距離 | もうすこし、生きてみようじゃないか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またかよ・・・、と、私は悶絶しながら呻いた。

 

 

 サビは私が寝転んでいると、その上をよく飛び越える。 飼い主を踏まないようにと

 

 

いう心構えは褒めてつかわすが、必ずと言っていいほどジャンプが足りず、後ろ足の

 

 

着地が私の体の上になる。 しかも、その着地場所が、ほぼ股間である。 股間率が

 

 

高いのも不思議だが、そのいかにも飛距離が伸びそうな、ジャンプ前の尻を振りなが

 

 

らの 「溜め」 は、いったい何だったのか。

 

 

 私の股間に着地した後、サビは鼻歌でも唄うかのように軽やかに、ひょいと押し入

 

 

れの上の段へ飛びの乗った。 それを無言で見つめる私。 わざとなのだろうか・・・。

 

 

 

 

 

亀九

 

 

 

 

 

↓参加しております! 1日1クリック、何とぞ、お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

皆様、いつもコメント、ランキングへのクリック、ありがとうございます!!

 

どんぐりさん おお!お久しぶりです!とろろサンクス! 柚子胡椒さん。

 

もちこさん。 香波玖さん。 ねこおばさんさん。 皆様のコメントに感謝!

 

 

 

 

 

豚骨醬油ラーメン食べましたよ。