もうすこし、生きてみようじゃないか・・・

 

 以前、自宅マンションの階段を覆う屋根の裏に、二羽の鳩が棲み着き階段を糞

 

 

まみれにしているという記事を書いたが、今もあの鳩夫婦は棲んでいる。 棲んで

 

 

やがる。 週に1度ほど業者が清掃しているが、階段はすぐに糞まみれになり、そ

 

 

こだけを見ると、まるで廃墟のようになっているわけだが、糞を踏まぬよう階段を

 

 

上り下りするのには慣れた。 糞まみれになっているのは1段か2段なので、上る時

 

 

は大股で跨ぎ、下りる時はピョンと飛び越える。 最近では、同じ階に住む人たちが、

 

 

どのようにして上り下りしているのかが気になったりしている。

 

 

 

 

 雨の日であった。 私は、よく降るな・・・、などと呟きつつコンビニへ行くため傘

 

 

を手に部屋を出た。 階段を下りはじめると、中ほどの2段が糞まみれになってい

 

 

る。 今日は2段か・・・、私はいつものように糞まみれの2段を踏まぬよう飛び越え

 

 

た。 その直後、

 

 

 

 

 

 

持っていた傘の先が手すりに当たった。 手すりに当たった傘の動きが止まる。

 

 

だが、もはや私は空中の人。 あっ、と思うも、もう遅い。

 

 

 

 

 

 

動きを止めた傘の柄が腹にズボッと入った。 かろうじて転倒はまぬがれたが、

 

 

ボディにいいのを喰らっちまった私は、しばし悶絶した。 鳩の糞を避けて傘の柄

 

 

が腹に突き刺さった人って、世界に何人いるだろう・・・。 チクショウめが・・・。

 

 

 私は屋根裏を勢いよく見上げた。 だが、鳩夫婦は外出中。 昼間はいつも留守

 

 

であった。 私は腹を摩りつつマンションを出た。

 

 

 

 

 

 

傘をさすと曲がっていた。 

 

 

 

 

 

 

 数分前まで、まさかこのような事態が待ち受けていようとは夢にも思わなかった。

 

 

本当に何があるか分からない。 私は曲がった傘で、雨を避けつつコンビニへ向か

 

 

った。 まあ、雨の日にコンビニを出る時、似たような傘が並ぶ傘立ての前で、いつ

 

 

も自分の傘を探してしまうが、この日はすぐに見つかった。

 

 

 

 

 

亀九

 

 

 

 

 

↓参加しております! 1日1クリック、何とぞ、お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

皆様、いつもコメント、ランキングへのクリック、ありがとうございます!!

 

左官屋女房さん。 葵順さん。 H.kousukeさん。 ねこおばさんさん いい

 

ですねー! 坂井綾花さん。 皆様のコメントに感謝!!

 

 

 

 

 

卵かけご飯食べましたよ。