環境スペースと海外留学

環境スペースと海外留学

環境スペースが海外留学の魅力について紹介します。

海外留学には、様々な留学方法がありますよね。
交換留学や正規留学、語学留学や派遣留学など…それぞれで留学の方法や費用も異なります。
しかし、皆さんは正規留学と語学留学の違いって何か知っていますか?
そこで今回は、正規留学と語学留学の違いについて環境スペーススタッフが比較してみました。


■正規留学とは
正規留学は、教育機関である高校や大学で、現地にいる学生と一緒に勉強をする留学方法です。
現地の学生と一緒に学ぶため、高い語学力が必要で、留学先の語学が分からないと授業についていけません。
英語が喋れることが前提となるため、英語を駆使してどれだけ専門知識を身に付けていけるかが大切となるので、実践的な英語力の他にも、社交性も必要となるでしょう。

また、正規留学をするためには、既定の語学力があるだけでなく、一定以上の成績がなければいけません。
様々な制約条件があり、推薦人の確保が必要で、自分の成績や性格などを理解している教育関係者に、最低1通は推薦を貰う必要があるのです。
更に、その推薦状は英語で書く必要があるので、準備に大変時間や手間がかかってしまうので、それは正規留学のデメリットだと環境スペースは思います。

正規留学では、日本で学ぶことが難しいような最先端の技術や知識など、正規留学だからこそ学べることも多く、日本で得られないことを知ることができます。
道のりは中々厳しいですが、自分のスキルを磨くことで、留学後の就職活動の場でもその経験や知識は大きく評価されるでしょう。

また、長期で留学することになるので、生活費や授業料などの予算が充分に必要となります。


■語学留学とは
語学留学は、1週間という短期から気軽に留学することができ、語学力に自信がない人でも留学することが可能です。
殆どの語学学校では、初級・中級・上級とクラスがレベル分けされているので、自分のレベルに合わせた勉強ができるでしょう。
学習速度や英語力が上がると上のクラスに移る仕組みになっています。

クラスメイトが自分と似たレベルの人が多いので、意思の疎通がしやすく、快適な環境で勉強しやすいのが語学学校の魅力。
しかし、語学留学の場合は、ネイティブと話す機会に恵まれません。
現地でネイティブ英語を学びたいという場合には、留学先の国選びも肝心ですよ。

予算を抑えて滞在したいのであれば、ワーキングホリデービザを取得して現地でアルバイトをしながら語学学校に通うと良いでしょう。


正規留学と語学留学の違いを紹介しましたが、正規留学は努力した人のみができる留学方法なことが分かりましたね。