日経新春杯  | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

日経新春杯 
芝2400m 


年明け初めて関西圏で行われる古馬の中距離重賞。
今年で65回という長い伝統を誇るが、
ハンデ戦のためバリバリのトップクラスが参戦することは稀だ。
GIIではあるものの実績面のハードルが低く、
「格より勢い」という傾向が見られるのが最大の特徴である。


 過去10年を参考にする。

★1番人気 【2 4 1 3】で勝率20%、連対率60%、複勝率70%。
絶対的な存在ではないが、一昨年シュヴァルグラン2着、
昨年ミッキーロケット1着で2年連続連対中。

★トップハンデ トップハンデ馬の成績は【1 1 2 10】。
勝ったのは12年のトゥザグローリー(58・5キロ)。
昨年は58キロを背負ったレーヴミストラルが10着、
ダコールが13着に敗れている。

★年齢 連対馬20頭を見ると、4歳が6勝2着5回で最多。
5歳が2勝2着4回、6歳が1勝2着1回、7歳が1勝となっている。
8歳以上の連対はなく、アクションスター、
トルークマクト、ヒットザターゲットは厳しい。




日経新春杯調教採点



1位 ロードヴァンドール A

走りづらい状態のCウッドで外を回って好時計。好調維持



2位 ガンコ A

体重の軽い酒井騎手が乗ったとはいえ素軽い動き




3位 カラビナ A

追走した分、半馬身遅れたが動きは鋭い。体調が良さそう

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス