小野寺修二ワークショップ開催しました! | 社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

1980年設立。おかげさまで2018年4月に創立38周年となりました。
江副悟史代表のもと、ろう者18名、聴者1名で活動しています。
手話狂言、視覚演劇、ムーブメントシアター、手話教室、視覚ワークショップ等...
東京都品川区のトット文化館を拠点に活動を展開しています


テーマ:

作品制作ワークショップ第二弾は
小野寺修二さんをお迎えして「身体表現」。

 


1日参加OKのAコース(8月14、15日)は両日とも26名の参加。
ほとんどが2日間連続、という人気コースでした。

 

そして、聞こえる人、聞こえない人、ほぼ同数。
手話を使う人、声を使う人、が通訳を介さず、コミュニケーションを取りながらワークをしました!

4人で一緒に動いたり、一列に並んでさまざまに動きながら歩いたり。


2人で触れ合ったり、同じ動きを同時におこなってみたり、


最後には作品発表。

 

ろう者とはじめて会うという方も多く、

当初あった戸惑いが最後にはすっかり消えて笑顔と拍手でいっぱいとなりました。

 

 

日本ろう者劇団さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス