中央区議会議員、青木かのです。

 

日本のエネルギー施策の一端をになった長崎の「軍艦島」に行ってきました。正確には「端島」ですが、遠くから眺めた時、その形状から軍艦土佐に似ていることから軍艦島と呼ばれるようになりました。

 

軍艦に見える?

 

軍艦島は2015年、世界文化遺産に登録され、「明治日本の産業革命遺産」石炭産業の構成施設のひとつと位置付けられています。

 

日本の近代化を支えてきた炭鉱の一つです。

 

灯台の隣に見えるのが、強大な貯水タンク。

真水は給水船で運ばれ、ここから島中に配給されていました。

 

また、この白い灯台は、当時はありませんでした。島自体が照明等で24時間明るかったので必要なかったそうです。

 

最盛期には、総戸数71棟の建物が林立しており5千人を超える人々が生活していました。

当時は世界一の人口密度でした。

 

 

こちらは、日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造高層アパート。よく見ると、このアパートの手前(海側)には、もう1棟窓が小さな建物があります。これは台風の高波から住居棟を守る役目がありました。

 

では、これらの建築物はなぜ、崩壊したまま放置されているのでしょうか?

 

 

実は、世界文化遺産に登録されたのは、明治時代に建設されたこの建物(総合事務所)と、防潮堤のみなのです。この2か所は、倒壊しないよう保全修理が行われているのです。

 

 

当時の文化・建築物を知る上で、大変重要な遺構だと思います。

 

 
 

 

 

中央区議会議員、青木かのです。

 

東京都が「築地地区まちづくり事業」事業者募集要項を公表しました。民間の力を最大限に活用して、東京や日本の持続的な成長につなげると、しています。

 

また、「水辺の活用」が何度もでてきます。

東京都が、都心に残る最後の広大な都有地の再開発を、水辺や舟運を中心に進めていこうという強い意向が感じられます。

 

 

 

築地市場跡地の再開発について。

〇約23haという都心部に残る最後の広大な都有地、築地市場跡地は都が開発事業者募集のうえ、事業者に貸付(貸付期間70年間+建設期間等)

 

〇都は平成31年3月に「築地まちづくり方針」、

 令和4年3月に「築地地区まちづくり事業」実施方針を策定

 

〇令和4年秋頃募集要項の公表

 令和5年度内に事業予定者の決定

 令和11年度に舟運利便施設等の供用開始

 

 

 

中央区は、令和3年5月「築地まちづくりに関する要望」

令和3年10月「中央区築地まちづくりの考え方」を都知事に提出し、同年10月に「中央区築地まちづくりの考え方」を策定。

 

今後区は、民間事業者の提案内容等、築地市場跡地の具体化において、周辺地域との調和・連携や、必要となる交通基盤や交通結節機能等について反映させるため、地元の意見を踏まえながら、開発事業者と協議を行っていきます。

 

 

 

 

 

中央区議会議員、青木かのです。

「臨海地下鉄」計画が発表された中央区ですが、今後は人口の急増をおさえながら、着実に行政サービスを進めていく必要があります。

 

臨海地下鉄が竣工するのは、早くて20年後ですが、今回の基本計画は今後10年間の計画。

コロナ後の多様化する「あたらしい生活」をどう実現していくか大変重要です。

 

中央区では、この基本計画2023(仮称)のパブリックコメントを募集しています。

 

 

計画を立てるには、‟現状”を知る必要がありますが、中間まとめに示されている、中央区に関するデータに注目!

 

少子高齢化が進む日本ですが、中央区では

・人口増加率

・合計特殊出生率

・生産年齢人口等…

23区で1位です。

 

また、年代別人口構成。(人口ピラミッド)では

10代、20代で減少していますが、10歳未満の人口がまた増加していきます。

このような特徴を考慮し、新しい基本計画へのご意見、よろしくお願いいたします。