キルトを教えてくれる先生がいつも持っていて気になっていた
表がフカフカでアイロン台として使うことができて、
裏は紙やすりが貼ってあって、布に印を付ける時にずれない。
という
パッチワークボードという代物。

 

 

アイロンかけるためにはキルト綿を分厚く貼ったり
色々めんどくさいらしいけど、布に印つける時用に
簡単なものを持っててもいいんじゃない。

ただ、買うと結構なお値段だしデザインも限られてるから
もし出来そうだったら自分で作っちゃいなよ!

と先生に作り方を教えて頂いたので
自作することにしました。

 

先生からは厚紙とキルト綿と紙やすりがあれば大丈夫。
と言われましたが、強度と反りの事を考えると

板がいいな~。と。

ただホームセンター的なところは最寄駅から

数駅先にあるものの、たま〜〜〜にしか行かないし

安く自作しようってコンセプトのくせにわざわざ

時間と電車賃をかけたり行ったりするのも違うかな。

ってことで。
近所の100円ショップでベースの板を含め材料を

調達することにしました。

 

「ダイソー」とかだと工具とか板とかが売ってそうだけど
うちから一番近いのはオサレも品揃えも微妙に振り切れてない

「キャンドゥ」。

 

なんかいいのないかしら。。。と店内くまなく見てみたところ
文房具コーナーで黒板ボードという合板の板を発見。

固いし軽いし反ったりしなそうなのでこれに決定です。
※その後中規模ダイソーに行って物色したところ、
同じ用途、材質のホワイトボードというものや
小さめのキャンバスが使い勝手がよさそうな感じでした。

 

他にキルト綿、ボンドも100円ショップで購入。
ボンドは余ったら娘の工作用にあげる感じで。

紙やすりは近所の文具店で100円しないくらいでした。

サイズは適当でいいんだけど、私は板のサイズを基準に、

キルト綿:板と同サイズ

布:板より長辺短辺それぞれ6cm長い

紙やすり:板より長辺短辺それぞれ2cm短く

にしました。

 

まずは板にキルト綿を2枚重ねて板のサイズにカット。

ロータリーカッター超楽チン!

 

裏側を上にした布の中心にキルト綿2枚をのせる。

 

 

その上に板を載せて布で包む。

 

 

布は木工用ボンドでくっつけます。

洗濯バサミとかで固定しながらだと結構うまいこといきました。

 

で、最後に板のサイズより一回り小さくカットした

紙やすりを貼って完成。

 

あっという間〜〜〜!(IKKO風に)

 


100円ショップでちょっとカット&ヤスリ面を下にして置く時に

下に引く用に良さそうなサイズのカッターマットを見つけたので

ついでに買ってきました。

可愛い!

 

これより大きいのが本当に必要になったら市販品を買うと思うけど。

B5サイズ位で小さすぎるけど、大作を作りたいわけでもなく
むしろ手元でちまちまやりたいだけの今はこれで十分!

って、まだランダムにキルト綿に布を縫い付ける方法しか

やった事がないので、果たしてこれの出番はいつ???

って感じだけど、なんとなく可愛いのができたので大満足!
 

で、今やってるキルトはこんな感じ。

ナンダコレーー。

 

ポーチを作ろうと思ってるんだけど、

もともと作りたいものがあって作るのではなく、

「ちまちま縫う」という作業やりたさに初めたもんで、、、、

好きな作風?とか、色?とか、方向性?的なものが

まだ全く見定まっておらずの状態で。

 

とりあえず可愛いと思った布を縫いつなげる探り探りな感じ。

 

娘が全身ピンクのフリフリワンピースを着て

学校行きたがっちゃう系の子なので、

こう言う感じのが、なんとな〜く我が家で需要があるから

まあいいか。

 

最後に。

 

これ作ってて、カッターマットが学生時代から使ってるやつで

ものすごく汚い事に気付いてしまったのでキルト用には

新しいの買おうと思いました。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

AD

3月末くらいに
dream in colors classy で編み始めた
Annamária Ötvös のPorcini

 

 

instagram情報によると1か月くらいで
これくらいまでは編んでたみたいだけど

 

その後ずーーーーっと編み物休憩状態で完全放置。

 

だったけど、ここ最近の編み物熱復活に伴って

再開しました。

 

とりあえず前身頃と後ろ身頃をくっつけて
ポケット(リブ)部分まではぐるぐる編み。

 

メリヤスとかだと往復編みと輪編みで編地の感じが

代わっちゃったりすることもあるけど
これは模様編みなので特に気にしないで良さそう。

と思いきや次の枷に突入したら色が変わっちゃってた。

 

まあ写真撮るまで気づかなかったくらいだし、

結構な身幅があってダラーンと着るものだから

そんな目立たないでしょう。と、気にしないことに。

 

ただ、KとPの組合せとか今まで覚えたタイミングが
全部変わるので、そこは気をつける方向で。

 

身頃を仕上げてから首回りと袖口のリブ。。

が順番だけどが、糸の量が心もとないので

先に首と袖口を仕上げることにしました。

あとは残りの糸をうまく配分しながら編んでいく感じだけど
今、若干はやっているようないないような、、、な

丈短めの服は苦手なので、糸が足りなそうだったら

ポケットはRIOSとか似た系統の別糸にする方向で

なんとか足らせたいと思います。。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

AD

DARUMA PATTERN BOOK 2

テーマ:

編み物熱が下がっているとかいいながら、
表紙のカーディガンの可愛さにズキューーン!
と撃ち抜かれて久々に編み物絡みの買い物をしました。

 

DARUMA PATTERN BOOK 2

 

 

表紙のカーディガンはボテっとしたシルエットで
わたしみたいな手足の短いおばはんが着たら
ポケモンのオタチみたいな残念なことになりそうだけど、

ざっくり編んで系のシンプルな感じが非常にツボだったので
是非編みたいと思います。

 

 

ただ、糸。。。。
この風合いを出すには確実に指定糸が良いに決まっていて
ネットで買うと着分買ってもかなりお手頃なんだけど、

いかんせん毛糸がロッカーからあふれてるうえに

新たにできた趣味で布まで増えちゃって
ここから更に毛糸が増えるのはいかがなものかという状態。

 

去年三國さんのGENを編もうかしら。。と思って

DROPS ALPACA PARTYに乗っかって買った
Drops Melodyで編もうかしらどうしようかしらな感じ。

 

あーあ。

 

他にもアランのニットバックとかが可愛い!

 

最近へたくそながら布とも親しむようになってきて
気持ちだけは内袋的なものどんと来い!な心境なので
是非挑戦してみたいです!

 

マフラーは編地を楽しむってわりに
編地の拡大が載ってなくてちょっと惜しい感じだったり、
ポエムが若干多すぎる気がしなくもないけれど、
着るもの3点と小物5点のバリエーションありで計12点掲載。

後ろには糸見本もついてて
税込1300円しないのは結構お買い得な感じでした。

 

一昨年あたりからDARUMAがシャレオツ(死語)路線に
大方向転換して、それが物凄い勢いで当たっているらしい。。
ということは知っていたけれど、ニットも装丁もブックデザインも
いい具合にオッシャレー♪な本で

いい具合に編みテンションが上がった買い物でした☆

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

 

 

AD

パッチワークを教えていただいている先生に
チケットをいただいたので


池袋西武で開催中の
私の針仕事展2017&キルトマーケットに行ってきました。

 

刺繍、キルト、羊毛の作品が展示されていて
毎年、開催されているのは知っていたけど入ったことはなく。
キルトマーケットを覗いておばさまパワーに圧倒されて

可愛いボタンを買って帰ってくる。
という感じだったけど、今回は観る気と買う気満々で参加です。

参加したのは2日目。
午前中、10:30と結構早めにもかかわらず結構な人数が!!
わりとすんなり入れたものの、ブースの中はすごい人!!

作品によっては並ばないと、、なモノもあり大盛況でした。
来場者の方たちは思った以上に年齢高め。
私も結構なオバハンだけど、教えてくれる先生が、
あなたまだ全然若手の部類。と言うのに何となく納得。

皆さん多分お教室の友達と来ているみたいで
ワイワイコメントしながら見ていてにぎやかな感じでした。。

私はとりあえずみとくか〜。的にさらっと回ったんだけど
刺繍はクロスステッチが多め。
キルトはどれもベッドカバー的な大きさの作品ばかりでまさに大作ぞろい。
多分大先生クラスの人ばかりの展示っぽいので作品数は少なめですが、
何となく図書館で借りた本に掲載されていた作品があったり
伝説のアイドル(?)旧山口百恵さんの作品があったりで
なかなか見応えある感じでした。

そして、何やってもいいんだ〜。みたいなのがわかってよかったです。

会場を出るとお楽しみのキルトマーケット。


企業スタッフとしてこう言う手芸系のイベントに
何度か企業出店したことはあるけれど
こんなにすごい人がごった返しているのは始めて!

 

キルト、アツい!

 

企業ブースは数点で個人店っぽいところが主に出店していて

布やキットが売っているんだけど、とにかくすごい熱気。

遠くから来て買うぞ〜〜〜!と気合入ってる方もたくさんいるので
圧倒されたり気後れしていたら何にも買えなそうな雰囲気。

私も持っているのが小花柄、ピンク系ばかりで
もうちょっと幾何学だったりブルー系の布を強化!

するのが目的だったのでグイグイ行っていっぱい買ってきた!


って、普通に花柄とか買ってきたっちゃけど概ね満足。

キルトを教えてくれる先生が

布は絵の具と一緒。持ってれば持ってるほど表現が広がる。
スーツケースに布をぎっしり入れて教室に来る人もいるんだよ〜。


とか笑いながら話していましたが、、

そこまでハマったら笑えないな〜。
と増えゆく布を見ながら思いました。

毛糸もロッカーにパンパンになるくらいあるし、、、
いろいろ気合い入れて取り組もうと思いました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

キルト始めました。

テーマ:

久々のブログ更新。

ちょっと編み物熱が下がってたところに、
キルトっていう新たな刺客が食い込んできています。

娘の習い事の待ち時間に近所をうろうろしていて、
いい感じで寂れた昔ながらの手芸屋を発見したのがきっかけ。

ニット用にボタンでも。。と見ていたら店主の方が作った
パッチワークで作ったカバンを発見。。
ランダムに布がつないであって、境目に刺繍が施されていて。
今までおばちゃんくさい。と敬遠していたパッチワークとは全然違って
もう、胸にズキューーーーンとくる可愛さ。

何回かお店に通って、可愛いですね〜。なんて話していたのですが、

☆型を取らないで布を適当につなげていくだけでできる。
☆特に決まりも制限もない。
☆ズボラでも余裕。
☆うちから徒歩10分くらいのワークスペースに先生が来て教えてくれる。
☆好きな時間でOK。
☆マンツーマンで教えてもらえる。
☆レッスン料?が多分ものすごくお手頃。

という、ちょっと暇なときに教えてもらっちゃおうかしら。
な条件が揃いまくってしまってのパッチワークデビューです。

ってむか〜しむか〜しに母がちょっとだけやっていてパッチワークって
ちまちま型を取ってそれをちまちま縫い合わせて。。。
というもんだと思っていたけれど、もっと大きく「キルト」って分類で
それこそミシンだったり着物の生地を使ったり本当に自由な発想と技法で
繰り広げられているもんだということが判明。

深い!

で、こういうのって教えてくれる先生ってすごく大事だと思うのですが、
今回年上ながら結構若い方で、作る作品もおばあちゃんくささ全くなしの
ポップで可愛い作風!だけでもラッキーなのですが、
『布はね「出会い」だから可愛いと思ったら即買いだよ。』とか
『布は歯ぎれどころかハジの糸くずまでお宝だよ。』とか名言炸裂で
『道具もね、可愛いの持ちたいから基本海外のをチェクしてるよ』
と、ちょっと自分の編み物の時のテンションとシンクロしてすごく楽しいのです。

そして、編み物は完全独学で始めて自分で色々調べてちょっとずつ学んで。。
と、それはそれで楽しいのだけど、先生がいると、作品についての技法や
方向性のアドバイスはもちろん、材料や道具についての解説やら、業界のトレンドやら。
いろんな情報をどんどん教えてもらえるのが刺激的で。
これはこれで本当に楽しいと思いました。

で、始めたばかりで作品は1個目なのに、
短期間で布がアホみたいに増殖するという
お約束の展開に突入。

 


ネットはもちろん日暮里の繊維街にもうっかり行っちゃったりして
布ってこんなにテンション上がるんだ〜〜〜。と

色々衝撃を受けている最中です。

危ない危ない。

でもそれを凌駕するくらい楽しい世界!

 

こちらも趣味と言えるくらいはまれるといいな〜。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

​在園中は挨拶程度の仲だったので

相当今さら感が凄すぎるけど。

 

先月の卒園式で酒を酌み交わしたのをきっかけに
保育園のママさん数名と集まってお酒を飲む機会が

何度かありました。

 

そこで集まったほぼ全員が手芸大好きだったり、

手芸クラフト絡みの企業で働いて、

企業出展者側としてホビーショーに参加してた人も

自分も含め何人かいる事が判明。

 

​結果、必然的に手芸部が結成されたので

早速第1回目の活動として、有給が取れたメンバーで

ホビーショーに参戦してきました。

 

 

​​午前中は個人行動で私は毛糸屋巡り。

 

まずはスタジオエフに行き毛糸を物色。
昨年は密かにソーイングのお教室に参加してみたり
実店舗のand糸や文化祭的なイベントに出かけたりして

毛糸の実物は一通り見てはいるものの、
ホビーショーはお得糸があったり掘り出し物があったりで

外せないな~。と思っていたら、

早速AZHARのシャドーを発見!

 

廃盤色なのかな?太巻きの方は無かったけど

プルキットの着分があったのでラッキーでした。

 

あと、最近娘の通学グッズなどを作ったのをきっかけに
ちょっとした裁縫ブーム真っ只中の私のハートに刺さった

端切れセットも良かった。

娘の為にチュールスカートでも作ろうかと思ったら
思った以上に大量に布が入っていて大大大満足。

 

その後はmalabrigoブースにGO!

 

例年毛糸をチラ見して買うには至っていなかったけど
今回はRIOSを幾つか。。

っていうか、もう棚全てを買い占めたい位

いい色がいっぱいでした。

 

午後はママ友さんと合流。

 

お互い興味のある手芸の話をしながら、

 

全く新しいのもやってみたいよね!と、会場内を巡回。

 

・材料の保管場所をとらない
・とりあえずスターターキット的なものが会場内で買える
・作ったものが飾る用途だけでなく

 身につけたり実用品として使える
・一緒に作ったりできるように持ち運びが楽
・作業を気軽に初めて、容易に途中ストップできる

 

等々どんどん増えてく条件を満たす物はないかしら。
と、探しながら色々歩き回ってみた結果、

 

タティングレースいいね!

 

ということになりシャトルと糸と本を入手してきました。

早速家でやってみたらメタメタだったけど。

 

今までは仕事がらみか編み物に偏っていたけれど
今年はまた新鮮な感じの楽しいホビーショーでした。

 

って、結局AZHAR含む毛糸とはぎれとか、
去年とほとんど同じラインナップの買い物だったけどね。



帰り道。
worstetの着分(ほぼ×2)の毛糸の量に
物凄くびっくりされて、
ああ、編み物しない人が見たらそう思うよね~。
と、ちょっと懐かしい気持ちになりました。
(そしてちょっと反省)

なんか娘が今年も行きたい〜〜って言っているので
余力があったら最終日にも行こうかな。と思います。

Dream in colors classy で Porcini 1

テーマ:

0才から保育園に入っていた子供が先日無事に卒園しました!

 

育児と仕事と編み物と。

バタバタしながら頑張っていた事が

全てそれなりの形になったなー。と

自分的に思える充実した6年間だったな〜。

 

と、一瞬感慨に耽ったものの、

4月からの入学準備はもちろん、在園期間が長い為に

卒園式では園児&保護者代表絡みのあれやこれやが発生。

 

なんだかんだで毎日バタバタしてしまって
この1か月はすっかり編み物から遠ざかっていたけれど、
ようやく落ち着いてきたので編み物再開!

 

先日開花宣言もあったので春物なんかを編めばいいのに、
新刊とか主要編み物情報に関しては完全に浦島太郎状態。

 

パターン決めや糸決めするより早く編みたい!ってことで
次コレ編みたいリストにあげていたものの中から
Annamária Ötvös の Porciniを編むことに決定。

 

糸はYarnaholicで買ったDream in colors classyを使います。

 

 

この糸、多分私が初めて海外通販をして時に買った糸で
その後もちょこちょこ買っていた割に使うのは初めて。

 

しかも、一番最初に触った時は結構アウター向きというか、
下にインナー必須系のザラつきを感じる糸だったけど、
途中仕様が変わって、ものすごく柔らかくて
素肌にどんどん触れて来い!系の肌触り抜群の糸になっていた。
(MALABRIGO RIOSみたいな感じ)

 

今回使うのは仕様変更後のふんわり柔らかい色の方です。

 

手染め系の色ムラがある糸の編地があまり得意じゃなくて
ボーダーで使うことはあっても単色はちょっと‥。

と、避けていたけど、今回はメリヤス部分一切なしの総模様なので、
ある程度色ムラノある毛糸でもいいかな~。とちょっと冒険です。

 

どんな感じになるのかとっても楽しみです。

 

2017年開始1個目プロジェクトとして
スタジオエフのMo-Air編んでいる
三國万里子 うれしいセーター の cloudy

 


 

パーツは全部編みあがって、次の物を編む前に完成させるぞ!
と思っていたのに、次に編むものを考え始めて手が止まり。
おまけに娘がはじめたパズルに参戦したらはまってしまい
結果、10日以上放置してようやく綴じはぎ開始。

 

糸自体がスッキリしているので、

いつもみたいにテキトーにやって
間違ったところに針入れたら目立ちそうだから、
今回はテキトーを封印して慎重に丁寧にならなきゃ!

 

と気合をいれて臨んだけれど、Mo‐Airで編んだ編地は
スッキリして綴じはぎすべき目や段が確認しやすいので
思ったほど悲惨な事にならず、結構順調な感じ。

 

やりだすまでは面倒だけど、
やりだしたら楽しい綴じはぎ作業。

 

私の作業が遅すぎるんだろうけど、なんだかんだで
1辺に1時間近くかかり、やり始めから終わるまで、
映画1本+ドラマ1本位見てなんとか完成!

 

今回は以前海外から毛糸買った時におまけでもらった
HiyaHiya Darning Needleを使いました。

 

ごちゃごちゃの道具入れの中でも絶対見失わなそうな
カラフルすぎる色と物凄い軽さ(多分アルミ製)。

 

日本メーカーが出しているような重厚感もなく
おもちゃっぽい感じなので今まで使ったことがなかったけれど
先っぽのクイッと曲がっている部分が
思った以上に良い仕事してくれて、目が拾いやすかった!

 

巻き目かがりとかはまっすぐの針の方がやりやすそうだけど、
この針は今後もとじはぎで大活躍しそうな予感です。

 

で、編み上がったcloudyはまだ糸始末もスチームも
水通しもな〜〜んにもしてないけど良い感じ!

 

フライングで着てみたところ

かなりゆったりなシルエットで
窮屈さ、締め付け感、肌当たり感全てにおいて
ストレスが全く無い感じ。

 

あともう一息。
ちゃっちゃと仕上げてバンバン着たいです。

2017年開始1個目プロジェクトとして
スタジオエフのMo-Air編んでいる
三國万里子 うれしいセーター の cloudy

 

 

ハニカム模様は昨シーズンたくさん編んだので
大きなミスやトラブルもなく(進み)


のんびり編んでいるので2月になっちゃったけど

なんとか全部のパーツ編みあがり。

 

ハニカム模様はモリモリっと可愛いく編みあがり、
裏メリヤスは思ったよりも変な筋が出来なくて良かった。

Mo-Airは本当に編みやすいし目も揃いやすい!
着ていてもメンテナンスが凄い楽だから大好きな糸だけど
コーンによって糸品質の当たり外れがかなり激しい印象。

昨年編んだ時は周りを覆う糸がまったくなくて
黒い芯だけがかなりの頻度で出てきたし、
今回もつなぎ目が連続で、なぜ??ってくらい

何個も何個も出てきた。

まだこの糸を2回しか編んでないうえに、

私のありがちなダメな強運大発動で
ハズレを引きまくってるだけなのかもしれないけど、
ため息&舌打ちの連発で切なさ大爆発だったのが残念。

昨年秋のスタジオエフの文化祭の時に

Mo-Airのかのこのプルのキットを買ったんだけど、

これは変な糸でてきませんように。
って感じ。

もうここまで編んだら全部編めた気になって
ついつい次編むものを考え始めちゃうけれど、
とりあえずちゃんと完成させないと!

ただでさえ綺麗にいかない裏編みのとじはぎ。
しかも毛糸の造り的に、こすったら何とかなる系の
騙し(わかる?)が効かない糸なので、
とじはぎはいつも以上に慎重にやろうと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うれしいセーター [ 三國万里子 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/1/7時点)

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

2017年開始1個目プロジェクトとして
三國万里子さんの新刊からcloudyを編み始めました。

 

 

このパターンの指定糸は
「Östergötlands Ullspinneri Visjögarn(オステルヨートランド ヴィシュ)


三國万里子さんの本で初めて存在を知った時に、


海外の糸!

100gで3000円近くするなんて!!
これを買うときは私がうまく編めるようになった時だ!!!


と、敷居が上がりまくったうえに
特別な存在になりすぎてしまったせいで
ヒーヒー言いながらも海外から毛糸を買うようになった今も


まだうまく編めないから時期尚早だな。。

 

という、我ながら面倒くさい理由で購入に至らない糸。

 

せっかく編みたいパターンの指定糸なんだから
使ってみればいい気もするけれど、

それは後の楽しみにすることにして。。
これも楽しみの一つの家にある糸の中から合いそうな毛糸を物色。

 

2016年のホビーショーで買ったMo-AirのCandyという
ピンク色の糸で編むことにしました。
(たしか2016年もMo-Airから編み始め)

 

 

ピンクで派手か?と思いきや、若干メランジ調で雰囲気もあり

黒い中芯が所々透け出して編み地は結構落ち着いたいい感じ。

 

変わりゴム編みを編んで

 

針サイズを変えて裏メリヤス。

で、編み始めてから4日でこんな感じ。。

 

相変わらずのクオリティで、編み地は全く綺麗じゃないけど、
裏メリヤスで一番恐ろしい横線が「自分が思ってたより」

目立たないので、まあいいかな。という感じ。

 

昨年散々編んで大好きになったハニカム模様ゾーンに突入して
模様がどんどん増えていくところが楽しい!んだけど、

 

実は表裏を間違えたどころかゴム編みの長さも間違うという
毎度お馴染みの痛恨のミスをやらかしているので、


ここにたどり着くまでに同じくらいの量を編んでいて、、、

 

私的に頑張って表裏操作のメリヤスを編んじゃったせいで
なぜか両手の小指と薬指が痺れているので

折角の3連休なのに編み物はペースダウンの予感。

 

2017年もいきなり残念な感じのスタートだけど
普通に編んでるだけで、こんな指や手が痛くなるのは
多分編み方のフォームが悪いせいなんだよな。。

というのを改めて感じて、

 

例年に引き続き、

 

楽しく糸や道具を買って、楽しく編み物をする。

 

に加えて、
 

体に負担の無い編み方のフォームを見つける。

 

を目標に、今年もゆるく楽しく編み物をしたいと思います。

 

あと、これが一番重要だけど、編み物に限らず、

おばちゃんまっしぐらの老化現象と諦めず、
注意深く、思い込みで行動せずにうっかりミスを

極力減らす方向で頑張りたいと思います。