GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

GO!!ACTION!! 山口県議会議員かさもと俊也ブログ

山口県議会議員<長門市選挙区> 笠本俊也 -かさもと としや- ブログ

江島潔候補の遊説隊は、本日、下関からスタートされ、14時からは長門市を遊説されました。

安倍晋三元総理もスタートから最後まで同行されて遊説を大いに盛り上げていただいたため、市内各地の沿道や各地区会場で、いつも以上にたくさんの方々に応援をいただきました。


その後19時からは東深川の湊魚市場で個人演説会。


安倍元総理、北村経夫参議、杉田水脈衆議はじめ、

応援弁士として遠路駆けつけていただいたお一人お一人に激励をいただき、候補も350人のご来場者の前で力強く決意表明。

私も同行させていただきましたが、江島潔長門後援会、長門地区自由民主党4支部の皆様の各方面の皆様方への声掛けに何より感謝です。

気温湿度も高く、天気も不安定な時節の選挙戦。

遊説隊も体力のいる選挙となりますが、最後の最後まで勝利に向けて、突っ走ってまいりましょう!

江島きよし候補の3選に向け、行われた出陣式に参加。

朝、山口市は雨天でしたが多くの支援者が見守る中、

第一声をあげられました。

今日から県内を江島候補とともに日々遊説する

自民党若手県議有志の皆さんとともに、

事故なく、元気よく、勝利に向けて私も頑張っていきます。

江島候補遊説隊の裏方&最前線の両刀こなす

遊説隊副隊長の森繁県議と事務所での一枚

県議会6月定例会開会中。

コロナ禍に加え、ウクライナ情勢の長期化や原油・物価の高騰等に

対応するため、政府でも緊急対策が決定。県においても

現下の県内経済を支えていくための支援策が今議会で提出されました。

■原油価格、物価高騰対策については、

◇生活困窮者等への支援として、

・学校等に対する材料価格上昇分の経費補助

・生活福祉資金の特例貸付資金の積み増し 等が、

また、◇事業者等への支援については、

・中小企業制度融資における新資金創設

・経営が悪化している中小企業者が行う省エネや

 業務効率化に資する設備導入支援

・装置産業である宿泊事業者の省エネ対策や高付加価値化、

 収益力向上に向けた取組支援

・交通事業者の燃料費や維持経費負担減に向けた支援

・農業者、漁業者等への省エネ・経営費用支援 等々が、

その他、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について

医療機関への接種促進のための運営支援、ウクライナ避難民

への生活準備金支援等々、総額83.5億円の補正予算案が審議されます。

また13日には、会長である私を含め11名の委員で構成される

議会改革検討協議会が行われました。

昨年の7月以降、本年12月の議長への答申に向けて、

各会派からいただいた検討項目を協議しておりますが、

今回は特に早期に取り組むべき項目として、今議会で

先行して答申する以下3点の協議

・タブレット端末の本会議での活用やクラウドシステム導入、

 端末活用の自由度の向上を図ること

・議員の欠席自由に育児や産前産後期間を追加すること

・高校生等の若者が県議会情報に触れる機会を増やす取り組みを進めること

と議会運営に係る5項目を協議しました。

来週からは常任委員会が開催されます。多くの事業者が要望

されていた宿泊事業者の高付加価値化等支援について等、

真に支援を必要とされている方に適切な支援が届くよう、

審議してまいります。

三隅上地区で開催された追分マルシェに。

国道191号と県道28号(小郡三隅線)が交差する

宗頭・追分地区は山陰道三隅萩間の開通以降、

萩長門間を往来する交通量は大きく減少し、

地域の事業者もそれに伴って減少していますが、

何とかまちの賑やかさを取り戻そうと

県道沿いの古民家を購入され、地区や市内の事業者さんにも

声をかけて、農産品や加工品、お菓子や

手芸品、フリマなど当地区らしい個性豊かな

商品が販売されて大いに賑わっています。

中山間地域振興の現場の皆さんの熱意に私も元気を

いただき、今後とも応援していきたい思いです。

主催者の皆さんも仕事の合間をぬっての

開催で不定期での開催とのことですが、

次は6月の開催ということです。

OiwakeHouse√28。

ぜひ皆さんも足を運ばれてみて下さい。

 

今議会一般質問初日の8日、17回目の登壇をいたしました。

今回は主にこれまで数カ月間、地元の皆様から賜った農業や

観光業等におけるご意見を反映した6項目の質問を行いました。

■1 今後の地域農業を支える農業法人等の支援強化について

■2 農業用ため池の整備について

■3 やまぐち観光振興支援パッケージの充実強化について

■4 スポーツの振興における競技力向上支援について

■5 商工会・商工会議所の支援力向上について

■6 出先機関の体制・機能強化に向けた仕組みづくり等について

 

特に、やまぐち観光振興支援パッケージについては、

11月定例会以降の宿泊事業者向けの需要喚起策の事業執行が、

オミクロン株の拡大により、ストップしていた分、

県内宿泊事業者は、経営的にもさらに厳しい1~2月となりました。

 

一方で、ウィズコロナに対応する施設改修費用を大きく補助する

宿泊施設の高付加価値化等支援事業は、多くの事業者からの

早々の申請で、予算額に達し募集終了となりましたが、

休業期間にこそ、先を見据えた対応をしようと考えておられる

事業が想像以上に多いことも分かりました。

 

質問の中でも支援期間や支援策にも触れましたが、

今後のコロナ同行に応じ、引き続き、現場のニーズ等を踏まえ、

適時適切に支援に努める、と、知事より次の支援につながる

前向きな答弁もありましたので、ニーズある支援が

皆様に届いていくよう、継続して動いていこうと考えていますし、

まだまだ終わりの見えない災禍の中で、真に支援を必要と

されている県民や事業者に、広く、そしてスムーズに、

あらゆる支援が届いていくよう、私自身努力してまいります。

 

今回の質問、その内容については、後日レポートにて

報告させていただきます。