7日(金)の地方創生・消費者特別委員会では、

 

国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案

(いわゆる企業天国法案)

の審議が行われました。

 

 

国家戦略特区については、

選挙で選ばれていない

一部の企業利益の代弁者である民間議員の

発言により、規制改革されています。

 

棚田の風景

 

どんどんルールーが緩められ、

極一部の企業の利益のみが優先され、

国民全体の利益にならないため、

企業天国法案には、反対をしました。

 

詳しくは、以下の法案審議をご覧ください。

 

来週の国会の予定(一部)と川田龍平の登壇予定です。

 

10日(月) 衆議院予算委員会と参議院予算委員会

 

11日(火) 厚生労働委員会

 

12日(水) 本会議と国際経済外交に関する調査会/

地方創生・消費者特別委員会

 

13日(木) 厚生労働委員会 医療法一部改正に関する審議

←川田龍平 質疑あります。

14日(金) 地方創生・消費者特別委員会

←川田龍平 質疑あります。

 

 

今第204回国会は、

地方・消費者特での法案の審査が多く、

毎国会、繁忙の厚生労働委員会と合わせると、

火曜日から金曜日まで毎日が委員会です。

 

水と金は本会議の定例日で、

月曜日には行政監視委員会が開かれたり、

水曜日には、国際経済と外交の調査会など、

本当に忙しい平日の毎日です。

 

そこで、

 

「参議院YouTube放送

チャンネルを新設しました。

 

 

今後、2つのYouTubeチャンネルを配信していきます。

まだの方は、「チャンネル登録」をよろしくお願いします。

 

チャンネル登録していただくと、

動画の配信後、すぐにご覧いただけます。

 

最後までお読みいただき、

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

引き続き、

川田龍平参議院議員を支え頑張ってまいります。

秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

7日(金)の本会議、

地球温暖化対策推進に関する法律の

一部を改正する法律案の審議が行われました。

 

気候危機について、

川田議員に語っていただきました。

 

 

小泉セクシー環境大臣が

2030年度の温室効果ガス

46%削減目標の根拠について

民放の番組において

「おぼろげながら浮かんできた数字」

と発言しました。

 

また、目標達成について、

国が責任を持っておらず、

国民任せになってしまっていることも

大問題だと思います。

 

環境省は環境を守る仕事から

環境に配慮する仕事に

変わってきている印象があります。

(動画タイトルは後で変更しますが、

環境に「配慮」では不十分です。)

 

環境省が本来やるべき

環境の保護ができてないことに

問題があると思います。

 

環境を保護しながら、

日本には再生可能エネルギーを増やせる

可能性がまだまだあります。

小水力発電

地熱発電所

 

意欲的な目標を掲げることは良いことですが、

国が実行可能な計画を立てることには、

もっと意義があることと思います。

 

そのためには、

環境教育を大人がもっと受ける必要が

あるのではないでしょうか?

 

子どもたちは、気候危機に対して、

すでに声を上げ始めています。

 

気候危機! 子どもたちが地球を救う

堤江実/著 功刀正行/監修

 

 

大人が環境を守らず、

環境破壊をして

経済的利益を優先しているのが問題なのです。

 

経済を地域で回して

持続可能な社会にしてゆく

必要があると思います。

 

これから法案の審議が始まりますが、

中身のある議論にしてゆきたいです。

 

13日の委員会審議で質問に立つ機会が、

巡ってきそうでしたが、

厚生労働委員会の質疑者に決まっていたため、

やむなく断念しました。

 

環境アセスメントを含め、

法律案を見直し、

再生可能エネルギーを普及促進するためにも

自治体まかせにするのではなく、

地域と共存できる体制を

国がリードして作る必要があると思います。

 

最後までお読みいただき、

どうもありがとうございました。

 

これからは二つのYouTubeチャンネルを配信してゆきますので、チャンネル登録をぜひともお願い致します。

 

 

 

 

 

 

引き続き、

川田龍平参議院議員を支え頑張ってまいります。

秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

ほぼ毎週木曜日に厚生労働委員会が開かれています。

 

NPO法人日本派遣看護師協会の理事会協議案件について

明確な責任ある説明責任をしない限り、

医療法の一部を改正する法律案の審議には

入れないとして、今週も法案審議ではなく、

新型コロナウイルス感染症についてをテーマに、

参考人質疑が行われました。

 

 

 

 

 

これまで厚生労働委員会など常任委員会において、

参考人質疑は質疑者が各会派1名でしたが、

 

今回は自由質疑方式にて行い、

できるだけ多くの委員が質疑できるようにしました。

 

今回の参考人は

の4名でした。

 

川田議員も質疑に立ち、

特にワクチンについての懸念点を確かめました。

 

新型コロナウイルスワクチン問題、

新型コロナウイルにより失業した方々の救済、

行政と保健所と医療機関の連携の問題、

介護施設の予防措置について、など

 

参考人質疑につきましての詳細は、

YouTubeチャンネルをご覧頂ければと思います。

 

看護師さんの話によると、

コロナかどうかわからない方も、

コロナと報告すれば補助金が出るので、

コロナで亡くなったかわからない方も

コロナとしてカウントされてしまう恐れがあるそうです。

 

 

大阪では、PCR検査が陰性でもコロナとして扱っている

と言う話もありました。

 

PCR検査の偽陽性や、

陽性と感染力の関係など質したいことは、

様々ありましたが、時間が足りませんでした。

コロナによる影響で、失業、休業するなど、

経済的に苦しんでいる方々への救済策が、

給付ではなく、全て貸し付けにしているのも問題です。

 

住宅面で支えるなど、

生活困窮者の方々をしっかり救済できるよう

動いていきたいと思います。


最後までお読みいただき、

どうもありがとうございました。

 

これからは、

二つのYouTubeチャンネルを配信してゆきますので、

チャンネル登録をぜひともお願い致します。

 

 

 

 

 

 

引き続き、

川田龍平参議院議員を支え頑張ってまいります。

秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

今年のゴールデンウィークも

緊急事態宣言下にありましたので、

資格を取得するための勉強をしてました。

 

取得した資格は、

自然治癒力や生命力を上げていくためのコーチングです。

 

詳細につきましては個人のFacebookを

ご覧頂ければと思います。

 

  

 

今までの「川田龍平参議院議員YouTubeチャンネル」

 

に加えて、

 

新たに「参議院YouTube放送チャンネル」を設けました。

 

 

 

 

 

 

新しい「参議院YouTube放送チャンネル」では、

 

国会の本会議や委員会の審議をアーカイブし、

いつでも皆さんに見て頂けるよう配信していきます。

 

 

本日の衆議院憲法審査会において、

立憲民主党が示した修正案を取り入れた

国民投票法改正案が可決されました。

 

ネット、TV、CM広告の規制などの問題点があるものの、

すぐに施行するのではなく、

法律改正後3年以内に検討することを付則に追記して

衆議院にて可決されました。

 

 

国会での審議を皆様に見て頂けるように、

 

「参議院YouTube放送チャンネル」を新たに設けましたので、ぜひこちらの登録の方もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

引き続き、「川田龍平参議院議員チャンネル」

 

 

 

も配信していきますので、

2つのチャンネル登録とベルマーク登録をお願い致します。

 

また、本日の厚生労働委員新型新型コロナウイルスの参考人質疑が行われました。

こちらにつきましては、後日お話しさせて頂きます。

 

最後までお読みいただき、

どうもありがとうございました。

 

引き続き、

川田龍平参議院議員を支え頑張ってまいります。

秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

5月1日は初めて水俣病が公式報告された日です。

 

 

毎年、水俣病慰霊式が行われていたのですが、


昨年同様、新型コロナウイルスのため、

中止となってしまいました。


水俣病互助会主催の慰霊祭は規模縮小して、

行われています。


水俣病への、

川田龍平参議院議員の思いを

話していただきました。

 

 


国の薬害への対応と、

公害への対応に共通するもの。






水俣病の問題は、

いまだに解決していません。


被害については2世3世と続いており、


未だに公害問題が続いている状況なのです。


この公害対策を担うことを目的に

「環境庁」が、

50年前に発足しました。


この環境庁発足50周年を契機に、


「あらためて環境行政を問うシンポジウム」


が開かれます。

 

 

会場と合わせて、

ネット配信も開催するそうなので、


水俣病を知らない方、

知っていても終わったと思っていた方、

環境問題について、

あらためてしるために、

参加されては、いかがでしょうか?

 

日程は

6月26日(土) 13時から


参加費1,000円(学生半額)

詳細はfacebookを参考にして頂ければと思っています。

 

講演されるアイリーン・美緒子・スミスさんは、朝日新聞でも取り上げられていました。

 

 

 

動画でも川田龍平参議院議員が語っていますが、


国の体質に問題があるようです。


こういった環境問題に対応する部署、


「環境保険部」に問題があるのでは、

と川田議員はにらんでいます。


詳細は是非、動画で

ご確認よろしくおねがします。

 

また、動画では、

環境省に変わったことで、

原子力行政が環境省へ所管が動いた話題など

普通の人が知らない話を語って下さっています。


国の環境情勢や仕組みを知る上でも、

今回の動画は注目です。

川田龍平は、これからも薬害と同様に

環境問題についても真剣に取り組んで参ります。

以上、秘書○でした。

 

 龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

 

 

今日から大型連休ですね。

 

連休は新型コロナウイルス対策のため、

家のいらっしゃる方も多いと思います。

そんなときは読書などいかがでしょうか?

 

川田龍平参議院議員が

オススメの一冊を挙げて下さいました。 

 

『日本再生のための「プランB」
医療経済学による所得倍増計画』 

著者: 兪 炳匡(ゆうへいきょう)

 

と言う一冊です。 

 

 

著者が提唱する「プランB」とは、

医療・教育・芸術を融合させた

新たな分野で雇用を創出し、

所得を倍増させる画期的な

アイデアを取り上げた一冊です。

 

医療法改正の際に

川田龍平参議院議員が本会議で引用した一冊です。

医療経済学の先生が書いた興味深い一冊です。

医療でもって経済を回していくと言うことが重要だと。

この考えは川田龍平参議院議員も同様に考えています。

 

医療で経済を回すと言っても、

薬や手術ではなくて、

もっと地域で糖尿病予防といった

非営利団体などで健康教育などを行っていくと、

地域が儲かるシステムができあがっていきます。

 

身の回りの経済を回していくこと。

ローカルエコノミーを活性化することが、

日本の各地域を元気にして、

日本全体が活性化する。とのこと。

そういえば、お金持ちが、よりお金持ちになれば、

トリクルダウンといった、

経済活性が行われるのでは、

何て言った人がいましたが、

それは全く起こりませんでした。
上がったのは株価ばかり。

やはり、地域の皆さんの活性化、

そして健康管理こそが重要と

川田龍平参議院議員は考えています。

 

皆さんの生活こそが、経済発展の根本です。

 

みんなで豊かに楽しく持続可能な

生活にして行きたいですね。

 

以上、秘書○がお伝えしました。

 

龍いのちを守る参議院議員川田龍平龍

国会は4月30日がお休みになり、

 

ゴールデンウィーク明け5月6日より開始されます。

 

G・W明けの国会日程(予定)です。

 

5月 6日 厚生労働委員会 参考人質疑

      医療法一部改正法案

5月 7日 地方創生・消費者特別委員会

5月10日 予算委員会 衆議院(午前)参議院(午後)

5月11日 厚生労働委員会 一般質疑(午前)

              医療法一部改正法案(午後)

5月12日 地方創生・消費者特別委員会 質疑

      国家戦略特区法一部改正法案

 

 

 

5月には法案がいくつか入ってきますので、

大型連休明けの国会審議や各委員会質疑に

注目して頂けますようお願い致します。

 

国会の状況などを解説するような

イベントをリアルタイムで開いていこうと考えています。

ゴールデンウィーク中にも時間があれば、

ライブ中継をオンラインで開催するかもしれませんのでYouTubeのチャンネル登録をぜひお願い致します。

 

突然に放送するかもしれません。

ベルマークをONにして頂けますと、

30分前に通知されますのでお願い致します。

 

〝いいね〟チャンネル登録もお願い致します。

 

聞きたいことや質問したいことがあれば、

コメント欄に書いて頂けましたら、

お答えしてまいります。

 

 

最後までお読みいただき、

どうもありがとうございました。

 

引き続き、

川田龍平参議院議員を支え頑張ってまいります。

秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

本日(27日)の厚生労働委員会では、

 

医師や医療職の働き方について

 

参考人質疑を行い、5人の医療職当事者に

 

意見を述べて頂きました。

 

 

上家和子(医師・元大阪府健康医療部長)

 

猪口雄二(公益社団法人全日本病院協会会長

     ・公益社団法人日本医師会副会長)

 

福井淳 (全日本自治団体労働組合衛生医療局長)

 

中原のり子(全国過労死を考える家族の会会員

      ・医師の働き方を考える会共同代表)

 

山本修一(独立行政法人地域医療機能推進機構

     ・一般社団法人全国医学部部長病院長会

      臨床系教員の働き方改革WG座長)

 

 

 

参考人質疑は重要法案の時に行われます。

 

今回、日雇い派遣看護師問題のために、

対政府質疑は行われませんでした。

 

政府から納得いく説明がなければ、

今後も委員会は開けません。

 

政府の説明責任、納得のいく説明が前提ですが、

日々雇いの派遣の看護師の問題の質疑も行われます。

 

厚生労働委員会は、衆議院から送られてくる

全世代型社会保障法律案など、

 

今後も重要な法案について、

委員会の中で質疑して参ります。

 

今後の委員会審議にもぜひ注目して頂きたく

よろしくお願い致します。

 

国会中継をYouTubeで動画を配信していきますので、

チェックして頂ければと思います。

 

YouTubeチャンネルを活用して

30分前に告知がでるように工夫しますので

ベルマークをONにして頂けますようお願い致します。

 

 

最後までお読みいただき、

どうもありがとうございました。

 

引き続き、川田龍平参議院議員を支え

頑張ってまいります。

秘書Tでした。

 

 龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

昨日(25日)の国政選挙三連勝に引き続き、

 

本日は、B型肝炎訴訟において、

国相手の最高裁逆転勝利の最高裁判決が出ました!

 

本当に心からおめでとうございます!

 

 

 

まずは国政選挙の結果をご報告させて頂きます。

 

衆議院 北海道2区補欠選挙  松木 謙公さん 当選

 

  松木謙公 立憲民主  5万9664票  当選
  鶴羽佳子 無所属   2万7355票
  山崎泉  維新    2万2459票
  長友隆典 無所属   1万5738票
  齊藤忠行 NHK党     5630票
  小林悟  無所属      5552票

 

参議院 長野補欠選挙     羽田 次郎さん 当選

 

  羽田次郎 立憲民主  41万5781票 当選
  小松裕  自民    32万5826票

  神谷幸太郎 NHK党   1万7559票

 

参議院 広島再選挙      宮口 治子さん 当選

 

  宮口治子 諸派    37万  860票 当選
  西田英範 自民    33万6924票

  佐藤周一 無所属     2万  848票
  山本貴平 NHK党    1万6114票
  大山宏  無所属     1万3363票
  玉田憲勲 無所属      8806票

 

本当におめでとうございました!

 

 

投票率が低い中、本当に皆様のおかげで、

当選させていただくことができました。

 

皆様からのご協力とご支援、

誠にありがとうございました。

 

また、今日は、もうひとつ、嬉しいニュースがありました。

 

B型感染訴訟のうち、除斥期間により、

解決していなかった被害原告の方々の

最高裁勝利判決が、最高裁判所から出されました。

 

 

詳しくは、こちらの映像をご覧ください。

 

 

 

 

 

以下は、川田龍平からのメッセージです。

 

「勝訴の判決心からお祝い申し上げます。今回の判決は画期的であり、B型肝炎の訴訟だけでなく国による被害を受けた方々の力となる判決になると思います。

 今回の勝訴を勝ち取ったことは、諦めないで闘ってこられた皆様のおかげであると思いますので、心より「おめでとうございます。ありがとうございます。」とお伝え申し上げます。

 今後、裁判長からの補足意見にもありました、国との協議会など、これからも皆様の救済につながる活動を続けてまいります。」

 

B型肝炎訴訟とは

幼少期に受けた集団予防接種等(予防接種またはツベルクリン反応検査をいいます)の際に注射器(注射針または注射筒)が連続使用 されたことよってB型肝炎ウイルスに持続感染したとされる方々が国による損害賠償を求めている訴訟のことです。

 

今回の最高裁判決は、

集団予防接種が原因でB型肝炎を患い、20年以上たって再発した男性2人が国に賠償を求めた裁判で、原告敗訴とした福岡高裁判決を破棄すると判決しました。

原告の完全勝訴となる判決を勝ち取ることができました。

 

川田龍平議員は、薬害エイズ訴訟原告として、
薬害C型肝炎訴訟に引き続き、予防接種B型肝炎訴訟についても、当事者の立場に立って、国にこれまでも追及する立場で国会質問など繰り返し、北海道で行われた第一回訴訟の時にも講演するなど、訴訟についても全力で応援してきました。
今回、裁判の解決から漏れていた方々を、最高裁の逆転勝訴判決で解決の道へと導く道筋が見えたことで、
B型肝炎訴訟原告のみならず、たくさんの方々が希望を持てる画期的な歴史的、最高裁判決になると確信しています。
 
弁護士さんの解説などまた、改めてブログにリンクを貼らせていただきます。
 
最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。
 

秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍

4月の最終週、

そして、5月の大型連休前、

たくさんの委員会が、予定されております。

 

 

4月最終週の国会審議予定

 

4月26日(月) 行政監視委員会 小委員会会

4月27日(火) 厚生労働委員会 参考人質疑 医療法等の一部改正

4月28日(水) 地方創生・消費者特別委員会  一般質疑

 

 

 

と、連休前に予定が詰まっています。

そして大型連休明けにも、予定が...。 

 

 

 

引き続き、いのちを守るためにがんばります。

 川田龍平参議院議員への応援をよろしくお願いします。

 

 龍いのちを守る参議院議員川田龍平龍