大容量のドロワーベンチを壁掛けテレビの下に提案!子供のおもちゃ収納をテレビ下に提案、その理由は… | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例を紹介します。

 

 

今回はオーク材のフローリングに

無垢材の引き戸(チャンネルオリジナルPTGK)

 

 

漆喰の壁、カップボードもオーク材

キッチン上にはレッドシダー無垢材が

貼られている内装でした。

 

 

さらに・・・

ワンポイント的に階段の壁がブルー色の

アクセントクロス(BA3059 シンコール)、

階段下収納のドアはネイビーブルー色

(LIXIL ヴィンティア)

が取入れられておりました。

 

 

そんな内装を活かすコーディネートを

提案させて頂きました。

 

オーク材の家具を中心に

ナチュラルコーディネートを提案

ワンポイント的にブラック色のチェアを

1本だけ提案!

 

 

ネイビーブルー色の壁紙とドアに

合わせてブルー系のクッションと

ブラック色のクッションをソファに設置!

 

 

全体的にはナチュラル色ですが

ブラック色とブルー色を少しだけ

取入れたナチュラルコーディネートを

演出させて頂きました。

 

 

家具をチョイスする上で

今回の間取り、設計に合わせたところが

あります!

 

それは・・・

 

テレビボードです。

 

今回はテレビボードというよりは

収納家具をテレビボードのように提案

幅80㎝のドロワーベンチを2つ

設置させて頂きました。

 

 

実は、今回のテレビは実際は壁掛けで

階段下に設けられたテレビの背面は

階段下収納となっており

配線などはすべて壁の裏側に

納まるよう計画されておりました。

 

 

 

そこで考えたのがドロワーベンチ

引き出し収納ベンチなのです。

 

 

リビングの隣には畳スペースがあり

ソファ前からソファ横にかけて

広がるスペースは格好の遊び場

そんな遊び場にお子さんのおもちゃ

を収納できる家具を設置したかったのです

 

 

もちろん階段下収納があるため

多くのおもちゃはそのスペースに

収納することができるでしょう!

 

でも毎日、毎回壁の奥に収納するのも

大変です!

子供たちが遊ぶおもちゃは

その時々によってよく遊ぶものが

決まってきます。

今回はそんなよく遊ぶおもちゃを

テレビの下に置いてはどうか?

という提案となります。

 

 

 

壁掛けのテレビならば

奥行38㎝とコンパクトな収納付ベンチは

ピッタリではないでしょうか?

 

引き出しは大容量の大きなタイプで

おもちゃを雑多に入れてもOKです。

 

また、ドロワーベンチのほか

ベンチシェルフもございます。

幅86㎝奥行43cm高さ43cmの

ベンチシェルフです。

 

今回は1本だけ畳コーナーに設置しました。

 

 

幅86㎝というのは90㎝の壁面に

ピッタリと納まります!

また、畳の大きさにもピッタリで

ちょうど半畳の畳の大きさと同じくらい

となります。

今回のような足元に取り付けられた

あかり取り窓の横の壁面に

幅86㎝の家具はピッタリと納まるのです

 

 

このような壁掛けテレビの下には

幅86㎝のドロワーベンチを2本並べて

設置するパターンと

 

 

 

ドロワーベンチを2本並べて設置する

パターンと2パターンの家具を

提案したいと思いました。

 

(他のコーディネート現場の写真です)

 

参考にしてください。