第11回蒲田哲学カフェでした | なおひとずの空手と哲学カフェ日記
新型コロナウイルスに関する情報について

なおひとずの空手と哲学カフェ日記

空手と哲学を愛する中年のブログ

今日は蒲田で哲学カフェ開催してきました。

テーマ 「実際に会うことの意味とは何か?」

参加人数 5人

 

今回は4か月ぶりのリアル開催でしかもコロナ感染者が

爆増してるとニュースが流れる中での開催。

すさまじく逆風でしたが何とか開催できました。

 

対話としては実際に会って話すこととzoomのようなオンラインツールだけで

コミュニケーションすることの違いみたいなこと。

 

実際に会うと多くの情報を得られるけどオンラインだと

少ない情報でしかコミニュケーションできない。

 

それがオンラインで話すと疲れる原因だとか、いやいや余計な皮膚感覚

を排除して言語だけでやりとりできるからオンラインは良いんじゃないかとか。

 

実際に会うことは体験で、オンライン対話はただの情報のやりとりで体験ではなん

じゃないかとか。

 

実際に会って空間を共有していれば話さなくてもコミニュケーションは成り立って

いるんじゃないかとか。

 

2時間半色々な意見がでましたが自分的にはオンラインもオフラインも、リアルも

バーチャルもそれぞれメリットデメリットが同じくらいあるもんだと思いました。