知財を活用した「知財ポジショニング戦略」 徹底解説!

  知財を活用した「知財ポジショニング戦略」 徹底解説!

知財で独自のポジションを守る
知財ポジショニング戦略コンサルタント
弁理士 遠藤 和光

◆第49回発明教室のご案内

9月24日(火)18:20~20:40 八丁堀区民館にて

メインテーマ:知財(特許、著作権等)の正しいパクリの技術

参加費2000円(会員1000円)詳細な情報とお申込みはこちら↓↓↓
http://www.patent-tiger.com/app_event.html

 

◆自分で特許、意匠、商標を出願する方のための知財コンサル受付中!

※申込みは「お問い合わせ」から


◆発明初心者用の書籍「そのアイデア、形にしませんか?」(税込1512円)アマゾンか発明教室で購入できます。


発明ノート販売中!

詳細な情報と購入方法はこちら↓↓↓

アイデアを具体化するための「発明ノート」販売中!  


 

ビジネスモデルが成功するためには新しいことが必要です。

このことはビジネスモデル特許も同様です。

ビジネスモデルの作り方として4W1Hによる方法を紹介します。

 

 

 

<4W1Hとは?>

4W1Hは、What、Where、Whom、Whenの

4つのWとHowの1つHのことです。

4W1Hのいずれかを新しくすることでビジネスモデルを作ります。

 

 

 

ビジネスモデル特許」には、狭い意味と広い意味があります。

 

狭い意味 ⇒ コンピュータやネットワークを利用した新しい

       ビジネス方法に関連する発明(ビジネス関連発明)

広い意味 ⇒ 新しいビジネス方法に関連する発明のことであり、

       コンピュータやネットワークを利用しないものも含む

 

 

(1)What

これは提供する対象のことで、「何を提供するか?」と考えます。

 

提供する「何か」は形のある物に限られず、

形のない情報でもよいということです。

 

全ての情報は大なり小なり価値がありお金になります。

例えば、不満、情報、写真等の形のない情報等のモノや、

教室、代行、マッチング、評価、○○方法等のコト、

つまりサービスがあります。

 

最近ですと、お風呂の残り湯を販売している方が

いますね。もちろん有名人ですけど。

これを聞いたとき、えっ?そんなものまで、

と驚きました!

 

 

 

(2)Where

これは提供する場所のことで、「どこで提供するか?」と考えます。

提供する場所には、例えば、オフィス、家庭等があります。

 

 

(3)Whom

これは提供する相手のことで、「誰に提供するか?」と考えます。

提供する相手には、例えば、女性向け、男性向けなどが

考えられます。

 

 

(4)When

これは提供する時期のことで、「いつ提供するか?」と考えます。

提供する時期には、例えば、課金と同時にサービスを提供すること

が考えられます。

 

 

(5)How

これは提供する方法のことで、「どのように提供するか?」と考えます。

提供する方法には、課金方法(食器を借りたとき課金等)、

販売方法(注文方法、替え刃モデル等)、提供手段(配達方法、レンタル)、

広告方法(アフィリエイト)等があります。

 

実際のビジネスでは、上記の4W1Hに加えて

Why(なぜ提供するか?社会貢献は何か?)と、

Howmuch(いくらで提供するか?)も重要になってきます。

 

 

 

 

<4W1Hの使い方の事例>

4W1Hの使い方の事例として、野菜無人販売所で説明します。

 

 

 

野菜無人販売所は、私の近所にあるもので、

畑の前に採りたての野菜を置いた小屋(幅1m高さ1、5m位)があり、

カギのかかった小銭入れが置いてあるものです。

 

 

硬貨(100円)を小銭入れに入れて好きな野菜を持っていける

というビジネスモデルとなります。

 

 

消費者のメリットは、新鮮な野菜を安く買えることですね。

生産者のメリットは、場所代がかからない、畑で採れた野菜を

近くの場所に置けばいいので、手間いらずということですね。

社会のメリットは、地産地消の推進ではないでしょうか。

これはWhyの社会貢献のことです。

このビジネスモデルは、近江商人の「三方よし」

に通じるところがありますね。

 

 

野菜無人販売所を4W1Hで分析してみると、

What  ⇒ 提供するモノは野菜です。

Where ⇒ 提供する場所は畑の前です。

Whom  ⇒ 購入者は近所の人です。

When  ⇒ 提供する時期は野菜が取れたときです。

How  ⇒ 提供方法は直接販売となります。

 

 なんとなくイメージが掴めたでしょうか?

 

 

 

 

<具体的な事例>

 

(1)What

提供するモノは、形のある物に限られず、形のない情報でもよいです。

いままで売り物になるとは考えられていなかったものがよいかと思います。

例えば、不満を1つ10円で買って業界別に分類した後、

不満を1つ5円で販売する不満買取ビジネスがあります(特許第6506839号)。

 

その他にも以下のものがあります。

・今まで捨てられていたふぐの鰓(エラ)と鰓をつなぐ

身肉(ミシシ)を串焼き材として利用した

「不可食部分の食材利用法」(特許第2747790号)

・マイナス面も伝えて婚活マッチング(特開2014-232406

・専用装置を使った「エレベーターの踏み段の清掃方法」(特許第3084438号)

・ベルトで血液の流れを抑えて筋力を増加させる加圧トレーニング

「筋力トレーニング方法」(特許第2670421号)

・小物を使った「着物の着付け方法」(特許第 3026309号)

・斜めにカットするだけでボリュームを調整「ヘアカット方法」

(特許第5191614号)

・2倍長持ちする「ジェルネイル施術方法」(特許第6505588号)

(筆者が担当)

 

 

 

(2)Where

いままで販売場所として考えられていなかったものがよいかと思います。

例えば、オフィスでお菓子を無人で販売する

オフィスグリコ(特許第3986057号)があります。

 

(写真は事務所で撮影したものです。)

 

その他にも以下のものがあります。

サッシ部分を触ると、窓に天気情報等が表示「M..(ムー)」

 (特開2019-008212、特開2019-008213)

 

 

 

(3)Whom

男性用、女性用、年代、性格等に特化した商品又はサービスとするのが

ポイントになります。

例えば、プラモデルといえば男性が作るものというイメージですが、

女性向けプラモデルの「組み立て式玩具」(特許第6397076号)が

バンダイから提供されています。

 

その他にも以下のものがあります。

・三日坊主向けのパーソナル教室ビジネスの「情報処理システム」

(特開2017-10486)ライザップ

お年寄り向けのゲームアプリ「hinadan(ひなだん)」を

 81才の若宮正子さんが作成し、2017224日よりApp Storeから配信。

 

 

 

(4)When

リアルタイム性がポイントになります。

例えば、歌手の野口五郎(本名佐藤靖)さんが考えたもので、

QRコード付き入場券からQRコードを読取り、コンテンツを

ダウンロードするアプリ「テイクアウトライブ/Take Out Live

(特許第4859882号、特許第6091357号)が販売されています。

 

その他にも以下のものがあります。

・アルコール飲料をコップに注いだときに課金する「課金装置」

(特許第6467229号)(筆者が担当)

・食器を借りるときに課金する「オートカフェ」(特許第2804933号)

 

 

 

(5)How

どのように課金するか、どのように販売するか、

営業支援などがポイントになります。

例えば、コップに注いだ飲料の量を自動計測してレジを不要にした

飲料課金装置(特許第6467229号)があります。

(筆者が担当)

 

その他にも以下のものがあります。

・料金体系を新しくした自動車レンタル方法(特許第5021801号)

・ボタン操作で商品を注文できるようしたアマゾンのダッシュボタン

 (特許不明)

・重量が減ったことで自動的に注文するスマートマット(特許不明)

・ドローンでゴルフ場のコースに飲食物を配送する配送サービス

 (特許第6462956号)

・仮想通貨としてのポイントを使った入札方法(特許第6470452号)

 (筆者が担当)

 

 

 

何か面白いビジネスモデルが作れました教えてください。

私の方でアイデアをブラシュアップしてあげます。

 

 

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

 

 

 

 

ネーミングのテクニック11個紹介します。

  
なお、「○○」は商標、(△△)は指定商品又は指定役務の
意味で使用しています。
   
   

(1)単語を合成する(プラス)

これは2つ以上の単語を合成(プラス)するものです。

「タフ(頑丈)」と「マン(男)」を合成して
⇒「タフマン」(清涼飲料)(商標登録第
2082237号)

 

「なでしこ」と「ジャパン」を合成して
⇒「なでしこジャパン」(商標登録第
5478980号)

これは2011年の流行語大賞になりましたね。
  

「熱」と「さます」と「シート」を合成して
⇒「熱さまシート」(保温保冷具)(商標登録第
4278142号)
  

創業者の「水野」氏と出身地の「美濃」を合成して
⇒「美津濃」(運動用具)(商標登録第
238547号)
 

製品が完成した「葉月(はずき)」と製品の「ルーペ」を合成して

⇒ 「ハズキルーペ」(ルーペ)(商標登録第5412848号等)

 

 「絶頂」して高まって寝落ちする「睡眠」とを合成して

⇒ 「絶頂睡眠」(あん摩・マッサージ及び指圧等)(第5768669号)

 

さくっと食べれるイメージの「いきなり」と食品「ステーキ」とを合成して

⇒ 「いきなりステーキ」(飲食物の提供等)(第5663544号

 

   
(注1)「-」「・」等で単語を繋げて商標登録出願した場合、
それぞれが別々に識別力が判断され、全体として識別力無し
と判断される可能性ありますので、避けた方がいいです(審査基準)
  

(注2)標準文字の場合、スペースを入れて
30文字以内という制限があります(審査基準)。
標準文字というのは特許庁が定めた文字のことです。
ロゴにすれば文字数に制限はありません。
   

 


(2)略語にする(マイナス

これは正式の名前を短縮して略語(マイナス)にするものです。
   
正しくは「着信メロディー」を略語にして
⇒「
着メロ」(電話による通信)(商標登録第4194385号)
2550万円で落札されたそうです。
   

正しくは「アラウンドフォーティ」を略語にして
⇒「
アラフォー」(コーヒー)(商標登録第5358623号)
これは
2008年の流行語大賞になりました。
「アラフォー」は異なる指定商品で他に

3件商標登録されています。
   
創業者の名前の「伊藤萬太郎」を略語にして
⇒「
イトマン」(トイレットペーパー)(商標登録第829793号)
 

片づけコンサルタントとして世界的に有名になった近藤麻理恵

⇒ 「こんまり」(知識の教授等)(商標登録第5907598号)

 

 

  
(3)単語を合成し、略語にする(プラスとマイナス

これは単語を合成(プラス)した後に略語(マイナス)にするものです。
   
「ウォッシュ」と「トイレット」を合成して
⇒「ウォッシュトイレット」とし、これを略語にして
⇒「
ウォシュレット」(便器等)(商標登録第4079967号)
    

「ダスト」と「雑巾」を合成して
⇒「ダストゾウキン」とし、これを略語にして
⇒「
ダスキン」(布地)(商標登録第3057097号)
   

PAINTING」と「PASTEL」を合成して
⇒「ペンティングパステル」とし、これを略語にして
⇒「
ぺんてる」(絵具等)(商標登録第1102296号)
 

開発担当者の友人である「りかこさん」がじゃがいもを

美味しそうに食べている様子から、

「じゃがいも」と「りかこ」を合成して

⇒ 「じゃがいもりかこ」

⇒ 「じゃがりこ」(商標登録第3123266号等)カルビー

 

コアラの絵柄のお菓子たちが、工場から続々と出荷される様子から

マーチングバンドを連想し、「コアラ」と「マーチングバンド」を合成して

⇒ 「コアラマーチングバンド」

⇒ 「コアラのマーチ」(商標登録第4399233号)

 

   
(4)同じ語の繰り返し  

これは同じ語を繰り返すものです。
   
anan」、「nonno」、「vivi」、
cancan」、「キレイキレイ」、「ひえひえ
⇒これらは女性受けするのではないでしょうか?

 


(5)並び替え

これは言葉を並び替えるものです。
   
カラダの言葉を並び替えて
⇒「
DAKARA」(清涼飲料)(商標登録第4498409号)
   

デニム「DENIM」を並び替えて
⇒「
EDWIN」 (洋服等)(商標登録第795545号)
   

本名の「森田」を並び替えて
⇒ 芸名の「
タモリ
」 
   

   
(6)頭文字で作る

これは単語の頭文字から作るものです。
   
Japan External Trade Organizationを頭文字にすると
⇒「JETRO」(経済情報の提供等)(商標登録第4965488号)
   

雑誌名の「女性自身」をローマ字にすると
⇒ローマ字「
Jyosei Jishin」となり、これを頭文字にすると
⇒ 「
JJ」(雑誌)(商標登録第1636588号)
   

Japan United Stores Companyの頭文字にすると
⇒「ジャスコ」(登録商標第1526455
号)
   

創始者「小野」、「岩崎」、「井上」の頭文字にすると、
⇒ 
小岩井農場(乳製品等)(商標登録第1536634号
    

ラテン語の格言の「Anima Sana In Corpore Sano」

(健全な精神は健全な肉体に宿る)

⇒ 「ASICS」 (第1534388号等)

  

 


(7)当て字を使う

当て字を使うのもインパクトがあっていいと思います。

 

有名人 ⇒ 「湯名人」(ガス湯沸かし器)(商標登録第2351952号)

助かる ⇒ 「タスカール」(避難梯子等)(商標登録第1383107号)

降りろ ⇒ 「オリロー」(救命用具等)(商標登録第1607118号)

顔 ⇒ 「花王」(香水等)(商標登録第297479号)

観音⇒「KWANON」⇒「CANON」(ファクリミリ等)(商標登録第3023550号)

カメは万年⇒「 亀甲万」⇒「キッコーマン」(調味料)(商標登録第1502150号)

折る刃⇒「オルファ」(手動工具)(商標登録第784404号)

 

 

 

(8)言語を変換する

外国語を日本語に、又は日本語を外国に変換する。

  

商いする意のラテン語「mercari

⇒ 「メルカリ」(商品の売買契約の媒介等)(第5739824号)

 

社員のひとりが夢で見たギリシャ神話に登場する勝利の女神である

「ニケ」 ⇒ 英語読みにしてNIKE(ナイキ)(第0470527号等)

 

 

 

(9)キャッチフレーズにする

例えば、ライザップの次のものがあります。

「結果にコミットする。」(商標登録第5878027号)

その他のキャッチフレーズはこちら

 

   

(10)流行語を参考にする

皆さん結構利用しているようです。

 

2013年の倍返し⇒ 「倍返し饅頭」(商標登録なし)、
         「倍返したこ焼」(商標登録第5666540号)、

         「倍返しチョコ」(商標登録第5669804号)

 

(11)特許情報プラットフォームを参考にする   

気になる商標で検索すると類似する商標がヒットします。

これが意外と参考になります。

 


【はじめに】

本書は、商標申請(正確には商標登録出願)をしたことが無い方や、商標申請をしたことがあっても、弁理士に任せっきりだったという方のために、国内の商標申請について、最低限知っておきたいポイントを10個にまとめたものです。

また、分かりやすい表現に重点を置いていますので、表現上正確でない点もあると思います。予めご了承願います。

知的財産(特許、実用新案、意匠、商標等)は、市場への新規参入を抑制して利益の最大化に役立つだけでなく、トラブルを防止してリスクの最小化にも役立ちます。

本書を活用して、チャンスを掴んで欲しいと思います。




【目次】

1. 商標の種類を知っておきましょう

2. 商標が同じでも登録される場合がある

3. 商品・役務が類似しているかどうかは区分とは関係なし

4. 商号を商標登録することのメリット

5. 車名から学ぶ商標の決め方し

6. 企業イメージを権利化する方法

7. 有名なキャッチフレーズが意外と商標登録されている

8. 日本語と欧文字等の二段書きの商標のリスク

9. 商標登録までのトータルの費用

10. 全体の流れを知っておけば今何をすればいいかが分かる



令和1年7月30日に虎の巻・発明教室(アイデア商品化教室)(第47回)

が無事終了しました。

 

(写真に写っていない方が3名います)

 

 

 

今回は大阪から参加された方、

3年半ぶりに参加された方、

4年ぶりに参加された方がいました。

さらに常連の方3名が参加していたら

満席(12名)に近い状態した!

 

 

 

 

発明教室は以下の内容でした。

(1)遠藤弁理士による時事ネタ一刀両断

 金魚電話ボックス事件でなぜ著作権侵害と判断されなかったか。

(2)知的財産(知財)まわりの法律基礎講座

 AIの関連発明のポイント

  特許情報データベースによる調査方法のポイント

(3)事例紹介

 誰でもできる4W1Hによるビジネスモデルの作り方

 通常は1万円以上の講演会で聞ける内容なので、

 今回参加した方は得したのではないでしょうか。

 

 

 

写真は発明教室後の懇親会です。

一人2500円位で済みました。

 

 

 

 

発明教室に参加できなかった方は

少しずつこのブログで紹介しますので、

それをご覧ください。

 

 

 

 

次回の発明教室は8月27日(火)です。

ヒットするネーミングの作り方を紹介し、

2019年8月4日放送の「坂上&指原のつぶれない店」

発想の転換ベスト10を解説します。

 

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

マレーシア・クアラルンプール市内のショッピングモールで、

美容のお仕事をされている方にチャレンジして頂ける

プロジェクトが動き出しています!

 


反響が出ておりますので、随時情報をアップしていきます!
タイムリーな情報はLINE公式ページで友達になって頂けると、

随時もらえます!

 

 

海外でチャレンジしたい美容セラピストを応援

日本で高度な技術やノウハウを習得し、
・もっと多くの人に知ってほしい!受けてほしい!
・日本国内ではなく、世界でも自分の技術を試したい!海外出店を目指したい!
・東京オリンピックに向けてPRしたい!
・市場調査をしたい!
という方にチャレンジして頂きたいプロジェクトです。

このプロジェクトでは海外出店やチャレンジをするのに、
莫大な初期費用をかける必要がありません!

 

1.内装はすべてモールがご用意いたします。
2.ベッドなどの基本器材はモールがご用意いたします。
3.英語が苦手な方でも定期的な英会話も学べます。
4.住居もモールがご用意いたします。
5.スキルとやる気だけご用意ください。

 

ネイル、アイラッシュ、エステ、ヘッドスパ、リフレクソロジー、カイロ、美容室など、

美容に関する内容であれば、どなたでもご参加可能です!

 

このプロジェクトは、日本人による日本の美容サービスの提供を行い、

世界へ発信致します。

 

 

マレーシアプロジェクトの詳細はこちらです。

 

 

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

京都信用金庫、東桂支店のコワーキングスペースに

子育てママを支援するため、ギャラクシーブック様から

複数の書籍が寄贈されました。

その書籍の中には私の「そのアイデア、形にしませんか?

も含まれています。

 

 

 

 

 

コワーキングスペースがある金融機関は珍しいですね。

詳細はこちらです。

 

 

 

私の本も読んでもらえたら嬉しいです。

本の紹介ページはこちらです。

 

 

 

ギャラクシーブック様は

出版は衰退の中にあると言われているが、

多様化される昨今、書籍は書店流通だけではない。

それぞれの分野で本当に需要があると思える場所に提供できないか。

そこを大切にしたいと考えているそうです。

 

 

 

紙の本は書き込んだり気になるページをすぐに開けるので

電子書籍にない魅力があります。

書籍の新たな流通ができるといいですね。

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

イノベーションを創出する可能性がある発想法としてシーズ型

というものがあります。シーズ型は技術の使い途を考える発明創造法で、

大発明に多く見られます。

 


一般的にはニーズ型の発想法で発明が生まれます。
ニーズ型はまず課題を設定し、その課題を解決するための手段を考えて
発明が生まれる発明創造法で、改良発明に多く見られます。

必要は発明の母といいますが、これはニーズ型のことですね。

 


シーズ型の発想法では、失敗から発明が生まれる場合があります。
失敗は成功の元ともいうので、失敗は発明の父といっても
いいのではないかと思います。

 

 

これから紹介するイノベーション創出のための

4つのヒントはーズ型の発想法から生まれるものです。

 

 


(1)自社の得意な技術を他の用途に活かす
まずは、自社の得意な技術を他の用途に活かしたものを紹介します。
具体的には、富士フイルムが開発して商品化した化粧品があります。

 

フィルムの会社が化粧品を作るとは驚きですね!

 

富士フイルムは写真フイルムの製造に必要なナノ技術を持っていました。
写真フィルムはコラーゲンを主成分とする約20μm厚さの薄膜中に
ナノレベルの色粒子を分散させたものです。

 

 

 

 

ところで、1mmの千分の一が1μm(マイクロメートル)
1μmの千分の一が1nm(ナノメートル)です。
つまり1mmの百万分の一が1nmです。
髪の毛の太さが0.1mm位なので、

1nmがいかに小さいかが分かると思います。

 


コラーゲンをナノ技術を使ってナノレベルに微小化し、

コラーゲンが肌に浸透しやすい化粧品アスタリフト」が完成しました。

 

 

貴社の技術を他に応用できるか、考えてみてはどうでしょうか?

 

 


(2)自社の製品に他の要素を付加して新たな用途に活かす
一般的な製品でも他の要素を付加することで新たな用途や価値を

生み出すことができる場合があります。

 


他の要素として、最近話題になっているIoTユニットがあります。
IoTは、Internet of Things(モノのインターネット)の略です。
IoTユニットは、通常は加速度等を検出するセンサと、

検出されたデータを処理する処理部と、

処理されたデータを外部に送信する通信部とを有しています。

 


自動車のワイパーにIoTユニットを付加し、その出力データを

時系列的に観察することにより、だんだんと振動が大きくなった場合は、

ワイパーのゴム部分がすり減って交換時期が近いということになります。

 

交換時期が近いことをドライバーに通知して交換を促すという

サービスが考えられます。

 


また、多数の自動車の位置情報とワイパーからの出力データを

ビッグデータとして解析して豪雨地域を特定するという

サービスも考えられます。

 


自社の製品に他の要素を付加し、それがどんな用途に使えるか
考えてみてはどうでしょうか?

 

 


(3)失敗から発見した技術を新たな用途に活かす
失敗を分析することにより新たな技術を発見する場合があります。

 


このような事例として、本や資料の必要な箇所に貼り付ける
付箋符の「ポスト・イット(登録商標)があります。

 

 


これは、大手化学メーカー3Mの研究員が接着力の強い接着剤を
開発しようとしていたところ、弱い接着力ができてしまった
という失敗が元になっています。

 

 

弱い接着剤を活かして何かに使えないかと用途を考えた結果、
落ちないしおりに使えることに気が付いたということです。
用途を発見したということになります。

 

 

実験に失敗しても「失敗する方法を発見した」と考え、失敗した技術を
何かに使えないかと考えるところに発明のポイントがあります。

実験ノートを記録しておくことは、将来何かの役に立つかもしれませんので、
習慣化したいですね。

 

 


(4)欠点が長所になるような使い方を考える
小説家の徳冨蘆花(とくとみろか)欠点は常に裏から見た長所である。
という名言を残しています。

 


その意味は本人は語っていませんが、おそらく仕事が遅いという欠点も
裏から見れば仕事が慎重又は正確という長所となるという意味ではないか

と思います。

 


例えば、金庫は開けるのが面倒という欠点があります。

 

 

 

その欠点が長所となる使い方を考えて「禁欲ボックス

というものが作られました。

 

写真はスマートフォンがボックスの中に

入っていますね。

 

 

「禁欲ボックス」は「タイムロッキングコンテナ」という

商品名で通常サイズで約1万円位で販売されています。

これは2019426日にテレビ朝日の羽鳥慎一モーニングショー

で紹介されていました。

 

ロックがかかる時間(1分~約10日間)を設定できるようです。
スマホをいじる癖のある人は、スマホを禁欲ボックスに
入れておくことにより仕事や勉強がはかどるかもしれません。

 

身近にある不便な物でも長所となるような用途を考えて
イノベーション創出してみてはどうでしょうか。

 

 

今回の話しは貴社(あなた)のビジネスのヒントになったでしょうか?

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓
        

【質問】

データベースは特許になるでしょうか?

(これは発明教室の参加者からの質問です。)

 

【回答】

データベースとは、後から利用しやすいように、

データを整理・分類して蓄積したもの。

(「かんたんパソコン入門辞典」参考)と定義されています。

 

 

 

日本でのデータベースの特許件数を調べましたら

330件にもなっていました。

(特許件数は最後の名称が「データベース。」

となっている請求項を含む特許の数です。)

 

 

 

データベースは複数の項目を含んだものですので、

 (1)項目の組合せが新しいこと

 (2)データベースの活用によって新たな効果が得られること

上記(1)、(2)を満たせば特許になり得ます。

課題が新しいとより特許になりやすいです。

 

 

 

また、データベースを使って検索する検索装置(検索方法)は、

いずれかの項目を検索キーとして

検索結果を出力するものですので、

データベースを応用した発明といえます。

 

 

 

データベースが同じでも検索装置(検索方法)が異なる場合があります。

データベースと検索装置(検索方法)が関連していれば

1つの出願で行うことができます。

 

 

 

何か具体的なアイデアがありましたら

お問い合わせ」からお願いします。

 

 

 

 

※追伸

◆アイデアで起業を考えている方、
アイデアを形にしたい方、
発明力を付けたい方、

「ビジネス特許徹底ガイド」
をお勧めします。今なら無料です!
  ダウンロード
はこちら
      ↓↓↓↓