常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった

常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった

「まつろわぬ」というキーワードから常陸国の歴史を見つめなおします。常陸国は東海道の東のはずれ、鹿児島から始まる中央構造線の終点です。

「星座神話の起源」古代メソポタミアの星座 近藤二郎著 P96 「オリオン座とその周辺の星座」の項に、古代メソポタミアの星座には、現在のオリオン座に相当する場所に「アヌの真の羊飼い」というものがあったと書かれている。


シュメール語では、(Mul) Sipa-Zi-An-Na [(ムル) シパ・ジ・アン・ナ]といい、アッカド語ではシタッダル

(sitaddaru)という。


ここでわれわれは仏教の創始者である釈迦の名前、Gautama siddhartha=ゴータマ・シッダールタを思い起こすに至った。


つまり、ゴータマ・シッダルタ→goat ama sitaddaru→羊の群れの先頭にいる山羊ということに気付くのである。そしてそれは「盲目の子羊を導く指導者」であった。それはキリスト教ではイエスのことであった。


この一点を以って、仏教もメソポタミア由来のものであることと理解するとともに、日本仏教に対する考え方が決まったのである。僧侶や歴史家のうちの何人がこの事実に気付いているであろうか。


だから私のアイコンはメヤギなのだ。(草刈り用に飼ったに過ぎないが、笑)


イエスキリスト同様釈迦など存在しなかった、それらはメソポタミア神話の焼き直しであった、というのが我々の考え方である。そしてそのもとになったのは縄文人と呼ばれる人たちであっただろう。


すべての歴史は為政者によってねつ造されたものである。


だから、われわれはこれを壮大な GO JAP PAY と呼ぶのである。




当サイトはリンクフリーです。このバナーをお使いください。


こちらの関連ブログもお読みいただくと、理解が深まります。



衝撃の内容でしたね、済州島の三姓穴(高、梁、夫)の由来。

 

地=アーサナ

太陽=スシアナ

アマ(天、海)=オシアナ

 

これがですね、百嶋資料において金山彦が地中海方面から移動してきた証拠の一つとされる、山◯市鹿◯町の高◯八幡宮の神紋、「円天角地に十字剣」であることが判ったのです。


以前「円天角地に十字剣」をピラミッドではないかと推測しましたが、ソマリアのプント人が金山彦の故郷だとすれば、あながち的外れなありませんね。エジプトのクフ王時代にプント国から黄金を購入したとの記録があるようです。

 

では「円天角地に十字剣」と「地、太陽、天」の関係を解説いたしましょう。(勘の良い方はこれらの文字でお分かりだと思いますが。)

 

円天→天(アマ、海)の象形→オシアナ→OCEAN

角地→地の象形→アーサナ→EARTH

十字剣→太陽光線の象形→スシアナ→SUN→SANSKRIT

 

これが日月星の三光信仰に変化していったのでしょう。

日=十字剣

月=角地

星=円天

 

それではお読みください。


神社名伏せろと◯い人からコメント来たので伏せました。

でもググるとどこの神社かはすぐわかります。

パソコン検索できない人って、研究するのに時間かかり過ぎて、貴重な時間がもったいないよね。

 

追記(8/4)

ここ二、三日でさらに重要なことに気づいたので、備忘録として記す。

上記のように、十字が太陽光線=SUNSKRITであることが明らかに?なったが、それを漢字で表せば五であった。

五とは白川静の漢字辞典「字統」によれば、


「五行なり。二に従う。陰陽、天地の閒に在りて交午するなり」



 

 上の横線は天、下の横線は地であるから、その間にある✖️は五行を示す。即ち、木火土金水である。これは万物の要素である。

シンボルは五芒星となるが、五の甲骨文字でわかるように、▽△の組み合わせであるから、✡️六芒星にもなるのだ。

つまり太陽光線は万物の要素であり、図象化すれば、五芒星や六芒星になる。


さて、八咫烏は太陽霊鳥とも三足霊鳥とも言う。

しからば、太陽は三足なのか?

太陽光線はサンスクリット

三足霊鳥はサンソクレイチョウ。

これは訛りの許容範囲ではないか。

つまり、三足霊鳥は太陽光線を表していたのだ。


金山彦、別称西アジアの中山さまの円天角地に十字剣は、倅の五瀬命の名前に継がれ、娘の櫛名田比売=アイラツ比売から鴨玉依姫につながっていく。


私は地元九州の人達にこういうことを報告してほしいのだ。


鴨玉の痕跡はどんな形で九州に残っているのか。

天日鷲翔矢とは何なのか。