6月の本番

テーマ:

6/24(日)、すみだトリフォニーホールにて東京アカデミッシェカペレさん主催、オペラ「遠い帆」抜粋・演奏会形式の本番が終わりました。

僕は支倉六右衛門常長を歌いました。
非常に密度の濃い音楽、難解な音、複雑なリズム、それらの意味を見出すのに苦労し時間もかかりましたが、支倉がなぜ自分が選ばれたのかと自問自答しながら悩み、苦しみ、葛藤する中で、その運命を受け入れて(たとえそれが自分にとって不幸なものであったとしても)精一杯生きた支倉の生き様を表現したつもりです。
この作品に出会えたことに感謝。
ご来場のお客様、また関係者の皆様、ありがとうございました。

 

image1.jpeg

終演後、ソリスト陣で。影役の菅英三子先生、ソテロ役の鈴木准さんと。

 

image1.jpeg

公演プログラム。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

image1.jpeg

そして梅雨明けが宣言された6/29(金)、

東京オペラシティ・リサイタルホールで国際音楽芸術振興財団さん主催による、ガラ・コンサート〜声楽と弦楽の響宴に出演しました。素晴らしい共演者に恵まれて本当に楽しいコンサートになりました。

 

 

個人的にはプログラムの最後に清水華澄ちゃんと二人で客席を駆け回りながら歌った「猫の二重唱」は忘れられない思い出になりそうです(笑)
 
image1.jpeg
公演プログラム(なぜか横になってしまう。。。どなたかやり方を教えてください。。。)
 
image1.jpeg

終演後、出演者全員で。ありがとうございました!

名曲アルバムの収録

テーマ:

6/14(木)、NHKのスタジオにて「名曲アルバム」の収録に参加しました。

歴史ある番組の収録に参加させていただき、大変光栄でした。

収録後に写真を撮りました。(二期会21のTwitterより転載しました)
左からテノール岡本泰寛さん、テノール大槻孝志さん、バリトン原田、バス成田眞さん。
芸大の素晴らしい先輩方とのアンサンブルは嬉しく、楽しい時間でした。

放送日、曲目等の詳細は正式に発表されましたら改めてこのブログでお知らせいたします。

image1.jpeg

 

6/24(日)13:30開演、すみだトリフォニーホールで行われる東京アカデミッシェカペレ第55回演奏会、三善晃作曲オペラ「遠い帆」(抜粋・演奏会形式)に支倉六右衛門常長役で出演いたします。

 

1613年仙台藩藩祖・伊達政宗の指令により、藩士の支倉六右衛門常長が宣教師ルイス・ソテロとともに「慶長遣欧使節」として石巻・月浦(つきのうら)からスペイン、ローマに向けて出帆するも、幕府がキリスト教禁止令(切支丹禁令)を出したことが海外に伝えられ、常長の一行はローマ法王との接見を果たすものの、冷ややかに処遇されて帰路につく。常長は伊達政宗の野望のため捨て石として派遣されるのを宿命として受け入れた人物として描かれます。

 

東京アカデミッシェカペレ第55回演奏会
曲目:三善晃オペラ「遠い帆」(抜粋・演奏会形式)
G.マーラー交響曲第1番「巨人」
指揮:外山雄三
支倉六右衛門常長:原田 圭(Bar)
ルイス・ソテロ:鈴木 准(Ten)
影:菅英三子(Sop)
児童合唱:すみだ少年少女合唱団

2018年6月24日(日)13:30開演(13:00開場)
会場:すみだトリフォニーホール
チケット:S席3,000円、A席2,500円、自由席(3階席一部)2,000円
http://www2s.biglobe.ne.jp/kapelle/

 

チケットご用意いたします。是非ご来場ください。

4月&5月の演奏会を振り返る

テーマ:

4月、5月の演奏会を振り返ります。

 

image1.jpeg

「音楽の友」6月号のScramble Shotというコーナーに、先月4/14急遽出演しましたヴェルディ協会さん主催の講演会の記事が掲載されました。

大野さん、中村さんのことはもちろん、僕の事も書いてくださって感謝です!
宜しければ是非お読みください。

 

image1.jpeg

カーテンコールの写真。ヴェルディ協会の加藤さんよりいただきました。ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

image1.jpeg

4/26は東京芸術劇場コンサートホールでのパイプオルガン・ナイトタイムコンサートに出演しました。

 

マルシャン「テ・デウム」の交唱は客席からアカペラで歌いました。ステージからは何度も歌いましたが、客席からは初めて。

よく響くホールなので客席からも気持ちよく歌えました。

 

東京都歌による変奏曲は近藤岳さんによる新作初演でした。

5つの変奏曲になっているのですが、その演奏の前に元のメロディを歌わせていただきました。
東京都歌、恥ずかしながら今回初めて知りました。。。(笑)

オルガンのコンサートには初めて出演しましたが、とても良いですね!もっともっと沢山の方に聴いていただきたいです!

 

image1.jpeg

終演後、出演者の皆さんで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

image1.jpeg

4/30は聖学院メサイア公演でした。

初めて参加させていただきましたが、素晴らしい演奏会になりました。

僕自身は、トランペットのアリアでトランペットの方とまるで会話するように演奏ができたことが嬉しかったです。

 

image1.jpeg

終演後、ソリスト陣で。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

image1.jpeg

5/27は高校生の頃からお世話になっている声楽の先生ご夫妻の門下発表会に出演しました。
まだまだ勉強することが沢山あるなと改めて思いました。やはり舞台に立つことは大事ですね。

 

6月以降も演奏会を予定しています。また随時ご案内いたします。

是非ご来場ください!

4月の出演情報、他

テーマ:

新学期が始まりましたね。

勤務している大学でも、新しい学生との出会いが沢山ある季節です。

気持ちを新たに、また頑張ります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月の出演情報です。

 

■4/26(木)

東京芸術劇場

ナイトタイム・パイプオルガンコンサートVol.22

19:30開演

東京芸術劇場コンサートホール

全席指定1,000円

 

※L.マルシャン「テ・デウム」の交唱と「東京都歌」の独唱をします。

詳しくはこちら。

http://www.geigeki.jp/performance/nighttime_h30/nighttime_h30-1/

 

 

■4/30(月・祝)

東日本大震災チャリティコンサート

第13回聖学院メサイア合唱団公演

ヘンデル「メサイア」

指揮:長岡聡季

ソプラノ:高橋美咲

アルト:上杉清仁

テノール:松原陸

バス:原田圭

合唱:聖学院メサイア合唱団

管弦楽:The Pasania Hill Baroque Ensemble(椎が丘バロックアンサンブル)

チェンバロ:佐藤麻衣子

14:00開演(13:15開場)

聖学院講堂

入場料2,000円(全席自由)

 

image1.jpeg

image1.jpeg

 

※メサイアのソロを歌います。聖学院メサイア合唱団の皆さんとは初めての共演なので楽しみです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
image1.jpeg
 
先週4/14(土)、急遽代役で出演しました。
代役の打診を受けたのがその日の14時ごろ。
急いで家に帰って楽譜を引っ張り出して必死で暗譜。
本番は19:30から。
今振り返ってもドキドキします・・・。
大野さんのレクチャーとピアノ、ソプラノ中村さんとRigoletto2幕2重唱を歌いました。
素晴らしいお二人と共演ができて幸せでした。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
image1.jpeg
先日発売された月間ショパン5月号「ピアニストたちはいま・・・」というコーナーに、昨年9月にジョイントコンサートでご一緒したピアニストの田中君の事が掲載されました。
その時に一緒に日本初演したW.ガブリエル先生作曲の「Triptychon」の事が書かれており、そこで僕の名前が出ているそうです。
宜しければご覧ください。
田中君とは7月に日本歌曲でまた共演予定です。