広いダイニングスペースを活かした家具の配置術をご紹介!小学生のお子さんに最適なワークスペース | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はイタリアンノーチェ柄の床に

エルム色のドアという内装で

明るすぎず暗すぎない中間色の

LDKにウォールナット材の家具を

合わせたコーディネート事例です。

 

今回の投稿でもっともお伝えしたい

ことは・・・

 

ブログのタイトルにも書かせて頂きましたが

「広いダイニングスペースの活用方法」です

 

今回のLDKの間取りはこちらです。

 

 

キッチンカウンターから

南面の掃出し窓までが4m15㎝ほど

マンションのダイニングなどは

2m20㎝~2m50cmほどと比べれば

かなり広いスペースでした。

 

幅160㎝ほどのダイニングテーブルを

設置してもかなりスペースが余ります。

 

 

ピンク色の四角のスペースは

間口3m20㎝奥行1m40㎝ほどの

空間があり、

このスペースを何か活かせる

家具の配置はないかと考えました。

 

そこで考えたのが・・・

 

小学生のお子さんの勉強スペース

宿題から翌日の時間割ができる

空間を考えました。

 

それがこちらです。

 

 

図面にすると分かりずらい

かもしれませんが、写真で見ると

一目瞭然です!

 

 

対面型のデスク(幅180㎝)と

幅86㎝高さ70㎝のシェルフを

L字型に組み合わせた

家具の配置提案です!

 

対面型のデスクは裏面化粧した

BIGJOYオリジナルバージョンで

 

 

家具の表面をダイニング側とし

背面は家具の裏面となります。

 

 

家具の裏面とシェルフの側面を

L字型に組合せ

勉強机の横にランドセルラック

教科書や道具箱の置き場所としました。

 

 

対面型のデスクは壁のラインで

きれいに揃え、奥行き46㎝ほど

なのでデスクと壁の間に

幅86㎝のシェルフがぴったりと

納まります。

 

 

デスクの高さは70.5㎝ほど

シェルフの高さは70㎝なので

少しだけ高さが異なりますが

許容範囲だと思い

提案しました。

 

デスクに座って見える光景は

 

 

右斜め前にリビングのテレビが

 

 

正面はダイニングとキッチンが

見えます!

この対面型のデスクは

窓(壁)面を背にして勉強することが

できる最適な場所となりました。

 

 

リビングダイニングでお子さんが

勉強する際は、壁に向かって勉強する

のではなく、壁を背にして

勉強するのもかえって集中できるかも

しれませんよね!

また、こんなデスクの置き方は

大人になればオフィスでのデスクワークと

同じシチュエーションとなるため

集中してデスクワークをする練習にも

なると思います。

 

さて今回のコーディネートは

広いダイニングを活かす

対面型のワークスペースの提案

だけではありません。

 

リビング空間もとても広いため

大きなカウチソファを置くことができ

 

 

カウチソファの横にサイドテーブルを

置いてもリビング空間が狭くなりません

でした。

 

 

 

テレビボードも幅180㎝と幅60cmの

サイドチェストを設置し、

総幅2m40㎝の大きなテレビボードを

提案しても

壁面はまだ余るほど・・・

 

 

 

とても広いリビングダイニング空間を

活かすことができる家具の配置を

提案させて頂きました。

 

これだけ広いリビングダイニング空間

であれば、とても快適な暮らしと

なるように思いました!

 

ちなみにLDKで25畳ほどの空間でした。

 

 

 

参考にしてください。