【東京練馬区】アダルトチルドレン・HSP生きづらさを抱える女性専門心理セラピールームのアシスタ

【東京練馬区】アダルトチルドレン・HSP生きづらさを抱える女性専門心理セラピールームのアシスタ

東京練馬区のアシスタは、アダルトチルドレン・HSP・生きづらさ・対人関係・うつ状態・機能不全家族・共依存・パニック障害・過去のトラウマなどでお悩みの女性のための心理カウンセリングセラピールームです。
女性専門で安心です。

 

 

 

 

いつもご訪問いただきまして

ありがとうございます。

 

 

皆さん、

ご機嫌いかがでしょうか?

セラピストのあさだまゆこです。

 

 

今日のタイトルは「蘇生」です。

 

 

ちょっとタイトル怖いですか?(^_^;)

興味がある方はお付き合いくださいませ♡

 

 

゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚

 

 

私はブログで、

「情緒的虐待」や「情緒的ネグレクト」について書いています。

 

 

情緒的な虐待、情緒的なネグレクトとは、

精神的なものを言います。

 

 

身体的には傷ついていないため、

目には見えない心のダメージは、その程度がわかりませんショボーン

 

 

ですが、その心の傷の状態は、

身体的に受けるものと何ら変わりはありません。

 

 

もし、心が可視化できたとしたら、

自分の傷の「エグさ」に目を背けてしまうでしょうチーン

 

 

情緒的虐待、情緒的ネグレクト、

これだけでも相当なダメージですが、

さらに上には上があるのです滝汗

 

 

それは、

情緒的心肺停止です。



ってことは何をされたのか?

わかりますよね…

刺激が強いので、心肺停止に言葉を置き換えました笑い泣き

 

 

「情緒的心肺停止」という言葉は私が勝手に作りました。

検索しても出てこなかったので(笑)

 

 

身体的には生きています。

でも、心が限りなく死に近い。

 

 

心が心肺停止ってことは、

もう「自分」が亡くなってもおかしくない。

 

 

肉体的には生きてますよ?

 

 

でもね…

 

 

情緒的心肺停止ってことは、

「自分」を誰かに明け渡しちゃってる状態です。

 

 

重症を通り越して、

自分の心が「死んでしまった」に等しい。

 

 

軽傷なら、

本を読んだり、セルフワークをしたり、セミナーに参加して、

心は回復していくでしょう。

 

 

でも、心が心肺停止状態の人は、

どう考えても、その程度じゃ無理ですよね。

 

 

そもそも、そんな状態になっている人は、

自分がどれだけ苦しいのかなんてわかりませんよ?

もう意識がないんだからぼけーzzz

わからなくて当たり前です。

 

 

もう病んでるレベル超えています。

心肺停止。ほとんど死。

 

 

苦しさとか、痛みとか、何が何だかわからない。

この段階では、もう自分ではどうにかなりません。

 

 

じゃあどうするか?

 

 

「蘇生」です。

 

 

一度、心が死んでしまった状態から、

再び生命を取り戻すしかない。

 

 

自分では無理です。

 

 

誰かに「心の心肺蘇生」をお願いして、

助けてもらうしかありません。

 

 

肉体は生き延びてきた。

だから生き返ります。

 

 

生きながら生まれ変わるのです

 

 

もっと「生きる」ってことを

大事にしましょうよ。

 

 

遠慮なんていりません。

 

 

生まれ変わって、

今度こそは「本来の自分」で生きる。

 

 

来世ではなく今の人生でね。

 

 

自分次第です。人生は。

感謝♡

 

 

 

「蘇生」って曲がありましたよ。ミスチル!

僕は生まれ変わっていける

そうだ、まだやりかけの未来がある~音譜

 

 

 

 

 

 

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
赤薔薇にほんブログ村赤薔薇

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
赤薔薇にほんブログ村赤薔薇

 

 

 

 

 

 

赤薔薇ホームページが新しくなりました赤薔薇

 HPでもメッセージを更新しています↑

 

 

 

 

 

■セッションのお申し込み・お問い合わせはこちら
PC お申し込みは24時間予約可能なWEB予約からどうぞ。                                           メール お問い合わせはこちらからどうぞ。                                                        流れ星 セッションメニュー&料金はこちらです。

 

 

ダイヤモンド遠方にお住まいの方は、電話によるカウンセリングも承っております。

ダイヤモンドヒプノセラピーは対面のみです。

ダイヤモンドご予約は、下の24時間web予約受付フォームからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

東京カウンセリング、 カウンセリング、ヒプノセラピー、生きづらさ、アダルトチルドレン、アダルトチルドレン回復、トラウマ、機能不全家族、自己嫌悪、頑張りすぎてしまう、ハイリーセンシティブパーソン、hsp、hss、敏感な人、繊細さん、敏感、居場所がない、適応できない、人間関係の悩み、夫婦関係の悩み、親子関係の悩み、共依存、対人恐怖、自信がない、自己否定、劣等感、不安感、罪悪感、孤独感、他人に振り回されてしまう、人の目が気になる、会話が苦手、人といると疲れる、人と上手くつき合えない、自己探求

 

 

 

 

 

いつもご訪問いただきまして

ありがとうございます。

 

 

皆さん、

ご機嫌いかがでしょうか?

セラピストのあさだまゆこです。

 

 

星がキレイに見える季節になりましたね。

しーんと静まり返った家のベランダで、

冬の冷たい空気を感じながら、夜空を眺めるのが大好きです♡

 

 

さて、本日のタイトルは、

「自信を持ちましょう!自分を肯定しましょう!自分を愛しましょう!

って人から言われてできますか?」

 

 

今日も

自分の人生を生きづらくしている

その原因について書いていきますね♡

 

 

 

゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚

 

 

 

アダルトチルドレンの人の多くは、

自分に自信が持てません。

 

 

この場合の「自信」とは、

自分と誰かを比べて、どちらが優れているか?

どちらが劣っているか?という評価によるものではなく、

自分で自分のことが信じられるか?という「自信」のこと。

 

 

生きづらさを抱えている人は、

自分で自分のことが信じられません。

 

 

自分で自分を信じることができないのですから、

何をやっても上手くいきませんよね。

それでますます「自信がない」となってしまうのですショボーン

 

 

生きづらいアダルトチルドレンの人は、

「どうすれば自分に自信が持てるのか?」

ネットで検索して、いろいろ探されているかもしれません。

 

 

その方法としては、

本を読む、セミナーに参加する、自己啓発に行く、

カウンセリングを受ける、スピリチュアルの講座に参加する…

そんな感じでしょうかね?

 

 

ですが…

本を読んでも、どこへ行っても、

言われるようなことは、似たり寄ったりほとんど同じです。

 

 

「もっと自分に自信を持ちましょう!」

「自分を認めましょう!」

「自分を肯定しましょう!」

「自分は価値ある存在です!」

「自分を受け入れましょう!」

「自分を愛しましょう!」

 

 

たいていはそのように教わります。

 

 

「そうだよね!もっと自分に自信を持っていいんだ!」

と簡単に自信を持つことができれば良いのですが、

そうは問屋がおろしません。

 

 

頭ではわかったつもりでも、

実際にはできないのがアダルトチルドレンなのです滝汗

 

 

なぜ、できないのでしょうか?

 

 

その答えは…そうです!

アダルトチルドレンの育ってきた環境にあります。

 

 

アダルトチルドレンの人が育った機能不全家族。

家族みんなが機能不全。

親も、兄弟も、祖父母も、それぞれ個々も機能不全を起こしています。

 

 

自分がアダルトチルドレンなら、

親も、兄弟も、祖父母も、その親戚もみんなアダルトチルドレン叫び

 

 

アダルトチルドレン家族で育ったあなたは、

自分に自信が持てないし、自分を認めることもできません。

 

 

自分を否定することはあっても、自分を肯定できないし、

自分には価値がない!と本気で思っています。

 

 

そして、

ありのままの自分を受け入れることも、

自分を愛することも、

どうすればいいのか?わからないのですねショボーン

 

 

なぜなら…

 

 

アダルトチルドレンの人は、

親から信じてもらえず、認めてもらえず、

ダメ出しされて否定され、尊重もされず、

価値ある一人の人間として見てもらえなかったからです叫び

 

 

さらに、

「ありのままのあなた」を受け入れてもらえるどころか、

ありのままのあなたでいることを拒絶されました。

 

 

そして、

そのような親からは「無条件の愛」を与えてもらえませんでした。



なぜなら、

愛がなかったからです。



親であっても、愛がない。

親も親で、愛を知らない。

(何かしらの条件つきの愛はありました)

 

 

ちょっとキツイですかね?

でもね、人間の苦しさの原因って、

どの悩みや問題においても、根本的なものは一緒です。

「親と子の愛着の問題」からきているのです滝汗

 

 

母親のお腹の中で十月十日、

母子一体感を感じながら育った人間である以上、

母親との愛着の問題から、

目を背けることはできないのですよ。

 

 

未熟な状態で生まれてくる人間の赤ちゃんは、

自分で自分のことは認識できません。

 

 

自分の手をじーっと見て、それを口に入れて、

初めて手を認識する。

 

 

うぇ~んって泣いた。

温かい胸に抱いてくれた。気持ちいいな。

初めて「母親」という特別な人を認識する。

 

 

そうやって「経験」することで、

いろいろなことを認識していくのです。

「自分」が誰であるのか?もね。

 

 

赤ちゃんは産まれた時から、

自分はダメだ!とか、自分には価値がない!なんて

思っているでしょうか?

 

 

違いますよね。

そのように「入れられてしまった」だけです。

 

 

あなたが自分をダメだ!と思うのは、

おまえはダメだと認識する親がいただけ。

 

 

あなたが自分には価値がない!と思うのは、

おまえには価値がないと認識する親がいただけ。

 

 

あなたが自分を肯定できないのは、

親から否定されて育ったということ。

 

 

ありのままの自分を受け入れられないのは、

ありのままの自分をさらけ出した時、親から拒絶されたということ。

 

 

自分を無条件に愛せないのは、

親から無条件に愛してもらえなかったということです。

(条件に従えば愛してもらえた)

 

 

だから、あなたは悪くないんです。

そのように思い込まされてしまっただけです笑い泣き

 

 

自分を信じましょう!

自分を受け入れましょう!

って指導されても、それができないアダルトチルドレン。

 

 

できない原因があるんですよ。

決してあなたのせいではありません。

 

 

なぜできないのか?

そのできない原因、一番肝心なところを説明できる人がいるとしたら…

 

 

それは、

自分自身と向き合う恐怖、

自分と親との関わりを思い出す恐怖を乗り越えて、

アダルトチルドレンから回復した人だけです。

 

 

そうでなければ、分からないのですよ。

一番肝心なところがね。

知っている人でなければ、教えることはできないのです。

 

 

アダルトチルドレンの人はね、

母親の愛に振り回されて、母の愛のために生きています。

自分のために人生を生きていないのです。

 

 

それで生きづらいのね。

 

 

母の愛のために生きるのではなく、

本当の自分で、あるがままの自分で、

生きていいのですよ?

 

 

あなたが母親に向けていた無条件の愛を

自分自身に向けましょう。

親や他者を愛する前に、自分自身を救済してあげてね。

 

 

答えはすべて自分の中にあります。

愛も自分の中にあるドキドキ

 

 

でもね、

恐怖や罪悪感、怒りや恨みの感情があると、

自分の中にある愛を感じることはできません。

 

 

自分の中にある愛を感じるには、

この負の感情を癒す必要があるのですショボーン

 

 

不公平だろうが、理不尽だろうが、

自分が機能不全家族のもとに産まれてしまったことは、

変えられません。

 

 

自分で自由に選択できないことは、

変えられないのです。

 

 

でも、自分で自由に選択できるものは、

自分の意志で、いくらでも変えられるのですよ。

 

 

自分のことだけど、

自分の意志で好き勝手に選択できない!

 

 

そのような場合には、

自分の人生なのに、なぜ自分の意志で選択できないのか?

なぜ自分には選択肢がないのか?

その原因から、見ていかないといけません。

 

 

未来は自分の選択によって創られる虹

 

 

自分次第です。人生は。

感謝

 

 

 

 

今朝からずっと

私の頭の中で流れていた曲♡

Believe and you will find your way!

 

 

 

 

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
赤薔薇にほんブログ村赤薔薇

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
赤薔薇にほんブログ村赤薔薇

 

 

 

 

 

 

赤薔薇ホームページが新しくなりました赤薔薇

 HPでもメッセージを更新しています↑

 

 

 

 

 

■セッションのお申し込み・お問い合わせはこちら
PC お申し込みは24時間予約可能なWEB予約からどうぞ。                                           メール お問い合わせはこちらからどうぞ。                                                        流れ星 セッションメニュー&料金はこちらです。

 

 

ダイヤモンド遠方にお住まいの方は、電話によるカウンセリングも承っております。

ダイヤモンドヒプノセラピーは対面のみです。

ダイヤモンドご予約は、下の24時間web予約受付フォームからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

東京カウンセリング、 カウンセリング、ヒプノセラピー、生きづらさ、アダルトチルドレン、アダルトチルドレン回復、トラウマ、機能不全家族、自己嫌悪、頑張りすぎてしまう、ハイリーセンシティブパーソン、hsp、hss、敏感な人、繊細さん、敏感、居場所がない、適応できない、人間関係の悩み、夫婦関係の悩み、親子関係の悩み、共依存、対人恐怖、自信がない、自己否定、劣等感、不安感、罪悪感、孤独感、他人に振り回されてしまう、人の目が気になる、会話が苦手、人といると疲れる、人と上手くつき合えない、自己探求

 

 

 

 

 

いつもご訪問いただきまして

ありがとうございます。

 

 

皆さん、

ご機嫌いかがでしょうか?

セラピストのあさだまゆこです。

 

 

本日のタイトルは、

「アダルトチルドレンを苦しめる呪縛!

それは無条件の愛ではなく条件つきの愛だった!

 

 

今日も

自分の人生を生きづらくしている

その原因について書いていきますね♡

 

 

 

゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚・⋆:.。..。.:⋆・゚゚

 

 

 

アダルトチルドレンの人は、

様々な「呪縛」に囚われてとても不自由です。

 

 

視野も狭いし、

言いたいことも言えないし、

やりたいことも自由にやることができませんショボーン

 

 

ですが、ほとんどの人は、

自分が「呪縛」に囚われてしまっていることも、

その「呪縛」が原因で、自由に生きられないということも、

自分ではわからないのですね。

 

 

自分ではまったく自覚がない

という人ほど重症のアダルトチルドレンですチーン

 

 

自分ではわからない。

だからアダルトチルドレンは苦しいとも言えます。

 

 

では、今日のタイトルにもあるように、

アダルトチルドレンを苦しめる「呪縛」とは、

いったい何なのでしょうか?

 

 

それは、

親の価値判断によって、

知らず知らずのにうちに刷り込まれてしまった

「〇〇でなければいけない!」という思い込みのことです。

 

 

この自覚できない「思い込み」が、

あなたの心に制限をかけてしまっているのですね滝汗

 

 

この呪縛は、

じつに様々なものがあります。

 

 

たとえば…

 

 

「いい子でなければいけない」

「優秀でなければいけない」

「従わなければいけない」

「我慢しなければいけない」

「常識的でなければいけない」

「人の気持ちを考えなければいけない」

「楽しんでいてはいけない」

 

 

これはほんの一部に過ぎませんが、

あなたがまだ幼い頃から、このような「呪縛」を親から刷り込まれて、

心が雁字搦めに縛りつけられしまっているのですね。

 

 

そんな自覚はありませんって?

 

 

そうですね、

必ずしも言葉で刷り込まれたとは限りません。

親の顔色や表情、眼差し、態度や雰囲気によっても、

刷り込まれてしまうものなのです叫び

 

 

なぜ親は、

あなたに呪縛を刷り込んだのでしょうか?

 

 

それはね、ひとことで言ってしまえば、

「親にとって都合のいい子」になってもらうためです。

 

 

自分の子供であるあなたを

自分の思うままにコントロールするため、

躾と称して、あなたに様々な「呪縛」を入れ込んだのです叫び

 

 

それにしても「呪縛」だなんて…

そんな怖い言い方をしなくても良いんじゃないの?ショボーン

と思われるかもしれません。

 

 

でもね…

 

 

あなたを一番苦しめているものは、

「あなたが最も恐れているもの」なんですね。

 

 

それは、

いくら頭で考えても気づけない。

無意識レベルで感じている恐怖だからですゲッソリ

 

 

あなたが最も恐れていること。

 

 

それは、

「親から嫌われて見捨てられる恐怖」です。

 

 

「いい子でなければ愛されない」

「優秀でなければ愛されない」

「親に従わなければ愛されない」

「我慢しなければ愛されない」

「常識的でなければ愛されない」

「人の気持ちを考えなければ愛されない」

「楽しんでいては愛されない」

 

 

親の求める「都合のいい子」にならなければ、

愛してもらえずに見捨てられてしまうという恐怖。

それは幼い子どもにとっては、死に値する恐怖です笑い泣き

 

 

幼い頃に親から刷り込まれてしまった「呪縛」は、

大人になって社会に出た今、

あなたの心に制限をかける「足枷」となっているのです。

 

 

その「足枷」があるために、

あなたは「自分の思うまま自由に生きられない!」という

苦しさを感じているのですねガックリ

 

 

 

「いい子でなければ愛されない」

という呪縛に囚われて大人になったあなたは、

自分を犠牲にしてでも「良い人」をやるしか選択肢がありません。

 

 

「優秀でなければ愛されない」

という呪縛に囚われて大人になったあなたは、

親の期待以上に努力をして「優秀であること」に執着してきたでしょう。

 

 

「親に従わなければ愛されない」

という呪縛に囚われて大人になったあなたは、

目上の人や高圧的な人の言うことには「イエスマン」となって、

従ってしまっているかもしれません。

 

 

「我慢しなければ愛されない」

という呪縛に囚われて大人になったあなたは、

言いたいことも言えず、自分がやりたいこともやれず、

ひたすら耐えて「我慢」することが当たりまえになっています。

 

 

「常識的でなければ愛されない」

という呪縛に囚われて大人になったあなたは、

「世の中の常識」から外れないように、ルールを守って、

「正しく生きる」道しか選択肢がありません。

 

 

「人の気持ちを考えなければ愛されない」

という呪縛に囚われて大人になったあなたは、

自分の気持ちを抑圧してでも「相手の気持ち」を優先させてしまうので、

自分はいつも損な役回りになってしまいがちです。

 

 

「楽しんでいては愛されない」

という呪縛に囚われて大人になったあなたは、

周りの皆んなが楽しんでいる時でも、自分だけ楽しむことが出来ずに

ひとり浮いてしまったりするのですね。

 

 

これらの呪縛の恐ろしさは、

それに反した時、罪の意識である「罪悪感」を感じて、

自分自身を責めてしまうということなのです叫び

 

 

なぜ罪悪感を感じてしまうのでしょうか?

 

 

「呪縛」とは、

言ってみれば「親の固定観念」です。

 

 

それに反した時、

幼いあなたは「お前はダメだ!間違っている!」と、

親から裁かれてしまったからなのです。

 

 

大人になった今は、

親に裁かれなくても、自動的に「罪悪感」にスイッチが入り、

自分で自分を裁いて責めてしまうのですガックリ

 

 

さらに、

裁いて責めるのは自分だけに留まらず、

相手のことも裁いて責めるようになります。

 

 

「自分だけズルしてあいつはダメだ!」

「常識的に考えて、それはあり得ないだろ!」

「うちの子はワガママだから、このままでは心配!」

 

 

そのように、

相手を裁いて「それじゃあダメ!」と裁いてしまうのですプンプン

(多くは自分の心の中で相手を裁いて怒ります)

 

 

あなたが最も恐れているものが、

あなたを一番苦しめているものです。

 

 

それは、

〇〇でなければ愛されないという呪縛

 

 

痛いかもしれませんが、

あえて書いてしまいますよ。

 

 

それってでしょうか?

 

 

無条件の愛でしょうか?

 

 

違いますよね…

 

 

無条件の愛ならね、

良いとか悪いとか、正しいとか間違っているとか、

優れているとか劣っているとか…

相手を裁かないのですよガーン

 

 

〇〇でなければダメ!と強制された!

〇〇でなければ許されなかった!

〇〇しなければ無視された!

〇〇しなければ罵られた!

 

 

それは無条件の愛ではなく、

親の価値判断を基準とした「条件つきの愛」だったのです笑い泣き

 

 

愛はある?

 

 

あなたに与えられた愛は、

「条件がつく愛」だけだったのではありませんか?

 

 

私たちは、

それが愛なのだと思い込んでいました。

そのように思い込まされてきました。

 

 

親は親で、

私のためを思ってそうしてくれていた。

感謝するのが当たり前でしょ?

 

 

そのように思われるかもしれません。

 

 

でもね、

アダルトチルドレンの人からは、

親に対して「感謝の気持ち」なんて伝わってきません。

 

 

心の深いところから伝わってくる感情は、

怒りや恨み憎しみですゲロー

 

 

それは「偽りの愛」じゃないか!

そんな怒りの叫びのようなものが伝わってくるのです。

 

 

自分では自覚することはできません。

だって認められないでしょ?

自分の親に愛はなかった…なんて。

 

 

でもね…

愛があったら、

あなたは苦しんでいないのですよ。

 

 

安心してやりたいことをやって、

煩わしい悩みなんて抱え込むようなこともなく、

楽しく過ごしているはずなのです。

 

 

それができないのは、

入れられてしまった「呪縛」に囚われて、

本来の自分で生きられていないからです。

 

 

親から愛されるために、

作りあげてしまった「偽りの自分」で生きているからショボーン

 

 

偽りだから苦しいのです。

 

 

本来のあなたで生きられていないよ!

すごく不自由だよ!

そのようにあなたの魂が教えてくれているんですね。

 

 

あなたが生きづらさを感じているのなら、

自分にはどんな呪縛が刷り込まれているのかを知りましょう。

 

 

自分でわからないのなら、

誰かに甘えて、誰かを頼って、手伝ってもらっていいのですよ。

 

 

自分を知りましょう。

 

 

誰かに認められることよりも、

自分で自分を認めてあげることが先なんです。

 

 

今、目の前で起こっている現実は、

あなたの心を映し出しているに過ぎません。

 

 

リアルな現実は、

魔法のように一瞬では変わらないのですよ。

 

 

「〇〇でなければいけない!」

という囚われていた思い込み、偏った思考が変わっていって、

それから自分の行動が変わってきて、

初めて現実に変化が表れてくるのですね。

 

 

ですから、

八方塞りで苦しい現実、

煩わしい悩みを抱えて歩く人生

何よりも自分自身を変えたかったら…

 

 

自分に刷り込まれてしまった「呪縛」から

自由になりましょう。

 

 

ありのままの自分で良かったんです。

最初からね。

 

 

本当であれば、人は誰もが、

「ありのままの自分」で 愛される存在なのですから。

 

 

 

自分次第です。人生は。

 

 

いつもありがとうございます。

感謝♡

 

 

 

 

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
赤薔薇にほんブログ村赤薔薇

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
赤薔薇にほんブログ村赤薔薇

 

 

 

 

 

 

赤薔薇ホームページが新しくなりました赤薔薇

 HPでもメッセージを更新しています↑

 

 

 

 

 

■セッションのお申し込み・お問い合わせはこちら
PC お申し込みは24時間予約可能なWEB予約からどうぞ。                                           メール お問い合わせはこちらからどうぞ。                                                        流れ星 セッションメニュー&料金はこちらです。

 

 

ダイヤモンド遠方にお住まいの方は、電話によるカウンセリングも承っております。

ダイヤモンドヒプノセラピーは対面のみです。

ダイヤモンドご予約は、下の24時間web予約受付フォームからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

東京カウンセリング、 カウンセリング、ヒプノセラピー、生きづらさ、アダルトチルドレン、アダルトチルドレン回復、トラウマ、機能不全家族、自己嫌悪、頑張りすぎてしまう、ハイリーセンシティブパーソン、hsp、hss、敏感な人、繊細さん、敏感、居場所がない、適応できない、人間関係の悩み、夫婦関係の悩み、親子関係の悩み、共依存、対人恐怖、自信がない、自己否定、劣等感、不安感、罪悪感、孤独感、他人に振り回されてしまう、人の目が気になる、会話が苦手、人といると疲れる、人と上手くつき合えない、自己探求