KAZU中西のわりかしマジメなブログ
好まざるペタがこれ以上増えるようならペタ休止します。ご了承ください


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

オーセンティック

カズ兄のZ2は

ビンテージとかクラシックなどと呼ばれる

絶版車です。

簡単に新車を買うことが叶わない。

XSR700はネオクラシックとかネオレトロなどと呼ばれる

現行販売車両。

YSPに行けば新車を購入できます。

 

最近はZ900RSとかKATANAとか

はたまたCB1100など

自社の伝説的な1台をリスペクト(またはオマージュ)するニューモデルラッシュ。

XSR700はXSR900とともに

空冷のXSを現代風にアレンジしたリスペクトモデルと思われがちですが、

ヤマハ発動機的にはオーセンティックモデルとされています。

オーセンティックって何?の定義は

ヤマハ発動機サイトにありますので、そちらでチェックしてください。

 

僕はそういう背景みたいなのは

あまり気にしていないというか、

古いのが好きならそれに乗ればいいじゃん!という考え方で、

XSR700がクラシカルだからという理由で乗ってない。

何というか、見た目も安心できるオートバイなのですよ。

そこが気にいっているし、ローダウン仕様にもしたくなる。

たまたま2台を並べてみて、

僕はこういうスタイリングのオートバイが好きなんだなぁと

改めて実感。

何となく似てる気がする。

強いて言えば、リアシートが今時流行りの

段付きセパレートでないことがお気に入りのポイントかな。

タンデムが愉しくないオートバイは要らない。

キャンプ道具だってフラット系のワイドシートの方が

断然積みやすいし。

丸目も好きですね~。

でも、そういうスタイリングのオートバイは

絶滅危惧種になっている。

これ乗りたい!と思える新車が無いのは

そういう好みの問題だったりします。

 

 

 

自己防衛意識を高めて楽しむ

誰もがよく知る超サイヤ人だって
心臓の病にかかるわけでね。
今も昔も
地球上に100%の安全は無いのですよ。
だからと言って
安全性確保への意識や行動を投げ出すのは
社会に対する責任放棄でしかなく、
その責任放棄によって
社会や多くの人々が迷惑をこうむることは
紛れもない事実です。
この考え方は
何事にも通じるわけで、
交通安全に関してもそう、
自分さえ良ければいい!では済まされない。
自らが行動を起こしたことは、
結果が良くも悪くもその人のせいです。
政府がどうの、誰かに言われたからとか、
他人のせいにして、自らが楽する生き様は
クソダサイと思っています。















オートバイ関連では
レースやイベント中止が相次ぎ
楽しみにされていたバイクフリークの皆さんはガッカリ。
主催者は苦渋の選択。
演者は仕事がなくなって収入減です。
この状況を他人のせいにするか否か。
人間性を知る良い機会でもあると
思っています。

僕は出かけたら、
病原体をもらってこないよう
自身で可能な範囲の防衛体制で臨みます。
出先では徹底的に手洗い。
10分に一度は洗ってる感じ。
人と話す時は距離を保つ。
帰宅途中も何かに触ったら手洗い。
それは自販機でも
コンビニの買い物袋でも。
1日に1000回以上、洗ってますね。

おかげさまで、ロケの仕事は絶えず
ガススタの収入もありますから
自粛ムードに取り込まれることなく
やりたいようにやってます。

とにかく今は
手洗いと休養でしのぐしかない。
しっかり睡眠をとることも大切。
それをやってない人が
他に対してシノゴノ
ツッコんでいる場合ではないのですよ。



睡眠不足も大敵ですよ(^O^)/

先ほど、僕のFacebookページに書いたこと。
アメブロだからって
文体を変える必要もないので
そのまま転記します。

過保護で無菌状態が大好きな現状ゆえか、
何でもかんでも他のせいにしてないか?
目に見えない未知の物に遭遇してんのは
今に始まったことじゃないだろうね。

特効薬は無し、明確な対策もわからん。
だから右往左往しちゃうんだろうけれども、
俺は日々、やれることをやるだけ。

とにかく手を洗う。しっかり洗う。
しつけぇ~くらいに頻繁に手を洗う。そんだけ。

他に優しく、己に厳しく。
良くも悪くも自分自身のせい。
やらかしちまったら、そいつのせい。
でも、やらかしちまったことは、
他に確実に迷惑をかけるってことも忘れちゃならんし。

他に四の五の突っ込んでぼや~っと満足するより、
これでもか~!ってくらいに
自己防衛意識を高めりゃあいい。
自分さえよけりゃあいいというエゴじゃないよ。
むしろ自分は死んでも他は生かす。
そういう生き様って孤高でいられるよね。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>