介護マップ ブログ

介護マップ ブログ

共同メディアが発行する、愛知・三重・静岡の
地域介護支援マップ、介護マップのブログです

弊社は3月の非常事態宣言時は、「介護や医療関係者様との接触で万一があってはいけない」と早々に営業自粛を致しましたが、東京圏だけでなく名古屋圏でも再び新型コロナが流行の兆しを見せています。

 

春先の流行では医療機関の多くで混乱が見られましたが、新型コロナが疑われる時は

まずは「保健所(名古屋市は区保健センター)へ連絡」しましょう。

一部で「まずはかかりつけ医に相談」という報道もありましたが、まずは「保健所」の「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、その指示に従って「かかりつけ医」に連絡しましょう。

厚生労働省のHP(https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kenkou-iryousoudan.html#h2_2

 

 

)に相談する症状の基準がありますが、この基準はマストで、基準以下でも疑わしければすぐ連絡を。

現在は4月のような電話の繋がりにくさも余りないようです(名古屋市内調べ)。

 

またかかりつけ医行く前には、必ず電話で相談しましょう。特に発熱がある場合は予約制や駐車場待機など、医院ごとに対応が異なりますの。直接来院すると感染リスクに加え、余計な混乱やロスに繋がります。

 

施設や在宅で訪問診療、訪問看護、訪問介護などを受けている方は、やはり最初は保健所に相談。指示に従い、ケアマネや主治医に連絡してください。

 

特にかかりつけ医がいない人への紹介業務は、保健所や医師会ではしていません。

医療MAPや医師会HPなどで、近隣の内科医を探し、電話で相談してください。

介護マップ及び医療MAP、子育てまっぷ、介護べんり帳でお世話になっています皆様へ。

 

3月からの学校休校措置に始まり、名古屋市の一部での介護事業の一時停止措置、愛知県、全国での非常事態宣言と、コロナ禍および拡大防止のための取り組みが広がる中、弊社でも3月中旬以降、介護施設様への訪問自粛、医療・障がい・子育て施設への訪問停止、配布の延期などの措置を取って参りました。

国の日非常事態宣言が延長される中で、介護関係者様や医療関係者様を始めとする皆様の奮闘に頭の下がる思いです。

弊社としてもコロナ拡大防止のため、営業の自粛・延期など、今できる対策を続けていく予定です。

 

また「いざという時に役立つマップ」作成のため、感染症拡大防止等の情報も紙面を通じて発信できるよう、取り組みを進めたいと思います。

 

まだまだ終息が見通せない状況ですが、関係者の皆様と手を携え、Afterコロナの社会に貢献するため、頑張って行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

※2月末に発行した「介護べんり帳北部版」ですが、ケアマネ様や事業者様・公共機関様への配布が上記によりずれ込んでいる状況です。今しばらくお待ちください。

 

※当ブログの更新が長らく止まっていたことをお詫びいたします。こちらも皆様のお役に立つ情報発信を徐々に再開したいと思いますので、よろしくお願いします。

前回(https://ameblo.jp/kaigomap/entry-12484220471.html)、免許なしでも乗れるシニアカー(電動車イス)の紹介をしましたが、シニアカー家電製品(!車両ではなく)の中では、パーソナルモビリティに分類されるそうです。パーソナルモビリティ、つまり1人乗り移動機器は、“セグウェイ”に代表されるような乗り物です。

ただ、免許を返納したからいきなりセグウェイは、正直高齢者にハードルが高い。イベントでセグウェイに載ったゆるキャラが派手にこけるシーンを見たことがあり、尻込みする人は壮年・中年でも多そう。

 

そんなパーソナルモビリティの中でも、HONDAUNI-CUBhttps://www.honda.co.jp/UNI-CUB/specification/)はイス型で安定性がありますが、今注目なのが、岐阜県の会社、キュリオが開発したSCOOhttps://www.scoo-web.com/)。折りたたんで車に簡単に積めることが特徴で、見た目はなにかのトレーニング器具のようです。転ぶ心配はまずなく、イメージ映像だと本当に未来の道具感が出ています。また病院や役場など、建物内にも入れるようなので、車両の代わりというより、「進歩した靴」なのかも知れません。

 

シニアカー同様に免許不要で、なおかつ健康な人からもうらやましがられるかっこよさがあります。

 

名古屋市では、8月からSCOOの利用社会実験を始めます。大同大学の研究者と南医療生協の介護施設、病院が協力し、緑区のサ高住「おたがいさまの家」「かなめ病院」を拠点に、カーシェアリングのように希望者が登録し、利用する試みです。

悲惨な高齢者がらみの事故報道が増える中で、免許がなくても日常生活を十分に楽しめる社会が早く来るといいですね。

 

高齢者自動車事故が連日ニュースを賑わせていますが、免許返納には根強い反対意見もあります。

その理由の一つが、

「自動車を手放すと買い物難民になる」

というモノです。

スーパーやコンビニまで1km以上となると、高齢者でなくても歩くのはつらい。これからの季節、日射病の危険もあります。

病院までの通院がおっくうになれば、健康や命にも係わる問題です。

 

しかし、免許を返納しても運転できる車があります。それが通称シニアカー

見た目は原付のようですが、通常タイヤが3~4輪なので安定感抜群です。

法律上は電動車イスになるので、免許なしでも運転できます。

プロ野球の投手交代の時のカートや、ゴルフ場のカートと同じ分類ですが、もちろん公道を走れます。

(車道は走らないでください。歩道を走れます。)

バッテリーで動きます。充電は家庭でできます。

価格は20~50万円ぐらい。車イスなので、要介護者なら介護保険が使えます。

 

最高時速は6km/h。普通に歩くより速いです。1km先のスーパーまで信号なしなら10分です。

充電1回の走行距離は20~30km旅行には不向きです。20km先だと3時間でも着きません。

酒を飲んでの運転は、法律上は罰せられませんが、人にぶつけるとケガをさせる程度に大きくて重いのでやめましょう。

 

大抵は大きなカゴかラゲッジスペースがあります。食料品の買物ならまず問題はありません。大きな家電は厳しいです。

通常、屋根はありません。傘さし運転は危険です。雨の日の利用は控えましょう

狭い路地裏、人通りの多い商店街はちょっと苦手。大きな車体に、周囲の視線が冷たいかも。

 

シニアカーの大手、スズキの「セニアカー」を運転させてもらいましたが、坂道は電動機付き自転車より簡単に越せます。

坂の途中での停止や坂道発進もまず問題ありません。

 

駐車場も車検も自動車税も不要です。ランニングコストは電気代ぐらいでしょうか。

事故の確率は自転車以下だと思いますが、子どもをはねる可能性はあるので、歩行者か自転車用の任意保険がオススメ。

同居中の家族の誰かが車を運転しているなら、家族保険で十分です。

 

さて、シニアカーいかがでしょう。

通勤などで日常的に車を使ったり、共働きの両親に代わって幼い孫の世話をしょっちゅう見たりというのでなければ、

生活のかなりの部分はシニアカーでカバーできるのではないでしょうか。

ドライブや釣りやキャンプなど車必須のアウトドアが趣味でなければ、

車を手放して浮いたお金で、むしろ自動車旅行より豪華なツアーや電車旅が楽しめます。

 

「免許返納」に悩む高齢者がいたら、ぜひ検討をススメてみて下さい。

もちろん免許のある人、健康な若い人でも、購入や運転が可能です。

 

 

介護べんり帳最新版「2019愛知県西部版」が完成しました。6月から順次配布と販売を開始いたしますので、よろしくお願いします。

介護べんり帳でも在宅医療訪問歯科診療の掲載件数がずいぶんと増えましたが、在宅での介護・医療の需要が増え続けています。

それに伴い、駐車トラブルや、逆に駐車場のない場所なのでと介護の依頼をあきらめたり断ったり、というケースが増えているようです。

 

でも警察の許可があれば堂々と駐車禁止エリアに車両を止めたり、無用なトラブルを避けることもできます。

今一度しっかり交通ルールを確認し、車両の許可申請をしておきましょう。

<愛知県警・駐車許可の申請手続き>

http://www.pref.aichi.jp/police/shinsei/koutsu/chusha-shinsei/chusha/

 

後続車両やすれ違い車両が通れなくなるほどの細い道や、交差点内などはもちろん駐車ができませんが、駐車禁止エリアでも「介護」や「医療」目的であれば比較的スムーズに許可が取れるようです。

ケアマネ業務や接骨院・治療院の訪問マッサージ、訪問薬剤管理指導、障害福祉の居宅事業などでも同様に許可が取れます。

 

また許可がなく車が無人状態で5分以上経つと、駐車違反を取られる可能性があります。デイサービスの送迎や配食で、ビルの高層階に行く、車イスの乗降に時間がかかる等の場合は、許可申請をした方が良いかも知れません。

 

なお実際のトラブルは、対警察ではなく対ご近所の方が多いようです。

たとえ許可車両であっても他人の私有地や駐車場の入口などには停めるのは禁止です。

不要な近隣トラブルは利用者様の近所づきあいにも不利益になりますので、適切な対応を心がけましょう。