なんとなく気持ちがパッとしないのは、今年はまだ海に足を入れていないからかな、と思って昼過ぎに海水に足を洗いに近くの海岸まで。

思い立ってそのまま港の方まで海岸線を歩いてみることにした。
先日島の先輩から年に一回、歩いて海岸線を一周するって話を聞いたのもあって。

ふとアホな事が頭に浮かぶ
「満潮になると逃げ場がなくなるポイントとかあるのかな?!」と、

でも今日は小潮だからそんなに満ち満ちにはならないだろうと踏んで、一応潮見も確認したら夜にかけて引いていくようだったので安心して決行笑

まずは足を海にいれる。




冷たすぎずちょうど体温に馴染むくらいの水温。

『海の神様どうぞ我が穢れた心をお清めたもう』

という気持ちで深呼吸した。

砂浜あり岩場あり、細かくてサラサラした砂のところや、珊瑚がザクザクして足の裏に刺さって罰ゲームみたいなところ、船越英一郎がラストシーンで追い詰めるような断崖絶壁、海の侵食なのか不思議な幾何学模様のようなツルッとしたところ、絶対に転んではいけない地獄絵図のような岩場。
次々と表情が変わる海岸線。










たしか小浜島は地質学的にいろんな要素が複合的に合わさり出来た島だったんじゃなかったかな?
詳しいことは覚えていないけど、、
(ちなみに竹富島は珊瑚礁が隆起して出来たらしいです)



ちょうど風も吹いてきて、ハケで塗ったような雲の隙間から太陽も登場、一気に夏の暑さと日差しの強さで汗が吹き出た

サンゴの砂ゾーンで足が痛く、水の中を歩くとギョサンが水を跳ね上げて、お尻の方までびしょびしょ

こうなると開き直れる

少し開けた海岸線にでた時は、右から左へ息を吸った。
肺の中全部を海の空気で満たすように、

この景色だ

と何かが軽く腑に落ちた




まだ何か本調子ではないのだけど、それに気づくことが出来ただけでもすごいことだ

だって、島に来るまで、自分がそんなに傷付いて弱っているとは思っていなかったから

島滞在のこり1週間

やっと海に足を入れる事ができた

そう、気付いていても出来なかったのだ

これも縁なのかな

全部必要な時間なのだと思うから無理しないで流れに身をまかせることもあってもいいと思う

受け入れる、ということなのかな

訳あって港手前の1キロで丘に上がりましたが、5.5キロ、だいたい90分
島の約1/4を歩きました




今日は休みなので石垣に上がり、日々の買い出しや以前から欲しかったものを見たり、マッサージを受けたりの石垣満喫DAY

バイクの運転が怖いので、バスと徒歩で移動できる範囲で、前日に『あそこに行ってから、ここに回って、ここでお茶したら.......』とだいたいの行動予定を立てておいた

が、ここは島
お店に到着すると

『臨時休業』

の張り紙が待ち受けることも覚悟

早速予定していたパン屋さん①に呪いの張り紙の返り討ちに遭う
でも幸い近くにも大好きなパン屋さん②があるので、リカバリをすることができた

そして、次に予定していた雑貨屋さん①には、
「ただいま不在にしています14:30頃戻ります」の張り紙 笑

そして次の雑貨屋さん②は『閉店した?』くらいの勢いで完全にシャッターが降りてる 笑

まぁ、今日はこういう日か、、と開き直りの心が芽生え始める

次の雑貨屋さん③には予定より少し早く着いて、ゆっくりと自分のモノと友人への贈り物を見て良い買い物ができた

そして次のカフェ①では予定通りの「月桃ラテ」をいただいたんだけど、予定以上にとってもおいしかった



多分ミルクティーベース?かな

月桃の粉末の香りが程よく乗っていて美味

寒い冬にも良さそう


次の予定まで時間はまだあったんだけど飲み物も無くなったので少しグルっと回ると、閉店したかと思った雑貨屋さん②の店先に盛大に商品が並んでいるのが見えたので次の予定の後に寄ることに


次の予定はこの日の1番のメインといっても過言ではない。

マッサージ

八重山に来て心は次第に解かれているんだけど、いかんせん、体の凝りだけはどうにも、、

というわけで八重山入りした日から検索して見つけたマッサージ店を予約していた


少し時間より早かったけどお店に向かって歩いていると、びっくりするお店に遭遇した


というのは、今から15年前、1年間島に住んでいた時に、オリジナルのアクセサリーを作ってもらったお店があった。


なんでびっくりかって、15年前から現在に至るまでの15年間、たぶん30回以上は店の前を通っている

毎回シャッターが閉まっている

そりゃ閉店したと思うだろ


で、今日は開いている

店では15年前はにぃにぃだった店主が渋みをまとってアクセサリーをこしらえている

看板を二度見

間違いなくあの店だ!


一瞬ためらったけど、予約まで少し時間の余裕があるから入ってみた


店主は黙々と作業する静かな店内をゆっくり一通り見て回った


なんとなく印象に残ったパワーストーンのブレスレットがあったのでもう一度手に取って石の説明を読むと、その内容がすこし心に触れた、その時


店主が「その石の説明、なんて書いてありますか?それが今あなたが欲していることだと思いますよ」



そこから少し会話して、15年前にオリジナルでアクセサリー作ってもらったこと、そしてそれから15年間一度もお店に来ることができなかった、なんなら閉店してしているのかと思ってたことを話した


お店は15年変わらずやっていたけど冬季は休み、そして不定休でやっていた、と


この15年間は「縁」がなかったんですねー、で、今日は「縁」があったんですねーっていう話になった


もし、雑貨屋さん①と②がやっていたらここに来ることなかったわけだし、このブレスレットもなんか気になったし


「縁」なんだなーと





腕に通してみると非常にしっくりくるのでサイズの微調整してもらった


「縁」


来れる人と来れない人

来れないなら今必要じゃない、ということよね

必要ならば出会う


よく言う「タイミング」というのも同じことだね


少しスピリチュアルな世界を実感しながら店を後にした

余談だけど、後でお店のインスタを見てみたんだけど、なかなかスピリチュアルな方向に振り切っていて、私の感覚ではおっとっと、、そこまでは、、、という感じではあったけど、これも私とお店との良い距離感なのだと思うよ

また、次会えるのは15年後だろうか、、笑



そして次のメインイベントに向かう


「もうちょっと強めがいいなー」

とリクエストするやいなや、


秒で寝落ちした笑


あのセラピストさん、何かを指から出していたんだろか、、

すごく力強いわけでもなく、すごいピンポイントでガッチリツボに入っている感覚でもなく、むしろ優しく撫でられているようなイメージだったんだけど


施術後、不思議と「機嫌が良く」なった気がする



メインイベントが終わり、雑貨屋さん②に向かう途中、雑貨屋さん①が開いていた!



島のパティシエのお友達がこのお店に商品を出しているというのをインスタで知って、ぜひ行きたい!と思っていた

彼女の作るお菓子は本当に美味しくて、自分の好みではないタイプ(たとえばマカロンとか)のも「おいしい!」のだ

ほんとそれこそ手から何か出しているんじゃないかと思う笑


店内に入ると、先客が2名ほど


なんと、パティシエの彼女だった


これが「縁」だよね、不思議だよね




そして、雑貨屋さん②でも無事に良い買い物ができまして、



気づけば、パン屋さん①を除き(但しリカバリ済み)ほぼ全ての計画+α(アクセサリー)を遂行することができた



必要な時に必要な人やモノがやってくる

大事なのはその「感じ」に気づけるかどうか

そういう準備ができているかどうか

なんだね


いろいろ実感させてくれるね


それが、島

「もし、就職決まらなかったら、島で働いてみるのもありだよ笑」



「暑そうだけど、興味はあるんだよなー」



そうたが大学入学したばかりの頃に交わしたLINEのやり取り


就職難とかブラック企業とか終身雇用崩壊とかパラレルキャリアとかそんな言葉をよく目にするようになった頃だったかな

何年か前の3月、島滞在の時に、ヤギの写真と一緒に冗談でそんな事を送ってみたら、意外にもちょっとだけ興味待ってくれて、少しテンション上がったおぼえが


「一回旅行で遊びに行ってみるといいよ、6月とか飛行機代も安いしおすすめ」


「その時期は学校があるからなー高い時期じゃなきゃ行けない」


というやり取りでこの話題は終わっている




だから今回、こっそり連れてきた




北海道だけの風習らしいんだけど、荼毘に付すときに一緒に10円玉を入れて、残ったものを拾い上げてお守りにする、というもの


紅型の小さな小銭入れに入れて我が家のそうたコーナーに鎮座させている


興味はあるんだよなーって言っていたから今回連れてきてみた

海の見える部屋だから、ちょっとは雰囲気味わえただろうか



明日3月11日は亡くなってちょうど半年

今日は少し振り返りを



緊急搬送されてから亡くなるまでが約4週間

そっか、4週間も頑張っていたのか

10日くらいに感じていたけど、

頭も心も混乱していて記憶とか感覚とかもおかしくなっていただろうしね


入院から約10日後のそうたの誕生日に、先生からお話があると別室に呼ばれ、大事な事をちゃんと書き留めなきゃと、メモとペンを用意していった


そこで脳死宣告を受けた

それまでも状況がかなり厳しいのは十分わかっていたけど、それは実質、死亡宣告と同じことだった

その時のことは以前のブログでも書いたのだけど、今後の方針などの説明を受けたはず


けど、頭も心も全てストップしてしまい、全く何も記すことができなかった




「2択、そ|    」





姉と実家に帰り、病院から出された「宿題」について家族で話し合う

その2択について


きちんと受けたはずの先生からの説明の記憶が半分以上曖昧で、なにをどう判断するのか、なんとなく答えは決まっていたけれど、でもしっかり理解して答えを出したい


幸いとても素晴らしい病院でわからないことがあれば何度でも説明します、とおっしゃってくれていたので、もう一度説明をお願いしようと、そして家族で聞きたい事をまとめておこうと、次のページにわりと整然と書いたメモ




すごく難しい問題なのに、聞きたいことは意外と少なかった


次の日か数日後か、すぐに対応してくださった

その時のメモ

メモが下手である笑

記憶と重ねるとなんとか解読できるレベル



点は点滴

呼は人工呼吸器


このページでメモは終わっている


そして宿題の答えを提出してから「数日〜数週間」の表現のままのタイミングで旅立った



先日、父が少し具合悪くてかかりつけの病院から、うちは専門外なのでこちらの病院で検査してもらってくださいと紹介されたのが、そうたが入院していたこの病院だった


家族全員いろんな思いで心がザワついたのだけど

当の父は「そうたが守ってくれる気がする」と言って検査を受けに行った

本人は即入院覚悟で行ったのだが、検査結果はシロで、すぐに家に帰された笑


まだ本調子ではないので検査を受けたりはしているけど、体調は上向きになりつつ快方に向かっているようだ

そうた、守ってくれているのかな


ありがとうね

今年も2月末から南の島に来ています。

もう10日経ちます。毎年心持ちが違って、

毎日ワクワクでハイテンションな時もあれば、

穏やかで静かに慎ましく過ごしている時もある

 

おおむねポジティブな心持ちだけど、

まれに、ちょっと落ち込み気味だったり、困惑することがある年もある。

 

今年は、なかなか今までにない感じ。

2023年は公私共に激しい一年だった。

11月から2月に至っては「3月は島なんだから、それまでは心が死のうがどうしようが

もう知ったこっちゃない」とほぼ捨て身のオーバーワークに立ち向かった。

もうボロボロの心麻痺状態で島入りしたので、まだなんだか脳みその緊張が抜けていないのだと思う。

 

そして天気の影響も大きいと思うが、八重山入りしてからずっと天気が良くない。

汗ばむ陽気だったのがたった1日しかなくて、あとは雨か、強風か、曇りで寒いか・・・。

過ごしやすいといえば、そうかもしれないけど、やっぱり太陽の力はすごい。

光がこの島の彩に注がれた瞬間、魔法にかかる。

心が浄化されて昇華されてエネルギーが沸く。本当に不思議だ。

この魔法を頼って毎年生きている、といっても過言ではないのだけれど、

まだお天道様の気が向かないようだ。

 

そんなわけで、割り切ってこの10日間は時間さえあれば、Netflixでドラマや映画をひたすら見ている。

一日で映画2本見たり、全8話のドラマを一気見したり、なんかとにかくストイックに見てる。

ので、せっかくだから、何日に何を見たかを記録を取ってみた。

今のところこんな感じ

 

3/2.3 御手洗家、炎上する(全8話)

3/4 罪の声

3/6スイッチ/ある男/

3/7天国と地獄(全10話)

3/8清洲会議(たぶん50回以上見ている)

 

 

天気が良くなれば、このブームも自然と過ぎ去るとは思うのだけど、

とりあえず、あんまり体もシャキッとはしていないので、今年の3月島滞在の前半戦は、

引きこもり気味です。

 

でも、窓を覗けば、牛がいて海がある。