『家具が置きやすい間取り』ダイニングの十字型のダクトレールと南面に幅180㎝の壁がある間取り | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回の内装はベリッシュオーク柄の

フローリングとドアという明るく

グレージュ色のアクセントクロスと

(キッチン裏の壁)

グレージュ色のカーテンがある

リビングダイニング空間でした。

 

 

今回のリビングダイニングは

こんな間取りでした・・・

 

 

LDKで18.2畳ほどの空間で

この間取りは

「ダイニングの照明の取り付け方」と

「リビングの壁面(南側)の広さ」

という2つの点に注目し

この2つの要素のおかげで

”家具がとても設置しやすい間取り”

となりました。

 

 

その2つの点を図に表すと・・・

上の図の①と②となります。

 

①は天井につけられたダクトレールが

十字型となっていることに注目して下さい

 

 

ダイニングスペースは掃出し窓から

キッチンカウンターまでが1間半ほど

2m70㎝弱あり、

ダイニングスペースは

2m70㎝弱×2m70㎝弱の正方形です

この広さはダイニングスペースとしては

理想的な広さで

 

ダイニングテーブルをキッチンに対して

”縦置き”(キッチンと垂直方向)も

 

 

ダイニングテーブルをキッチンに対して

”横置き”(キッチンと平行方向)も

 

 

どちらも置くことができます。

2m70㎝という広さは

ダイニングテーブルの奥行き85㎝~90㎝

テーブルとカウンターの距離90㎝

テーブルと壁(窓)の距離90㎝を足すと

ちょうどピッタリとなる数字です。

 

つまりダイニングテーブルを

“縦置き”、“横置き”どちらにも置くことが

できる広さなのです。

 

 

そのことをあらかじめ考慮し

ダクトレールを天井に十字型に埋め込み

かわいいペンダントライト3灯を

テーブルの向きに合わせて

つけ替えることができるよう

考えてあったのです。

 

こんな考え方こそ

『家具から始める家づくり』で

ダイニングテーブルの置き方を

設計の段階で考えて照明が計画

されているという事となります。

 

つまり、「家具が置きやすい間取り」

となるのです。

 

 

次に紹介するのが

②の「リビングの壁の広さ」についてです。

 

通常、このようなリビングであれば

掃出し窓と掃出し窓の間に

90㎝ほどの壁があります。下記の図を参照

 

 

しかしながら今回の間取りは・・・

 

 

 

2つの窓がくっついており

その分西側(図面の下)に

幅180㎝ほどの広い壁面ができます。

 

こんなちょっとした窓の取付位置

を変えるだけで、

『家具が置きやすい間取り』となるのです。

 

先程もダイニングテーブルの配置図を

2つ載せましたが

リビングも2パターンの家具の配置を

提案します。

 

②の幅180㎝ほどの広い壁面があることで

こんな家具の配置が可能となるのです。

 

 

別の家具の配置パターンは・・・

 

 

こちらです。

今回BIGJOYが採用した家具の配置は

後者の家具の配置で

モデルルームとしたはこの配置の方が

間が空き過ぎないコーディネートとなる

と考え、採用しました。

 

 

①も②も家具の配置を

設計の段階で考えてあればこそ

照明のレールを十字型とし

窓の取付位置をずらし

南面に幅180㎝の壁をつくる

設計となったと思います。

(あくまで、この考え方はBIGJOYが

設計士の思いを推測したものです)

 

 

こんな発想こそ、

『家具から始まる家づくり』

リビングダイニングの使い方を考え

家具の配置を考え、

使い方(ソフト)から間取り(ハード)

を考えることだと思います。

 

 

現在、家づくりを進行中という方は

是非、今設計中の間取りを見て

具体的に使い方を考えてみて下さい。

家具の置き方を考えてみて下さい。

ソファ前が狭くなってないか?

ダイニングテーブルの位置と照明の位置

はあっているか?

ダイニングスペースの奥に家具を置くことを

想定すると照明の位置が少しずれる

ことを考えているか?

など、家具から考えるとちょっと修正したい

という点が出てくるものです。

 

インテリアショップBIGJOYでは

家具の置き方、家具の配置術を考え

間取りの問題点がないか

セカンドオピニオン的なアドバイスを

しております。

ハードからソフト、間取りに合わせて

家具を置くのではなく

ソフトからハード、家具の置き方

使い方に合わせて、間取りの良し悪しを

検証してみて下さい。

 

 

きっと家具から始まる家づくり・・・