質問をしても、子供達が答えられない理由 | かもめ大学 公式ブログ

かもめ大学 公式ブログ

熊本在住。1981年生まれ。小中学生の先生。また、かもめ大学という名前でフィンランド・スタディツアーを主催しています。キーワードは、教育/フィンランド/魔法の質問/読書/PentaxK-50/Perfume/欅坂46


テーマ:

日頃、小中学生の先生をしています。

 

例えば、

子供達の意見も聞きたいなと思って

子供達に質問してみるんですが

 

「特にない」

「わからない」

 

と言うことがあります。

 

「何もないの?!」

「何かあるでしょ!」

 

と、突っ込みたくなるんですが

 

子供達が自分の意見を

言わない(言えない)

その理由は、大きく分けると

2つあるかなと思っています。

 

それらは、

 

① 間違えることがはずかしいと思っている

② 答え方がわからない

 

この2つじゃないでしょうか。

 

 

 

① 間違えることがはずかしいと思っている

 

これは、

小学校・中学校・高校における

学び方が影響しているかなと

思っています。

 

小学校・中学校・高校の学び方って

その多くの時間は

 

問題に対して

すでに答えは決まっていて

その答えを導き出すことをゴール

としています。

 

つまり、

正解や不正解がある問題を

解いたり考えたりする時間が

 

正解や不正解がない問題よりも

圧倒的に多いわけです。

 

 

その中で、先ほどのように

「子供達の意見も聞きたいなと思って」

いる時というのは、

 

正解や不正解があるものでは

ないことだったりするわけなんですが

 

日頃、正解や不正解がある問題に

慣れているので

 

不正解だったらいやだな

不正解だったらはずかしいな

と思う気持ちが先に出てきてしまう

 

だから、

こちらから意見を聞いても

 

間違えることがはずかしいから

自分の意見を言わない(言えない)

ということが起きやすくなります。

 

 

そのような状況なのに

 

「何もないの?!」

「何かあるでしょ!」

 

と言っても、

 

子供達からしたら

言いたくないと思ってしまう

そんな気持ちもわかります。

 

 

だから、聞き手としては

その気持ちを汲んだ上で

「この質問に正解はないんだけどね」

と、先に伝えてから

意見を聞くようにしています。

 

そして、勇気を出して

答えてくれたことに対しては

どんな答えも

「そうだよね」

と受け止めるようにしています。

 

そうすると、

本当は言いたいことがあるんだけど

間違えるとはずかしいから

言わない(言えない)ということは、

だんだん減っていったりするんですよ。

 

 

 

② 答え方がわからない

 

本当に

「わからない」という場合も

あると思います。

 

よく、その子の顔や表情を

見るようにしています。

 

なんて言うんですかね

 

質問しても

「ぽかーん」

としているような感じです。

 

間違えるとはずかしいから言わない

のではなくて

わからない

から言えないという場合です

 

なので、そんな場合には

意見の参考例が必要です。

 

  

もし、

1:1で対話をしているのであれば

 

先にこちらから意見を伝えて

伝えた直後に

 

「ぼくはこんな風に考えたんだけど

 それを聞いて、どう思う?」

 

という質問を添えます。

 

 

もし、

複数人で対話をしているのであれば

 

ぼくが最初に意見を言うのではなくて

他の人で意見がある人から

答えてもらって

参考例をどんどん引き出していく

ようにしています。

 

そして

 

「他の人の意見を聞いてみて

 どう思った?」

 

という質問を添えます。

 

 

そうすることで、

だんだん自分の意見が持てたり

だんだん自分の意見を言えるように

なっていきます。 

 

 

大切にしていることは、

なぜ意見を言わない(言えない)のか

顔の表情や、状況、

自分との関係性などから判断をして

引き出し方を考えています!

 

 

 

<魔法の質問キッズインストラクター養成講座>
★ 2019/1/19,20 @熊本
https://www.facebook.com/events/2063314883968698/
★ 2019/2/2,3 @福岡・博多
https://www.facebook.com/events/253280432015995/
 

<しつもん読書会>
★ 2019/1/26 @熊本
https://www.facebook.com/events/2375787092461380/
★ 2019/2/23 @熊本
→現在準備中
 
 
<フィンランド・スタディツアー>
★ 2019/4/27〜5/4 @フィンランド・ヘルシンキ
→現在準備中

 

 

質問力を高めたくて
魔法の質問を学んで
実際に子供達に質問してみたんですが
最初は全然うまくいきませんでした(笑)
 
「なぜ、子供達が答えられないのか?」
 
考えてみたら、理由がありました。
 
その上で、
どんなことを意識して
質問をしているのか?

も書いてみました!

 

参考になれば、幸いです!

それでは、たかさんでした!

 

 

☆ かもめ大学 Twitter
https://twitter.com/kamomedaigaku
☆ かもめ大学 Facebook
https://www.facebook.com/kamomedaigaku

 

☆ たかさん Twitter
https://twitter.com/yohsuketk 
☆ たかさん Facebook
https://www.facebook.com/yohsuketakasaka 
☆ たかさん Instagram
https://www.instagram.com/yohsuketk

かもめ大学さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります