『大富豪からの手紙』の第1の手紙は、なぜ「偶然」から始まるのか? | 本田健公式ブログ

本田健公式ブログ

お金・ビジネス、恋愛や結婚、才能、人間関係など幅広い分野の
「人生が変わるきっかけ」となる情報をお届けしています。

いよいよ来週出版される「大富豪からの手紙」ですが、今日は、大富豪の祖父が主人公の青年敬に残した9通の
手紙のテーマについてお話しします。

この本を書く前に、人生で大切なテーマを30個ぐらいあげて、そのうち手紙というフォーマットで9つに絞るのは、とっても楽しい作業であり、同時に難しくもありました。9つ以外にも、たとえば、時間、結婚、健康、人脈、段取り、願望達成など、いいテーマがたくさんあるからです。

でも、絶対にはずしてはいけないものはどれかなぁと、うんうんうなりながら、消去法で決めました。今日は、その中でも、最初の4つについてお話ししましょう。

最初の4つは、ずばり、【偶然】【決断】【直感】【行動】です。どうでしょう?

この9つを選ぶときに、順番にもこだわりました。というのは、普通に考えたら、最初に、「決断」がきたり、「行動」が来たりするのではないでしょうか。

この最初に偶然が来ているということころが、この本のエッセンスでもあります。それは、「私達の人生には、偶然というものがない」という真実をより感じてもらいたいからです。詳しくは、本書に譲りますが、幸せに成功する人は、偶然を見逃しません。

大富豪の祖父は、孫の青年に、「ふだんの偶然を見逃さないように!」という教えを一番最初に持ってきます。
それは、多くの人がボ~ッとして見逃しの三振をしているからです。場合によっては、三振していることも気づいていないのかもしれません。


「偶然に導かれて旅に出る」というのは、まさに人生の比喩でもあります。考えてみれば、みなさんの人生のなかでも、偶然でスタートしていることは多いはずです。それが恋愛であれ、仕事であれ、最初のきっかけは、たいしたことがないのです。

それをどう活かすのか、それが「決断」です。わたしたちの多くは、何も決めないままで人生を無駄にしてしまっています。決めるとは、それ以外の選択肢を断ち切ることです。たとえば、今シングルの人は、「今年中にパートナーを見つけて結婚する」と決めたとします。すると、その決断の中には、シングルで生きるという選択肢は無くなっています。当然ながら、年末、シングルか、結婚しているかのどちらかです。なんとなくどちらも、というのはありえません。

このあたりのことが分かってくると、決断の大切さもはっきりと体感できるでしょう。その後、必要なのは、「直感」「行動」と行動です。これは、わざわざ説明しなくても大丈夫でしょう。成功している人は、24時間常時接続で直感を使っています。


どんなときも、直感ですべてを決めています。ぜひ、みなさんも、自分の直感に従って、行動し、最高の人生を生きて下さい!!

本田健


  『大富豪からの手紙』の予約はこちら
☆amazonでの予約 ⇒ http://amzn.to/2FNOToz
☆楽天ブックスでの予約 ⇒ http://bit.ly/2CUVOJl