You ain't heard nothin' yet!

You ain't heard nothin' yet!

アメコミと音楽と映画が大好きなトクダの日々。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
最近またゲオで映画を借りる機会が増えましてね。
観たことあるものからそうでないものまで色々借りてるんですよ。
今回はクリストファー・ノーラン監督のフォロウィング、
007-ロシアより愛をこめて、アニメですが妄想代理人

んで今日観たのが、カート・ウィマー監督作品「リベリオン」。
日本でもある層から絶大な支持を受けており、作中に登場する
ガン=カタという独自の戦闘術は日本のアニメにも大きな影響を
与えています。「魔法少女まどかマギカー叛逆の物語-」の
巴マミとホムラの戦闘シーンなんかはまさしくその影響ですね。

ストーリーは感情を規制された近未来の世界で、感情を取り締まる
政府に身を置くエージェントでありながら、感情を取り戻すべく
その政府に背く主人公。というまあよくある話なんですけど、
主演のクリスチャン・ベールの演技がすごくそれに説得力を持たせてます。
彩りもなく規格的に構成された世界の中で、雨上がりの窓辺に見た
夕日に心を打たれたことで主人公の感情が動いてしまうシーンがあるんですが、
そのときのベールの日に照らされて口をぽかんと開けた表情が
とにかくたまらないんですよね。

また最初で触れたガン=カタについてですがこれもまた素晴らしい、
計算によって導きだされた最も多くの敵を確実に殺す事のできる配置を
考慮した動作で戦う戦闘術という設定なんですが、もうその動きがすごい。
先にマガジンだけを部屋に投げ入れ、2丁拳銃を縦横無尽に撃ちまくり、
弾丸がなくなると袖口に仕込んだマガジンで弾丸を自動補充。
さらに撃ちまくりながら先ほど投げ入れたマガジンの位置に近づき、
床に伏せて弾丸を補充…

鮮やかな銃さばきと敵を殲滅したあとの決めポーズが本当に爽快なんですよ。
こんなことをいうとその筋の方からお叱りを受けそうですが、
ドニー・イエン主演のイップ・マンを観ている時の爽快感に近かった。
かわし、撃つ、かわし、撃つ、攻撃が防御になり防御が攻撃へと転化していく
予算の関係から地味に感じる瞬間もありましたが本当にお気に入りの戦闘でした。

個人的には中学生ぐらいの頃に観ておきたかった一作。
ただただ圧倒的な戦闘能力で有無をいわさずねじ伏せる
万能感の権化の如し究極のドンパチ映画「リベリオン」

ぜひ見かけたら買うなり借りるなりして観てほしいです。







リベリオン-反逆者- [Blu-ray]/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

¥4,980
Amazon.co.jp


テーマ:
どうもトクダです。

なんて書くのは一年ぶりですね。
というかまともに更新しなくなってからで考えれば
もっとかもしれませんね。
改めましてどうも。

私、木村俊太郎。
最近はトクダなんて呼ぶ人はほぼおらず。
キム兄とかそんなふうに呼ばれております。

さて、なぜこのブログをまたいきなり書くことになったのかと
思う方もいらっしゃるかもしれません。
自分は現在東京造形大学という美術大学で
大学生をやっているわけですが、
どうにもまとまって文字を書く機会がないんですね。
しばらくはTwitterで散文的に思ったことを
書いているだけだったもので、どうにも文章を書く力が
衰えているようでならなかったんです。
元々大して高尚な文章を書いている
ブログではなかったのですが、
まあそんなブログでも多少は何かをまとめ、書く、という行為の
ちょっとした訓練にはなっていたのかなと
ふとそんなことを思い立ったわけです。

大学生になり、場所が変わり、仲間が変わりました。
考え方なんかもなにかしら変わったかもしません。
もちろん以前と変わらず付き合いのある仲間や
大切な人もいます。
はたしてどれくらいの方が見てくれるのかはわかりませんが、
今度は僕の新しい生活の中での話を伝えられる限りで
みなさんに伝えていきたいと思います。

それでは今日の更新はこれぐらいにして…
みなさんおやすみなさい。













…待って、こここんなブログだったっけか?






テーマ:

いつぶりの更新だろう


この言葉をいつぶりに発するのだろう。


どうもトクダです。


あらためましてこんばんわ。トクダです。


まともに更新しなくなってから半年近くたっているようですがみなさんいかがお過ごしですか?


というか見てる人なんているんですか?


見てるそこのあんたはエライ!ジュースおごってやるよ!!!!!!!!


私はというと一浪で大学受験を続行中です。


私生活の面でも様々な変化が起き、気分は絶頂です。


だからといってこの後下り坂なのかというと


私の目標は「絶頂であり続けること」なんでそんなことはないんですねエ。


よし、書く事ないぞ!どうする?


どうしようもないから私の詐欺写をあげておこう。
You ain't heard nothin' yet!


テーマ:

今年初の投稿です。


トクダです。


2013年が始まり、はや一か月が経とうとしていますが


アメコミ界隈の話題は早くも盛りだくさんですね。


昨年のジャスティスリーグに引き続いて、NEW52シリーズの邦訳が目白おしです。


リーフで読んで衝撃だったあのCOURT OF OWLSも「バットマン:梟の法廷」として発売が決定!


NEW52からは以前の設定のゴチャゴチャがなくなってるから知り合いなんかにも貸しやすくていいですね。


何より究極絶望野郎なバッツがそこそこ丸い性格になってるのも好感もてます。


アメコミ映画も今年もまたまた盛りだくさんで


・ゴーストライダー2

・ジャッジ・ドレッド(正確にはブリティッシュコミック)

・アイアンマン3

・マンオブスティール(スーパーマン)

・マイティ・ソー2:ザ・ダークワールド

・ウルヴァリン:SAMURAI


などなど期待大の作品だらけ!・・・・


ん先日入ってきたニュースでさらに嬉しい話。


マイリトルポニーの日本での地上波放送が決定!


さらにカートゥーンネットワークでヤングジャスティスの放送が決定!


だから言ったでしょ!アメコミがキテるって!


・・・・・・・・・・・・まあ正直「いまウェブ漫画がキテる!」ってぐらい一部区間での熱なんですけどね。


まあアメコミもウェブ漫画作家も最近頻繁に書店で見かけるようになってるし


キテるんですよ!そうですよね!?後者界隈の人!


あとあれですね悲しいニュースですけど


先日90歳の誕生日を迎えたマーベルヒーローの生みの親スタン・リー氏が病気のためにコミコンへの参加を断念したそうです。


ほんと不安ですね。


スタン・リーのカメオ出演してないマーベル映画なんてマーベル映画じゃない!


もういっそDCの映画にもカメオ出演すればいいんだよ。


どこぞのBAD DAYSみたいにさ!


You ain't heard nothin' yet!

↑亀雄「カワバンガー!」


あとお気づきの方もいらっしゃるかもですが


「アメコミ」のテーマを追加しました。


さすがにテーマ「漫画」でアメコミをくくっちまうのは無茶がある感じがしたので...


とりあえず 2013もみなさんよろしくおねがいしますー


テーマ:
最近発売したジャスティスリーグのコミックがとても面白かった。

ジャスティス・リーグ:誕生(The New 52!) (ShoPro Books)
ジェフ・ジョーンズ
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 1433


NEW52のリランチ以降の作品としては初の邦訳になる今作。

どうも2013年以降はNEW52シリーズの邦訳に力を入れていくようで、とてもありがたいですね。

NEW52のジャスティスリーグは原書で少し持ってるんですけどやっぱそれだけじゃ話の全容がつかめなかったので…

とりあえず読後感想。

スーパーマンは一見おとなしいが空も飛べるし、トラックで曲芸ができる。
フラッシュは史上最速の男。ワンダーウーマンは剣の達人。俺はリングでなんでも作れる。
お前に何ができる?証明してみろ!」


$You ain't heard nothin' yet!-image

フラッシュ「サメと会話できるのか?」

アクアマン「食料だと教えた。」


フラッシュポイントの改変世界でワンダーウーマンと壮絶な死闘を繰り広げて

とんでもなく悪いイメージが自分の中であったんですが一気に払拭されましたね。


ロボットチキンでも揶揄されていた「魚と会話できる」能力をこんなにかっこよく使われるとは

しびれるね!...

後はスーパーマンとフラッシュの初対面のシーン。

$You ain't heard nothin' yet!-image

目にもとまらぬ高速で鋼鉄の男スーパーマンを翻弄する姿に惚れ込んだんですが

この次の瞬間にタイミングを読まれてぶん殴られるという大失態...

映画「ウルヴァリンX-MEN:ZERO」でテレポート使いのライスがセイバートゥースにタイミングを読まれて刺殺されるシーンを思い出したわ。

今作のボスキャラはもちろんあのダークサイドなわけですが、

個人的にはブレボで馴染みのあるスターロ戦を読んでみたい気もする。

これと同時発売で別次元のアベンジャーズ「アルティメッツ」も邦訳されてるので

そっちも読んでみたいですね。

テーマ:

まただよ、また寝てもいないのに夜にが明けあがったのよ!


どうもトクダです。


清々しい朝日がかえって腹立たしく思えてくるような一日の始まり。


そう、睡眠不足。


そういう状態で迎えた朝って妙に感覚が敏感だったりするよね。


外の小鳥のさえずり、どこかから聞こえる機械音、空気清浄機のモーターに


自分が打っているキーボードの音でさえいちいちなんか気になるなんだよね。


不快ってわけではないけれどなんか気になる。いやむしろ不快かもね。


WATCHMENのドクターマンハッタンがタキオンの干渉を受けて未来予知ができなくなってる時っていうのは


案外こんな感じかもしれないな。


タンドリーチキンを!...タンドリーチキンを買いに来ただけなのに!....


そういえばWATCHMENといえば


最近BEFORE WATCHMENのモーロック誌が開始したじゃないですか。


あれが届いたんですけど、それと一緒にプレビューズ(アメコミ専門カタログ)の今月号も届いたんですよ。


んで開いてみたらね。


×


ダラービールとか誰得なんだよwwwwwwww


説明しよう!


ダラービルとは、アランムーア氏による傑作「WATCHMEN」の作中において


MINUTEMENの一員として活躍していたキャプテンアメリカそっくりのメンバーの一人である。


逃走する銀行強盗を取り押さえようとしたところ回転式ドアにマントが挟まって身動きが取れなくなり


強盗によって射殺されてしまったというなんとも悲惨なヒーローである。


なおMr.インクレディブルでデザイナーのエドナが触れていた「マントはダメ」の理由として挙げられていた例は

このシーンのオマージュであると思われる。

だってあの男に「引っかかって死にました」以上のエピソード特にないだろ!


こんなんありならもう全部もう出しちまう気か!?


モスマンとかフーデッドジャスティスとか・・・


もういっそあのリベラル気取りの黒人精神科医のアイツの個人誌出そうぜ。


BEFORE WATCHMENは全部集める事にしてるからもうやれるだけやるといいよ。


テーマ:

どうもこんばんわ。そしておひさしぶりです。


トクダです。


一か月…いやそれ以上くらい昼夜逆転のめちゃくちゃな生活が続いておりますです。


心療内科を受診しましたけれども、まあ早急に効果が得られる物ではないでしょう。はい。


寝たら寝たで恐ろしいんですよね。なんか恐ろしい夢ばかり見るんですね。


奥さん、この部屋スケアクロウがいますよ。


あ、いまさらなんですけど一代目ロビンの本名ってディック・グレイソンじゃないですか。


ディックってあれでしょ。いわゆる「ち○こ」じゃないですか。


「ち○こ・グレイソン」なんてすっげえ名前つける空飛ぶグレイソンファミリーはイカれてるんじゃないですかね。


ああ…あとは…あ、ロビン繋がりで思い出した。


最近アメコミ作家の方が執筆したBLコミックを購入したんですけど。


知ってる方多いと思います。話題になってますし。


「IN THESE WORDS」


すげえ面白かったんですけど。私この作家さんについて微塵も知らないんですよ。


Jo Chenって人ですね。


んで検索かけてみたらなんかこの方ロビン誌を手掛けたことがあったみたいで



×

いいですねー。いいロビンです。

なんかあまりドぎつくなくて日本でも受けがよさそうなタッチですよね。




テーマ:
スペシャで夜やってる「一発屋ランキング100」みたいな番組。

あれすごく面白いですね。

海外の一発屋アーティストたちを100~1位まで紹介していく番組なんですが

やっぱり80年代あたりは元気があっていいです。

70、80年代はダンスミュージックの人気でロックミュージシャンには辛い時代だったようですが、

消費者の僕らはんなこと知った事ではないので、やっぱり楽しいです。

凡庸の塊みたいなイメージがある90年代にも結構面白いのがあって

その中からひとつ紹介。

AQUA/BARBIE GIRL


1994年にデンマークで結成されたバンドで、この曲で一躍有名になったそうです。

またこの曲の影響でバービーの販売会社から「バービーをセックスシンボルにした」との理由で訴訟を起こされた事も…

日本でも結構一瞬で消えていった人いますよね。

みんなもう忘れてたりするでしょ?

トンガリキッズとか
$You ain't heard nothin' yet!


O-ZONEとか
$You ain't heard nothin' yet!

t.A.T.u.とか
$You ain't heard nothin' yet!


時の流れと人の心はつくづく非情ですね。
t.A.T.u.いまこんなんやぞ!
$You ain't heard nothin' yet!


あれですね。今日本で売れてる人だと。

Fear, and loathing in Las Vegasとか1、2年後は一発屋的扱い受けてそう。

さらに自分らが中年になったぐらいの頃の懐かしのヒットチャート的なやつで

GReeeeNとRADとワンオクあたりがしつこいぐらい推されるとか…

そう、まるで懐かしアニメランキングの上位に登場するタッチと同じくらいにね!

未来のそういう番組が今から妙に楽しみだったりします。

トクダでした。

テーマ:
どうも

ドラマ「大奥」の「よもやww」ってセリフが結構ツボなトクダです。

さっき晩飯を喰っていると水焚きに青虫が入っていましてね。

靴を履けばザリガニに足を挟まれ、ココアを飲めば死んだハエを噛み潰し…

最近僕の身の回りで生物災害が多発してますね。バイオハザードですよこれは。

そういえば今日の英語の授業が非常に愉快でした。

先生が映画の話をし始めましてね。

オススメの映画や映画邦題の素晴らしさについて延々語ってらっしゃいました。

先生はどうやら主にロマンス系の映画が好みなんでしょうかね。

トップガンと最強のふたりをすごく推してましたね。

トップガンは僕の中のTSUTAYAで借りようと思いながら結局借りてないランキング第10位くらいの映画なんで

そろそろ借りて観てみようかな。

それと「最強のふたり」。これはもうマジで観たい映画なんですよね。

基本的に僕はアクション、ホラー、スリラー系以外の映画を大画面、大音響で観る意味が分からないので

ヒューマンとかロマンスを映画館に観に行くことはあまりないのですが

これは本当に悩みました。

首から下が麻痺した大富豪の車椅子老人のフィリップと、刑務所を出所したばかりの黒人青年ドリスの交流を描く本作。

実はこいつも邦題と原題に大きな差がありましてね。

原題はLes Intouchables

フランス語で「触れ合わない二人」

つまり「普通なら会うはずのないような二人」という意味のタイトルなんですが

そんな長ったらしく説明的なタイトルをつけるわけにもいかず

出した答えは「最強のふたり」。

作品の筋を損ねることなく人々の関心を引くような絶妙な邦題…

実に感服いたしましたね。

だいぶ話が横道にそれましたね。

英語の授業としては疑問の残る内容ではありましたけれど

話としてはなかなかに面白かったです。

デザイン科とかであんま洋画観ないって人もこれを機に観てみたらどうかね。

人生観が変わるレベルの名作、大作がゴロゴロあるよ。

腐女子多いんだから「フィリップきみを愛してる」とか勧めたいな。

刑務所の中で恋に落ちた二人のホモの話だぜ。

まあ色々観たけどなんだかんだで僕にとっての大事な一作は

ゴーストバスターズなんだよな。

もっと色々あるだろうと思われると思うが…どうしてもそれは譲れねえ!

ビル・マーレイ演じるピーター・ヴェンクマン博士の

「お前が玉無し野郎ってことは分かった」

ってセリフがなぜかメチャクチャ好きで…

あとリック・モラニスの「パーティにこないか?」

これは名シーン過ぎて当時のとんねるずかなんかの番組でパロディがあってたそうです。

なんかテンション上がって支離滅裂な記事になっちゃったよ。

いやあー映画っていいですねー。

もうこう来たら最後はあれでシメるっきゃないですね。


さよなら


さよなら


さよなら

テーマ:
この前スペシャでボブディランの特集がやってたんですが

近年のボブディランってだいぶ印象違いますね。明るいというかなんというか。





家にあるのははむかーしのCDだけなんで今のボブディランなんててんで知らなかったんですよ。

こいつは古臭くなり過ぎず、かつどこか懐かしい雰囲気も残しながら…まさに絶妙なんですよね。

Browin In The Wind(風に吹かれて)やThe Times They Are A-Changin'(時代は変わる)

みたいないかにもなスタンダードナンバーも最高に良いですけど。

軽快なサウンドのディランも違った風味を持っていてすごくかっこいいですね。

こんなに柔軟な人だとは思わなかったよ!…

「最近は街を歩いていても僕を知ってる若者がいない」みたいな事を以前言ってましたが

全然現役じゃないですかディランさん。

友部正人など日本音楽界にも多大な影響を与えたフォークの生き証人として

これからもどんどん素晴らしい楽曲を残していってほしいですね。


(追記)

ボブディランとフランクミラーって異常に似てね?


ボブ・ディラン(ミュージシャン)
$You ain't heard nothin' yet!


フランク・ミラー(アメコミ作家)
$You ain't heard nothin' yet!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。