貼り箱工房Forest (有)金森紙器のスタッフブログ

貼り箱工房Forest (有)金森紙器のスタッフブログ

岩手県南で唯一!オリジナル紙箱を1個から!一関の紙器工房です。
マルシェ出店情報やお客様の別注オーダー品を紹介しています!

先月1月11日のIBC岩手放送の番組「わが町バンザイ」をご覧いただきありがとうございました。
おかげさまで翌日よりたくさんの「番組見ましたよ♪」のお声がけとともに「Forest」への多くのご来店ありがとうござます。
店頭品だけでなく別注品のオーダーも多く、現在制作完了までお時間をいただいております。
なにより多くの皆様に化粧箱(貼箱)を知っていただけたことが嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

お菓子屋さんの箱と言えば
洋菓子店のショートケーキ用の白い折りたたみ式箱が浮かぶと思います。
いわゆるサービス(簡易)箱で、こちらもサイズが大まかに決まっています。
こちらは日を改めて詳しくご案内しようと思います。

今回は化粧箱(貼箱)の詰め合わせタイプの箱についてです。
お菓子屋さんではそれぞれの商品の詰め合わせ箱が必要です。
例えば4個入れ、6個入れ、多くは10個入れ、20個入れなど。
既成品の折りたたみ箱等と違い貼箱は完成型での納品です。
種類が多ければそれだけ在庫スペースも必要です。
また、紙製品ゆえ長期保管が難しいという面もあります。
多くの貼箱メーカーは作業効率や価格面からある程度まとまったロットでの受注を必要とします。
しかし、既存のお客様や新規お問い合わせいただくお客様からも、
「必要とする小ロット対応ができないだろうか?」
とのお問い合わせを以前からいただいておりました。
そこで弊社では数年前から「小ロット対応、1個から!」を掲げ対応させていただいております。
例を挙げれば、
6個入れ、10個入れ、12個入れ、20個入れを各10箱の発注。
弊社では基本的にOKです。
価格は確かに100個などのロットと比べますと多少割高ですが、
デッドストックの回避やイベント用小ロット発注など様々な目的で
小ロット発注をご利用いただいております。

是非ご利用、お問い合わせください。

配達可能エリアは岩手県南エリアとなります。
(およそ一関市~奥州市となります)

もう1年以上ぶりのブログ再開です。

つまりは、会社ブログの役割がSNSツール中で曖昧になってしまい、

HP、Instagram、Facebookに絞って発信してきました。

HPは会社のご案内が主体で細かいことをあれこれお話しする場ではありません。

InstagramとFacebookは手軽に皆さんに「今」を共有できる重要なツールです。

Instagramはやはり「インスタ映え」とあるように写真が主人公です。

Facebookはブログに近いと感じますがちょっとした近況報告として最適です。

もちろんこれらのツールは大好きで今後も使い続けます!

 

しかしながら、これらのツールは特定の記事をゆっくりお話しするには難しいと感じました。

会社HPのTopicの役割にはやはりブログの力も魅力だなと改めて感じました。

InstagramやFacebookでは回覧してくださった方が窮屈になりそうな長文は控えてきました。

話したくてもはなせなかった話題が随分貯まってしまいました。

ならばブログならではの情報発信を再開しようと考えた次第です。

 

完璧な役割などが定義されてからとなるといつ開始出来るか判りません・・・

思い立ったが吉日」とも言います。

不定期更新となりますがブログ再開します。

(写真:明日の開店を待つショップ店内)

気が向いたらお越しくださいね。