音叉とエニアグラムで周波数をあげるセラピー。本来のワタシへ。ヒーリングサロン Pulse(パルス)

音叉とエニアグラムで周波数をあげるセラピー。本来のワタシへ。ヒーリングサロン Pulse(パルス)

エニアグラムで理解、頭に心が追い付かないときは身体にアクセス。音叉とアロマを使うハンドヒーリングで優しく、かつパワフルに体と気持ちを立て直していきます。ココロとカラダの調律師 まやこ(かまちょの部屋)

                    言葉




                     体




                     物




                     事






             全てのものに存在する周波数。






          疲れ、ストレスなどによってその数値は乱れ






             バランスを崩していきます。






      あなたの体と心、発する言葉と思考を音叉やアロマや主義によって調律します。


                 








                かまちょの部屋




                      HPこちら☆クリック


                     


                         


  line@もやっていまーす。

  ヒーリングサロンPulse で検索お願いします!

  きつい一言が不定期で届きます。

  Mっ気の強い方お願いしますw


  インスタグラムもやってます。

  MAYAKO_PULSE です。
















おかげさまで、ありがとうございます。

退院しました。

割と無理を言って、退院してきました。
病院にいたら、ゆっくり死んでいく道しかないと思ったので
ここは、自分の運命の力と応援してくださる皆様を信じて
食事療法で末期ガンが治ったデータを頼りに、それをどうしても実践したくなってしまったのです。

そもそも病というのは、池川明先生いわく
産まれる前に決めてきていて、治すというゲームのような
ツアーのオプションの様なものなんだそうですから
だとしたら、楽しんで治さないと意味が無いじゃないですか。

病院のこの苦しい抗癌剤の副作用に家族にも会えないカーテンに締め切られた孤独のベッドで耐えながら
砂糖いっぱいの病院食を食べて良くなる気がせんのです。
しかもベッドが防水だからね、汗だくでもシーツも替えて貰えない
着替えるのも人を呼ばなきゃできない環境。
毎日悪夢にうなされ、眠るのも怖くなってしまった。

病院食は早くに拒絶をしていたので、
オットに玄米と梅さんのにんじんジュースを届けてもらいながら
退院の打診ができるのを待ちました。

みなさんのご協力もあり
酸素ボンベなども自宅に入り介護認定も得られて
在宅医療のバックアップを受けながら
自宅療養のスタートです。

家に帰ってきただけで、久しぶりに悪夢も見ずにゆっくり眠ることができました。
しかもオットもそばにいてくれるし
初めて安心して眠れました。
いやー、これだけでかなりの薬でしょう。
久しぶりにお腹もすいて固形物を食べることができました。
そうすると力が湧いてきて、食べ物も大切さを痛感するわけですよ。

そもそもですけどPET検診てあるじゃないですか
あれってガンの場所を特定するためにブドウ糖をガンに食いつかせる検査なわけです。
砂糖にガンが反応するのなんてみんな知ってるはずなのに
なんでこんな砂糖だらけの食事がでるのか
マジで謎でした。
だから、糖断ちをして身体の代謝と免疫をあげて行ければ
ガンに変わってしまったものも、もとの姿に戻れる気がするんですよ。

そんな感じで、私の人生をかけた
病気治しゲームの始まりです。
自分の人生は楽しんで、自分で切り開く。
なんていいながら、ワタシの場合、皆様の応援付きですから
自分で切り開くってよりは
大きなプロジェクトにみんなで取り組んでるイメージ。

自宅に帰ってきたらダンボールの山で驚きました。
ヤマトの集配所か、お歳暮時期の堺正章の家かと思いました(笑)
基本オットが病院に運んでくれていたのですが、タンクや数リットルのお水や
パジャマやショールやあらゆる物が届いておりました。
本当にありがとうございました。
そのお気持ちだけで本当に充分です。
心傍にいてくださる方が、こんなにいてワタシは幸せです。

今回食事療法に切り替えると知らせた内輪の人達の中には
必要な食材をおくってくださったり、ご自分も共にあると実践まで一緒にしてくれる人もいたり、理解を示してくださる方が多くってうれしかった!
うまくいったことのある友人の話も聞けたし、あとは実践のみです。

すみれちゃんのおかげで、お世話になっている気功の先生のご協力もあおぐことができて百人力。
奇跡をみんなで起こすぞというワクワクで満ちています。
でも身体はリラックス。
代謝も上がってきました。

そんなわけで退院しました報告でした。
病院の投薬もちゃんと続けていますので、ご心配なくです。
たくさんの応援をありがとうございます。
また会える日にむけて頑張りますね。


まやこ
おかげさまで、ありがとうございます。

何名様からか「ゴールデンウィークは帰れたのでしょうか」というメールを頂戴しました。


帰っておりません。

放射線治療が始まり、それは連続治療であることと、副作用があることを鑑みて
一時退院はしないことになりました。

採血の結果を持って、化学療法二回目と放射線治療七回目がかぶるので
このあとの副作用がどうなるかと行った感じです。

放射線治療のあとは吐き気が増すのですが
昨日と一昨日は、久しぶりに吐き気がなく、食事を楽しむことができました。
結果として戻しはしたんですけど、嬉しかったです。
夫がその日ワタシが食べられそうだと申告するものを作って、ほぼ毎日届けてくれます。それが、非常に温かく嬉しいです。
結婚15年目にして、初めて夫婦になれているような気さえします。
共同作業というか。
何かに一緒に立ち向かうというか。
ウチは2人とも独立志向で、独立独歩だったので、これもまた病気のギフトなのかと思います。


癌を消す
という話が、ワタシの周りには溢れています。
宇宙と繋がってる治療家の方々や
そういった商品は自然療法や民間治療にはよくあるのです。
そしてワタシはそれらを(全てじゃないけど)信じているので、ある程度西洋医学の力で癌を小さくしたあとは、そちらに移行も考えております。
ワタシは戦争がしたい訳ではないので、自分に合ったものが過不足なくいい塩梅でくることを望みます。
どちらが劣ってて優れててという話はお好きな方におまかせします。
みんな「信じているものが優れていると思いたい」ものです。
それこそが宗教でありカルト的だと「自分がマス」だと思っている人は気づきません。
本物の宗教はそこに在らず。
祈りと念を使い間違えることもあるでしょう。
得意分野があれば、そこにお願いするというのが適材適所というものでしょ?


二回目の抗がん剤治療は、非常に穏やかなものでした。

物凄く眠くてずっと眠ったりウトウトすること4時間。
前回のように脊椎と仙骨が、カーーっとあつくなるという感覚もほとんど無く
仙骨まわりがほの暖かい感じで気持ちよく、ふわーっとしていました。
終わって休む間もなく放射線科へGO!
移動時間と待ち時間の方が長いぐらい放射線治療は5分強でおわります。
短!さっきのは4時間だったのに!

抗がん剤の効き目は大したもんで、あんなに進行していた肺の病理が鎮まるので
こきゅうがホント楽になるのです。

早く消したいなぁ。

みんな辛いでしょ辛いでしょと言ってくださるんですけど
つらくないです。 
我慢はありますし、苦しいこともありますけど
やれることがあるし、全然辛くない。
ワタシの笑顔は涙を堪えてる顔だとおっしゃる方も何人かいらっしゃるんですけど
基本はゲラですし、心底笑ってる気持ちではあるんですけど
そういう側面もあったということなんでしょうね。
すぐ泣いちゃうんですよ、最近(笑)
堪えなくなったということなのかしら。
嬉しくても悲しくてもすぐ泣いちゃう。
涙腺がバカになったのかな(笑)

苦しいことは沢山あるし痛い思いもしてるけど
辛いことはありません。
どちらかというと幸せなことばかり。

ホントの人間関係も見えてきますし
色んな方たちのスタンスも理解出来て面白いし
ふだんやりとりしない人の方がこういうときマメだったり
タイプの持つ特性っておもしろいなぁと観察しています。
色んな人間関係も潤滑になりました。
そして沢山の愛に包まれていることも受け取ることがだいぶ出来ました。

ガン消せなくてもいいから、もっともっと小さくして携帯したい。
疾患がある方が私自制が効きそうだし(笑)
病気だけどとても幸せです。
たくさん笑っています。


いつも読んでくださってありがとうございます。


お見舞い色々ありがとうございますm(_ _)m



近くのラグビー場から病院宛にエール。
医療従事者へ感謝。みんなのトゲトゲを溶かす。

いつかに続く。

おかげさまで、ありがとうございます。


令和2年の100円玉みっけ🎶

こんな些細なことに喜びながら、早いもので入院は1ヶ月をすぎました。

1日が過ぎるのは早い。
今日が何曜日かなんて全然わかんない。
そして早く過ぎてくれと思います。

今何がキツいかって、放射線治療の副作用である吐き気と頭痛。
放射線科の人はそれは放射線の副作用じゃないっていうんだけど
放射線治療を調べると典型的な副作用のように感じます。

放射線治療は、こんな機械で内側の幹部にだけ照射を行います。

場所がズレないよう、以前に撮ったCTにのっとって、体に赤と黒のペンで地図記号みたいなものがたくさん書きこまれます。
ワタシの体感としては、筆で何かを書かれているような、腸の中で何かが動いているような感覚があります。

まぁそんな治療を受けて、吐きまくってます。
ご飯は全く受け付けないので、胃液を吐いている状態ですが
ともかく免疫が下がらないようにβグルコンとフコダインと
ドテラのDDRと麻オイルを飲んでいます。
各提供者の皆様本当にありがとうございます。
ちゃんと飲んでます。
あ、あと梅さんの人参ジュースも助けになってます。ありがとう!


最近は髪の毛が尋常ではないほど抜けています。
抗がん剤が効いているようです。

何をするにも自分の髪の毛がまとわりついてきます。
ゴミの中でも髪の毛のゴミが本当にきらいなのに
ゴミを取って振り返るとまた落ちてる。
覚悟はしていたけど、こんな抜け方するんだな。
お風呂の度に犬3匹分のトリミングあとくらい抜けます。
もうすぐ落武者になりそう。

髪の毛が大量に抜けるにあたり
ふたつの感情が同時に走っていることに気付きました。


ずっと憧れていたかっこいい女性がやっている坊主やスキンヘッドにやっと挑戦できる喜びと
保育園に入る前、親に手を引っ張られて無理やりベリーショートにさせられ(父の好みで)毎日鏡を見ては「かわいくない」と泣いていた4歳のワタシの悲しみです。


坊主に挑戦できなかったのはその時々のパートナーの反対があったからで
カッコイイのになーー、なんで反対するんだろなんて思ってましたけど
まぁ理解は出来ますよね(笑)
ベリーショートにされたときは、入園式に園長先生に「はい、僕」と言われた
決定打があり、絶望したものでした。

成長過程で少しづつスカートを嫌煙したり、女の子っぽくより面白くを選択するようになり男の子と平等でありたいという気持ちが育っていきました。
小4には嫁(幼なじみ)とのつきあいも始まってましたから
少しは女の子の部分も残っていたと思います。

インナーチャイルドのいやし時だと感じます。
ワタシはかわいくなりたい女の子だったことを認めなくては行けない時が
やっときたのだと思います。
かっこいい女性や面白い人になれるよう選択を始めたのは遠い昔。
実際「まやこ」という名前の音が持つエネルギーは「ユーモアの人」でもあるので
もともとひょうきんなタチなんでしょうけど
「かわいい女の子になりたかった」そこを一度温め直してみてもいいのかもしれません。

無毛症のお客様もいるので、抜けていく過程を思い出します。
何とかここで立ち止まれないのかという気持ちも湧きます。
髪は女の命ですものね。
だからこそ、神様に使える女性は髪が長いのでしょうね。
神様に踊りをささげるフラや巫女舞などもそうですね。




御百度参りや21日参り、また毎日祈りを捧げてくださる皆様ありがとうございます。恐悦至極です。

大好きって言うのも言われるのも慣れていなくて
最初固まってたんですけど、みなさまのおかげでほぐれてきました。
ありがとうございます。

なかなか外にでれないゴールデンウィークでしょうけども
穏やかに健やかに皆様すごせますように。




いつかに続く。