「見る・聴く・ワークショップ」7月WSご案内 | 社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

1980年設立。おかげさまで2018年4月に創立38周年となりました。
江副悟史代表のもと、ろう者18名、聴者1名で活動しています。
手話狂言、視覚演劇、ムーブメントシアター、手話教室、視覚ワークショップ等...
東京都品川区のトット文化館を拠点に活動を展開しています


テーマ:

文化庁助成「次代の文化を創造する新進芸術家育成」事業

===========================
英国において身体障害の方々とともにコンテンポラリー・ダンスの振付や教育活動を行ってきたアダム・ベンジャミン氏によるワークショップ。

このワークショップでは「肌を通してお互いを聴く」ことを紹介します。

パフォーマーの身体的な自信とスキルを高め、表現を身につけるワークショップです。

アダム氏は英語を話しますが、日本手話通訳が付きますのでご安心ください。


 

◆講師◆
アダム・ベンジャミン氏

1991年、身体障害を持つダンサーとともに「Condo Co」ダンスカンパニーを設立。共同芸術監督を経て、現在、プリマス大学(英国)のシアター・パフォーマンス部講師な、伊藤キムなど多くのアーティストたちとのコラボレーションを行うほか、スコティッシュ・ダンスシアター、ストップギャップなどのカンパニーへの振付を行う。日本でも障害を持つダンサーとのワークショップを多数行う。

 

◆日程◆
7/19(水) 19:00-21:00  
7/20(木) 19:00-21:00  

7/21(金) 19:00-21:00  

※3日目だけの参加は見学になります。

 

◆場所◆
トット文化館 (JR大崎駅から徒歩7分)
品川区西品川2-2-16

 

◆受講料◆
1日1000円 (都度、受付にてお支払いください)

 

◆お申込み先◆

オンラインで申し込みが可能です↓

https://mailform.mface.jp/frms/jtd/siycidbpllx8


jtd@japan.email.ne.jp 日本ろう者劇団 育成WS担当

1) 氏名
2) メールアドレス
3) FAX・電話番号
4) 舞台経験の有無(ある方は簡単にお知らせください)
5) 参加希望の日

ひと味違ったワークショップを体験しましょう!
多くの応募をお待ちしております☆

 

 

 





 

日本ろう者劇団さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス