【 健美家 広報室ブログ 】--不動産投資に関する情報を発信します--

【 健美家 広報室ブログ 】--不動産投資に関する情報を発信します--

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」の広報担当・華子が、不動産投資家のみなさまに役立つ情報からちょっとした小ネタまで、日々つづっています!

『いますぐ妻を社長にしなさい』(サンマーク出版)の著者として知られるビジネス書作家で、お金ソムリエでもある坂下 仁さんから、新刊【40代からは「稼ぎ口」を2つにしなさい―年収アップと自由が手に入る働き方】(ダイヤモンド社)を献本いただきました。

 

 

『40代からは「稼ぎ口」を2つにしなさい』の題名通り、サラリーマンが副業で収入を得るための方法等が紹介されており、不動産投資も、その方法の一つとして触れられています。

「日本もいよいよ、自分のことは自分でなんとかしなければならない時代となりました。
1970年生まれなら70歳前後まで年金をもらえなくなります。
1980年以降なら75歳前後までもらえません。
しかも65歳以降は、会社には再雇用する義務がありません。
日本人のお金の不安を解消する手段として、副業は従来以上に有効になります。
ところがほとんどのサラリーマンは、就業規則で禁止されているので副業できないと勘違いされている。
本当にもったいないと思います」

坂下氏はこのような思いから、本書を執筆したのだとか。

そんな坂下氏が紹介する副業のポイントとは?
やってはいけない副業、やってよい副業、お勧めの副業の違いは?

不動産投資は副業として、どうなのか?

お金を稼ぐだけでなく、家族との関係を大切にすることを重視しているのも、坂下氏の特徴です。
そんな坂下氏の最新刊、気になる方は手に取ってみてはいかがでしょうか?


 

「 健美家 ( けんびや ) 」 では、このたび「確定申告」についてのアンケートを実施いたしました。
その結果をご報告させていただきます。
 

『「確定申告」に関するアンケート』
 【調査要綱】 調査期間:2022年2月2日( 水 )~2月10日( 木 )
 調査方法:インターネット上でのアンケート回答
調査対象:健美家( けんびや)登録会員
有効回答数:400名


【結果概要】
「あなたは、不動産投資で得た所得をどのように申告していますか?」を尋ねたところ、今回が初めての申告で「自分でする」人が11.8%、税理士に依頼する人が2.8%、今回が2回目以上で「自分でする」人が47.0%、「税理士に依頼」が22.0%となった。

合計では58.8%が「自分でする」と回答した。




困っていることを聞いたところ、初めてでは「バランスシートや減価償却など細かいことがわからない」「節税などの方法がわからない」に続き、「何をどうしたらいいのか全然わからない」という回答も32.8%になった。

2回目以上では「困っていることはない」が40.2%となった。

「こういう風にしたらよかった、等のエピソードがあればお教えください」と尋ねたところ、「計画的に準備を進める」「相談しながら申告する」「自分でも勉強、努力する」「税理士に依頼する」という趣旨のアドバイスがフリーコメントで寄せられた。

 

アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>
      健美家株式会社  広報室
      E-mail:press@kenbiya.com

 

 

 

2008年から1016年まで、健美家でコラム「ワッキー流リフォーム術」を連載されていた脇田雄太さんから、脇田さんの最新刊『"5万円" 購入ではじめる「副業」不動産投資』を送っていただきました。


脇田さんはこれまでに10冊以上の本を出版されているとか!

ビックリですびっくり
 

 

 

 

『"5万円" 購入ではじめる「副業」不動産投資』

(夢パブリッシング/企画制作・ごま書房新社/発売)


脇田さんの不動産投資は、長崎市内の築古戸建を安く購入し、リフォームをして賃貸に出す方法。
長崎の坂の途中にある物件等は、この本の題名にもある通り、「5万円」やそれ以下の価格で買えることも珍しくないそうです。


その家を買い、「副業」として不動産投資を始める方法を紹介するのが本書の内容。
サラリーマンが副業として不動産投資を始める時の注意点(例えば、会社バレを防ぐ方法など)や、実際に長崎で不動産投資を行い成功しているサラリーマン大家さんの実例なども紹介されています。


脇田さん自身もサラリーマンをしていた29歳の時、東京に住みながら長崎の築古戸建を買い、不動産投資をすすめていたとのこと。

その時の経験についても詳しく書かれています。

 

興味のある方は、手に取ってみてはいかがでしょうか?
脇田さん、献本をいただき、ありがとうございました!!

 

不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家 ( けんびや ) 」を運営する健美家株式会社( 本社:東京都千代田区、代 表取締役社長:倉内敬一 ) では、「今年の不動産投資を表す漢字2021」アンケートを実施いたしました。

アンケート結果によれば、2021年の不動産投資市場を示す漢字の1位は「高」

「高」を挙げた理由は、 「物件価格が高くなっているため。高すぎるって!」(TKGさん)
 「ウッドショック、部材、物件、物価高騰」(ポールさん) と、直接的に物件価格の上昇をあげるコメントが多く、
また、 資材価格の上昇に言及するコメントも見られた。

続く2位は「騰」で、 「物件価格高騰!ウッドショック!」(ベスポジさん)
 「都内不動産市況の高騰、コロナ禍からの需要反騰、DIYブームの沸 騰、など」(ぬっきーさん)
など、「高」と同様のコメントに加え、情勢も含んだ理由も上がった。

 3位は一転して「耐」
「融資が下りずに耐える、買える物件が少な くて耐える、コロナ で退去が出ても耐える、と考えたから」(かー ずさん)、
「自己資金貯めるために耐える」(schallend_8341さ ん)など、「耐える」コメントが目立った。

4位は「明」で、「コロナでお先真っ暗だった世界に明るさが戻って 来た。」(ゆでたまごむいたみ隊壱号さん)と、
未来に目を向けるコ メントが目立った。

5位の「昇」も同様の意見が多かった。

また、6位には、築古戸建ての人気を示す「古」の他、「始」「初」といった文字が並んだ。

その理由として、初めて物件を購入した、不動産投資を検討し始めたなど、

自身の初め ての挑戦を理由として挙げられた方が多かった。

情勢の停滞感が上げられた昨年から、今年は動きに言及したコメント が目立った。
発表はYouTube「健美家チャンネル【公式】」でも行っています。

 

アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございましたニコニコ


 

昨年第1回を開催しました、「不動産投資」の世相を表す漢字。
今年も、大大募集いたします!

★★昨年の結果★★
「今年の不動産投資を表す漢字、第1位は? 2,3位「忍」「迷」。「大苦戦の1年」「堅調」との声も」

★記事: https://www.kenbiya.com/ar/ns/research/r_other/4310.html
★動画: https://youtu.be/-daxrBU1GEY
★★★★★★★★★


2021年も新型コロナウイルス感染症の影響が大きくありましたが、2020年11月の「投資家調査」では6割以上の方が物件を「積極的に探している」と回答するなど、それぞれ、模索しながら活動している様子が見受けられます。


そんな1年を振り返り、今年の「不動産投資」の世相を感じる1文字をお寄せください。
今年も、健美家コラムニストの江古田島平八塾長を迎え、健美家YouTubeチャンネルなどで発表予定です!


今年は、回答いただいた方の中から抽選で【 Amazon ギフト券(1千円20名) 】にプレゼントします。

【実施期間:2021年 11月17日(水)~11月24日(水)24:00】


コチラのアンケートフォームから、投稿ください。

 

あなたの「一文字」、お待ちしております!

---------------------------------
※発表:12月13日(月) 健美家YouTubeチャンネル、WEBサイト他
※応募はおひとり様1文字でお願いいたします。
※ 本調査およびキャンペーンは健美家株式会社による提供です。
本調査およびキャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。
健美家株式会社キャンペーン事務局(E-mail:press@kenbiya.com)までお願いいたします。
---------------------------------

※ Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です

 

 

 

健美家ではこの度、サイトへの登録会員を対象として、購入不動産の相続に関するアンケートを実施。

6割弱の人が購入した物件を「将来家族に相続させたい」と答え、相続を想定して、物件を「法人で購入」したり、「複数購入」したりしているという現状が見えてきた。一方、「すべた売却したい」という回答者は16.9%。

それぞれの回答者のコメントを交えながら、詳細を紹介してみよう。
 

■購入した物件について、半数以上の58.5%が「家族に相続させたい」
 

まず最初に「購入した物件を将来どのようにしたいと考えていますか?」を尋ねたところ、「家族に相続させたい」との回答が半数以上の58.5%となった。

その他の回答としては、「すべて売却したい」16.9%、「今のところ何も考えていない」19.2%という結果なった。


ちなみに、回答者は40代後半~50代の男性が比較的多く、約半数が会社員。退職後の人生を見据えて、準備を始めている人も多そうだ。


■「家族への相続」を想定して準備している人も多い


「家族に相続させたい」とした回答した人に、何か準備しているかを尋ねたところ、「法人で物件を購入している(44.7%)」「家族で分けやすいよう、複数購入している(34.2%)」「大家業について教えている/一緒に事業を行っている(28.9%)」「専門家に相談している(9.2%)」という回答を得た。

一方で、「何も準備していない」も23.7%に上った。

相続を検討する理由としては、「自分が愛した物件ですから家族に相続して欲しい」「現金より不動産のほうが生活基盤としては優良な資産と考えられるから」「私が先代から不動産を受け継いだので、次のバトンを次世代に渡したい」といった意見のほか、「相続対策で物件購入するため」という声も。

「相続評価額を相殺出来る借入額残があり、相続税をゼロにする」など、購入・運用にあたって相続を前提に検討した人もいるようだ。

相続の方法として「法人化」を考えている人からは、「不動産事業は1つの収入源として良いと思うから。法人化を検討中」「法人化して株式譲渡する」「事業として運営しているので、その継続」といったコメントが寄せられた。
 

そのほか、「相続後の代表者をだれにするかで揉めぬよう、法人化せず個人名義で複数物件を所有している」といった複数所有に関する意見や、「賃貸経営のノウハウは行く行く教えて行くつもり」として、「大家業について教えている/一緒に事業を行っている」を選んだ人も。

「死後は相続した家族が所有するなり売却するなり好きにしたら良いと思っている」という意見もあった。


■「すべて売却したい」理由の1位は「自分のため」、次いでスムーズな相続のため

「すべて売却したい」と回答した人に詳細を尋ねたところ、「自分のために、老後は現金化したい(45.5%)」「相続人に、現金を残したい(22.7%)」「賃貸経営が負担だから/できそうな相続人がいないから(36.4%)」「保有物件の売り時が、生前に訪れそうだから(18.2%)」という回答を得た。

「自分のために現金化したい」という人からは、「最後の余生は楽しみたい」「定年後の自宅ローン残債の、返済の補填として不動産投資を始めたため、定年したら全て売却したい」といった声が寄せられた。
 

一方、「相続人に現金を残したい」という人は、「複数の子供たちに平等に資産を残すには現金等の金融資産が良いと思うから」「不動産を残すと相続時の分配で揉めそうだから」等、相続をスムーズにするための対策として現金化を検討しているようだ。
 

「自分は不動産を知っているが、家族はそうはいかないので、自分で現金に換えて相続したいと考えます」「同じ苦労をさせたくない」など、賃貸経営の負担を考えて、同様に現金化を検討しているという意見もあった。
 

相続税のルールが改正され、相続についての知識や、前段階での準備が以前にも増して必要になっている昨今。いざというときに慌てないためにも、早め早めに対策を練り、準備しておく必要があると感じている人、そして実際に準備を進めている人も多くなっているようだ。
 

健美家編集部

あなたが一棟目の物件を買う際の自己資金は、どのように作りましたか?

 

300万円、500万円、1000万円。。。

金額はそれぞれなれど、すべての不動産投資家たちが、

一棟目の収益物件を購入する際に「自己資金」を使ったと思います。

 

健美家では、その自己資金を作った方法について、アンケートを実施中です。

 

 

 

 

早くも、節約、貯金、親族からの相続といった王道的な回答のほか、

メルカリやヤフオク等の副業¥
結婚の祝い金を流用したクラッカー

といった「なるほど」と思うような貯蓄法が続々と集まっています。
 

融資が厳しいといわれる時代、

自己資金の重要性はますます高まっています。

 

一人ひとりの経験を持ち寄り、シェアすることで、

「こんな方法があったのかびっくり

「自分もこの方法ならできそうだラブ

と多くの方の参考になるアンケートになればと考えています。

回答者の中から10名様には、ギフト券をプレゼント。

1分もかからずに答えられるシンプルなアンケートです。

ぜひ、ご協力をお願いいたします!!

 


 

 

漫画好きな不動産投資家の方にお勧めの本の紹介です。

 

コミックエッセイというジャンルの書籍があります。

著者が経験した事実や思いを漫画で紹介するもので、

漫画ならではの読みやすさ、わかりやすさで、

ノンフィクションの情報量と知識が得られることで、

ここ数年は爆発的に出版数が増えている読み物です。

 

 

 

そんな人気のコミックエッセイですが、このたび、

不動産投資やDIYをテーマとしたものが出版されました。

 

題名は「DIY好きが極まって不動産オーナーになっちゃった話」

著者はイラストレーターの橋本笑さん。

 

DIYが大好きで自宅用の家具などを作っていた著者夫婦が、

「もっとDIYをしたい!」という動機から不動産投資に興味を持ち、

埼玉エリアを中心に、安い家を探し、買い付けを入れて、

リフォームをして、家賃収入を得て、というようなお話が

臨場感たっぷりに紹介される内容です。


※DIYが好きで大家になった方には、赤井誠さん、脇田雄太さんなどが有名ですね。
 

ボロすぎてひく妻と、「直せば住める」という夫!

なぜかトイレ臭い家!

物件を安く買ったのに、リフォームの見積もりが高くてショックを受ける!

入居者が決まらない!

 

そんな、初心者不動産投資家が経験するドキドキ・ハラハラの様子を、

漫画で追体験することができます。

 

ペンキを塗る際に「ミッチャクロン」を紹介するなど、

DIYについてのお役立ち情報も挟み込まれていて、

これからDIYに挑戦する方にも参考になりそうです。

 

これから戸建て投資を始めたいという方はもちろん、

自分一人で不動産投資を始めていて、家族にも興味を持ってほしいけど

どう説明していいかわからない、といった方にもおすすめの一冊です。

 

※発売は2月17日なので、書店に並ぶのはもう少し先になりそうです。

健美家でもコラムを連載していただいていた脇田雄太さんが、新刊を出版されたそうです。

題名は「5万円以下の”ボロ戸建て”で不動産投資を成功させる “55" のコツ!」(ごま書房出版)。

なんと13冊目の著書だそうです!


 

内容は脇田さんが得意とする長崎でのボロ物件投資について、
多くの方が誤解していることや、よく質問されること等について、

ボロ物件専業大家歴10年以上、ボロ戸建ての所有数100戸超、
家賃年収が4800万円をこえるという脇田さんが詳しく解説したもの。

 

例えば、以下のような質問とその答えが紹介されています(目次より)。

-------------------------------------------------


Q 物件を買うお金はありますが、リフォームするお金が十分ではありません。

     先に物件だけ買っておくのはアリだと思いますか?

 

★成功のコツ8

 ボロ物件投資をすると決めているなら、物件だけ先に押さえても良いと思います。

 それがお金を貯めるモチベーションになる人もいます・・・
 

Q 最初の物件は何度も通うことになると思うので、自宅の近くで買おうと思っています。

 

★成功のコツ11

  私は「家の近くで買うこと」を正義だと思いません。

  私自身は実家も住まいも大阪ですが、物件は長崎に集中させています・・・
 

Q 週末を利用して物件を探しに行こうと思っています。

    内覧を申し込みたいのですが、どんな点に注意すればいいでしょうか?

 

★成功のコツ24

    現地に行く目的は、不動産屋さんとの人間関係づくりです。

   物件探しも大切ですが、それと同じくらい、不動産屋さんとの関係を深めることに時間を割くべきだと思います・・・
 

Q 脇田さんは戸建てを5万円など非常に安く買われていますが、一番の秘訣はなんですか? 

    長期的に賃貸経営をすることのリスクについて、どうお考えですか?

 

★成功のコツ29

  安く買える理由は、私が買う物件の特殊要因(階段立地のボロ物件)にあります。

   需要もあり、今後も十分賃貸経営の可能性があると思っています・・・

 

Q リフォームの際、コストを抑えるために施主支給で行うことを検討しています。

 

★成功のコツ41

   施主支給は、大工さんにとっては効率が悪く面倒くさいことです。

   規格違いなどの発注ミスなども起こりがちです・・・


Q 過去にシロアリ被害のあったボロ物件を買う予定です。

    シロアリ予防の防除剤散布はやった方がいいでしょうか?

 

★成功のコツ44

   木造築古物件は、常にシロアリの脅威にさらされています。

   シロアリの被害がなかった場合や、被害箇所を修繕し終わった後も油断は大敵です・・・

 

Q コロナウイルスの影響で失業して生活保護になった方や求職中の方のお部屋探しが増えていると伺いました。

 

★成功のコツ50

   保証会社の審査を通れば、断る必要はないと思います・・・


-------------------------------------------------


ボロ物件投資は価格の安さから注目が集まっていますが、

それ相応のリスクがあることも忘れてはいけません。

 

ボロ物件投資を始めてみたけれど、壁にぶつかっている。

これから始めたいけれど、その前に知りたいことがある。

そんな方は、手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

この内容に興味を持たれた方は、脇田さんのコラムもご覧になってみてくださいね。

きっと参考になると思います!


◇脇田雄太のワッキー流リフォーム術

https://www.kenbiya.com/ar/cl/wakita/


脇田さん、このたびは献本ありがとうございました!

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家( けんびや) 」を運営する

健美家株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、

四半期別に、健美家に新規登録された全国の住宅系収益不動産の3種別

(区分マンション、一棟アパート、一棟マンション)の登録物件( 以下、登録)とメールで問い合わせのあった物件( 以下、問い合わせ) について、市場動向を定期的に集計し最近の市場傾向として取りまとめています。

 

2020年10月~12月期の調査結果を報告いたします。


【区分マンション】

利回り7.71%(前期比-0.09ポイント)、価格1,497万円(前期比+48万円)
【一棟アパート】

利回り8.70%(前期比+0.07ポイント)、価格6,612円(前期比+46万円)
【一棟マンション】

利回り8.19%(前期比-0.06ポイント)、価格1億5,702万円(前期比-122万円)

本件に関する詳細なレポートは、当社HPからダウンロードしていただくことが出来ます。
https://www.kenbiya.com/img/press/pre2021-01-12.pdf