恵伸会 たむらのひとりごと
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-03-21 16:05:39

予算の作成!

テーマ:事業戦略

明日、社会福祉法人惠伸会の理事会及び評議員会が開催されます。


主たる内容は、今年度の補正予算、来年度の予算、定款の変更等々。


特に、来年度の予算については、どの事業部門でも報酬改定等が発生しており、ぎりぎりでの作成を各現場で実施されました。


今後の各現場における動向を敏感に感じながら先を読み、予算化をする。


それを現場までブレークダウンすることが、これからの社会福祉法人に求められるもの。


社会福祉法人は予算主義的なスタイルですが、予算を消化しなくていはいけない行政的予算消化主義ではなく、必要なもの・不必要なものを各現場にてしっかりと判断することも必要です。


そのバランス感覚が、法人を成長させ、安定化させる武器になる事を全職員に知ってもらいたいものです。

2012-03-13 17:08:40

コストダウン

テーマ:事業戦略

コストダウンに努めること=お客様に付加価値あるサービスを提供できること。


私どもの法人では、全施設に厨房を完備し、食事提供したり、お子様やお年をめされた方と触れ合うことで成り立っているサービス業。


この時期、インフルエンザ以外にもノロウィルス等の感染症に対する予防のため、検便検査を実施しています。


法人での年間検対体数は2,000を超えています。


現時点でも定価の50%以下で設定をしておりましたが、再度交渉をさせていただき、更に50円のプライスダウンの提示をいただきました。


このことにより、年間のコストダウンは10万円以上。


10万円の経常利益が発生するということは、売上に換算すると100万円以上。


コストダウンは、目的ではなく手段です。


コストダウンのための交渉等を地道に実施し、確保した資金を本当にお客様が必要な部分に投入する。


それを継続することが、お客様の幸せに繋がります。

2012-03-07 09:30:41

管理当直の考え方

テーマ:高齢者事業

私どものような24時間対応している社会福祉施設や入院施設がある医療施設には、必ず管理当直という業務が存在します。


当法人が運営するサンレジデンス湘南(http://keishin-kai.or.jp/sunresidence/ )も管理当直勤務があります。


また、同施設内には平塚市から地域包括介護支援センターを受託しており、指定地区の24時間応対可能な相談業務を展開しています。


その中で、深夜等に掛ってくる電話は緊急通報の比率が高く、その通報に対応できるスタッフはしっかりと判断できるスタッフになります。


残念なのは、殆どの福祉施設では、その様な業務を当直専門の現場経験のないスタッフで対応しているところが大半です。


私ども施設も開設後数年は、専門スタッフと当直専門スタッフで対応していましたが、電話対応や施設内での緊急対応が増加した時期に、現在のように相談業務の出来る常勤スタッフに変更しました。


福祉施設や医療機関以外の公共性の強い施設の場合、本来はこうあるべきではないでしょうか?


児童虐待等の関係で保護者の方が児童相談所や市役所に深夜電話をしても、担当者や専門スタッフに相談することが出来ないことで、痛ましい事件・事故が起こってしまう可能性はあるにも関わらず、誰も何もしない状況。


それって本当の福祉なの?って思ってしまうのは私だけでしょうか?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス