もしかして発達障害?子育てに悩むお母さんが笑顔になる方法

もしかして発達障害?子育てに悩むお母さんが笑顔になる方法

悩みに寄り添う思いで、過去と進行形を記事にしていきます。

悩んでいらっしゃるお母さんに寄り添い、笑顔にしていく…それが私の生きがいです。
経験をもとに、心の在り方、捉え方や対応の仕方などをお伝えしていきます。

子育て支援カウンセラーの岡田和美です。

お読みいただきありがとうございます。


昨日は、WRAP(ラップ)について記事にしました。

「元気を回復するための行動プラン」のことです。



あなたが元気でいるために、

あるいは、元気を取り戻すために、

「できること」や

「これをすると気分がよくなること」を

元気の道具と呼びます。



元気に役立つことは、休むことであったり、

あるいは、活力を引き出すことかもしれません。



との関係や、居住・生活空間に関することも、元気に影響しているでしょう。


いい感じの自分でいられる空間を作るためにすることも、元気の道具に含まれるでしょう。



🔸元気を保つためにするといいこと

🔸元気を取り戻すためにしていること

🔸元気を取り戻すことができそうなこと


ひとりでできるものもあれば、

誰かと一緒にするもの。


身体を動かすものもあれば、

動かずにできるもの。


いつでもどこでもできるもの。

ちょっと贅沢なものなど。



「私」のために

「私」が作る

「私だけの」プランです。



では、具体的な「元気の道具箱」の作り方に進みます。

説明は、グループワークでの手順です。

①「自分の方法」をできるだけたくさん書いてください


②グループのメンバーに「自分の方法」を説明してください

実際はグループ毎4人で、1枚の紙に書き出しました。

鉛筆や黒のペンで


③他のグループの「方法」を見て、コメントを書き込んでください

色ペンで


④自分のグループに戻って、書いてあるコメントを読んでください


⑤自分の「道具箱」を作成してください

→紙に書き出しました。

たとえば、疲れているときのバロメーターに気づき、

そのときに、何をすればいいか知っておくといいですよね。



私の元気回復の1番は、「寝る」ことです。

それから、著書『発達障害から知る子育て』にも書いていますが、


心を整えるための、決まった本があったり、

スケジュール帳の表紙を開けたところには、

自分への励ましの言葉を書いています。


講座での、グループの「元気の道具」には、

音楽、温泉、ドライブなどがあって。


私の目をひいたのは、「コーヒーを淹れる」でした。

時間、香りを味わう…優雅な感じがします(笑)。



みなさんも、

「あなた」のために

「あなた」が作る

「あなただけの」プラン

ぜひ見つけてくださいね。



もし準備が必要なものでしたら、

すぐ取り組めるように、箱に入れて、

準備しておくといいですね。

それが「元気の道具箱」です。



「ブログで紹介してもいいよ!」という方法がありましたら、ぜひコメントで教えてくださいね。

みなさんと、共有させていただけたら嬉しいです。



著書『発達障害から知る子育て』は、全国の書店さん、Amazonでお買い求めいただけます。

また、Kindle版も発売されました。

ページへのアクセスはこちらからどうぞ。

https://amzn.to/2XqxJcl




昨日は、イシヅカマコトさんから、

コメントをいただきました。

手売りの本を渡すと、
パラパラと見ながら、うんうんとうなずき…
「買います!」と言ってくださった流れ。

かっこよかったなーと思い出します。

今、読んでくださっているんだな。
私の元気だ(笑)。
嬉しかった昨日も、幸せな日でした。

【子育て支援】

子育て中のお母さん・学校の先生を対象にカウンセリングを行っています。

新たに、中学生以上のお子さんにも対応します。

メニューはこちらで紹介しています。

【お茶会に行きます】

熊本・福岡で、お茶会を主催していただければ、参加しますよーという企画です。

詳しくは、こちらの記事で。

https://ameblo.jp/kachis0z0/entry-12510957388.html

【岡田レンタル】

交通費を出していただければ、場所を問わず、2時間タダで働きます。

詳しくは、こちらの記事で。

https://ameblo.jp/kachis0z0/entry-12527542745.html

ブログの記事はすべて、シェア・リブログ大歓迎です。

子育て支援カウンセラーの岡田和美です。

お読みいただきありがとうございます。


19()に参加した「心の病支援講座」で学んだWRAP(元気回復行動プラン)について、

今日は記事にします。



WRAP(ラップ)とは

毎日を元気で豊かに生きること。

また、気分を乱すような状況への気づきを高め、

調子が乱れたときに元気に向かうことを促してくれる、

自分で作る、自分のための行動プランです。



WRAP(ラップ)は、いわゆる精神的な辛さの経験をする人たちの、

グループによって考案されました。



きっかけは、自分と同じような気分の激しい浮き沈みを経験した人たちが、

どのようにして困難を切り抜けて、元気になり、

元気であり続けているのかについて、

メアリー・エレン・コープランドさんが始めた調査です。



メアリー・エレンさんはそれまで、

幻聴や幻覚を経験したり、

とても不安が強かったり、

深い抑うつの経験を持つ人たちは、

決してそれが治ることはなく、


一生、そのような状態に付け合っていかなければいけなくて、

人生の夢や希望を諦めなければならないと聞かされていました。



ですが、その調査から、

元気になるための簡単で安全な方法が

いくらでもあることがわかりました。



そして、そのような元気になるための方法を伝える、

ワークショップを行なっていたとき、

参加者のひとりから出された


「それらの方法を、生活のなかに生かすにはどうしたらよいでしょうか?」


という問いに応えるかたちで、

編み出されたのがWRAP(ラップ)です。




写真は、長女にすすめたTシャツです。

こういうノリ、好きなんですよねー()

長女も気に入って、部活動の練習で使っています。



講演で、WRAP(ラップ)の話を聴きながら、

思い出していました。

「スイッチ」のこと。

最近記事にした、「やる気スイッチ」に似てるなって。



やる気が出ない。

不調なサインの気づきには


🔸元気でいるために毎日することはなにか

🔸気分を乱すきっかけとなるような出来事はなにか

🔸調子が乱れていることを知らせる注意サインはなにか

🔸調子が悪くなっていることを示すサインはなにか


では、自分が元気になるためには?

ということで、このあとワークをしました。


続きはまた。



この講座に参加したのは、2年ぶりでした。

フランスでは、「発達障害という概念がない」と知ったのも、そのときでした。


当時との、私の大きな変化は、7月に出版したことです。


著書『発達障害から知る子育て』は、全国の書店さん、Amazonでお買い求めいただけます。

また、Kindle版も発売されました。

ページへのアクセスはこちらからどうぞ。

https://amzn.to/2XqxJcl




人の可能性を改めて感じました。

私も、周りの人たちを元気にできる存在に(祈)。


積み重ねができた昨日も、幸せな日でした。

【子育て支援】

子育て中のお母さん・学校の先生を対象にカウンセリングを行っています。

新たに、中学生以上のお子さんにも対応します。

メニューはこちらで紹介しています。

【お茶会に行きます】

熊本・福岡で、お茶会を主催していただければ、参加しますよーという企画です。

詳しくは、こちらの記事で。

https://ameblo.jp/kachis0z0/entry-12510957388.html

【岡田レンタル】

交通費を出していただければ、場所を問わず、2時間タダで働きます。

詳しくは、こちらの記事で。

https://ameblo.jp/kachis0z0/entry-12527542745.html

ブログの記事はすべて、シェア・リブログ大歓迎です。
子育て支援カウンセラーの岡田和美です。
お読みいただきありがとうございます。

イシヅカマコトさんとお話した日。
「乙武さんの本を読んでます」と聞いて、気になっていました。
イシヅカさんの、教育に対する志も感じたからです。



今、『ただいま、日本』を読んでいます。
共通する方向性がわかりました。
私も関心を寄せている「イエナプラン教育」です。





そしてつぶやきました。
イシヅカさんも、乙武さんも、波動が高い。
言葉のみなもとは、愛だな。


さわやかな余韻のある出会い。
感謝した昨日も、幸せな日でした。


著書『発達障害から知る子育て』は、長男の発達障害で知った、「子育て」について書いています。
全国の書店さん、Amazonでお買い求めいただけます。
Kindle版も発売されました。
ページへのアクセスはこちらからどうぞ。

【子育て支援】

子育て中のお母さん・学校の先生を対象にカウンセリングを行っています。

新たに、中学生以上のお子さんにも対応します。

メニューはこちらで紹介しています。

【お茶会に行きます】

熊本・福岡で、お茶会を主催していただければ、参加しますよーという企画です。

詳しくは、こちらの記事で。

https://ameblo.jp/kachis0z0/entry-12510957388.html

【岡田レンタル】

交通費を出していただければ、場所を問わず、2時間タダで働きます。

詳しくは、こちらの記事で。

https://ameblo.jp/kachis0z0/entry-12527542745.html

ブログの記事はすべて、シェア・リブログ大歓迎です。