アセアン自動車流通大陸@川崎大輔

アセアン自動車流通大陸@川崎大輔

アセアンの自動車市場に進出するなら!アセアンからの外国人自動車整備人材を日本で活用したいなら!アセアン自動車流通大陸@川崎大輔。



外国人は、なぜ、日本に来るのか?優秀な外国人は、誤解を恐れずに言えば日本人よりやる気があり優秀だ。他国でも働ける能力、知識、バイタリティがありながら、なぜ彼らは日本を選んでくれているのだろうか?

https://youtu.be/it6g-dNlTrw

ベトナム航空局は、国際線定期便の3期計画を公表しました。

第1期(4月から6月):「パッケージフライト」の運行。パッケージフライトとは航空券の運賃や新型コロナウイルス検査、ホテルでの隔離(15日間)、食事などにかかる費用が含まれるフライト。

第2期(7月から8月):パッケージフライトに加えて、7月から国際線定期便を運航。まずはベトナム~日本間、ベトナム~韓国間、ベトナム~台湾間の3路線を運航。

第3期(9月以降):「ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」の導入とベトナム国内の新型コロナウイルスワクチンの大量接種を想定し、定期運航エリア拡大。ワクチンパスポートを所持する入国者には、隔離を不要とする見通し。

https://youtu.be/aUT3LkEL0uE
政府は、緊急事態宣言の解除後もビジネス関係者も含めた外国人の新規入国について全面的停止を決めました。外国人紹介に関わる方々が最も気になる「技能実習生」や「技人国」そして「特定技能」などのビジネス目的の新規入国再開はいつになるのか?東京五輪の観客の制限もしている中、ビジネス目的の入国に関してしばらく入国は制限されます。

実際に留学生に関しては明確な文書が出ていませんが、現段階で、留学生だけを入国することには理解が得られないと考えています。外国から航空機で入国する人数の上限を1日2,000人に制限も実施。海外からの入国は今まで以上に水際対策強化を行うことになります。

五輪オリンピックも開催があるため、個人的な推測ですが、大会が終了するまでは、技能実習生、特定技能、留学生の入国はかなり制限されるものと感じています。

https://youtu.be/gsfLccMETUM
14の分野を3つのグループに分けて、それぞれの特徴を説明します。3グループの特徴を理解することで、特定技能人材の活用についての状況を深く知ることができるようになります。

https://youtu.be/rNpBlX5t240
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外国から航空機で入国する人数の上限を1日2000人に抑える方針を示しました。2000という数字に根拠は見えませんが、ザル入国で政府の批判が高まる中での落としどころと言えます。

新型コロナウイルスの「水際対策」として、外国人の入国がビジネス目的の往来も含めて原則ストップするなか、2月は「再入国」などで計約1万4000人の外国人が日本に入国していたことが分かっています。入国後の自宅待機などの対策も相変わらず強制力がないまま、入国3日後のPCR検査対象国も限定していたため、変異株が日本国内で広まり始めた反省でしょうか。

外国人紹介に関わる方々が最も気になる「技能実習生」や「技人国」そして「特定技能」などのビジネス目的の新規入国再開はいつになるのか?東京五輪の観客の制限もしている中、ビジネス目的の入国に関しては、変異株流入を防ぐ狙いもあり、もう少し時間がかかりそうな感じです。

https://youtu.be/jUZzV-m8BsU
特定技能の取得のルートは?ということで大きく技能実習からのシフトと試験合格してから特定技能資格を取得できるというルートがあります。しかし、産業別で見るとわかりやすく取得ルートが分かれているということに気がつくでしょう。この動画をみることで理解することができます。データでから最新の動きを知ることで、特定技能人材の獲得、活用に有利なヒントを得ることができます。

https://youtu.be/wctcdPESky8