Garden of Ψ · Dream of Φ

 

 

Garden of Ψ · Dream of Φ
 
Junichi Kakizaki will participate in and exhibit at the exhibition "Garden of Ψ · Dream of Φ" in Higashimukojima, Tokyo.  This exhibition is planned by Ayako Mino and supervised by Shigakogen Roman Museum Curator Kazufumi Suzuki, and is a homage exhibition commemorating the 100th anniversary of the birth of Yutaka Matsuzawa, a leading figure in conceptual art. It will start at 19:19 on March 19, 2022 and will disappear at 19:19 on March 19. Junichi Kakizaki will exhibit 22 works including new and unpublished works in this exhibition. In addition, Hiroyuki Oki will screen a video work "001001: Yutaka Matsuzawa + Kazuo Ohno Collaboration" that records the performances of Yutaka Matsuzawa, Kazuo Ohno, and Yoshito Ohno at Hasedera Temple in Nagano City in 2000.

Junichi Kakizaki 《voluptuous trap》 2010
 Installation, photo Photo: Junichi Kakizaki  
@Linderudkollen Skiarena, Oslo
 Copyright © ️ JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE + PEALab. All Rights Reserved.
 
 
 
 
Statement
 
In 1964, there was an artist named Yutaka Matsuzawa who established the conceptual art after receiving the revelation "Erase the objects". What does "erase the object" mean? We think what Matsuzawa was saying was that even if the material "things" disappeared, they still exist, and that is the truth. Therefore, it can be said that Matsuzawa, who died in 2006, still exists in a quantum manner.
2022 is the 100th anniversary of Matsuzawa's birth, and in this milestone year, how can Yutaka Matsuzawa and her currently alive Tists communicate with each other through the exhibition? We hope that this exhibition can be developed as a place to put it into practice.
                                           
── Ayako Mino
 
 
 
 
──────────────────
Exhibition info
 
Title: Garden of Ψ  ·  Dream of Φ
Period: March 19th (Sat) - March 27th (Sun), 2022
Venue: Next to Hojo Komuten
Higashi-Mukojima, Sumida-ku, Tokyo
Open hours: 12: 00-19: 00 (Starts at 19:19 PM on March 19th)
Open every day during the opening period
Free entrance
URL:

 

 


Artists:
Riki Akahoshi 
Shu Isaka + Benjamin Efrati 
Hiroyuki Oki 
Junichi Kakizaki 
Haruka Saito 
Sung Nam HAN 
Yoshiya Hirayama 
Yutaka Matsuzawa 
Ayako Mino
 


Planning: Ayako Mino
Supervise: Kazufumi Suzuki 
(Curator of Shigakogen Roman Museum) 
 
Cooperation: 
Hojo Komuten Co., Ltd.
ANOMALY
MUJIN-TO Production
naonakamura
+PEALab. 
Alexandre Talva 
Mio Hanaoka
 
Grant: Asahi Shimbun Cultural Foundation
Support: MATSUZAWA Yutaka Psi ROOM Foundation
 
 
Junichi Kakizaki《Inside and outside of Lilim's head》2005
  Photography, Sculpture  Photo: Junichi Kakizaki
@Moderna Dansteatern - MDT, Stockholm
©JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
 
  
 
JunichiKakizaki《Traces of someone of wind》2010
Photogjraphy, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
@Rønningen folkehøgskole, Oslo
©JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
 
  
 
Junichi Kakizaki《Mr. O》 2010
Photography, Sculpture  Photo: Joji Okamoto
@Gjerdrums, Oslo
©JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
 
 
 
 

Junichi Kakizaki Exhibited 22 works

Exhibition by installation
〈Homage to Yutaka Matsuzawa〉
① 《your breasts》 2022  
Sculpture, Installation  *New work
② 《The cut surface of breasts watching dead》 2022
Sculpture, Installation  *New work
➂ 《moribund swan》 2022  
Sculpture, Installation  *New work

④ 《MY OWN DEATH - Mail art from Matsumoto Art Center》 2022  Paper, Printing, Mail art  *New work

Exhibition by digital monitor
⑤ 《voluptuous trap》 2010  
Photograph, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑥ 《Inside and outside of Lilim's head》 2005  Photograph,  Sculpture  *Unpublished work
Photo: Junichi Kakizaki
⑦ 《Traces of someone of wind》 2010  
Photograph, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑧ 《Almunge's bird's nest》 2005  
Photograph, Sculpture, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑨ 《Haro》 2010  
Photograph, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑩ 《Humleblomster in anthill》#1  2010  
Photograph,  Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑪ 《Humleblomster in anthill》#2  2010  
Photograph, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑫ 《Wandering Spirit》A  2010  
Photograph, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑬ 《Wandering Spirit》B  2010  
Photograph, Installation  Photo: Junichi Kakizaki
⑭ 《Shampoohat Betty Boop》 2010  
Photograph, Sculpture  Photo: Joji Okamoto
⑮ 《Noname》 2010  
Photograph,  Sculpture  Photo: Joji Okamoto
⑯ 《Portrait of old Mr. Kazuo Ohno》 2010  Photograph, Sculpture  Photo: Joji Okamoto
⑰ 《Nirvana of Kazuo Ohno》 2010  
Photograph, Sculpture  Photo: Joji Okamoto
⑱ 《Those who observe the end of Mr. O》 2010  Photograph, Sculpture  Photo: Joji Okamoto
⑲ 《Last vomit》 2010  
Photograph, Sculpture  Photo: Joji Okamoto
⑳ 《Mr. O》 2010  
Photograph, Sculpture  Photo: Joji Okamoto
㉑ 《Metaphor for The Monolith, Vigeland installation》 #2  2010  
Photograph, Installation  Photo: Joji Okamoto
㉒ 《Metaphor for The Monolith, Vigeland installation》 #1  2010  
Photograph, Installation  Photo: Joji Okamoto
 





Opening 
Talk event "Egg of Ω"

Date and time: March 19 (Sat), 2022 19:19 -
Venue: Next to Hojo Komuten

Guest: 
Yasutaka Hayashi (Chim ↑ Pom)
Roger McDonald (AIT) * Online
Shinya Watanabe (Independent Curator)
Moderator: Kazufumi Suzuki (Shigakogen Roman Museum)
 
Artists: 
Riki Akahoshi
Shu Isaka
Hiroyuki Oki
Junichi Kakizaki
Sung Nam HAN
Yoshiya Hirayama
Ayako Mino
 
Observer: Everyone who gathered at the venue
 
Yasutaka Hayashi  from  Chim↑Pom 
Courtesy of the ANOMALY and MUJIN-TO Production
 Photo: Memi Kakizaki
 
  
 
Roger McDonald (AIT) 
*Online
 
 
  
 
                                                     Shinya Watanabe
Indipendent curator

 

 
 
*Anyone can participate (limited to the first 50 people).  *On the day of the event, as a measure against corona, admission will be restricted flexibly so that visitors will not be crowded. Also, be sure to wear a mask and disinfect your fingers.
 
 
 
 

 
Yutaka Matsuzawa 《Psi Corpse from The Whole Works》 1964 
Paper, printing  Private collection
 
 
 
Sung Nam HAN 《onna》 2021  Planar installation
 
 
 
 

Hiroyuki Oki 《20220214》 2022   Drawing

 
  
  
 
Hiroyuki Oki 《001001 : Yutaka Matsuzawa + Kazuo Ohno collaboration》 2001  Video  @Hasedera Temple, Nagano
 
 
   
 
Yoshiya Hirayama 《random gift》 2021  Installation
 
 
 
 
Haruka Saito 《The shape of the shadow is a mountain》 2017
Video installation
 
 
 
Ayako Mino 《Mound/Vessel》 2012  Installation
 
  
 
 
Riki Akahoshi 《Unveiling》 2020  Farmer Okirakuya-Stay Project
 
 
 
 
Shu Isaka 《The Sprite*Thunder》 2021  3DCG
 
   
 
 
Benjamin Efrati 《GNOZO show》 2012 -   Online talk show
 
 
 
  
 
 
Cooperating:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ψの庭 ・ Φの夢

 

 
 
東京東向島での展覧会「Ψの庭・Φの夢」に 柿崎順一が参画・出展します。この展覧会は三野綾子が企画、長野県山ノ内町立志賀高原ロマン美術館 学芸員の鈴木一史がスーパーバイズするもので、概念美術の第一人者である松澤宥の生誕100年を記念するオマージュ展です。松澤宥と9人の現代アーティスト達による9組のグループショウです。2022年3月19日19時19分より開始され19日19時19分に消滅します。柿崎順一はこの展覧会に新作・未発表作を含む22作品を出品します。また、大木裕之は2000年 長野市の長谷寺で行われた松澤宥と大野一雄、大野慶人による公演の様子を記録したビデオ作品《001001 : 松澤宥+大野一雄コラボレーション》を上映します。
 
 

柿崎順一 《voluptuous trap l 官能的な罠》 2010

インスタレーション、写真 Photo: Junichi Kakizaki
@Linderudkollen Skiarena, Oslo
 ©️ JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
 
 
 
ステイトメント
 
1964年に「オブジェを消せ」という啓示を受け、概念芸術を打ち立てた松澤宥というアーティストがいた。「オブジェを消せ」とは、一体どういう意味であろうか。 松澤の言わんとしていたこととは、物質的な“もの“ が消滅したとしても存在するもの、それこそが真実であるということであったように思う。ということは、2006年にこの世を去った松澤は今も量子的に存在していると言えるだろう。
2022年は松澤の生誕100周年という記念の年であり、この節目の年に松澤宥と今現在生存しているアー ティストたちが展覧会を通して、いかにコミュニケーションを取り合えるのか。本展覧会ではその実践の場として展開できれば、と考えている。
 
                   ─ 三野綾子
 
 
──────────────────
展覧会概要
 
タイトル:Ψの庭 ・ Φの夢
会期:2022年3月19日(土)‒ 3月27日(日) 
会場:東向島 北條工務店となり
住所:東京都墨田区東向島3-22-10
アクセス:東向島駅より徒歩9分、曳舟駅より徒歩9分
開館時間:12:00〜19:00(19日は19:19〜)
開期中無休
入場無料

 

 

 

参加アーティスト:
赤星利樹
伊阪柊+Benjamin Efrati
大木裕之
柿崎順一
齋藤春佳
韓成南
平山好哉
松澤宥
三野綾子
 


企画: 三野綾子
企画協力: 鈴木一史 
(志賀高原ロマン美術館 学芸員)
 
協力:
株式会社 北條工務店
ANOMALY
無人島プロダクション
ナオ ナカムラ
+PEALab.
アレクサンドル・タルバ
花岡美緒
 
助成: 公益財団法人 朝日新聞文化財団
後援: 一般財団法人 松澤宥プサイの部屋
 
 
柿崎順一  《Inside and outside of Lilim's head | リリムの頭の中側と外側》  2005
写真、彫刻 Photo: Junichi Kakizaki
@Moderna Dansteatern - MDT, Stockholm
©JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
 
 
 
柿崎順一 《Traces of someone of wind l 誰かの風の痕跡》 2010
写真、インスタレーション Photo: Junichi Kakizak
@Rønningen folkehøgskole, Oslo
©JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.

 
  
 
 柿崎順一 《Mr.O l O氏》  2010
写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
@Gjerdrums, Oslo
©JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
 
 
 


柿崎順一 出展作品 22点

インスタレーションによる展示
〈松澤宥へのオマージュ〉
①《your breasts | あなたの両の乳房》 2022年 
  彫刻、インスタレーション ※新作
②《The cut surface of breasts watching dead | 死に見せ乳房の切断面》 2022年 
  彫刻、インスタレーション ※新作
➂《moribund swan | 死に詰める白鳥》 2022年
  彫刻、インスタレーション ※新作

④《MY OWN DEATH - Mail art from Matsumoto Art Center | 私の死 松澤宥─マツモトアートセンターからのメールアート》2022年 
  紙、印刷、メールアート ※新作

デジタルモニターによる展示
⑤《voluptuous trap l 官能的な罠》2010年 
  写真、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑥《Inside and outside of Lilim's head | リリムの頭の中側と外側》2005年 ※未発表作
  写真、彫刻 Photo: Junichi Kakizaki
⑦ 《Traces of someone of wind l 誰かの風の痕跡》2010年 
  写真、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑧《Almunge's bird's nest l アルムンゲの鳥の巣》 2005年 
  写真、彫刻、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑨《Haro l ハロ》 2010年 
  写真、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑩《Humleblomster in anthill l 蟻塚にホップの花を挿す》#1 2010年 
  写真、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑪《Humleblomster in anthill l 蟻塚にホップの花を挿す》#2 2010年 
  写真、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑫《Wandering Spirit l 霊の彷徨》A 2010年 
  写真 、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑬《Wandering Spirit l 霊の彷徨》B 2010年 
  写真、インスタレーション Photo: Junichi Kakizaki
⑭《Shampoohat Betty Boop l シャンプーハット ベティー・ブープ》 2010年 
  写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
⑮《Noname l ノーネーム》2010年 
  写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
⑯《Portrait of old Mr. Kazuo Ohno l 大野一雄翁の肖像》 2010年 
  写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
⑰ 《Nirvana of Kazuo Ohno l 大野一雄涅槃図》 2010年 
  写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
⑱ 《Those who observe the end of Mr. O l O氏の臨終を看取る者達》 2010年 
  写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
⑲ 《Last vomit l 最後の嘔吐物》 2010年 
  写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
⑳ 《Mr.O l O氏》 2010年 
  写真、彫刻 Photo: Joji Okamoto
㉑ 《Metaphor for The Monolith, Vigeland installation l モノリス、ヴィーゲランインスタレーションのメタファー》#2   2010年 
  写真、インスタレーション Photo: Joji Okamoto
㉒ 《Metaphor for The Monolith, Vigeland installation l モノリス、ヴィーゲランインスタレーションのメタファー》#1 2010年
  写真、インスタレーション Photo: Joji Okamoto
 



 オープニング企画
トークイベント「Ωの卵」

日時:2022年3月19日(土)19時19分〜
​会場:東向島 北條工務店となり
 
ゲスト:
林靖高 (Chim↑Pom)  
ロジャー・マクドナルド (AIT)  ※オンライン
渡辺真也 (インディペンデントキュレーター)
​モデレーター:鈴木一史 (志賀高原ロマン美術館)
 
アーティスト:
赤星利樹
伊阪柊
大木裕之
柿崎順一
韓成南
平山好哉
三野綾子
 
オブザーバー:会場にお集まりいただいた全ての皆様
 
林靖高 from Chim↑Pom
Courtesy of the ANOMALY and MUJIN-TO Production
Photo: Memi Kakizai
 

  

 
ロジャー・マクドナルド (AIT) ※オンライン参加

 

 
 
 

渡辺真也 (インディペンデントキュレーター)

 
 
 
※トークイベントはどなたでもご参加いただけます (先着50名様限定)。※当日はコロナ対策の為、入場者が密集しないよう臨機応変な入場制限を行います。また、必ずマスク着用と手指の消毒をお願いします。
 
 
 
 

 松澤宥 《プサイの死体遺体》 1964 紙、印刷 個人蔵
 
 
 
 
韓成南 《onna》 2021 平面インスタレーション
 
 
 
大木裕之 《20220214》 2022 ドローイング
 
 
 
大木裕之 《001001 : 松澤宥+大野一雄コラボレーション》 2001
 ビデオ @長谷寺、長野市
 
 
平山好哉 《random gift》 2021 インスタレーション
 
 
 
齋藤春佳 《影の形が山》 2017 映像インスタレーション
 
 
 
三野綾子 《Mound/Vessel》 2012 インスタレーション
 
 
 
赤星利樹 《お披露目会》 2020 農家 おきらくや - 滞在プロジェクト
 
 
 
伊阪柊 《The Sprite 雷*霊》 2021 立体、3DCG
 
 
 
Benjamin Efrati 《GNOZO show》 2012 -  オンライントークショー
 
 
 
 
 
 
協力各位:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chim↑Pom from Smappa!Group : Happy Spring                                                                                               In collaboration         with Junichi Kakizaki                                      




The retrospective exhibition "Chim ↑ Pom: Happy Spring" at Mori Art Museum starts on Friday February 18, 2022, Junichi Kakizaki will be exhibiting two works of "Radiation-Exposed Flowers Harmony" photograph and "Radiation-Exposed Flowers Harmony" sculpture, which I co-produced with Chim ↑ Pom in 2011. Please see the passage of time for 10 years since then.


 
Build-Burger  2018
Mixed media (3 layers of concrete floors cropped from “Ningen Restaurant,” various furniture and objects from each floor of the building)
400 x 360 x 280 cm (left), 186 x 170 x 155 cm (right)
In cooperation with Ningen Restaurant, Smappa! Group, Koto Hiroya
Private collection (left)
Courtesy: ANOMALY, Tokyo
Installation view: Grand Open - Marvelous Liberation -, ANOMALY, Tokyo, 2018
Photo: Morita Kenji
 
 
 


Period
2022.2.18 [Fri] - 5.29 [Sun]
Open every day
 
Open Hours
10:00-22:00 (Last Admission: 21:30)
* 10:00-17:00 on Tuesdays (Last Admission: 16:30)
* Open until 22:00 on Tuesday, May 3, 2022 (Last Admission: 21:30)
 
Venue
Mori Art Museum (53F, Roppongi Hills Mori Tower) et al.
 
Admission
[Weekdays]
Adults 1,800 yen (1,600 yen)
Students (University/Highschool) 1,200 yen (1,100 yen)
Children (Age 4 through Junior High School Students) 600 yen (500 yen)
Seniors (Ages 65 and over) 1,500 yen (1,300 yen)
 
[Saturdays, Sundays and Holidays]
Adults 2,000 yen (1,800 yen)
Students (University/Highschool) 1,300 yen (1,200 yen)
Children (Age 4 through Junior High School Students) 700 yen (600 yen)
Seniors (Ages 65 and over) 1,700 yen (1,500 yen)
 
* ( ) = Admission when purchased online.
 
 

 

Gold Experience  2012
Tarpaulin balloon, mixed media
650 x 800 x 600 cm
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
Installation view: Chim↑Pom, PARCO Museum, Tokyo, 2012
 
 


The "Chim ↑ Pom: Happy Spring" is a truly rich and unusual exhibition, and I am proud of being an exhibitor. Junichi Kakizaki is exhibiting only two works, but I would like everyone to take a look at the entire exhibition, follow in the footsteps of Chim ↑ Pom, deepen their understanding, and experience its grandeur.
 


“A Drunk Pandemic”  2019-2020
Private collection
Commissioned and produced by Manchester International Festival and Contact, 2019
Curated by Contact Young Curators
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
Photo: Michael Pollard
 
 
 



Junichi Kakizaki co-production 2 works:

① 《Radiation-Exposed Flowers Harmony》2011/2022
Chim ↑ Pom with Junichi Kakizaki
Sculpture (Ikebana), mixed media
W163 x H103 x D79
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo

➁ 《Radiation-Exposed Flowers Harmony》Documentation photo  2011
Chim ↑ Pom with Junichi Kakizaki
Photograph, color print
Photo: Kei Miyajima
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo

Radiation-Exposed Flowers Harmony  2011
Chim↑Pom, In collaboration with Junichi Kakizaki
Plants, other   Sculpture, Mixed media
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
Installation view: "Real Times" Exhibition, MUJIN-TO Production, Tokyo 2011
Photo: Miyajima Kei
© Chim↑Pom / Junichi Kakizaki
 
 



 
URL:
 
U.S.A. Visitor Center (from the project "The other side")  2017
Giclee print
66 x 100 cm
Collection: Miyanomori Museum of Art, Sapporo
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
Photo: Matsuda Osamu
 
 
 

 
About the Exhibition
 

Street  2017-2018 
On-site installation   Dimensions variable
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
Installation view: Asian Art Biennial 2017, National Taiwan Museum
of Fine Arts, Taichung, 2017-2018
Photo: Maeda Yuki
 
 
May, 2020, Tokyo (Hey-rasshai) - Drawing a Blueprint -  2020
Cyanotype print, gelatin, canvas, iron frame
175.5 x 352.3 x 4.5 cm
Takahashi Ryutaro Collection, Tokyo
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
Production view: Shinjuku, Tokyo
 
 
 
 
Don’t Follow the Wind  2015-
Courtesy: Don’t Follow the Wind Committee
 
 
 
 
Making the Sky of Hiroshima "PIKA!"  2009
Lambda print, video
66.7 x 100 cm (photo), 5 min. 35 sec. (video)
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
Photo: Cactus Nakao
 
 
 
LEVEL 7 feat. “Myth of Tomorrow”  2011
Acrylic on paper, PVC panel, video and others
84 x 200 cm (painting), 6 min. 35 sec. (video)
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
 
 


SPEECH (from the project “Thank You Celeb Project I’m BOKAN” )  2007
Video
1 min. 53 sec.
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo



Crowdfunding for New Art Project Crying Museum:

“Crying Museum” illustration/referential image




Chim↑Pom 
@Köln
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production
Photo: Seiha Yamaguchi
 
 
 
 
 URL:

 

 

 
 
 
 
 
 
 

Chim↑Pom展:ハッピースプリング                               Chim↑Pom from Smappa!Group                                                                                            In collaboration with Junichi Kakizaki                                     


 
2022年2月18日(金)より森美術館にて開催されるChim↑Pomの大型回顧展「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」に柿崎順一は、2011年 Chim↑Pomと共同制作した《被曝花ハーモニー》写真作品と《被曝花ハーモニー》彫刻作品の2作品で参加出展します。あれから10年、時の経過をご覧ください。

 
《ビルバーガー》 2018年
ミクストメディア(にんげんレストランのビルから切り出された3階分のフロアの床、各階の残留物)
400×360×280 cm(左)、186×170×155 cm(右)
素材提供:にんげんレストラン、Smappa! Group、古藤寛也
個人蔵(左)
Courtesy: ANOMALY(東京)
展示風景:「グランドオープン」ANOMALY(東京)2018年
撮影: 森田兼次
 
 

 
会期
2022.2.18(金)~ 5.29(日)
会期中無休
 
開館時間
10:00~22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし5月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
 
会場
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)ほか

 

 
料金
[平日]
一般 1,800円(1,600円)
学生(高校・大学生)1,200円(1,100円)
子供(4歳~中学生)600円(500円)
シニア(65歳以上)1,500円(1,300円)
 
[土・日・休日]
一般 2,000円(1,800円)
学生(高校・大学生)1,300円(1,200円)
子供(4歳~中学生)700円(600円)
シニア(65歳以上)1,700円(1,500円)
 
※専用オンラインサイトでチケットを購入すると( )内の料金が適用されます。

 

 
《ゴールド・エクスペリエンス》 2012年
ターボリン製バルーン、ミクストメディア
650×800×600 cm
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
展示風景:「Chim↑Pom展」パルコミュージアム(東京)2012年
 

 
「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」は、本当に濃厚で類稀な展覧会になっていると、一出展者でありながら自負します。柿崎順一はニ作品のみの出展ですが、皆様には展覧会全体を是非ご覧いただき、Chim↑Pomのこれまでの足跡を辿ると共に、理解を深め、その壮大さをご体感いただきたいと思います。
 
 

《酔いどれパンデミック》 2019-2020年
個人蔵
委託制作:Manchester International Festival and Contact, 2019
企画:Contact Young Curators
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
撮影:Michael Pollard
 
 
 




柿崎順一共同制作2点:
 
① 《被曝花ハーモニー》2011/2022年 
Chim↑Pom with 柿崎順一
彫刻 (いけばな)、ミクストメディア
W163 × H103 × D79
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo

➁ 《被曝花ハーモニー》記録写真  2011年
Chim↑Pom with 柿崎順一
写真、カラープリント
撮影: 宮島径
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production, Tokyo
 
《被曝花ハーモニー》 2011年 
Chim↑Pom, In collaboration with Junichi Kakizaki
植物、ほか 彫刻 (いけばな)、ミクストメディア
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
展示風景: Chim↑Pom展 「REAL TIMES」 無人島プロダクション  (東京)  2011年
撮影: 宮島径
© Chim↑Pom / Junichi Kakizaki
 




 
URL:

 

《USAビジターセンター》(「ジ・アザ―・サイド」プロジェクトより)2017年
ジークレープリント
66×100 cm
所蔵:札幌宮の森美術館
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
撮影:松田 修
 
 
 
 

開催概要
 
タイトル
Chim↑Pom展:ハッビースプリング
 
 

《道》 2017-2018年
オンサイト・インスタレーション
サイズ可変
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
展示風景:「アジア・アート・ビエンナーレ2017」国立台湾美術館(台中)2017-2018年
撮影:前田ユキ
 
 
 
《May, 2020, Tokyo(へいらっしゃい)―青写真を描く―》 2020年
サイアノタイププリント、ゼラチン、キャンバス、鉄フレーム
175.5×352.3×4.5 cm
所蔵:高橋龍太郎コレクション(東京)
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
制作風景:東京、新宿
 
 
 
 
 
「Don’t Follow the Wind」 2015年-
Courtesy: Don’t Follow the Wind Committee
 
 
 
 
《ヒロシマの空をピカッとさせる》  2009年
ラムダプリント、ビデオ
写真:66.7×100 cm、ビデオ:5分35秒
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
撮影:Cactus Nakao
 
 
《LEVEL 7 feat.『明日の神話』》 2011年
アクリル絵具、紙、塩化ビニール板、ビデオ、ほか
絵画:84×200 cm、ビデオ:6分35秒
所蔵:岡本太郎記念館(東京)
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)
 

《スピーチ》(「サンキューセレブプロジェクト アイムボカン」より) 2007年
ビデオ
1分53秒
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production(東京)



《くらいんぐみゅーじあむ》事前予約受付中

アートプロジェクト《くらいんぐみゅーじあむ》では、展覧会場内に託児所を開設します。子育て中の方はぜひ《くらいんぐみゅーじあむ》を利用して、展覧会を鑑賞しませんか。専用ウェブサイトから事前に予約をしてください。

《くらいんぐみゅーじあむ》イメージ

新作アートプロジェクト《くらいんぐみゅーじあむ》で、クラウドファンディングを実施
注目のリターンはオリジナルの「ぬり絵」、コンテストも開催

展覧会場に託児所を開設する新作のアートプロジェクト《くらいんぐみゅーじあむ》では、託児所の運営資金の調達を目的としたクラウドファンディングを実施します。子育て世代がなかなか気軽に美術館に足を運べない当世日本の社会事情に想を得た本プロジェクトですが、ご支援いただく金額によって、託児所を運営できる日数が決まります。目標金額は400万円とし、ストレッチゴールを設定します。支援金額は1,000円から33万円(税込)まで6コースで、リターンもさまざま。なかでも注目のリターンは、Chim↑Pom作のオリジナルぬり絵(各コース共通)。提供されるぬり絵データで、思い思いにぬり絵を楽しむのみならず、本プロジェクトの関連イベントとして実施する「ぬり絵コンテスト」に応募することができます。Chim↑Pomのほか、会田誠、東村アキコ、河村康輔が審査員として受賞作品を決定します。


Chim↑Pom 
@Köln
Courtesy: ANOMALY and MUJIN-TO Production
撮影:山口聖巴
 
 
 
 
 URL:

 

 

 
 
 
 
 
柿崎順一 :
PETITS MONSTRES DES FLEURS DE PARIS Ⅱ
パリの小さな花の怪獣たち Ⅱ

《Prickly monsters discussion l トゲトゲ怪獣達のディスカッション》
JUNICHI KAKIZAKI 2011 
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab. 



2020年 3月13日 - 18日
13:00 - 18:00

ギャラリー・レ・ヴァンシス・シェーズ
パリ 18区 ポロンソ通り 47




入場無料



2011年の柿崎順一のパリでの初個展「パリの小さな花の怪獣たち」から9年が経過しました。今、怪獣たちがパリに再び上陸します。
※13日〜15日の展示にはワークインプログレス(進行中の作業)が含まれます。プレビュー 13~15日、公式オープン 16~18日。


《Prickly monster l トゲトゲ怪獣》JUNICHI KAKIZAKI 2011
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab.





ヴェルニサージュ:  3月15日(日) 19:00 - 

《Petit Monster appeared in Paris - Vernissage》
JUNICHI KAKIZAKI 2011
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab. 





JUNICHI KAKIZAKI  PETITS MONSTRES DES FLEURS DE PARIS Ⅱ (Poster)
Design by Umlaut France
2020 (C) Umlaut Records / JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.







協力: ウムラウト・パリ
主催: ギャラリー・レ・ヴァンシス・シェーズ
サポート: ナオ ナカムラ

























JUNICHI KAKIZAKI: 
PETITS MONSTRES DES FLEURS DE PARIS Ⅱ


《Prickly monsters discussion》
JUNICHI KAKIZAKI 2011 
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab. 



March 13 -18 2020

Open 1pm - 6pm

Galerie les 26 chaises
47 rue Polonceau 75018 Paris


Entrance free



Nine years have passed since Junichi Kakizaki's solo exhibition in 2011. Now the monsters have landed in Paris again.
*The show includes work in progress from 13 to 15. Previous 13-15, Official open is the 16-18.





《Prickly monster》JUNICHI KAKIZAKI 2011
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab.






Vernissage: March 15 (Sun) 7:00 p.m.-

《Petit Monster appeared in Paris - Vernissage》
JUNICHI KAKIZAKI 2011
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab. 





JUNICHI KAKIZAKI  PETITS MONSTRES DES FLEURS DE PARIS Ⅱ (Poster)
Design by Umlaut France
2020 (C) Umlaut Records / JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.






Cooperation with Umlaut France
Organization with Galerie les 26 chaises
Support by naonakamura



























JUN'ICHI KAKIZAKI: 
PETITS MONSTRES DES FLEURS DE PARIS Ⅱ


《Prickly monsters discussion》JUNICHI KAKIZAKI 2011 
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab. 





du 13 au 18 mars 2020

Ouvert 13:00 -18:00

Galerie les 26 chaises 
47 rue Polonceau 75018 Paris




Neuf années se sont écoulées depuis l'exposition solo de Junichi Kakizaki en 2011.  Maintenant, les monstres ont de nouveau atterri à Paris.
* Le spectacle comprend les travaux en cours du 13 au 15. L'aperçu est de 13 à 15 jours et la sortie officielle est de 16 à 18 jours.





Entrée libre




《Prickly monster》JUNICHI KAKIZAKI 2011
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab.





Vernissage: 15 mars (dim) 19:00-

《Petit Monster appeared in Paris - Vernissage》
JUNICHI KAKIZAKI 2011
Artwork_Junichi Kakizaki  Photo_Joji Okamoto 
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab. 






JUNICHI KAKIZAKI  PETITS MONSTRES DES FLEURS DE PARIS Ⅱ (Poster)
Design by Umlaut France
2020 (C) Umlaut Records / JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.





Coopération avec Umlaut France
Organisation avec Galerie les 26 chaises
Support par naonakamura

























 


IKI - KARMA
JUNICHI KAKIZAKI + SU-EN
Film screening in the Bank Hall
Dansmuseet

《Karma》#1, #2 JUNICHI KAKIZAKI 2018
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE + PEALab.
photo: Joji Okamoto


11月19日〜24日 スウェーデン ストックホルムのダンスミュージアム(バンクホール)に於いて、昨年 長谷寺でのパフォーマンス インスタレーション《赤いカルマ | IKI - red karma》の様子をドキュメントしたフィルムが上映されます。パフォーマーはSU-EN、リチャード・ハート。コンセプトとアートは柿崎順一、撮影は三野綾子。博物館の開館時間中一週間ノンストップで上映されます。 


会期:2019年11月19日(火)〜24日(日)

会場:ダンスミュージアム 
(ストックホルム) バンクホール
ドロットニンガータン 17、ストックホルム スウェーデン

ダンスミュージアム (ストックホルム) ©️OlfP/ Flickr

開館時間:

火曜日〜金曜日11:00〜17:00
土曜日〜日曜日12:00〜16:00


入場料:
大人 120 スウェーデンクローネ
シニア 80 スウェーデンクローネ
学生 80 スウェーデンクローネ
0〜18歳 入場無料





振付、衣装:SU-EN
コンセプト、美術:柿崎順一
パフォーマー:SU-EN、リチャード・ハート、岡澤慶澄、柿崎順一
助手:佐藤武彦、宮川理恵子、清水忍、チャン・アイン、佐藤由里子
ポスターデザイン:永田傑

映像制作、編集:スエン舞踏カンパニー
映像撮影:三野綾子


《IKI - karma》#1, #2 JUNICHI KAKIZAKI + SU-EN 2018
©️SU-EN Butoh Company / JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
Photo: Joji Okamoto




詳細情報



























IKI - KARMA
JUNICHI KAKIZAKI + SU-EN
Film screening in the Bank Hall
Dansmuseet

《Karma》#1, #2  JUNICHI KAKIZAKI 2018
©️JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
photo: Joji Okamoto



November19-24, film screening of "IKI - karma", from Hasedera temple at the Dance Museum in Stockholm. With SU-EN, Junichi Kakizaki, Richard Hart and collaborators. Film shooting by Ayako Mino.
Screening during museum opening hours. 


Period: November 19 (Tue)-24 (Sun), 2019

Venue: Dance Museum
 (Stockholm) Bank Hall
Drottninggatan 17, Stockholm Sweden

Dansmuseet (Stockholm) ©️OlfP/ Flickr

Open:
Tuesday-Friday 11:00-17:00
Saturday-Sunday 12:00-16:00


Admission:
Adult 120 SEK
Seniors 80 SEK
Students 80 SEK
0-18 years Free Admission




Choreography and Costume: SU-EN
Concept and Art: Junichi Kakizaki
Performance: SU-EN, Junichi Kakizaki, Richard Hart, Keicho Okazawa 
Project assistant: Takehiko Sato, Rieko Miyagawa, Shinobu Shimizu, Tran Anh, Yuriko Sato
Poster design: Takashi Nagata

Film produce and edit: SU-EN Butoh Company
Film shooting: Ayako Mino


《IKI - karma》#1, #2 JUNICHI KAKIZAKI + SU-EN 2018
©️SU-EN Butoh Company / JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE+PEALab.
photo: Joji Okamoto




More info


























《Destiny | 宿命》JUNICHI KAKIZAKI 2019  

Photo: Memi Kakizaki ©JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.

 

 

長野県芸術監督団事業
 
Shinbism 3
Exhibition 
 
The Artists Selected From the 
Shinshyu Museum Network
 
柿崎順一
今、ここにあるものとともに
 

 

《Noname | ノーネーム》JUNICHI KAKIZAKI 2011
Artwork: Junichi Kakizaki 
Photo: Joji Okamoto
 © JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab. 

 

 
 
 
2019年 11月 9日 (土) ~ 24日 (日)
 
一本木公園展示館 / 一本木公園石畳、英国式庭園
〒383-0012 長野県中野市一本木495-6
電話番号 0269-23-4780
 
開館時間:9:00~17:00 
※11月23日(土)はナイトミュージアム開催のため夜20:00迄開館

休館日:会期中無休

入場無料

アクセス:北陸新幹線=長野駅>>長野電鉄線=中野松川駅下車>>一本木公園まで徒歩5分 / お車で長野自動車道=信州中野I.C出口>>一本木公園まで約10分
 
 
 
 
 
主催
一般財団法人長野県文化振興事業団、長野県
共催
信濃毎日新聞社、安曇野市、安曇野市教育委員会、上田市、上田市教育委員会、中野市、中野市教育委員会、一般社団法人一本木公園バラの会、茅野市美術館、茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造
後援
長野県教育委員会、佐久市、佐久市教育委員会、小海町、小海町教育委員会、軽井沢町、軽井沢町教育委員会、東御市、東御市教育委員会、岡谷市、岡谷市教育委員会、諏訪市、諏訪市教育委員会、茅野市、茅野市教育委員会、伊那市、伊那市教育委員会、辰野町、辰野町教育委員会、木曽町、木曽町教育委員会、松本市、松本市教育委員会、須坂市、須坂市教育委員会、小布施町、小布施町教育委員会、山ノ内町、山ノ内町教育委員会、心の花美術館in上田、田中本家博物館、公益財団法人八十二文化財団、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、朝日新聞長野総局、中日新聞社、毎日新聞長野支局、読売新聞長野支局、産経新聞長野支局、日本経済新聞社長野支局、株式会社まちなみカントリープレス
 

 

《Drowned Body | 溺れた肉体》JUNICHI KAKIZAKI 2006 - 2019
Artwork: Junichi Kakizaki
Photo: Joji Okamoto
 © JUNICHI KAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab. 

 

 
 
 
 
                                
今、ここにあるものとともに
「生きている間に、死ぬことを考えるのはよいこと」
ふん?と、テレビに目をむけた。樹木葬を取材したドキュメンタリー番組の最後、霊園を管理する花屋の言葉である。あっという間に咲いては枯れる花を日々の生業とする人びと。彼らは自然科学の視線を超えて、哲学の領域で物事をとらえる人たちかもしれないと思った。柿崎順一は、その代表者といえるだろう。柿崎は、現代美術に花飾の表現を取り入れ、世界を舞台に活躍する作家である。生命のサイクルの一場面を切り取ったかのような作品は、「花を通して命の尊さと儚さを感じることができる」と定評がある。また、萎んだ花、枯れた花にとどまらず、赤いリボンや廃棄物によるインスタレーションにみられるように、ありのままの現実、社会のなかに美しさを見出そうとする。徹底した現実主義に軸足を置きながら、構成力によって幻想的で静謐な世界観をつくりだす。その落差に私たちは幻惑され、美しさを感じるのだ。柿崎がフラワーアーティストの領域を超えて、新たな世界へと歩みを進め、あるいはこの地の子どもたちとどのようにかかわってきたのか、鍵と目する人びとを通してその軌跡を追った…

伊藤 羊子 (一般財団法人長野県文化振興事業団 学芸員)

                                
 
 
 
 
展示作品  《タイトル》 制作年  (形態、メディア、等)
 
①《Destiny | 宿命》2019(インスタレーション、ランド / エンバイロンメンタル)
②《Suzushiro family | 清白一家》2019 (スカルプチャー、プランツ)
③《NEPROJECT | 根プロジェクト》2019(インスタレーション、プランツ)
④《Red Lineage | 赤い系譜》2019(プロジェクション、ビデオ)
⑤《Blood and Thorns | 血と棘》2019(スカルプチャー、プランツ)
⑥《Rosehip | バラの実》2019 (スカルプチャー、プランツ)
⑦《Mountain of passion | 受難の山》2019(スカルプチャー、プランツ)
⑧《Drowned Body | 溺れた肉体》2006 - 2019(スカルプチャー、フラワー / プランツ)
⑨《Entrance sign of Shinbism 3 | シンビズム3エントランスサイン》2019 (スカルプチャー、レディ・メイド)
⑩《Winding Road | 曲路》2019(インスタレーション、フラワー)                       ⑪《METAPHOR》2019(エディトリアル、ブック)
 
                                
 
 
 
 
 
 
 
Event
 
ギャラリートーク
作家、学芸員によるギャラリートーク」
日時:2019 年 11 月 9 日(土)13:30~
場所:一本木公園展示館/中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアム
アーティスト:柿崎順一、榊原澄人、増田洋美
※ギャラリートーク観覧を希望される方は、当日12:30迄に一本木公園展示館の正面玄関にお集まりください。
   
一本木公園     
「ナイトミュージアム」
日時:2019 年 11 月 26 日(日)17:00~20:00
場所:一本木公園展示館/中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアム/一本木公園石畳
 
 
                                     
 
 
 
 
図録販売
展覧会図録
「シンビズム3  信州ミュージアム・ネットワークが選んだ作家たち」
出展作家の作品と学芸員による解説などが収録されている図録を販売いたします。
仕様:A4サイズ、全112ページ
価格:1,000円 (税込)
取扱い美術館:シンビズム開催中の美術館および全ての会場
一本木公園展示館 / 中野小学校旧校舎・ 信州中野銅石版画ミュージアム、安曇野髙橋節郎記念美術館 旧高橋家住宅主屋・南の蔵、上田市立美術館、茅野市美術館
 
 
 
 
>>柿崎順一プロフィール
2019 ©️ JUNICHIKAKIZAKI HANA OFFICE +PEALab.
Photo: Joji Okamoto