それでいて丁寧につくってくれているところに愛を感じます。

 

 

羽生で気になった

たこ焼きと大判焼きのお店「あま太郎」さんにも。

 

羽生駅の東口から5分ほどの場所にあるお店

 

 

なんといってもこの安さに驚き。

自家製「あんこ」の今川焼、「あま太郎」あずき・白あんは1個50円(税込)

なんとたこ焼は1箱12個入りで200円(税込)

 

 

 

目の前でおじさん、おばさんが丁寧につくってくれています。

 

この価格にもかかわらずあんこもたっぷりではないですか!

image

あま太郎のあずきを4つ

そしてたこ焼を1箱。

 

さらにあま太郎は包装紙をした後に

保温効果があるからとさらに新聞紙でくるんでくださいました。

こうしたところも愛を感じます。

たこ焼きもこんな風に包装紙に

 

そしてオープン。

かわいい焼印が。

 

かりんは知らなかったのですが

羽生市のマスコット「むじなもん」と教えてくださいました。

 

ちなみにあずきには1個、白あんには2つつけているようです。

そんなサービスまで(涙)

 

 

もちろんアツアツを~。

みてください!

自家製の粒あんがツヤツヤです。

 

生地は甘味がほとんどなく、甘さのある粒あんと一緒に味わうようになっています。

なので全体的に甘さ控え目でとっても美味しい~!

生地もふんわりモッチリしていて大満足の美味しさでした。

 

そしてたこ焼きは

今までにあまりないスタイル。

焼いたままのたこ焼きに青のりがかけられていてソースが別添えに。

なんとも丁寧すぎる(涙)

 

ソースやマヨが苦手でもこのまま温めて食べることもできるし

好みでソースをつけてもOKなのは嬉しいですね。

 

 

たこ焼きも生地そのものに味があるものではないのですが

紅ショウガにタコが入っていて何もつけなくてもおやつとしてピッタリ。

かりんはこのままが好きでした。

 

また、添えられたソースはサラサラ系のソースなので、

濃厚ソース&マヨ好きな彼はお家で温めなおしてソース&マヨでいただいていました。

 

 

これで200円なんて本当にどうなっているのか?と余計な心配をしてしまいそうなほど。

愛を感じるこの出会いに感謝。

 

なかなか行ける場所ではないですが

また近くに行った際にはぜひ伺いたいです。

 

 

 

昨日アップした

「モア松屋」さんからすぐの場所ですよ^^

 

 

 

いつもありがとうございます。

フォローよろしくお願いします☆