な注意が必要です。残念ながら香港における言論の自由は後退が避けられない状況となりましたが、私自身はまだまだこの街で頑張っていけることがあると考えておりますので、引き続き当地を拠点に自分の仕事を継続してまいります。ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 23Mar
    • 私の履歴書(21)46歳の波乱万丈の画像

      私の履歴書(21)46歳の波乱万丈

      <前回より>私の履歴書(21)46歳の波乱万丈去る2020年3月9日に無事に46歳の誕生日を迎えることができました。この1年を振り返ると、香港では逃亡犯条例改正に端を発したデモ活動が半年以上も続き、昨年11月24日の区議会選挙で民主派が圧勝、ようやく平和が訪れると思いきや、年明けからは新型コロナウイルスの影響が世界中に広がり、波乱万丈な1年間となりました。幸い香港では2003年のSARSの教訓もあり、パンデミック状態にはならず、生活物資も十分足りているので、外出時にマスク着用が必要となることを除いて、普通の生活を送ることができています。新型コロナウイルスの発生源となった中国本土もパンデミックの一次ピークは越えましたが、現在はイタリアやスペインなど欧州がパンデミック状態となっており、香港では海外からの帰国者を一律2週間、自宅で隔離されることになりました。そのため、私もどこにも出張に行けず、香港の中で自分の仕事を頑張っております。今回の新型コロナウイルスの影響がいつまで続くのか、当初は3か月ぐらいでピークを越えると言われていましたが、有効なワクチンが開発されるまで2年~3年は影響が続くと言っている専門家もいます。経済よりも人命が優先されることは言うまでもありませんが、ここまで影響が長期化してしまうと世界経済に与えるインパクトも大きく、世界中の株価が大幅に下落する状況となっています。このままいくと2008年のリーマンショックに匹敵する金融危機になってしまうかもしれませんが、どんなときにも冷静さを保つことが大切です。思えば2003年のSARSの時も、2008年のリーマンショックの時も私は香港にいて、金融業界でマーケットが大きく動くのを見てきました。今回のコロナ危機がいつまで続くかまだ分かりませんが、一つだけ言えることは悲観的な市場の後には、必ず楽観的な市場になるということです。私自身のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)としてのキャリアも13年目となり、多くのクライアントから現在の市場環境に関する質問やアドバイスを求められますが、共通して言えることは市場が大きく動くときには必要以上にばたばたしない方が良いということです。現在の市場環境では医薬品やマスクを製造する企業の株価が上昇していますが、今からそうした企業の株式を買いにいったとしても高値づかみになってしまうリスクの方が高いと言えます。個人投資家が短期投資で利益を得ることは難しいので、将来的な経済成長が確実と言われる新興国のインデックス投信を中心とした長期的な積立投資を継続していく方が良いと思います。投資で一喜一憂したくない方は、国際金融センター指数(Global Financial Center Index)でも世界一信頼性が高い香港の保険会社が提供する貯蓄型生命保険や個人年金プランを活用した方が良いでしょう。香港の国庫には約16兆円もの余剰資金があり、過去の金融危機時においても香港内の銀行預金は全額保護されています。香港の保険会社の格付けがJ国債よりも高いことも考慮すると、大切な資金はタンス預金ではなく、香港の保険会社に預ける方が安全性が高いと言えます。IFAとして長く仕事をしてきましたが、私がクライアントにアドバイスする内容は一貫しており、一人一人のクライアントと長期的な信頼関係を築くことをいつも心掛けています。波乱万丈な市場環境はまだまだ続きそうですが、このようなときこそ市場環境の本質を見極めることが大切であり、来る市場回復へ向けての準備作業を怠らないようにしたいと思います。2003年のSARSで香港の不動産市場は暴落しましたが、今回の新型コロナではほとんど下がっておらず、香港の人達が現在の市場環境は必ず回復可能であることを信じていることが良く分かります。私自身もまだまだ香港で踏ん張っていきたいと思います。ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 04Mar
    • 香港の保険運用が有利な理由の画像

      香港の保険運用が有利な理由

      香港の保険運用が有利な理由香港の保険商品は元本確保型の資産運用商品としては世界一競争力が高いと言われております。なぜ世界中の富裕層の資金が香港に集まってくるのか、これにはいくつかの理由があります。まず、米ヘリテージ財団が発表した2019年の「経済自由度指数」で香港は25年連続で世界一の評価を得ています。経済自由度指数は「ビジネスの自由」「貿易の自由」など12項目を100点満点で評価したものですが、香港は「財政の健全さ」では満点を獲得しています。香港の国庫には約16兆円もの資金があり、過去の金融危機時においても香港内の銀行預金は全額保護されています。また、香港では戦後は一度も保険会社が倒産したことはなく、国際金融センター指数(Global Financial Center Index)でも保険業は世界一の評価を得ています。香港の金融機関は過去数度の金融危機を経験して、その度に金融システムが強化されてきており、個人が安心して資産運用できる環境が整っています。香港の保険会社の格付けがJ国債の格付けよりも高いことを考えると、大切な資金はタンス預金よりも香港の保険会社で長期運用する方がよほど安全性が高いと言えます。香港の保険商品は、米ドル、香港ドル、人民元の3通貨で運用することができますが、米ドル建て保険で比較した場合、日本国内で購入できる米ドル建て保険よりも最低利率が高くなります。例えば、日本国内M保険が提供するUSドル建一時払終身保険に40歳男性が加入する場合、一時払い保険料US$100,000に対して、30年後の最低利率はUS$138,860(元本の1.39倍)となります。一方、香港のY保険が提供する一時払い確定利回り型終身年金プランに40歳男性が加入する場合、一時払い保険料US$100,000に対して、30年後の最低利率はUS$214,459(元本の2.14倍)となります。次に、日本国内M保険が提供する積立型のUSドル建終身保険に30歳男性が加入する場合、年間保険料US$2,861x15年払い(総支払い保険料=US$42,915)に対して、65歳時の最低利率はUS$63,381(元本の1.48倍)となります。一方、香港Y保険が提供する積立型の確定利回り型終身年金プランに30歳男性が加入する場合、年間保険料:US$2,861x15年払い(総支払い保険料=US$42,915)に対して、65歳時の最低利率はUS$81,414(元本の1.90倍)となります。上記プランに予定利回りを含めた場合、更に差が開くことになりますが、ここでは割愛させて頂きます。香港の保険商品は資産運用益が非課税になることも大きな魅力の一つと言えますが、保険契約の満期時に日本在住の場合、日本国内での確定申告手続きは必要となります。大切な資産は香港で長期運用して、満期時には海外資産運用収益が非課税となる国に住んでいることが理想的なパターンと言えます。上記の香港Y保険が提供する確定利回り型終身年金プランは生涯年金が受け取れるプランとなりますが、契約者が日本人の場合、海外在住2年以上の方が対象となりますので、海外在住のチャンスを生かして是非ご検討ください。ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 26Dec
    • 【2/29-3/1上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせの画像

      【2/29-3/1上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせ

      【2/29-3/1上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせ引き続き香港では断続的なデモ活動が継続されている状況ではありますが、金融市場への大きな影響はなく、株式市場、不動産市場ともに堅調な状況が続いております。香港は現在の政治的混乱時期を乗り越えて、引き続き一国二制度を堅持するとともに、国際金融センターとして長期的な発展が続いていくことと思います。米ヘリテージ財団が発表した2019年の「経済自由度指数」でも香港は25年連続で世界一の評価を受けており、特に「財政の健全さ」では満点を獲得する等、香港の金融機関は世界中の投資家からの信頼が厚い状況は今後も変わることはないと思います。国際金融センター指数でも香港地区の保険業は世界一の評価を受けており、米ドル建て元本確保型保険商品は、銀行預金よりも高い利回りを得ることができます。例えば、香港のS保険会社が提供する貯蓄型生命保険プランで、保険加入時35歳、初年度生命保障額10万USDの設定で、年間2,464米ドルの保険料を20年間支払うプランの場合、保険料総額4万9,280米ドルに対して、65歳時点の解約返戻予定額は12万5,136米ドル、生命保障予定額は23万5,255米ドルとなり、同種の米ドル建て保険を日本国内で加入するよりも有利な条件となります。また、保険料支払い済み後のオプションとして、55歳~70歳の間に毎月配当受取型の個人年金プランに契約変更して、最長100歳まで毎月配当を受け取り続けることも可能です。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」および「個別相談会」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は是非ご参加ください。【セミナー日程&場所】日時:2020年2月29日(土)10:00~12:00もしくは14:00~16:00会場:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号定員:各5名参加費:無料持ち物:筆記用具【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港の金融機関を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等への分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】日時:2020年3月1日(日)10時~17時場所:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号)※お一人様1時間(事前予約制)個別相談会に参加ご希望の方は、以下のウェブサイトより希望日程と場所をご記入の上、お申込ください。別日程で、お電話でのご相談も可能です。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。Insurance Authorityライセンス番号:IA5000ブログに合格点を!↓にほんブログ村

    • 【1/18香港1/19深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【1/18香港1/19深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【1/18香港1/19深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ引き続き香港では断続的なデモ活動が継続されている状況ではありますが、金融市場への大きな影響はなく、株式市場、不動産市場ともに堅調な状況が続いております。香港は現在の政治的混乱時期を乗り越えて、引き続き一国二制度を堅持するとともに、国際金融センターとして長期的な発展が続いていくことと思います。米ヘリテージ財団が発表した2019年の「経済自由度指数」でも香港は25年連続で世界一の評価を受けており、特に「財政の健全さ」では満点を獲得する等、香港の金融機関は世界中の投資家からの信頼が厚い状況は今後も変わることはないと思います。国際金融センター指数でも香港地区の保険業は世界一の評価を受けており、米ドル建て元本確保型保険商品は、銀行預金よりも高い利回りを得ることができます。例えば、香港のS保険会社が提供する貯蓄型生命保険プランで、保険加入時35歳、初年度生命保障額10万USDの設定で、年間2,464米ドルの保険料を20年間支払うプランの場合、保険料総額4万9,280米ドルに対して、65歳時点の解約返戻予定額は12万5,136米ドル、生命保障予定額は23万5,255米ドルとなり、同種の米ドル建て保険を日本国内で加入するよりも有利な条件となります。また、保険料支払い済み後のオプションとして、55歳~70歳の間に毎月配当受取型の個人年金プランに契約変更して、最長100歳まで毎月配当を受け取り続けることも可能です。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は、是非ご参加ください。【セミナー日程・場所】2020年1月18日(土)香港16:00~18:00(場所:尖沙咀)2020年1月19日(日)深セン14:00~16:00(場所:福田)定員:各10名参加費:無料持ち物:筆記用具※会場は参加者に個別にお知らせします。【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等へ分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。香港保険業監督局ライセンス番号:IA5000ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 26Nov
    • 香港区議選、民主派が歴史的勝利の画像

      香港区議選、民主派が歴史的勝利

      香港区議選、民主派が歴史的勝利11月24日投票の香港区議会議員選挙は、民主派が全議席の8割超を獲得して圧勝しました。区議会は本来、地域にかかわる身近な問題を討議する場ですが、民主派はデモへの賛否を問う「事実上の住民投票」と位置づけて選挙戦を展開しました。若者を中心に初めて票を投じる有権者も多く、投票者数は約294万人と前回から倍増しました。香港の区議会は小選挙区で有権者が一人一票を投じる普通選挙制となっており、民意が最も反映されやすい仕組みになっています。一方、立法会選挙は中国本土と関係が深い業界団体代表が多い職能枠が半分を占め、親中派に有利な制度となっています。ただ全70議席のうち6議席は区議から選ばれるため、20年の次回選挙で民主派が過半数を取る可能性もゼロではなくなりました。22年に予定される行政長官選挙にも一定の影響がありそうです。行政長官は親中派しか立候補できない仕組みになっていますが、区議選の結果、民主派は長官を選ぶ選挙委員1200人のうち、区議枠の117人を総取りする見通しです。弁護士など民主派が強い業界の代表と合わせれば3分の1を超える見通しとなり、民主派の投票行動も無視できなくなります。予想を上回る民主派の勝利は、政府の統治危機に対する有権者の怒りが勝因に結びついたと言えます。人々は1票を投じることで、香港政府の締め付け、香港警察のやり方に同意しないという明確なメッセージを発しています。今回の区議選は香港にとって、いや世界にとって歴史的な一日となりました。いまの香港では小学生からお爺ちゃんお婆ちゃんまで、皆が香港の将来について朝から晩まで真剣に語り合っています。真の民主主義の姿がここにあると思います。これで一件落着にはならないとは思いますが、香港人の民意が示されたことに大きな意味があると思います。ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 08Oct
    • 最近の香港デモ情勢についての画像

      最近の香港デモ情勢について

      最近の香港デモ情勢について10月以降、香港のデモ活動が激しさを増す状況となっています。10月1日は九龍サイドの繁華街である尖沙咀から旺角まで地下鉄が止まってしまったため、ネイザンロードを徒歩で移動することになったのですが、破壊活動が政府施設や駅だけではなく、銀行や商店にも広がっています。ただ無差別に破壊しているわけではなく、いわゆる親中派の銀行や商店がターゲットになっています。吉野家や味千ラーメン、スターバックスも落書きされていましたが、香港側の経営者が親中派ということのようです。民主派市民と親中派市民の対立による社会の分断も大きな社会問題になっています。こうした状況下において中国の観光客は激減していますが、欧米の観光客は子供を抱えたまま悠然と道路を眺めていました。早く平和な香港に戻って欲しいと思いますが、デモ隊は2003年から毎年のように平和的なデモ活動をしてきた、でも政府に無視され続けてきた、そのことが彼らの怒りのパワーに変わっています。今回は一歩も引かない彼らの熱い想いも伝わってきました。私はこうして情報発信することしかできませんが、日本の皆様にも引き続き香港の情勢に関心を持って頂ければ幸いです。10月4日には覆面禁止法の強制発令を受けて、デモ活動がますますエスカレートし、地下鉄が全線ストップする事態となりました。デモ活動終結の出口が見えない状況ですが、政府は法律で市民を抑え込むのではなく、民主派議員の代表との対話を通じて、普通選挙実施へ向けてのロードマップを作るべきではないでしょうか。香港は過去にも幾多の苦難を乗り越えて発展してきました。今回も乗り越えてくれると信じています。ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 04Oct
    • 【12/7-8上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせの画像

      【12/7-8上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせ

      【12/7-8上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせこの度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」および「個別相談会」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は是非ご参加ください。【セミナー日程&場所】日時:2019年12月7日(土)10:00~12:00もしくは14:00~16:00会場:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号定員:各5名参加費:無料持ち物:筆記用具【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港の金融機関を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等への分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】日時:2019年12月8日(日)10時~17時場所:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号)※お一人様1時間(事前予約制)個別相談会に参加ご希望の方は、以下のウェブサイトより希望日程と場所をご記入の上、お申込ください。別日程で、お電話でのご相談も可能です。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。ライセンス番号:PIBA-0189-008030ブログに合格点を!↓にほんブログ村

    • 【11/30香港12/1深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【11/30香港12/1深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【11/30香港12/1深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせこの度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は、是非ご参加ください。【セミナー日程・場所】2019年11月30日(土)香港16:00~18:00(場所:尖沙咀)2019年12月1日(日)深セン14:00~16:00(場所:羅湖)定員:各10名参加費:無料持ち物:筆記用具※会場は参加者に個別にお知らせします。【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等へ分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。ライセンス番号:PIBA-0189-008030ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 18Aug
    • 【9/28香港9/29深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【9/28香港9/29深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【9/28香港9/29深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせこの度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は、是非ご参加ください。【セミナー日程・場所】2019年9月28日(土)香港16:00~18:00(場所:尖沙咀)2019年9月29日(日)深セン14:00~16:00(場所:羅湖)定員:各10名参加費:無料持ち物:筆記用具※会場は参加者に個別にお知らせします。【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等へ分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社スタンダードアンドプアーズを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。ライセンス番号:PIBA-0189-008030ブログに合格点を!↓にほんブログ村

    • 【9/14-15上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせの画像

      【9/14-15上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせ

      【9/14-15上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせこの度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」および「個別相談会」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は是非ご参加ください。【セミナー日程&場所】日時:2019年9月14日(土)10:00~12:00もしくは14:00~16:00会場:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号定員:各5名参加費:無料持ち物:筆記用具【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港の金融機関を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等への分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】日時:2019年9月15日(日)10時~17時場所:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号)※お一人様1時間(事前予約制)個別相談会に参加ご希望の方は、以下のウェブサイトより希望日程と場所をご記入の上、お申込ください。別日程で、お電話でのご相談も可能です。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社S&Pを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。ライセンス番号:PIBA-0189-008030ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 30Jun
    • 【7/27香港&7/28深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【7/27香港&7/28深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【7/27香港&7/28深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ金融庁は老後の金融資産が約2000万円必要とする試算を盛り込んだ報告書の事実上の撤回に追い込まれました。騒動の広がりは将来の生活設計に対する不安を映し出していますが、金融庁の金融審議会がまとめた報告書は、夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯が年金に頼って暮らす場合、毎月約5万円の赤字が出ると試算しており、この後30年間生きるには約2000万円が不足するとしています。今後も日本国内では少子高齢化社会が更に深刻化していく状況で、公的年金だけに頼った生活が成り立たないことは自明の理であり、老後の生活費が約2000万円不足するという話は、あくまでも現在の高齢者世帯が年金に頼って暮らす場合に不足する金額の試算に過ぎません。いまの現役世代が何十年後かに来る老後を暮らしていくためには、わずか2000万円の貯蓄だけではとても普通の暮らしを続けていくことは難しい時代になっていくでしょう。金融庁の報告書は、老後まで時間がある「現役期」は少しずつでも毎月一定額を複数の投資商品に長期間、分散して投資し続けることを提案しています。また、日本国内で異次元の金融緩和政策が長期化している影響で、多くの専門家が将来的に日本円のハイパーインフレが発生するリスクに対して警鐘を鳴らしています。そのようなリスクに備えるためにも、いまの現役世代の皆様は、毎月一定額を少しずつでも米ドル建ての投資商品に長期間、分散して投資し続けることが肝要かと思います。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は、是非ご参加ください。【セミナー日程・場所】2019年7月27日(土)香港15:00~17:00(場所:尖沙咀)2019年7月28日(日)深セン14:00~16:00(場所:羅湖)定員:各10名参加費:無料持ち物:筆記用具※会場は参加者に個別にお知らせします。【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等へ分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社S&Pを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。ライセンス番号:PIBA-0471-008030ブログに合格点を!↓にほんブログ村

    • 【7/20-21上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせの画像

      【7/20-21上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせ

      【7/20-21上海開催】海外で作る自分年金セミナー&個別相談会開催のお知らせ金融庁は老後の金融資産が約2000万円必要とする試算を盛り込んだ報告書の事実上の撤回に追い込まれました。騒動の広がりは将来の生活設計に対する不安を映し出していますが、金融庁の金融審議会がまとめた報告書は、夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯が年金に頼って暮らす場合、毎月約5万円の赤字が出ると試算しており、この後30年間生きるには約2000万円が不足するとしています。今後も日本国内では少子高齢化社会が更に深刻化していく状況で、公的年金だけに頼った生活が成り立たないことは自明の理であり、老後の生活費が約2000万円不足するという話は、あくまでも現在の高齢者世帯が年金に頼って暮らす場合に不足する金額の試算に過ぎません。いまの現役世代が何十年後かに来る老後を暮らしていくためには、わずか2000万円の貯蓄だけではとても普通の暮らしを続けていくことは難しい時代になっていくでしょう。金融庁の報告書は、老後まで時間がある「現役期」は少しずつでも毎月一定額を複数の投資商品に長期間、分散して投資し続けることを提案しています。また、日本国内で異次元の金融緩和政策が長期化している影響で、多くの専門家が将来的に日本円のハイパーインフレが発生するリスクに対して警鐘を鳴らしています。そのようなリスクに備えるためにも、いまの現役世代の皆様は、毎月一定額を少しずつでも米ドル建ての投資商品に長期間、分散して投資し続けることが肝要かと思います。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」および「個別相談会」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は是非ご参加ください。【セミナー日程&場所】日時:2019年7月20日(土)10:00~12:00もしくは14:00~16:00会場:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号定員:各5名参加費:無料持ち物:筆記用具【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港の金融機関を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等への分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】日時:2019年7月21日(日)10時~17時場所:グランドメルキュール虹橋ホテル1階ラウンジ住所:上海市仙霞路369号)※お一人様1時間(事前予約制)個別相談会に参加ご希望の方は、以下のウェブサイトより希望日程と場所をご記入の上、お申込ください。別日程で、お電話でのご相談も可能です。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社S&Pを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。ライセンス番号:PIBA-0471-008030ブログに合格点を!↓にほんブログ村

    • 混迷する日本の社会保障改革(23)の画像

      混迷する日本の社会保障改革(23)

      混迷する日本の社会保障改革(23)<前回より>6月11日付の日経新聞によりますと、金融庁は老後の金融資産が約2000万円必要とする試算を盛り込んだ報告書の事実上の撤回に追い込まれました。麻生太郎金融相が「正式な報告書として受け取らない」と表明、有識者会議でまとめた報告書が認められないのは異例です。騒動の広がりは将来の生活設計に対する不安を映し出しており、政府が公的年金制度改革を着実に進める必要性が改めて浮き彫りになった格好です。金融庁の金融審議会がまとめた報告書は定年退職後に必要とされる金融資産の推計を示しています。夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯が年金に頼って暮らす場合、毎月約5万円の赤字が出ると試算しており、この後、30年間生きるには約2000万円が不足するとしています。報告書をまとめた有識者が示したのは、退職金を含めた長期の資産形成による備えが必要という提言でした。ただ、より注目を集めたのは公的年金だけに頼った生活は成り立たないという点です。公的年金への不信感の根強さが今回の騒動を拡大させた側面が強く、将来への不安が大きいことを改めて浮き彫りにしています。政府の制度設計によると、現役世代の所得に対する年金の水準はいずれ50%程度に下がる見通しです。将来への不安を和らげるには、現在の年金受給者への給付を抑え、将来世代に回す仕組みづくりが課題となります。このニュースを読んで、私自身も首をかしげてしまいました。今後も日本国内では少子高齢化社会が更に深刻化していく状況で、公的年金だけに頼った生活が成り立たないことは自明の理であり、この後、30年間生きるには約2000万円が不足するという話は、あくまでも現時点で夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯が年金に頼って暮らす場合に不足する金額の試算となります。いま現役世代の皆様が何十年後かに来る老後を暮らしていくためには、わずか2000万円での貯蓄ではとても普通の暮らしを続けていくことは難しい時代になっていくでしょう。金融庁の報告書は、老後まで時間がある「現役期」は少しずつでも毎月一定額を複数の投資商品に長期間、分散して投資し続けることを提案しています。日本国内の積立NISAや確定拠出年金(iDeCo)を活用する方法もありますが、こうした日本国内の個人年金プランは、満期時に日本非居住者に対しても所得税が課税されることになります。海外の個人年金プランですと、満期時に日本非居住者に対して日本国内で課税されることはなく、居住地の課税ルールに従うことになります。つまり海外資産に課税しない国や地域で老後の一定期間を過ごす前提であれば、海外の個人年金プラン運用で得られる利益を非課税にすることが可能となります。また、日本国内で異次元の金融緩和政策が長期化している影響で、多くの専門家が日本国内で将来的にハイパーインフレが発生するリスクに対して警鐘を鳴らしています。そのようなリスクに備えるためにも、いまの現役世代の皆様は、毎月一定額を少しずつでも米ドル建ての投資商品に長期間、分散して投資し続けることが肝要かと思います。ブログに合格点を!↓にほんブログ村

  • 27Apr
    • 【6/1香港&6/2深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせの画像

      【6/1香港&6/2深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ

      【6/1香港&6/2深セン開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ厚生労働省は会社員らが入る厚生年金について、一定額以上の収入などがある場合、70歳以上も加入して保険料の支払いを義務付ける検討に入りました。現在は70歳未満としている保険料の納付期間が長くなるため、将来受給できる年金額は増えることになります。健康寿命が長くなり、働く高齢者は増えています。総務省の18年の労働力調査によると、70~74歳の役員を除いた雇用者は129万人おり、75歳以上も53万人います。内閣府の調査では仕事をしている高齢者の約4割が「働けるうちはいつまでも」と答えています。長生きに備えて、健康のうちは一定時間以上働く高齢者にとっては、加入期間の延長によるメリットは大きくなります。また、総務省が発表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は17年の同じ月に比べて26万3千人少ない1億2644万3千人でした。減少は8年連続、減少率は0.21%で、統計を取り始めた1950年以来、最大となりました。年齢層別の割合をみると、15歳未満の人口は全体の12.2%で過去最低となり、70歳以上は20.7%と初めて20%を超えました。労働の担い手となる15~64歳の「生産年齢人口」は51万2千人減の7545万1千人、総人口に占める割合は59.7%で、50年以来最低となりました。人手不足が成長の足かせとなりかねない実態が浮き彫りとなっています。現在の国民年金制度は、少子高齢化の影響で受け取り開始年齢が将来的に70歳以上に引き上げられ、マクロ経済スライドの強化によって年金支給額の大幅な減額が避けられない情勢となるでしょう。70歳を過ぎても生き生きと働いていける社会にしていくことが、長期的に持続可能な社会を作っていくための唯一の解決策とも言えます。この度、以下の日程で「海外で作る自分年金セミナー」を開催させて頂きます。将来的な年金対策の一つとして、香港の保険商品およびオフショア投資商品を活用するメリットについて詳しく知りたい方は、是非ご参加ください。【セミナー日程・場所】2019年6月1日(土)香港16:00~18:00(場所:尖沙咀)2019年6月2日(日)深セン14:00~16:00(場所:羅湖)定員:各10名参加費:無料持ち物:筆記用具※会場は参加者に個別にお知らせします。【セミナー内容】(1)日本人が考えるべき将来の問題(2)国際金融センター香港を活用するメリット(3)確定利回り型個人年金・貯蓄保険・学資保険プラン(4)オフショア籍ファンド積立投資プラン(5)海外不動産等へ分散投資のススメ【セミナー申込方法】以下のウェブサイトより希望日程と場所を明記の上、お申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/seminar_form.html【個別相談会について】上記セミナー日程以外で、無料の個別相談会も随時可能ですので、以下のウェブサイトよりお申込ください。Web申込:https://www.kenshin.com.hk/form.html【講師プロフィール】木津 英隆(きつ ひでたか) 謙信アセットコンサルティング(香港)代表ロイター通信(香港)、米系格付け会社S&Pを経て、2008年より香港のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に所属する資産運用コンサルタントとして勤務。顧客ニーズに合わせて、個人年金プラン、貯蓄型生命保険、オフショア投資商品、相続対策商品など幅広い金融商品を提案可能。格付け会社勤務経験を生かした金融商品のリスクとリターンの丁寧な説明に定評がある。ライセンス番号:PIBA-0471-008030ブログに合格点を!↓にほんブログ村