知財を活用した「知財ポジショニング戦略」 徹底解説!

  知財を活用した「知財ポジショニング戦略」 徹底解説!

知財で独自のポジションを守る
知財ポジショニング戦略コンサルタント
弁理士 遠藤 和光

出版記念講演会(第45発明教室のご案内

5月28日(木)18:20~20:40 八丁堀区民館にて

今回は本の販売と出版記念講演を行います。


参加費2000円(会員1000円)詳細な情報とお申込みはこちら↓↓↓
http://www.patent-tiger.com/app_event.html

 

◆自分で特許、意匠、商標を出願する方のための知財コンサル受付中!

※申込みは「お問い合わせ」から


発明ノート販売中!

詳細な情報と購入方法はこちら↓↓↓

アイデアを具体化するための「発明ノート」販売中!  



 











テーマ:

中小企業の知的財産活動に関する基本調査」が

平成31年4月に特許庁から発表されました。

 

 

<特許出願>

 

 

「2010年から2017年にかけての特許の出願件数、出願企業数、一社あたりの出願件数の推移を

企業規模別でみると、大企業では出願件数が減少傾向、出願企業数が増加傾向にある。

中小企業では、出願件数、出願企業数とも増加傾向にある。

一社あたりの出願件数(図示せず)を見ると、大企業では減少傾向、中小企業では増加傾向に

なっており、中小企業における特許の裾野が広がっていることがうかがえる。」

 

 

 

 

<意匠出願>

 

 

「2010年から2017年にかけての意匠の出願件数、出願企業数、一社あたりの出願件数の推移を

企業規模別でみると、大企業では出願件数が減少傾向、出願企業数はほぼ横ばいにある。

中小企業では、出願件数、出願企業数とも増加傾向にある。

一社あたりの出願件数(図示せず)を見ると、大企業では減少傾向、中小企業では横ばいと

なっている。」

 

 

 

 

<商標出願>

 

 

「2010年から2017年にかけての商標の出願件数、出願企業数、一社あたりの出願件数の推移を

企業規模別でみると、企業規模によらず、出願件数、出願企業数ともに増加傾向にある。

2016年から2017年にかけての出願件数について、大企業では1,500件程度、

中小企業では15,000件程度も増加している。

なお、一社あたりの出願件数(図示せず)は、大企業でほぼ横ばい、中小企業で増加傾向と

なっている。」

 

 

 

 

 

特許、意匠、商標の出願件数の傾向からいえることは、

知的財産の重要性が中小企業に認識されてきており、

特に商標増加傾向が際立っています。

このため商標の審査結果待ちが以前は4ヶ月位だったのが

今は9ヶ月位になっています。

 

 

今商標を出願中の方はまだ結果が来ないのかと

思っていると思いますが、急な増加に特許庁が

対応できていないようです。

 

 

 

 

意匠は特許と比べて費用が1/3以下で済み、

早期に権利化6ヶ月程度)でき、

部分意匠制度で以前よりも広い権利が取れるようになった

というメリットが中小企業に伝わっていないのではないかと思っています。

意匠で権利化を検討してみたいという方は

お問い合わせ」からご連絡していただければと思います。

 

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

 

 

 

【質問】

なぜ従属項を作成する必要があるのでしょうか?

(これはある企業の知財担当者から質問があったものです。)

 

 

【回答】

次の請求項を例として説明します。

 

【請求項1】
 芯材と、
 芯材を軸方向に保持する本体と、

 を備えた鉛筆。
【請求項2】
 前記本体は、断面多角形である、

 請求項1に記載の鉛筆。
【請求項3】

 前記断面多角形は、断面六角形である、

 請求項2に記載の鉛筆。

 

 

まず、用語について説明しておきます。

請求項」は、発明の内容を記載したものです。

請求項に記載された内容は、それぞれ発明となります。

このため、請求項1に記載された内容(発明)のことを「請求項1に係る発明」といい、

請求項2や請求項3に記載された発明のことを「請求項2に係る発明」、

「請求項3に係る発明」といい ま す。

 

 

請求項1は、他の請求項 を引用していませんので、

独立項」又は「メインクレーム」といいます。

請求項2は、請求項1を引用し、請求項3は、請求項2を引用しています。

請求項2や請求項3のように他の請求項を引用してい る請求項のことを

従属項」又は「サブクレーム」といいます。
 

 

従属項を設けた方がよい理由を説明します。
請求項1が最も権利範囲は広く、請求項2、請求項3の順に狭くなっています。

このため、請求項1だけ作成して従属項を作成しない場合もあります。

 

 

しかし、請求項1だけ作成 した場合、請求項1に対して進歩性なし

との拒絶理由が通知された場合に、断面多角形まで限定する補正をすべきか、

断面6角形まで限定する補正をすべきかの判断が難しくなります。

 

 

例えば、断面多角形まで限定する補正をしても進歩性がなった場合は、

拒絶理由が通知(拒絶理由通知といいます。)されるか、拒絶査定が出されます。

 

 

拒絶理由通知の回数は通常2回までとなっています。

拒絶査定に対して不服審判を請求して争うことはできますが、

費用が高くなるため、多くの企業では審査段階で決着を付けよう とします。

 

 

一方、請求項2、3を作成した場合は、請求項1は進歩性な し、

請求項2、3は拒絶理由なしとの拒絶理由通知が出る場合があります。

また、請求項1、2は進歩性なし、請求項3は拒絶理由なし

との拒絶理由通知が出る場合があります。

 

 

このような場合に、拒絶理由に該当する請求項を削除する補正すれば

特許されますので、1回の補正で済みます。つまり費用を抑えることができます。

以上の理由から従属項を作成します。

 

  

  

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        


テーマ:

自費出版本が200冊届きました!

出版社はギャラクシーブックスです。

「アマゾン本遠藤和光」で検索できます。

 

写真は本日事務所の会議室で自撮りしたものです(笑)

初めての出版なのでドキドキわくわくしてます♪

 

 

5月28日に都内八丁堀区民館で18:20から

出版記念講演会を行います。

 

 

当日は本の販売(税込1512円)と

本の内容の概説を行います。

 

 

先着20名のうち現在残り8席となっています。

参加ご希望の方はお早めに。

参加申し込みはこちら↓↓↓

特許の虎発明教室

 

 

発明教室は発明のことを知らない方でも

気楽に参加できる雰囲気なっています。

 

 

自分の持っているアイデアについて

他の参加者から意見がもらえます。

 

 

参加費は2000円、懇親会は任意で2500円位です。

皆さまの参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        


テーマ:

ロバート秋山(本名秋山竜次)さんは、

お笑いトリオ・ロバーツのメンバーで、

以下の写真のようにTシャツをたくし上げて

梅宮辰夫さんのモノマネをしています。

 

 

(写真はNatural Girlより)

 

 

Girl

このTシャツのアイデアは面白いと思って

テレビで良く拝見していましたが、

この体モノマネTシャツが特許になりました!

まさかこれが特許になるとは。。。

 

 

 

【特許番号】特許6249501

【発明の名称】小道具及び小道具の使用方法

【出願日】平成28年4月11日

【優先権主張番号】特願2016-43062

【優先日】平成28年3月7日

【特許権者】株式会社エース・マーチャンダイズ

【発明者】秋山  竜次

 

Na

【請求項1】

 プルオーバー型の上衣を着用する使用者によって、前記使用者の左右の腋が露出し、

 前記上衣の前身頃と後身頃がそれぞれ裏返えるように裾部が引き上げられ、

 前記使用者の頭部の前方に、像が、前記使用者から見た正立状態で現れた後、

 前記使用者が両手で前記裾部を引き上げた状態を維持することで

 前記像が前記使用者の頭部の前方にとどまるように、

 前記上衣の前記前身頃の裏地のうち左右の袖ぐりの下端同士を結ぶラインを跨ぐ位置に、

 人物、動物及びキャラクターのうちのいずれかの顔をかたどった前記像が

 前記上衣の上下方向に対して倒立状態で設けられることを特徴とする小道具

 

【請求項4】

 プルオーバー型の上衣の前身頃の裏地のうち左右の袖ぐりの下端同士を結ぶラインを跨ぐ位置に、

 人物、動物及びキャラクターのうちのいずれかの顔をかたどった像が

 前記上衣の上下方向に対して倒立状態で設けられた小道具の使用方法であって、

 前記上衣を着用する使用者によって、前記使用者の左右の腋が露出し、

 前記上衣の前身頃と後身頃がそれぞれ裏返えるように裾部が引き上げられ、

 前記使用者の頭部の前方に、前記像が、前記使用者から見た正立状態で現れた後、

 前記使用者が両手で前記裾部を引き上げた状態を維持することで

 前記像が前記使用者の頭部の前方にとどまるように使用されること

を特徴とする小道具の使用方法

 

 

請求項1~3は「小道具」、請求項4は「小道具の使用方法」で権利化されています。

「物」と「その物を使用する方法」の発明を1つの出願で権利化していますので、

別々に権利化するよりはお得ですね。

 

 

Tシャツの裏に印刷する顔は、人間に限られず、

動物やキャラクターでも権利が及びます。

 

 

プルオーバーとは、前後にあきがなく、

頭からかぶって着る形式の衣服

だそうです。(デジタル大辞泉より)

 

 

 

また、ロバート秋山さんは、

改良したTシャツについて特許を取得しています。

【特許番号】特許第6366202号

【発明の名称】小道具

【出願日】平成28年9月3日

【特許権者】株式会社エース・マーチャンダイズ

【発明者】秋山  竜次

 

【請求項1】(記号は説明ように追加しました。)(下線は補正で追加されたものです。)

  プルオーバー型の上衣の前身頃の裏地に人物の顔をかたどった像が

前記上衣の上下方向に対して倒立状態で設けられ、

前記前身頃の表地に、前記像(21)が有する目の位置を示す目印(MK)が設けられ、

  前記目印は前記像の目の並び方向に延び

且つ前記像の目の並びの位置と合致した位置に設けられており、

前記目印の両端はそれぞれ前記像の輪郭と対応する位置にあることを特徴とする小道具。

 

 

Tシャツをたくし上げたとき、どこまでたくし上げたらよいかを示す

目印があるので、きちんとモノマネができますね。

 

 

改良した発明も権利化することにより、

第三者が模倣しにくくなりますので、

よいことだと思います。

 

 

お笑い芸人の藤原麻里菜さん(25才)は、

「札束で頬を撫でられるマシーン」

「会社を休む理由を生成するマシーン」

「歩くとおっぱいが大きくなるマシーン」など、

これまでに発明した作品は累計210個(2018年11月時点)

だそうです。

なお、特許出願はしていないみたいです。

 

 

ロバート秋山さんは藤原真里菜さんに続く

発明家になったのでしょうか。

お笑い芸人もいろんなタイプの人がいて

面白いですね♪

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 コンサルティングの費用は以下の通りですが、内容によって変動します。

 

ご依頼やご質問などがございましたら「お問い合わせ」からお願いします。

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

 

 


テーマ:

商標を出願する際に、区分商品又は役務(サービス)を指定しますが、

類似群コードが同一であれば、商品又は役務は類似関係にあると判断されます。

このため類似群コードは商標を調査する上で重要になります。

(なお、令和元年5月7日のリニューアルに伴って類似群コードの一覧のURLが変更になったため、

変更後のURLに対応させました。R1-5/10)

 

 

商標が同一でも商品又は役務が非類似(類似群コードが異なる)であれば、

その商標を使用又は登録できる可能性があります。区分とは関係ありません。

使用したい商品又は役務の類似群コードが同一か否かを

以下の第1類~第45類をクリックすれば確認できます。

 

 

 

 

各類に属する商品及び役務の概要

以下に挙げている商品又は役務は代表的なもの(概要)のみです。

下の区分の部分を選択すると、それに属する商品又は役務類似群コードが分かります。

区分に属する商品又は役務は商標法施行規則第6条別表に掲げるものです。

 

この別表に掲げる商品又は役務は例示列挙ですので、

列挙されていないものを指定する場合は新たに作成することになります。

別表の備考に以下のことが記載されています。

(一) 完成品である商品は、その機能又は用途に従って、

    別表に掲げられている比較の可能な他の完成品から類推して分類する。

(二) 原材料となる商品は、別表に掲げられている比較の可能な
    他の原材料から類推して分類する。
(三) 他の特定の商品の一部となることのみを用途とする商品は、
    当該他の特定の商品と同一の類に分類する。
(四) 商品は、その主たる原材料に従って分類する。
(五) 容器は、その収容する商品と同一の類に分類する。
(六) 役務は、別表に掲げられている比較の可能な他の役務から類推して分類する。
(七) 役務の提供の用に供される物品の貸与は、当該役務と同一の類に分類する。
(八) 助言、指導及び情報の提供は、その内容に対応する役務と同一の類に分類する。

 

 

 

第1類~第34類は商品、第35類~第45類は役務です。

各類を選択すると一覧表が表示されます。

枠内の右端の5桁の記号が類似群コードです。

(例えば、化粧品は第3類なので、第3類をクリックすると一覧表が表示されます。

枠内に書かれた化粧品の右端の「04C01」が類似群コードです。)

 

第 1 類:工業用、科学用又は農業用の化学品

第 2 類:塗料、着色料及び腐食の防止用の調整品

第 3 類:洗浄剤及び化粧品

第 4 類:工業用油、工業用油脂、燃料及び光剤

第 5 類:薬剤

第 6 類:卑金属及びその製品       

第 7 類:加工機械、原動機(陸上の乗物用のものを除く。)その他の機械

第 8 類:手動工具

第 9 類:科学用、航海用、測量用、写真用、音響用、映像用、計量用、信号用、検査用、

      救命用、教育用、計算用又は情報処理用の機械器具、光学式の機械器具及び

      電気の伝導用、電気回路の開閉用、変圧用、蓄電用、電圧調整用又は

      電気制御用の機械器具

      ・この区分には、メルマガなどの電子出版物が含まれています。

第 10 類:医療用機械器具及び医療用品

第 11 類:照明用、加熱用、蒸気発生用、調理用、冷却用、乾燥用、換気用、

       給水用又は衛生用の装置

第 12 類:乗物その他移動用の装置

第 13 類:火器及び火工品

第 14 類:貴金属、貴金属製品であって他の類に属しないもの、宝飾品及び時計

第 15 類:楽器
第 16 類:紙、紙製品及び事務用品

       ・この区分には、印刷物が含まれています。

       ・紙の印刷物の書籍や新聞、雑誌等の定期刊行物はこの区分です。

       ・書籍の題号は原則として商標登録できませんが、定期刊行物の題号は

        商標登録の対象になります。

第 17 類:電気絶縁用、断熱用又は防音用の材料及び材料用のプラスチック
第 18 類:革及びその模造品、旅行用品並びに馬具
第 19 類:金属製でない建築材料
第 20 類:家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの
第 21 類:家庭用又は台所用の手動式の器具、化粧用具、ガラス製品及び磁器製品
第 22 類:ロープ製品、帆布製品、詰物用の材料及び織物用の原料繊維
第 23 類:織物用の糸
第 24 類:織物及び家庭用の織物製カバー
第 25 類:被服及び履物
第 26 類:裁縫用品

第 27 類:床敷物及び織物製でない壁掛け
第 28 類:がん具、遊戯用具及び運動用具
第 29 類:動物性の食品及び加工した野菜その他の食用園芸作物
第 30 類:加工した植物性の食品(他の類に属するものを除く。)及び調味料
第 31 類:加工していない陸産物、生きている動植物及び飼料
第 32 類:アルコールを含有しない飲料及びビール
第 33 類:ビールを除くアルコール飲料
第 34 類:たばこ、喫煙用具及びマッチ
第 35 類:広告、事業の管理又は運営、事務処理及び小売又は卸売の業務において行われる

       顧客に対する便益の提供

       ・この区分には、経営コンサルタントに関する経営の診断又は経営に関する助言

       市場調査商品の販売に関する情報の提供が含まれています。

       広告は他人のために行うものです。

第 36 類:金融、保険及び不動産の取引
第 37 類:建設、設置工事及び修理
第 38 類:電気通信
第 39 類:輸送、こん包及び保管並びに旅行の手配
第 40 類:物品の加工その他の処理
第 41 類:教育、訓練、娯楽、スポーツ及び文化活動

       ・この区分には、技芸・スポーツ又は知識の教授セミナーの企画・運営又は開催

       含まれていますが、セミナーは他人のために行うものですので、自分で行う場合は

       知識の教授が該当します。

       インターネット上でのみ情報を公開するダウンロードできない電子書籍は

       この区分に属する電子出版物の提供が該当します。

       ○○に関する資格試験の実施・資格の認定・資格の付与はこの区分に属します。

第 42 類:科学技術又は産業に関する調査研究及び設計並びに電子計算機又はソフトウェアの設計

       及び開発
第 43 類:飲食物の提供及び宿泊施設の提供
第 44 類:医療、動物の治療、人又は動物に関する衛生及び美容並びに農業、園芸

       又は林業に係る役務
第 45 類:冠婚葬祭に係る役務その他の個人の需要に応じて提供する役務

       (他の類に属するものを除く。)、警備及び法律事務

       この区分には、弁理士に関する工業所有権に関する手続の代理又は鑑定その他の事務,

       訴訟事件その他に関する法律事務,登記又は供託に関する手続の代理,

       著作権の利用に関する契約の代理又は媒介が含まれています。

 

 

 

商標(ネーミング、ロゴ)の調査は比較的簡単ですが、

区分と商品又は役務をどのように指定するかは結構難しいですね。

やはりプロに相談されてはどうかと思います。

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        


テーマ:

主婦やサラリーマンなどの個人、ベンチャー企業や中小企業の経営者にお勧めの

11ページの小冊子最低限知っておきたい商標申請10のポイントをご案内します。

 

 

 

 

 

 

世の中にある解説書は分厚いものだらけですね!

それだと時間もかかるし、忙しい方には向いていません。

 

今回リリースした小冊子は11ページという薄いものですので、

簡単に読めてしまいます。

 

商標のことを知らないでビジネスをされている方が

多くいることに驚いています。

 

独自のポジションを守って高収益を上げるためには

特許や意匠も重要ですが、

商標は必須といっていいと思います。

 

やはりビジネスをする上で商標について

最低限のことは知っておきたいいたですね!

 

今回リリースした

最低限知っておきたい商標申請10のポイント

をビジネスに役立てていただけたらと思います。

 

 

 

 

<はじめに>

本書は、商標申請(正確には商標登録出願)をしたことが無い方や、
商標申請をしたことがあっても、弁理士に任せっきりだったという方のために、
国内の商標申請について、最低限知っておきたいポイントを10個にまとめたものです。

 

また、分かりやすい表現に重点を置いていますので、

表現上正確でない点もあると思います。予めご了承願います。

 

知的財産(特許、実用新案、意匠、商標、著作権、不正競争防止法等)は、

市場への新規参入を抑制して利益の最大化に役立つだけでなく、

トラブルを防止してリスクの最小化にも役立ちます。

 

本書を活用して、チャンスを掴んで欲しいと思います。

 

 

 

 

<目次>

1. 商標の種類を知っておきましょう

 

2. 商標が同じでも登録される場合がある

 

3. 商品・役務が類似しているかどうかは区分とは関係なし

 

4. 商号を商標登録することのメリット

 

5. 車名から学ぶ商標の決め方し

 

6. 企業イメージを権利化する方法

 

7. 有名なキャッチフレーズが意外と商標登録されている

 

8. 日本語と欧文字等の二段書きの商標のリスク

 

9. 商標登録までのトータルの費用

 

10.全体の流れを知っておけば今何をすればいいかが分かる

 

 

 

 

ご興味がございましたら

下の画像をクリックしてご購入¥540円)できます。

      

 

 

 

 

 

こちらの方は無料ダウンロード可能です。

アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        


テーマ:

主婦やサラリーマンなどの個人発明家、ベンチャー企業や中小企業の経営者にお勧めの

5ページの小冊子後悔しないための特許申請10のポイントをご案内します。

 

 

 

 

 

 

 

 

<はじめに>

本書は、特許申請をしたことが無い方や、特許申請をしたことがあっても、

弁理士に任せっきりの方のために、国内の特許申請について、

知っておくべきポイントを10個にまとめたものです。

 

また、分かり易い表現に重点を置いていますので、

表現上正確でない点もあると思います。予めご了承願います。

 

知的財産(特許、実用新案、意匠、商標、著作権、不正競争防止法等)は、

市場への新規参入を抑制して利益の最大化に役立つだけでなく、

トラブルを防止してリスクの最小化にも役立ちます。

 

本書を活用して、チャンスを掴んで欲しいと思います。

 

 

 

 

<目次>

1. 特許申請前は発明を秘密にしておくべき

 

2. 起業前にビジネスのどこが特許可能かを確認すべき

 

3. どの業界にも特許を活用するチャンスがある

 

4. 特許申請はビジネスを守る保険のようなもの

 

5. 特許申請は申請して終わりではない

 

6. アイデアを考えただけでは発明はまだ完成していない

 

7. 特許申請は事前に調査しても特許されるとは限らない

 

8. 試作はいつやったらいいか

 

9. 特許を取るまでのトータルの費用はピンキリ

 

   10 .全体の流れを知っておけば今何をすればいいかが分かる

 

 

 

 

ご興味がございましたら

下の画像をクリックしてご購入¥540円)できます。

 

 

 

 

皆様のビジネス成功することをお祈りしております。

 

 

 

 


こちらの方は無料ダウンロード可能です。

アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  
ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

 

 


テーマ:

ついに処女作を出版しました!

 

ビジネスをする方必見、日本一分かりやすい

 

「そのアイデア、形にしませんか?~誰でもできる発明の技術~

 

を2019年4月19日に出版しました!

 

税込1512円となっています。

 

 

 

 

 

下記をクリックするとアマゾンのページに進めます。

アマゾンのページ

 

アマゾン本遠藤和光」でも検索できます。

 

直接購入して内容の説明を聞かれる方は

以下の出版記念講演会

 

 

 

 

 

【本の説明】

発明や特許のことを中小企業、ベンチャー起業の経営者

一般の人にもっと知ってチャンスをつかんでほしいという思いから、

できるだけわかりやすく書きました。

前半はラーメンを題材にして、

発明がどのように作られるかを紹介しています。

後半は発明をビジネスにするためには

どうしたらよいか、という視点で書いています。

 

本書目次はこちら

 

序章(はじめに)はこちら

 

【著者紹介】

弁理士・ビジネスアイデア特許化コンサルタント・知財ポジショニング戦略コンサルタント。

1952 年山梨県生まれ。神奈川大学工学部機械工学科卒業。

株式会社日立メディコ(現:株式会社日立ヘルスケア・マニュファクチャリング)で

 14 年間 X 線 CT、MRI の機構部の開発に従事。

2002年弁理士登録。2012年特定侵害訴訟代理業務付記。

現在、特許業務法人平田国際特許事務所パートナー弁理士。

一般社団法人特許の虎主催発明教室講師。

専門分野は特許、実用新案、意匠、商標。知財経験30年。

得意分野はビジネスモデル特許。

 

【志命】

優れたビジネスアイデアを生み出した人がチャンスをつかめる環境を

日本に作り、中小企業を中心に日本経済を底上げすること。

 

 【中小企業の実績】

自動車レンタル方法、ローン返済に関するプログラム、乳幼児監督システム、

線画像描画方法、輻射空調システム、 内視鏡外科手術用器具、

自動販売機用照明装置、レーダ生体状態検出装置、差動伝送ケーブルの接続方法、

飲料課金装置、入札装置、 ジェルネイル施術方法の特許他多数。

 

 

 

 

5月28日出版記念講演会開催のお知らせ】
時間:18:20~20:40
場所:八丁堀区民館(日比谷線八丁堀徒歩5分)

・本「そのアイデア、形にしませんか?

~誰でもできる発明の技術~」の販売

・本の内容のポイントの解説
先発企業・後発企業別キャッチコピーの紹介
・先着20名(残り座席8席
・参加費2000円

参加申込はこちら↓↓↓
http://patent-tiger.com/app_event.html#moushikomi

 

 

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

 

 

◆主婦やサラリーマンなどの個人発明家、

ベンチャー企業や中小企業の経営者に

「後悔しないための特許申請10のポイント」

をお勧めします。¥1080円

 案内ページはこちら
      ↓↓↓↓  

 

 

◆主婦やサラリーマンなどの個人、

ベンチャー企業や中小企業の経営者に

「最低限知っておきたい商標申請10のポイント」

をお勧めします。¥1080円

 案内ページはこちら
      ↓↓↓↓  

 

 


テーマ:

横浜に真っ赤なスポーツカーによる焼き芋店が現れました。

(写真はツイッタ―「えるろこロド芋!『鬼いちゃん』」より)

 

 

物珍しさもあって関西から足を運んでくる人もいるようです。

 

スポーツカーのロードスターは焼き芋屋さん用に購入したのではなく、

2年前から井上さんの愛車でした。

 

焼き芋屋は食品を販売していますが、調理ではなく、加熱するだけなので、

保健所の適用外になるため、営業許可が不要で素人が参入しやすいそうです。

 

このスポーツカーで焼き芋を売るビジネスをどのように創出するか?

 

 

 

 

≪7つの発明創造テクニック≫

以下に7つの発明創造テクニックを紹介します。

(以下はこのブログで紹介したものです。)

 

1つ目の発明創造テクニック

今あるモノに何かを付け加える「付加

 

2つ目の発明創造テクニック

今ある複数のモノを組み合せる「組み合わせ

 

3つ目の発明創造テクニック

今あるモノの一部の数、形、位置、

大きさ、比率、材質、順序などを変更する「変更

 

4つ目の発明創造テクニック

今あるモノの一部を他のモノに置き換える「置換

 

5つ目の発明創造テクニック

モノの一部を物理的に分けて離す「分離

 

6つ目の発明創造テクニック

今あるモノの一部を取り除く「削除

 

7つ目の発明創造テクニック

ある理論や自然界のメカニズムを当てはめて用いる、または

別の分野で行われている技術を他の分野に当てはめて用いる「適用

 

 

 

 

≪スポーツカーで焼き芋を売るビジネスから学ぶビジネス創出法≫

(1)既存のビジネスを要素に分解する。

今回は石焼芋移動販売ですので、

軽トラ、「焼き芋窯」、「」となります。

 

(2)要素のいずれかを他の要素に「置換」する。

置換」は4つ目の発明創造テクニックですね。

例えば、「軽トラ」を「スポーツカー」に置き換える。

このとき、「軽トラ」を上位概念化(一般化)して「移動車」とし、

移動車にはどんな種類があるかを考え

その中からスポーツカーを選んでもよいです。

 

(3)要素を再結合する。

スポーツカー」+「焼き芋窯」+「

これで「スポーツカーで焼き芋を売るビジネス

という新しいビジネスが誕生します。

 

 

 

いかがでしょうか?

7つの発明創造テクニックを使って

新しいビジネスが生まれたら教えてくださいね!

 

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

Ameba人気のブログ