大阪・千林商店街

地元に根付くお茶屋に嫁いで20年。
茶道準教授、教養マナー講師、

加藤あずさです。

 

 

先日、

吉本興業のspan!のお2人と

吉本新喜劇の曽麻綾さんが来店されました。

 

 

 

その様子は、

1月30日放送の「チーキーズ a GoGo!

で紹介されましたよ。

 

 

 

放送では、

店内奥で焙煎している焙煎機を

ご覧になったり、

 

 

焙煎したてのほうじ茶

抹茶ラテほうじ茶ラテを飲んでいただました。

 

 

ほうじ茶は「なごむ味ですね!」

と言っていただきました。

 

 

 

抹茶カヌレほうじ茶カヌレも食べていただきましたよ。

 

 

曽根綾さんは、

 

カナダ育ちで、

英語、フランス語、中国語が話せ、

日本語は日本に来てから勉強されたそうですが、

普通に日本語話されていたのでびっくり!

 

 

言われなかったら全然気づかないほど

流暢に話されていました。

 

 

ロケに来られる前に、

携帯をなくしたそうで、

ロケ地はこの駅であっているのかどうかと

不安だったけれど、

 

 

近くにいた人に聞いたら

色々と教えてくれて

 

 

『幸せ!嬉しい!

ここでこうやってお茶飲めてることに感謝です!』

 

とおっしゃっていて、

とっても可愛い方でした。

 

 

 

 

これからも皆様に

なごんでいただけるようなお茶を

お届けしていきたいと思います。

 

ご来店ありがとうございました!

 

 

 

飲んでもらったほうじ茶はこちら

 

 


 

 

 

 

 

ほうじ茶は香りが命です。

当店では、

茶審査技術九段、
2016年全国茶審査技術競技大会準優勝、
日本茶インストラクターの店主が、

店内奥の工房で、

毎日の様にほうじ茶を焙煎しています。

 

是非出来たてのほうじ茶を

味わってみてください。

 

 

 

 

 

連絡先

日本茶専門店 加藤銘茶本舗
〒535-0012 大阪市旭区千林2-15-23
TEL:06-6951-4056
FAX: 06-6951-4088
http://kato-meicha.jp/
E-Mail: kato-meicha@outlook.jp
アクセス:京阪千林駅 徒歩1分

     地下鉄千林大宮駅 徒歩10分

 

ありがとうございます。


 

今日は、「節分」

春が始まる「立春」の前日です。

 

 

実は、

「節分」って年に4回あるのです。

 

 

大阪・千林商店街

地元に根付くお茶屋に嫁いで20年。
茶道準教授、教養マナー講師、

加藤あずさです。

 

 

 

2月4日は立春です。

 

 

立春とは、

季節の変わり目で、

一年を24に分けた二十四節気の一番目に当たり、

「春が始まった第一日目」

のことをいいます。

 

 

「立春」の日から

春が始まる日ということは、

 

 

夏が始まる日も、

秋が始まる日も

冬が始まる日もあり、

 

 

それぞれ、

「立夏」「立秋」「立冬」

といいます。

 

 

そして、

その前の日が、全て「節分」です。

 

 

現在では、「立春」のある

2月しか「節分」の行事をしませんが、

実は「節分」は1年に4回あるのです。

 

 

では、

なぜ2月だけ「節分」として残り、

豆をまくのでしょうか。

 

 

先ほど言ったように、

立春は、二十四節気の一番目、

つまり一年の始まりの日。

 

 

その前日に当たる節分は、

大晦日と同じ意味合いになります。

 

 

昔の人は、

病気は「鬼のしわざ」とし、

豆には鬼を退治する効果がある

と考えていました。

 

 

なので、

 

 

一年の最後の日に

悪いことをする鬼を退治し、

新しい年を迎え、

一年病気をしたり、

悪いことが起きないように

 

 

との願いを込めて、

節分の日に豆をまいたのです。

 

 

前年の締めくくりの意味のある「節分」と

新しい年の始まりという意味のある「立春」、

 

1月はボーッとしてたなあ

 

という方は、

 

気持ちを切り替えて、

節分には豆をまいて悪いものを追い出し、

新しい年の始まりの立春の2月4日から

気持ちを新たにスタートしてみてくださいね。

 

 

春季限定煎茶「春のお茶」です。

コクのある甘みが特徴の優良品種茶「おくみどり」を強火で仕上げました。

 

 

 

 

 

ほうじ茶は香りが命です。

当店では、

茶審査技術九段、
2016年全国茶審査技術競技大会準優勝、
日本茶インストラクターの店主が、

店内奥の工房で、

毎日の様にほうじ茶を焙煎しています。

 

是非出来たてのほうじ茶を

味わってみてください。

 

 

 

 

 

連絡先

日本茶専門店 加藤銘茶本舗
〒535-0012 大阪市旭区千林2-15-23
TEL:06-6951-4056
FAX: 06-6951-4088
http://kato-meicha.jp/
E-Mail: kato-meicha@outlook.jp
アクセス:京阪千林駅 徒歩1分

     地下鉄千林大宮駅 徒歩10分

 

ありがとうございます。


 

先日、当店2階にて

上林恵子さんによる

【なりたい自分になる為の好きを探すワーク】

を開催していただきました。

 

 

大阪・千林商店街

地元に根付くお茶屋に嫁いで20年。
茶道準教授、教養マナー講師、

加藤あずさです。

 

 

 

2020年に店舗リニューアルした理由の1つである

当店2階でのセミナールームの活用が

ようやくできました!

 

 

今回縁あって、

 

 

上林恵子さんによる

【なりたい自分になる為の好きを探すワーク】

を開催していただきました。

 

 

講師の上林恵子さんは、最近雑誌にも

掲載されている方で、

 

 

 

昨年12月にあるセミナーでお会いしたばかり。

 

 

お会いした時から、

おしゃれで、カッコいい素敵な方だなと

思っておりました。

 

 

そうしましたら、

ファッションのプロの方ではないですか〜

 

 

お会いしてから

トントンと話が進みまして、

今回のワークショップ開催となりました。

 

 

私も参加させていただき、

 

 

服の「好き」と「苦手」をはっきりさせ、

「こんな雰囲気になりたい像」

が明確になることによって、

 

 

これからの洋服選びに

迷いがなくなるワークショップでした。

 

 

今後も、

上林恵子先生には、

今後もワークショップやお茶会など

開催していただく予定です。

 

 

募集は、

上林恵子さんのブログでの申し込みとなりますので、

ご興味のある方は是非チェックなさってくださいませ。

 

 

 

 

ほうじ茶は香りが命です。

当店では、

茶審査技術九段、
2016年全国茶審査技術競技大会準優勝、
日本茶インストラクターの店主が、

店内奥の工房で、

毎日の様にほうじ茶を焙煎しています。

 

是非出来たてのほうじ茶を

味わってみてください。

 

 

 

 

 

 

連絡先

日本茶専門店 加藤銘茶本舗
〒535-0012 大阪市旭区千林2-15-23
TEL:06-6951-4056
FAX: 06-6951-4088
http://kato-meicha.jp/
E-Mail: kato-meicha@outlook.jp
アクセス:京阪千林駅 徒歩1分

     地下鉄千林大宮駅 徒歩10分

 

ありがとうございます。


 

何気に飲んでいるお茶。

飲む時間によって、

体に違う反応が起きるってご存知ですか?

 

 

血糖値上昇の抑制には、

夕食の時に緑茶を飲むのが最適

です。

 

 

 

大阪・千林商店街

地元に根付くお茶屋に嫁いで20年。
茶道準教授、教養マナー講師、

加藤あずさです。

 

 

 

同じものを飲食しても、

摂取する時間によって違う効果がある

ということを研究する学問を

時間栄養学と言い、

最近注目されています。

 

 

同じ、お茶を飲むのにも

朝飲むのと、

夜飲むのとでは、

違う働きをするそう。

 

 

例えば、

朝飲む緑茶は、

私たちの体に備わっている

「体内時計」を調節します。

 

 

朝に体の調子を上げ、

夜には休息の状態にしてくれる

のが「体内時計」です。

 

 

その体内時計は、

生活習慣によって乱れやすいのですが、

 

 

緑茶に含まれるカテキンが、

正常のリズムに戻すように

調節してくれます。

 

 

一方、

多くの方が気にされる

血糖値上昇を抑えるには、

 

 

夕食の時に緑茶を飲むのが最適です

 

 

というのは、

血糖値は、

朝ごはんや昼ごはん後よりも、

夕食時に最も上がりやすいので、

 

 

夕食時に緑茶を飲む事で

カテキンの血糖値上昇抑制効果が

最大限に活用されるのです。

 

 

カテキンは他にも、

 

・糖の吸収・中性脂肪がつくのを抑制

・脂肪の燃焼を促す

・コレステロール値の異常を整える

・高い抗酸化作用

・動脈硬化の予防

・高血圧を改善

 

 

などたくさんの健康効果があるので、

 

 

日々健康に過ごしたい方は、

是非とも飲みたいですね。

 

 

 

 

 

ほうじ茶は香りが命です。

当店では、

茶審査技術九段、
2016年全国茶審査技術競技大会準優勝、
日本茶インストラクターの店主が、

店内奥の工房で、

毎日の様にほうじ茶を焙煎しています。

 

是非出来たてのほうじ茶を

味わってみてください。

 

 

 

 

 

連絡先

日本茶専門店 加藤銘茶本舗
〒535-0012 大阪市旭区千林2-15-23
TEL:06-6951-4056
FAX: 06-6951-4088
http://kato-meicha.jp/
E-Mail: kato-meicha@outlook.jp
アクセス:京阪千林駅 徒歩1分

     地下鉄千林大宮駅 徒歩10分

 

ありがとうございます。


 

「加藤さんとこ来れなくて、

近所でほうじ茶買ったのだけど、

香りがなくて、

家族にもいつもと違う!と

言われてしまったわ」

 

 

大阪・千林商店街

地元に根付くお茶屋に嫁いで20年。
茶道準教授、教養マナー講師、

加藤あずさです。

 

 

先日来店されたお客様から

こんな嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

やっぱりほうじ茶は、

香りが命ですので、

焙煎したてが一番香りが良い。

 

 

 

当店のほうじ茶は、

店内奥で焙煎し、

店から一度も出る事なく、

商品として並びます。

 

 

本当に出来たてなので、

香りが断然違います。

 

 

 

なるべく出来たてを

買っていただきたいので、

一回に焙煎する量は少量ずつ。

 

 

なので、たまに

買いに来られた際に

 

 

「今、焙煎したばかりのを

詰めるので少し待ってください!」

 

 

 

という事も爆  笑

 

 

少しお待たせしてしまいますが、

出来たてほやほやの

温かいほうじ茶を

買っていただいております。

 

 

今日のように寒い日は、

香ばしい香り高いほうじ茶で、

温まってくださいませ。

 

image

 

 

 

 

 

ほうじ茶は香りが命です。

当店では、

茶審査技術九段、
2016年全国茶審査技術競技大会準優勝、
日本茶インストラクターの店主が、

店内奥の工房で、

毎日の様にほうじ茶を焙煎しています。

 

是非出来たてのほうじ茶を

味わってみてください。

 

 

出来たてのほうじ茶のご注文はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡先

日本茶専門店 加藤銘茶本舗
〒535-0012 大阪市旭区千林2-15-23
TEL:06-6951-4056
FAX: 06-6951-4088
http://kato-meicha.jp/
E-Mail: kato-meicha@outlook.jp
アクセス:京阪千林駅 徒歩1分

     地下鉄千林大宮駅 徒歩10分

 

ありがとうございます。