アセアン自動車流通大陸@川崎大輔

アセアン自動車流通大陸@川崎大輔

アセアンの自動車市場に進出するなら!アセアンからの外国人自動車整備人材を日本で活用したいなら!アセアン自動車流通大陸@川崎大輔。

特定技能(コンビニ)は見送り、コンビニ本部による店舗の低収益モデルでは導入は難しい、、、のでしょうかね。

2019年4月に入管法改正と同時に新しく作られた特定技能。14業種に対して単純労働の外国人の労働が認められた制度ですが、コンビニ業種での追加がありました。しかしながら、それは見送られた結果となりました。

おそらく課題として2つ

1.コンビニのビジネスモデルでは特定技能制度のコストに耐えられない。
2.特定技能の事務工数に耐えられず、また外国人の生活支援などの対応を行えない。

根本的な原因はフランチャイザーであるコンビニ本部の企業が収益構造を変える必要がある。京都大学の藤井聡さんのブログではコンビニ本部によって搾取される店舗の仕組みが記載されていますのでご紹介。

・24時間営業のコンビニの中には、深夜営業は売り上げが少なく、人件費がかさむだけで、コンビニ店の個人事業主(店長)さんは「赤字」になってしまう(ならびに、バイトがいなければ自分が店で超長時間働き続けなければならなくなっています)ところが多い。

・だから、(そういう)個人事業主は、深夜は店を閉めたいと考えている。

・しかし、「コンビニ本社は、モノが一つでも売れれば利益が出る」という契約内容になっているので、本社は、深夜営業の停止を認めない(というか、そもそも、24時間営業をするという契約になっている)。

・だから、個人事業主さんは、仕方なく赤字覚悟、超長時間労働覚悟で、深夜もお店を開け続ける。」

ということで、特定技能を雇用できるビジネスモデルになっていないのでコンビニでの受け入れが難しい。学生やフリーターを活用した低人件費モデルだからこそ成り立っていたコンビニ。本部で特定技能を受け入れたとしても、コンビニFC店舗が、特定技能を活用していくのは、経済合理的に厳しい。外食でも小さな個人経営レストランなどに特定技能の活用が進まない状況と似ているのでしょうか。

https://youtu.be/hfDmtwel1uE


◆【藤井聡】「フランチャイズ」という搾取システム~大企業が仕掛ける「詐欺」に騙されるな!~
https://38news.jp/economy/15251

外国人のための法的な多言語情報提供サービス、法テラス。現在は、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語、ネパール語、タイ語に対応しています。借金、離婚、労働問題、事故、在留資格、震災関連など、日本の法制度や弁護士会などの関係機関を無料で紹介しています。

https://youtu.be/P3BLhfCOyu8

※多言語情報提供専用ダイヤル:0570‐078377(平日9時から17時)

(参考:法テラス)
https://www.houterasu.or.jp/multilingual/japanese/index.html

(参考:外国人在留支援センター チラシ)
http://www.moj.go.jp/content/001321903.pdf

習慣6:外国人サポートはお兄さん的な日本人上司

外国人の活用にうまく行っている企業は、上司に、外国人を理解できるお兄さん的な日本人をつけています。仕事だけでなく生活面も数ヶ月サポートしてあげることで初めてきた外国人が孤独にならないような工夫をしています。

https://youtu.be/_MIIBygNlyY
「外国人在留支援センター(FRESC/フレスク)」が開所。7月6日(月),新宿区のJR四ツ谷駅前にある「コモレ四谷」ビルに,日本で暮らし,活躍する外国人の在留を支援するセンターを整備。

https://youtu.be/LSEUzfBFvPM

(参考:NHK記事)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200706/k10012498581000.html

(参考:外国人在留支援センター チラシ)
http://www.moj.go.jp/content/001321903.pdf



景気の急落は下げ止まり。ただし、安心するなかれ。 TDB 景気動向調査2020 年 6 月調査データを見ました。経済活動は徐々に再開してますが、依然として厳しい水準です。特に景気の落ち込みは、製造業へシフト。直撃だった飲食・宿泊を含むサービス業はこれ以上落ちようがない水準数値から若干上昇。底入れしたものの依然として低水準には間違いないです。いまは、経済下落はサービス業から小売→卸売→製造へとシフト中。新型コロナウイルスの第 2 波・第 3 波の到来によって経済活動が再び停滞する可能性はこれからの最大の下振れリスクです。

https://youtu.be/qMYdbKLK1jc
【特定技能 登録支援機関向け特別セミナー】

登録支援機関向けウェビナーが6月26日に開催されました際、コロナの外国人雇用について皆様にお話の機会をいただきました。

今後、特定技能の登録支援同士パートナー含めどのようなビジネスでの協業を行ったら良いかを模索し方針/方向性を決め(勿論、関係省庁の報告も行う)、登録支援機関に対する各種サポートを新NPOが担うような体制を構築するための第一歩としてのセミナーになりました。特定技能に対する制度改革の提言を行うNPOにご興味ある方はACC(アセアンカービジネスキャリア)までご連絡ください。

https://youtu.be/EpGmepBgk48

コロナ出入国緩和国、第二弾として台湾、中国、韓国。早急に条件交渉に入る方向で検討に入った。ブルネイ、ミャンマーなどを加える案もある。政府はビジネス関係者を優先し、次は留学生ら、最後に観光客を受け入れる方針。

https://youtu.be/kEjExRs5-l0

(参考:朝日新聞デジタル「出入国緩和、台・中・韓と交渉へビジネス客優先」)
https://www.asahi.com/articles/ASN6Z7SZDN6ZUTFK01B.html

(参考:東洋経済オンライン 新型コロナウィルス国内感染の状況)
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/