Keipyon's Pialog ~neo

現在、コメント受付を休止しております。

演奏会のお申し込みやレッスン希望など、

もしくは何かご意見ご指摘などございましたら、

メッセージ頂くか、

keiko.819pf☆gmail.com(☆を半角@に変えて)

までお知らせ下さい。

内容によっては返信しない場合もありますので、

予めご了承下さいませ。


音譜Profile    

音譜Concert       

音譜History  7.21NEW                
音譜Repertory  7.21NEW   

音譜YouTube        

音譜Cembalo

音譜Request&Lesson   
 
 
 




  • 24Nov
    • 美しい演奏のためにの画像

      美しい演奏のために

      昨日の祝日は、生徒さん達の付き添いで早朝から動き回ったまぁ勤労感謝の日にふさわしい、と言えばそうかな朝は、生徒ちゃん3名が演研受講内2名は、いよいよ来週末にコンクル本選会が迫っておりますその出来はと言うと...まぁでも、演研の先生の前で緊張したかもだし、朝イチで指も動かなかったかもで、しかし、先生の的確で、厳しく且つ温かいご指導に、とてもよくついていって、短い時間でも吸収してくれて、良く頑張ってくれてました今回、先生からご指導頂いたことを残りの時間でしっかりやって、残り少ないけど、追い込み頑張ろうね私も出来る限りのサポートを試みます朝から素晴らしいレッスンをして下さった先生には、本当に感謝ですm(__)mそこからお昼を挟んで移動昨日のイベントは↓コンサートグレード(YPCG)昨日は毎年この時期恒例の、大人の部でした今回私の所からは、人生の先輩である生徒さん、1名の参加でした。普段から真摯にピアノに取り組んで頂いていますが、この世代はどうしても、ピアノに対して気負いが先立ってしまうというか、昨日も良く頑張って弾かれて、ところどころでは端正で美しい音も聴こえてましたが、やはり緊張が目立ってしまう場面が少なくなく、もうちょっと余裕を持って、曲の表現が出来るようになって頂きたいな、というのが正直なところ。それでも、かなりの高評価を戴けました勿論合格されましたやや甘々かなとも思うけど笑でも、有難くもここは素直に受け止めて、次に向かって頂こうと思います。生徒さんともお話して、もしかするとソルフェージュ的な事も取り組んでみると良いかな、と考えられるので、今後のレッスンメニューも色々考えてみて、より音楽そしてピアノを楽しんで表現できるようになって頂きたいと、心から願いますし、私も出来る限りのサポートをしていきます又、事後報告、時差投稿となりますが今月上旬には、上級のYPCGも開催され、こちらも人生の先輩である別の生徒さんが参加され、昨年に引き続き、人数制限で聴きに行けませんでしたが、無事、上級2合格のご報告を戴きました只、評価や講評を読むと、やはりこの上級ともなると、なかなか納得してもらえないな、とも痛感。上級は、プロアマ関わらず、演奏者表現者として、時代や作曲家を理解して、人に伝わる演奏が出来るかどうかが問われる。厳しいと言えばそうですが、でも、やりがいがあるのは間違いない。非常に演奏力のある方なので、来年も引き続き挑戦して頂きたいと願っていますそして、昨日の部の中で、他の先生の生徒さんですが、「美しい演奏をするためには、コンテストも必要」と、とても素敵なコメントをされていました本当に共感します。特に大人の生徒さんは、自分自身で楽しむことに拘る人も少なくないけれど、このように、コンサートグレードや発表会など、人前演奏を経験することによって、普段の練習やレッスンだけでは得られない収穫や課題が見つかるし、自分の生徒さんには勿論、ピアノを弾く大人の方々には、是非前向きに、こうしたイベントを活用して頂きたいですね。この言葉は、子供の生徒達にも言える事。正に正念場を迎えているヒト達、結果も大切だけれど、何より美しい、曲の世界が伝わる演奏を可能な限り目指して欲しいですそして、昨日と上級の生徒さん、更には数年前上級3を取得した生徒さんは、来年2月の発表会にも参加の予定で、更に、新たなピアノの世界を広げて行って欲しいし、私も楽しみです終演後は、ヘアサロンにちょっと切ってもらってスッキリいつもありがとうございますm(__)mさてさて、先週半ばから実家におりましたが、先程自宅に戻ってきました。この週末から来週末までいよいよ正念場、みんなも私も最後の追い込み頑張りたいです

  • 21Nov
    • 凄過ぎる!!!の画像

      凄過ぎる!!!

      ご無沙汰しておりましたまぁ色々とはありますが、それほど書くようなことでもなく笑まぁ普通にやっておりますさてさて、本日の日曜、先程コレを聴いてきました↓...ショパンエチュード全曲演奏最近、なかなか全曲リサイタルを見かけないので、コレはインパクト十分SNSで記事を見て、丁度空いている日なので、チケットGetで、会場ですが↓以前から気になっていて、色々行きたい催しもあったのですが、近場ながら意外にチャンスがなく、本日初来訪でしたで、ホールへと。コロナが落ち着きつつあるとは言え、美術館入り口で消毒、ホールに入る時も消毒、お手洗いなどで出て、戻る時も消毒と、もう厳戒態勢ですまぁまだまだ油断は出来ないものね。コチラのスタインウェイは、ちょっと珍しい型これにも前々から興味ありました。このようにアクリル板もばっちし笑さてさて、演奏ですが、とにかくもう凄過ぎるの一言でした。やはりショパンエチュード全曲と言うと、弾く側が何より大変で、いや、それが出来る人もかなり限られているし、特に先月までショパンコンクールもあったわけだし、プレッシャーも半端なかったかと思われます。と、弾く側は勿論だけれど、聴く側もなかなかの覚悟と言うか、集中と緊張があるもんですと同時に、やはり大きな期待もあるしね。そんな中で、やはり最初の10-1,2辺りは、難曲と言うこともあるし、緊張が伺えたけれど、10-4は得意なのかな。その辺りから調子が出て来たように伺えて、黒鍵の終わりの余韻からすっと歌い出した10-6は、とても美しかったですショパンだけれど、中盤何だかスクリャービンみたいな響きも聴こえたりして、なるほど、後の作曲家に大きな影響も与えたのだなと。最後の革命は、自信にあふれてましたOp.10を弾き切って、やはり25の方が、より余裕を持って表現されていたように思えます。最近生徒にもちょくちょく弾いてもらう25-2は、さすが速い動きがこなれていてスムーズで美しかったし、難曲の25-6の後の7番も、ご自身の歌があって良かったです。ラストの3曲は聴き応え十分で、堂々と締めくくられました久々に全曲通して聴いてみると、10と25、それぞれに、曲集としての全体の統一感やコンセプトもあるのだなと。とは言え、一曲弾きこなすのもなかなか大変それを全曲弾きとおせるというのも、並みの技術力と精神力では難しいし、更に一曲それぞれの意味、そこから全曲通しての統一感、そこまで到達するのはごく限られた演奏家なんだと思うし、音高卒業後暫く独学の後、ポーランドに留学されたという、少し変わった経歴の持ち主のようですが、それだけに、その演奏には、独特の個性や主張も伺えました。アンコールのワルツOp.64-2は、ピウモッソの表現をどう弾くのかが聴くポイントだけれど、テンポや強弱、ペダル、左右の出し方など全て変えておられて、なるほどな、と、面白かったです。初めて聴かせて頂きましたが、又機会があれば、聴いてみたいと思いますで、もう一回公演があるとの事で、そのスタミナはほんま凄いです笑一緒に行った母も、久々に生演奏を聴いて、感激したようです行って良かったで、帰り、会場の近くに↓こんな可愛い和カフェが玄米餅ぜんざい。優しいお味でほっこりした優しい心遣いとセンスが感じられるのもいいです。又行こう。先週半ばから実家にいてるので、丁度反田君や愛実ちゃんのクロ現なども観れて、又後日に書きます。で、明日月曜も休みを取ったので、今日から水曜まで一応休みだけれど、明後日は生徒さん達が本番や演研やらで、色々と付き添いにでも、みんな頑張ってくれているので、しっかりサポートせねばです休み明けたら、いよいよ勝負の舞台が間近にその前に、ちょっとのんびりさせて頂きます

  • 03Nov
    • あるべき姿が見えたの画像

      あるべき姿が見えた

      本日は、昨年暮れに、とっても貴重な自由練習の機会を戴けて、それ以来のコチラのホールへと↓今日はとってもいいお天気桂で乗り換える時、嵐山から帰ってくるヒトが多かった。宣言も解除されて、コロナも落ち着きつつあるんで、かなりにぎわってたんやろうな。で、本日の催しは↓何と、チェンバロで平均律第1巻全曲演奏というのに思わず飛びついて、予約したのだけど、私の知識不足が恥ずかしい限りやけどかなり有名な音楽家さんなんですねいや、実際、凄い人やったけどで、今回初めて、電子チケットにしてみた最初、下の空白はなんやろなと不安になったけど笑掲示したら、何やらスタンプを押してくれまして。こうゆうのがこれから増えて来るかもね。で、チェンバロで平均律クラヴィーア曲集第1巻、全曲通して聴いてみて...私、もう大分前やけど、4年間程チェンバロ習っていたことがあって。その時に、チェンバロは強弱がつかない鍵盤楽器なので、各声部は、アーティキュレーションではっきり変える。ピアノは音色や強弱で変えれるけど、それが出来ないから、チェンバロで弾く時は、ピアノよりもアーティキュレーションをしっかりする。今日も聴いていて、ああ、そこはこうゆうアーティキュレーションでいくのだなとか。もう一つ大事なのは、強弱がつかないからこそ、それぞれの【調性】のイメージをしっかり持つこと。平均律クラヴィーア曲集は、24全ての調で24曲。だから、24の調のイメージが全て変わらないと。今日の鈴木さんの演奏からは、それがハッキリと伝わってきましたでもこれが、誰しもなかなか出来る事ではないだろうなと。だから凄い、と思いました。そしてバロック、バッハて、むやみやたらに表情をつけるとよくない、とか、ピアノの世界では言われる事やけど、実はとてもエモーショナルなんだなと。歌う曲でも、長調と短調の歌い方は違う。弾き始める前の、鈴木さんの表情も、長調と短調とで違っていたなと。平均律、特に第1巻て、私達はついつい、勉強とか、試験で弾くとか、何だかどうしても辛くて嫌な想い出ばかり想い出されるけど何か、今日チェンバロで全曲通して聴いてみると、それだけにとどまらない、曲としてのあるべき姿が色々見えて来て、新たな発見が沢山ありました又改めて、練習していってみようかなと思ったり大抵弾いたけど、まだ弾いてないものもあったりするし。個人的に想い出深いのは、16番は、堺ピアノコンクールの予選で弾いたかな。その日のうちに、バッハ平均律の予選と、自由曲の本選があった3位までには入れなかったけど、奨励賞を戴けて有難かったです後、久々にチェンバロのリサイタルを聴いていて、色々想い出したな~。最初習い始めた頃は、ピアノとは全然タッチが違って、バイエル程度のものでも恐る恐る触ってたなプレ・インベンションから始まって、バッハはフランス組曲やパルティータまで教わって、後、発表会では、スカルラッティやラモーも弾かせて頂きました。レッスンをやめた頃、どうも先生が体調を崩しがちなのが気にかかったけど、その次の年に、まさか、お亡くなりになるなんて...。もう少し先生がお元気で、私も習い続けていたなら、平均律も教われていたかな、なんて考えたりしてました。チェンバロ、そして、先生の想い出をまとめています→コチラいやはや、色々感慨深い演奏会でした行きで、桂に乗り換える際、いつもお世話になっている、ピアノ友達ご夫妻にお会いして、少しお話出来て良かったですにしても、結構気合入れて聴いたせいか(鈴木さんも、弾くのも聴くのも大変、と仰っていた)ちょっと疲れたようで、帰って来てバタンキュー今は回復しました。昨日も弾き合いがあったりしたから、さすがに疲れたかもしんどい時は無理せずに、少しでも体を休ませるように心がけます。今朝はホットヨガに行ったのだけれど、下にはこの時期恒例、カーネルおじさんがに。つい数日前までやったのに、時の流れについていけないでも、今年も残り2ヶ月切って、良い締め括りに出来るよう、体調に気をつけつつ、楽しく頑張っていきたいです。それでは、今週後半も頑張りまっす

  • 02Nov
    • 新たな勉強の場の画像

      新たな勉強の場

      本日は、とある弾き合い会先月弾いたショパン、エオリアンとスケ2を弾かせて頂きました。スケ2後半がわやくちゃにこの曲はやはり、中間部の後半を、もっと技術的にしっかりさせとかないとな。どちらも、今後も重要なレパートリーであるので、又引き続き練習していきますエチュードは、他も少しずつ弾いていかねばね今回、有難くもお声がけを戴き、参加させて頂くこととなりました皆さん、かなりキャリアをお持ちで、演奏もしかりこんな中に混ぜて頂けるのは恐縮でありますがでも、今回が第1回目と言うことで、これから定期的に開催されるようで、またとない貴重な勉強の場となりそうです。失敗を恐れないで、でも勿論毎回その時点での良い演奏を目指して、取り組んでいきたいです。お声がけに感謝ですm(__)mそして皆様、これからも宜しくお願い申し上げますm(__)mこれからは来年に向けて、曲を少しずつ作っていきたいです。と同時に、やはりバッハやショパンエチュードなど、基本を今一度固めていくこともしていきたい。11月に入ったね昨日からやや体調がすぐれなかったりするけどもう一晩寝たら良くなるかな。明日は演奏会に行く予定

  • 31Oct
    • 久々の場所、初めて聴く人の画像

      久々の場所、初めて聴く人

      10月最終日は、まずは生徒ちゃんのアドバイスレッスンお付き添い今回初受講なんでちょっと心配していたけど、先生のお言葉にうなずきながら、よくついていって、とても頑張ったねいいレッスンでした今日教わったことを踏み台にして、大舞台に向けて頑張っていこうねそこから向かったのは↓8年前に一度だけ弾かせて頂いて、後、数度聴きに行ったサロン、今日はかなり久々に伺いましたジョイントコンサートでしたが、SNSで繋がったピアニストさんがご出演との事で、聴かせて頂きましたコンクールなど精力的に活動されているようで、一度聴かせて頂きたいと思ってました。深く勉強されているのが伝わる音でした初めて聴かせて頂き、お会い出来て良かったです又聴かせて頂くのは勿論、機会があればご一緒出来れば嬉しいです。最近、コロナも落ち着きつつあり、周りでも少しずつ活発に活動し始めており、刺激を受けます私も、まだ様子見ではありますが、少しずつ色々考えていきたいと思いますそういえば今日は↓かぼちゃプリンと、そうそう、衆院選も行って来たよ。そんなこんなで、今日で10月も終わり、そして明日から11月。今年も後2ヶ月か、早いなこの1ヶ月ちょいは、頑張りどころになります今年をしっかり締めくくりたいですねてな訳で、明日から仕事復帰、頑張りまっす

  • 28Oct
    • 2ヶ月遅れでの画像

      2ヶ月遅れで

      祝ってもらいましたコロナ禍でなかなか外食に行きづらかったけど、ぼちぼち落ち着いてきたかなと言うことで、母が昨夜ごちそうしてくれました↓宝塚ホテルクラシックな雰囲気が素敵宝塚スターになった気分かな笑ホテル内の鉄板焼きのレストランへと↓最初はコレでやっと外で飲めるようになったねマッシュルームのクリームスープ。何と、鴨のフォアグラ入りぼちぼちコレモードに外で飲めるっていいね笑お肉も美味しかったにんにくも、花びらみたいで柔らかいし、臭いがきつくなくて美味しい。インスタには、お肉を焼く時に上がったをアップしています笑そして、〆はやはり、我が家はガーリックライスで。おこげにしてくれるのが、又格別で美味しかったあ~美味しかった久々に外で豪華ディナーを堪能出来たのが良かった。母よ有難うm(__)m私の方からは、外食がなかなかだったので、先月のジャズピアニストの大家お二方のコンサートに連れていきましたが、又今度は、私が美味しいものをごちそうしたいと思います。夜も、又素敵なたたずまいでさて、秋休み、お陰様で、のんびり羽を伸ばしておりますちょこまか仕事に関する用事もしたりしているけど。有難いことに、新たな生徒さんのお話も頂戴しておりますm(__)mそして、11月~12月始めは、生徒さん達の本番ラッシュコンクール本選会も幾つかあったりするのと、大人の方々の本番も。休み明けたら、またまたスパークしてそうやけどとりあえずはもう少しのんびりさせてもらって、来月からは気持ち引き締めなおして頑張りますピアノの方も、まだ予定の予定みたいな感じやけど、本当に有難いお声がけを頂戴して、お陰様で、目標を高く持って練習していけそうですショパコンのアーカイブもちょっとずつ観ているけど、一次でもみんな上手いな~だからこそ、世界のトップを目指す厳しさも思い知らされるけど。でも、とても勉強になります。ここまでのレベルは到底無理やけど自分に出来る事を確実に、自分が目指せるところまでは頑張っていきたいですでは、もう暫くゆっくり静かに過ごしまっす

  • 25Oct
    • 着実にの画像

      着実に

      え~、かなり時差投稿、事後報告となりますが本番やらあってドタバタしてたのもありますが、本人及びお母様達と話をきちんとしてから、てのもあったので。もう2週間前になりますが、生徒ちゃん数名がとあるコンクール予選に挑戦しまして↓やってくれました中学生のヒトは2年連続での突破です。中学生ともなるとかなりハイレベルだろうから厳しいかなと、とにかく一つ一つの舞台で、良い演奏を目指して、と話していましたが、よくやってくれました本選3つとなり超ハードやけど一つ一つ丁寧に、自分なりに頑張っていこうね。5年のヒトは初挑戦にして初突破なかなかの評価を戴けましたと、2名が突破してくれて、こうした外部のコンクールで、果たして通用するのかどうかでしたが、今まで頑張って来た成果が着実に力になってきているなと、頼もしい限りですその一方で、とても良い演奏だと思ったけれど、まさかの奨励賞止まりで、次に進めなかったヒトも正直講評を読んでも解せない面もありますが、まぁこうゆう時もあるかな、と思うことにします。演奏は確かに良かったので、気持ちを切り替えて、又次に進むとしましょう本選は今月末。2名にはチャレンジの気持ちで、良い演奏を目指して欲しいです美味しそうなものを戴きました。お心遣い恐縮ですが、有難く頂戴させて頂きますm(__)m結果はともあれ、本当によく努力して、又大きく成長したよねこれからも期待しているので、ピアノに対して気持ちがブレることなく、コツコツと頑張ろうね...そういや、楽器店コンクルの本選会も12月始めで、もう日にちが無いやん結果うんぬんより、まずは一つ一つを着実に固めながら、ペースアップしていきます。11月は修羅場りそうやな~こちらは、高校生生徒ちゃんからの修学旅行おみや。コレ、めっちゃ好物で嬉しい~有難うねm(__)m九州を巡って来たそうで、楽しかったようで何より。一年ちょっとのお付き合いですが、とても良い素質を持っていて、発表会もなかなかの演奏でした来年年明けのコンサートグレードも楽しみにしてるよと言うことで、昨日から秋休みで、やっぱりのんびりするワ~笑来月からの正念場に備えて、ここはゆっくりさせてもらうとします

  • 24Oct
    • 刺激になる存在の画像

      刺激になる存在

      何だか、急に冷え込んで来たね~服に困ったり、体温調節が難しいです。風邪を引いてしまった生徒さんもいるし皆さん、ご自愛くださいませ。でもコロナは大分減ったようで。勿論、まだまだ油断禁物ですが、少し色々動いていけそうかな、と思えたりさてさて、本日の日曜は↓コチラのサロン、一時期はちょくちょく聴きに行くことが多かったけど(弾いたことはないのです)コロナ禍以降は初めてで、結構久々やったかな。何と、ガジェヴもココで弾いたことあるのね~もうけーへんやろなぁ笑本日の催しは↓3部制で、色々な催しが行われていたようですが、3部に、ちょくちょくご一緒させて頂くピアニストさんがご出演との事で、聴きに行かせて頂きました。6組のソロ・連弾の方々がご出演でした。連弾はショパンでなかったけど、ソロは全員ショパン。お二方がバラ1を弾かれてましたが、単に上手下手で聴くのではなくて、それぞれに違うアプローチがあって、歌いまわしとか呼吸の仕方とか、当たり前だけど違っていて、でも、どちらもそれぞれに良さがありました。それがショパンの音楽の懐の深さなんだと思いますショパン、とりわけバラ1とか定番中の定番曲は十人十色、それぞれの演奏に魅力があります。しかしお知り合いの方は、やはりさすがでしたまず、技術がしっかりしているから落ち着いて聴けるし、以前より増して、表現に深みが出て、ピアニストとしての雰囲気も惹きつけられるものがあり、とても良かったです常に厳しく情熱的にピアノに取り組んでおられて、本当に刺激になる存在ですまぁキャリアも凄い方なので、私なぞ足元にも及びませんがそれでも、少しでも見習って、頑張ろうと思わせてくれますゆっくりお話したかったけれど、感染防止策にて面会禁止との事で、少しだけ挨拶させて頂き失礼しましたm(__)m又ゆっくりとショパンの幻想ポロネーズ。やっぱりいい曲よなぁ一度は弾いてみたい曲だけれど、内容の深さに、なかなか腰が上がらないでも、そろそろ、少しずつ向き合ってみようかなと思えたりしましたさてさて、私は今日から月末まで、秋休みを頂戴しておりますやっとゆっくり出来るワちょっとのんびりさせてもらいまっす。でも、練習も勿論します後はショパコンのアーカイブも、じっくり観てみようかなと。しばしのんびりしてリフレッシュして、これからの本選会ラッシュに備えようと思います

  • 21Oct
    • ショパコンも新時代の画像

      ショパコンも新時代

      ハイ、ショパン国際ピアノコンクール、ファイナルも終了し、日本時間で今朝結果が出ましたにしても、目覚めたら結果出てると思いきやまだやったと予定時間より2時間半ほど遅れたとか現地では深夜で、ファイナリストの皆さん、かなり疲れたのでは報道陣もしかり。だけれど、審査はよっぽど紛糾したんやろうなとそうそうたる審査の先生方も、大変お疲れ様でした。で、その結果ですが、正直意外ではありました。第1位のブルース・リウ(カナダ)実は大変申し訳ない事に、全く聴けておりませんこれには理由があって、今回演奏順は、名字の頭文字Mからのスタートで、つまりブルースさんはL、いつも最後らへんで、日本時間だと常にかなり遅い時間となってしまう。なので、ほとんどの日本在住の人はノーマークだったかも。私も、愛実ちゃん終わったら寝てたもんな笑しかしその後、結構ファイナルまで残ってはったので、この辺りは実力者が多かったようです。ブルースさん、コンチェルトがかなり良かったようで又じっくりアーカイブで観てみます。そして、第2位は同率で↓反田恭平(日本)やりましたね内田光子さんと並んだ、凄いなあ二次、そして三次を少し聴きましたが、正直、ものすごく惹かれる強烈な表現と言うのは感じなかったけど、けれど音楽を真っすぐ大きく捉えて、非常に丹念に音作りをされているな、と思いました。やはりコンチェルトがとても良かったです彼の人間性、そして発信力も、ピアニストとして大きな魅力となっていると思えるし、きっとこれから、幅広い世代に、クラシックピアノを伝えていく存在になるのだろうなと。個人的には、発表の時、「えっ、俺 まじ ええのん」てな表情にウケました笑アレクサンダー・ガジェヴ(イタリア/スロベニア)今回のショパコンでは私的に、何といってもガジェヴでした一次からファイナルまで、釘付けでした。全ての音が良く考えられ、ピアノと言う楽器を熟知し巧みに操り、音の深さがもう違うというか。特に三次でのOp.56のマズルカの美しさは忘れられませんし、激しさも加味されたソナタ2番も聴き応え十分ソナタ賞もおめファイナルも2番を深い音で奏でたものの、オケとの呼吸がやや合わなかったり、終盤ガス欠気味だったのが心配でしたが評価されて良かったです反田君とガジェヴ、この対照的なお二方が同率で2位と言うのは、私的には嬉しいです。方向性は全く違うものの、それぞれの道を切り開いていくだろうピアニストだと思います。3位は↓マルティン・ガルシア・ガルシア(スペイン)ガジェヴの後に、同じ2番を弾いて、それがかなり良かったとの事で、アーカイブで聴いてみました。非常にスケール大きく強靭で、ファツィオリを思う存分鳴らしていました。ショパンにしてはちょっと圧が強いかな、とは思ったけれど。非常に表情も豊かで、顔芸に思わず笑ってしまったり三次までは、かなり賛否両論あったようですが、でももしかして、新世代のピアニストとして、こうゆう存在も必要なのかもです。又アーカイブをじっくり観てみます。そして第4位も同率で、ヤクブ・クシュリック(ポーランド)も全く聴けてなく、もう一方は↓小林愛実(日本)前回に続いての再挑戦。前回ファイナルまで残りながらも入賞ならずで、涙を流されていたのが、今でも目に焼き付いていますそうした悔しさや、早くから天才少女と注目されてきただけに、色々紆余曲折あったかと、それらを乗り越えて、今回かなりご自身を、そしてピアノも変えて来たなと、再びワルシャワでの再挑戦のステージに立たれている姿に、彼女の凄い生きざまをヒシと感じました一次~ファイナルまで、全身全霊入魂の凄いステージで、本当に素晴らしかったです只、コンチェルト...ものすごく弱音に拘った内省的な演奏で、最初はもう私も号泣して観ていたのですが曲が進むにつれ、それがやや後ろ向きに聴こえてしまい、もう一歩ドカーンと響かせたり、前向きに進めたりする場面が欲しい、と、ややジリジリして聴いておりました4位と言う結果を、彼女はどう受け止めておられるのかはまだわかりませんし、私は三次まで、正直愛実さんの優勝を信じておりましたから、残念と言えばそうですが、それでも、新たな表現を切り開いて挑戦されたのは、本当にすごいと思いました4位も素晴らしいですし、これを踏まえて、更にピアニストとして円熟の境地に行かれるかと日本人お二方の入賞、素晴らしいです第5位のレオノーラ・アルメリーニ(イタリア)も聴けておらず。第6位↓J J ジュン・リ・ブイ(カナダ)一次、たまたま観たのですが、へ~、めっちゃ上手いやんと。音がとてもきれいと思いました。二次三次は聴けてなかったけど、一次を聴いていたので、ファイナルまで残るのは納得出来た。そのファイナル、随所で音質の美しさは発揮出来たけれど、正直安定感に欠けるかなと。まぁでもまだ17歳。6位入賞はりっぱなので、今後大いに期待。で、残念ながら途中までになった方々にも印象的な演奏が沢山ありました↓古海行子(日本)一次はやや硬いかなと感じたけれど、それから徐々に調子を上げられて、三次はプログラミングも彼女にあっていて良かったし、ソナタ3番もスケール大きく、しっかりまとめておられました只、ファイナルに残るとなると、もう一歩線の太さ、そして強い個性が必要かなと。でもとても質の良い弾き手さんで、実演を聴いてみたいです。ニコライ・ホジャイノフ(ロシア)前々回からの再挑戦で、一次は彼らしい好演で良かった。三次ですが、一生懸命体で響きを出そうとしているのはわかるけれど、やや頑張りすぎに見えたのと、テンポ感もやや後ろ向きに聴こえてしまい、ファイナルは難しいかなと思ってしまった。けれど、素晴らしいピアニストであることは間違いないので、これからも、にこりんワールドを期待したいですシモン・ネーリング(ポーランド)愛実さんと同じく、前回ファイナリスト。二次を聴いたけれど、音楽がとても自然で聴き易く、すーっと気持ちよく聴こえて来る美しい正統派だけれど、このポジションにはもう既に色々な方がいてはるし、新しさがあるかと言えば、うーん。それでもファイナルまで残ると思っていたので、三次止まりだったのは意外。京増修史(日本)一次にて、こんなしなやかに10-1を弾く人がいるのかと驚きました二次も美しい音楽でしたが、やや緊張がうかがえてしまい、次へは難しいかと思った。とは言え、とても良い弾き手さんなので、実演を聴いてみたいです。男前なのも良し笑ゲオルギス・オソキンス(ラトビア)彼も前回ファイナリスト。かなり個性的な風貌と演奏で話題でしたが、今回も、この低いマイ椅子笑演奏もなかなか個性的ですが、不思議と惹きこまれる感覚があった。音も深い。とは言え、あまりに個性的に傾くと、段々しんどくなってきたのもあったかな。でも、二次止まりは残念。もう少し聴きたかった。沢田蒼梧(日本)何と、現役の医大生研修医としても忙しいはずなのに、ピアノでもショパコンに出るレベルとは天は二物を与えるのですな。演奏はなかなかスケール豊かで伸びやかちょっとミスタッチが目立ったかなと、三次へは難しいかなと。でも、その音楽はとてもいいと思いました。医師とピアニストの二足のわらじは大変だけれど、是非両立させて頂きたいです角野隼斗(日本)東大院修、YouTubeでも活躍されている、正に異色にして、新世代のピアニストかてぃん二次と三次を聴きましたが、三次の方が良かったかなと思います。正直なところ、もう一歩音色の多彩さが欲しいなとは思った。でも、反田君と共に、発信力のある方で、色々な世代にクラシックや色んな音楽の魅力を伝えていける、稀有な存在だと思えるので、これからどのように活動を展開していくのか、楽しみにしたいです。最後に↓牛田智大(日本)二次を聴きましたが、非常に立派な演奏で、私は優勝の可能性もあると思ってましたが、まさかの二次止まりに、私は勿論、世界中が衝撃だったと思います今考えてみても、よくわからないし、本当に惜しかったですが、でもまだ若いし、次回の再挑戦も可能ですし、期待したいです。今回の経験を、ピアニストとしての更なる成長につなげて欲しいにしても、先月近所でリサイタルしてはったのですが、仕事で断念したけど、今思うとやっぱり行っとけばよかった、と後悔この他まだまだ聴けてない方々が沢山いて、ファイナリストは勿論、途中まででも、かなり評判良かった方々もいらっしゃるので、来週いっぱい秋休みなので、またじっくりアーカイブを観てみようかと。ショパンコンクールも、色々な個性の方がいらっしゃるし、例えば、ショパンならこうあるべき、て理想の演奏があるにはあるけれど、それにとらわれない演奏も沢山あって、それがどこまで許されるかなんだけれど、とにかく、色々な演奏が認められるようにはなって来たのかな。後は、現代、そして昨年からのコロナ禍もあり、演奏のみならず、ピアニスト自身の発信力も重要な時代かと。反田君やかてぃんは、その辺りがすぐれていて、自己プロデュース力も素晴らしいなと。ある程度、政治力も必要とも思えます。ショパンコンクールも、そしてピアノの世界も新時代に突入したと思いました。何はともあれ、全てのコンテスタントの皆さん、人生を賭けた素晴らしい演奏を有難うございました。本当にお疲れ様でした私達外野は、勝手に楽しんで色々な事言ってますが実際、あの場に立つというのは、相当な精神力の強さが必要だろうし、それまでの努力も想像を絶するものだったかと。本当に尊敬しますこれからの、皆さんのご活躍を期待しています私も沢山勉強させて頂き、何より、ショパンはどの曲も本当に魅力的だなと終わってしまって寂しいなぁけれど今後、生演奏がきけるのがとても楽しみですさ、明日明後日仕事したら、秋休みに入るので、後もうひと頑張りしまっす

  • 18Oct
    • ショパンに想いを寄せての画像

      ショパンに想いを寄せて

      ハイ、昨日は楽器店コンサート、お陰様で無事終演しました有難いことに、今回は先月下旬に早定員となり、昨日も、勿論感染防止策でMAXではないものの、結構入ってくれているな、と、沢山の方々に聴いて頂けて、本当に有難かったですm(__)m今回はパンツドレスにしてみましたこのコンサートではこのように、グランド・アップライト・電子とズラリと並べられ、三台で弾き比べて、音の違いを体感して頂くのと、私の方でもそれぞれの違いをお話させて頂きました移動が必要なので、だから裾の長いドレスは厳しく、昨日はパンツドレスにしてみました。ネットで購入したけど、サイズも着丈も丁度やったで、今回のプログラムですが、昨日は10月17日。そう↓ショパンの命日でしたそして、今丁度ショパンコンクールも開催されているということで、ショパンメインのプログラムにしてみましたこんな感じで笑MCも弾き比べ、いつもはギロック/ウインナーワルツ、なんですが、まぁ季節柄、同じギロックの、秋のスケッチ、でピアノの機能、そしてペダルについてもお話させて頂きました。結構、真ん中のソステヌートペダルに、皆さん興味津々やったかな。子供さんはまず使わないし、私達でも、現代曲とかでたまに、くらいかな。コレを使うくらいになると、まぁ音大生・演奏家レベルなので、当然グランドは絶対必要。それぞれの成長の段階や志向によって、現時点でベストな楽器をご検討頂ければと思いますで演奏ですが、お盆明けから、正直なかなかピアノに向き合う時間や余裕もなくしかし先月下旬に発表会も終わり、今月に入って落ち着いてピアノに向かえるようになったかな華麗なる、は、今ずっとコレに取り組んでくれている生徒ちゃんがいてて、ノク2も常にどなたかに弾いて頂いてるし、エリーゼやブルグミュラーもそうだけれど、常に生徒さん達と共に自分も考えて学んで、いや、生徒さん達から学ばせてもらっているかもです。と同時に、生徒さん達に弾かせるのとは違う表現を考えたりもする。エオリアンやスケ2は、かなり久々に引っ張り出したけど、まぁどうにか単に手が動くかどうかと言われれば、正直衰えてきたかなと言う面も笑だけれど、若い頃にはない考えや表現が今はある、ともいえる。アンコールは別れの曲。コレにしたのは、先月この楽器店サロンにて、以前何年かご指導頂いた先生の、ショパンエチュード公開レッスンをオンラインで聴講させて頂いて、久々に先生の真摯なお考えや、冴えわたった演奏に接する事が出来て、そんな素晴らしい尊敬するお方に、そういや私も、黒鍵と、そして別れをご指導頂いたなと思い出し笑恐縮ですが、その時はおほめの言葉を戴けて嬉しかったのが、今でも忘れられません特に別れは、先生から教われたことが凄く今でも活きているなと思えるし、なので弾きたいと思いました。急造だったので、中間部など完ぺきとはいかなかったけどでもやはり、大切にしていきたい曲。今ショパコンも開催されていて、結構皆さん観てはるんやなぁと、あんな上手なの聴いていると、自分の演奏は恥ずかしくなりますがでも、自分に出来る演奏や表現を大事にしていきたいです。お陰様で、やはりショパンは喜んで頂けるなと小さいヒトが多かったけれど、とても静かに熱心に聴いて下さったし、MCに対しても結構反応して下さったり、私も進めやすかったし、演奏にも集中出来たように思います熱心に聴いて下さって、本当に有難うございましたm(__)mショパンの命日に、ショパンメインのコンサートが出来て、光栄でした生徒ちゃんから戴きました初めて私の演奏を聴いてくれたよね有難う、嬉しかったよお母様にも感謝m(__)mそして↓スッキリまとめて頂きました朝早くから有難うございましたm(__)mそして、いつもお声がけ頂き、色々一緒に考えて下さる担当様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいですm(__)m今後とも宜しくお願い申し上げます又、今回早々定員になってしまい、お断りしてしまった方々もいらして、申し訳なかったですが、次回は真っ先に案内させて頂きますm(__)mそうそう、今回は何と、録画が途中で切れてしまいiPadのストレージがいっぱいになってしまっていたとかでまぁしゃーないな。かろうじて残せた分をちょびっと切り取って、インスタの方には載せています。そして晩には、生徒ちゃん達の演研お付き添いがあり内一人は道連れでした笑大変でしたが、いつも色々と有難うございますm(__)mいつも聴いてくれて、そしていつも努力してくれて有難うその合間に↓うひ本番後と言うこともあり、ペロリでした笑大切な役目を、何とか終えて、やっぱりホッとしたでも、来月始めにはちょっとした弾き合いの予定もあり、練習せねばですとは言え、今週いっぱい仕事したら、来週いっぱいは秋休みの予定ようやくゆっくり出来そうかな笑それを励みに、今週は頑張りまっすショパコンも、いよいよ今晩からファイナルだけど、今晩はもう寝ます反田君は、アーカイブで観ようかと。明晩とその次は気合入れて夜更かししようかなと。さぁ、優勝はどなたになるのか、ワクワクです