渡辺えり 「演技」ワークショップのお知らせ | 社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

1980年設立。おかげさまで2018年4月に創立38周年となりました。
江副悟史代表のもと、ろう者18名、聴者1名で活動しています。
手話狂言、視覚演劇、ムーブメントシアター、手話教室、視覚ワークショップ等...
東京都品川区のトット文化館を拠点に活動を展開しています


テーマ:

ろう者・難聴者の演技表現の向上を目指すワークショップ企画。 

大好評をいただいた昨年に続いて再び、渡辺えり氏を講師にお迎えします。(昨年の様子) 

劇作家、演出家、俳優、歌手…第一線でマルチに活躍する渡辺氏から演技指導を受けるチャンス! 

ご参加お待ちしております。 (手話通訳あり) 

 

◆日時 7月20日(金)18時30分~21時30分 

◆会場 トット文化館1階  

東京都品川区西品川2-2-16 

(JR「大崎」駅南改札口を出て右側。新西口から徒歩8分) 

 

◆対象者 ろう者・難聴者 

 舞台に立った経験のある方・演劇スキル向上に意欲のある方ならば、プロ・アマを問いません。

◆参加費 1000円 

◆定員 15名程度(先着順) 

 

◆申込み方法 メールフォーム 

https://mailform.mface.jp/frms/jtd/j9yynbs13bea

 FAX:03-3779-0206 

 

◆お問合せ 

社会福祉法人トット基金 日本ろう者劇団ワークショップ担当 

〒141-0033 東京都品川区西品川2-2-16 

HP: http://www.totto.or.jp/ 

TEL:03-3779-0233 

FAX:03-3779-0206 E-mail:jtd@japan.email.ne.jp 

 

文化庁委託事業「平成30年度戦略的芸術文化創造推進事業」(共生社会実現のための芸術文化活動の推進) 

主催:文化庁、社会福祉法人トット基金 

制作:社会福祉法人トット基金

 

 

<プロフィル>

山形県生まれ。劇作家、演出家、俳優、歌手、おふぃす3〇〇、渡辺流演劇塾を主宰。日本劇作家協会副会長。1983年「ゲゲゲのげ」で岸田國士戯曲賞、1987年「瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙」紀伊國屋演劇賞個人賞、映画「shall we ダンス」で報知映画賞助演女優賞、1997年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。渡辺流演劇塾では若手の育成に力を注いでいる。本年6月新作「肉の海」本多劇場で公演。観客を魅了し絶賛された。毎年コンサートを開き、歌手活動も続ける。

日本ろう者劇団さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス