ヴァレンタイン・デー用トリュフ箱の試作とご提案 | 貼り箱工房Forest (有)金森紙器のスタッフブログ

貼り箱工房Forest (有)金森紙器のスタッフブログ

岩手県南で唯一!オリジナル紙箱を1個から!一関の紙器工房です。
工房からの新着情報やコラムなどをお届けします!


テーマ:

寒い日が続きます!皆様風邪などひきませんようご自愛ください。
貼箱工房もこの寒さと湿度の変化で貼箱用接着剤(ニカワ系ゼリー)の融解後の濃度調節に神経を使う時期です。
早朝から工房内を暖めて稼働時間には温度差の少ない環境に保つようにしています。

さて、今回は来月の一大イベント「ヴァレンタイン・デー」用貼箱アイテムの試作のご紹介です。

トリュフ・チョコ 「3個入~6個入」
サイズはいろいろリサーチしましたが定番サイズは無いので工房オリジナルで試作。
今回は1個の入るサイズを35×35×35mmに仮設定しての試作です。
基本ボール紙は黒。仕切りも黒のツヤ消しボール紙を使用しました。
表化粧紙は4種類をピックアップ。

・弊社定番の、つや消し系のゴールド
・黒地に金の糸を振りかけたような柄
それから今回は「川島商事(株)」様のスター小間紙の新柄で、
見る角度で柄が変化するホログラム・ペーパーの化粧紙。
・黒地に綺麗に輝く星がちりばめられた化粧紙

・赤地に様々な可愛らしいハートが現れる化粧紙

弊社店頭にてサンプル品を展示中です。
サイズはお客様のご要望のサイズで作成いたします。
ヴァレンタインのみならず、ホワイト・デーやバースデーギフト等にも小ロット対応できます。
お気軽にお問い合わせください。

貼り箱工房Forest (有)金森紙器スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス