競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

ホープフルS 
芝2000m 
同じ条件のオープン特別の名前を流用しているのでまぎらわしいが、
正確な位置付けとしては、阪神で行われていた
ラジオNIKKEI杯2歳Sの流れを汲む後継重賞で、今年で34回目を迎える。

前身の時代から数多のクラシック馬を輩出する出世レースとして知られたが、
リニューアル3年目となる昨年の勝ち馬レイデオロが今年の日本ダービーを制覇。2
歳戦屈指の重要レースとしての伝統に変わりはなく、
満を持して今年からGI昇格となった。ここでは、
ラジオNIKKEI杯2歳Sを含めた過去10年の結果から傾向を探ってみることにする。




ホープフルS調教採点


1位 ジャンダルム S


栗東坂路でいっぱいに追われ4ハロン52秒5、
ラスト12秒1を。
好時計で併走馬に2馬身先着し、文句なしの動き。




2位 ジュンヴァルロ A



栗東坂路で55秒1-13秒2をマーク。
先週水曜に実質的な最終追いを消化したが、脚取りは軽快だった。





3位 タイムフライヤー A



栗東坂路で併入。4ハロン52秒7、
ラスト12秒6を計時し、
動きは柔らかく好気配を示す。





<ホープフルS>

 中山芝2000メートルで行われるようになった直近3年間を参考にする。

★人気 1番人気は【1・1・0・1】
で勝率33・3%、連対率、複勝率66・7%だが、絶対的な信頼は置けない。ただ、勝ち馬はすべて3番人気以内で、無謀な穴狙いもしづらい。2着の穴を探すなら【0・2・0・1】の8番人気か。

★前走着順 前走1着馬は【3・3・3・15】。
3着以内の馬はすべて前走で勝っていた。前走が2着以下だった馬は割り引き。

★枠番 5枠が2勝でトップ。次いで2枠の1勝。
3着の穴は【0・0・2・4】の4枠。

★毛色 鹿毛が【3・1・1・16】
で、勝ち数、勝率14・3%、連対率19・0%はトップ。
黒鹿毛が【0・1・2・9】で、複勝率25・0%はトップ。

★脚質 4コーナーで先頭の馬は1頭も馬券に絡んでいない。
2番手の馬も同様で、逃げ脚質の馬は苦戦。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

JRA日本丸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。