忘れてかけてたモノ。。。 | 鄭大世オフィシャルブログ「Wer zuletzt lacht,lacht am besten」Powered by Ameba
2012年07月31日(火) 08時53分00秒

忘れてかけてたモノ。。。

テーマ:ブログ
今日は休みでした。


デュッセルドルフのトモダチの家で寝て半日はソファーの上で休みを堪能し、
オランダのアウトレットにいきーの、
デュッセルドルフでメシくいーの久々に顔合わせーのです。


嫁ぎません。


さーせん
photo:01
2日前まで信じられないぐらいの気温だったんですっかりサマーな僕の服装だけどもあまりの寒さに風邪ひきそうでした。


でもひきませんでした。

さーせん


凄く豪華なメンバーですね。


それぞれしっかり欧州で結果だしてステップアップしてる選手ばかりです。


ウッチーはこっちにきて巡ってくるチャンスをしっかりモノにして今のシャルケでの地位を築いてるし、


川島永嗣 さんもゴールキーパーというヨーロッパでは轍の無いなか今回ベルギーの強豪クラブへと移籍を果たしました。


長谷部 はもう説明するまでもないし、
日本で電車に乗ると駅に着くたびに長谷部とキャプテン翼のツーショットを羨望の眼差しで見つめてました。

この細い目で。


さーせん


ここまでは代表ですでに名を馳せてる選手達ですが、
特筆すべきは細貝萌 選手です。

一歩一歩自分のスピードで着実に海外の階段を登っていってます。

同じブンデス2部出身だってことで何度かブログでも紹介しましたが、今ではドイツの名門レバークーゼンで新たな挑戦をしてます。


アウグスブルグ2部→1部昇格→日本人ドイツ最多出場→レバークーゼンへレンタルから戻っていきました。

この順調すぎるほどのステップアップも本人の能力としっかりとしたブレないメンタルの強さからくる物だと思ってます。

しっかりしてて人間的にも本当に尊敬できます。


そこで自分に目を向けてみると。。。


半年前はケルンという名門にステップアップできたけどろくに試合も出れずあっさり半年で降格して振り出しに。



自分ももう29の年です。



サッカー選手としては完全にベテランの域ですし、チームからは経験を要求されます。



これからは一年一年が更に噛み締めるべき貴重な時間に変わってきます。




香川がマンチェスターU、この写真の選手達はもちろんの事、オリンピックの選手達も躍動してるから数人はビッグクラブへ移籍するでしょう。



そんな姿を見ていて自分を振り返ると、ドイツに挑戦して正直最初の半年以降はうまくいってません。


フロンタ-レ時代のゴールへの剥き出しの意欲もゴールに向かう積極性も、、、



ケルンにきてから周りに遠慮してパスを選択する事も多く、イージーミスで周りからため息をつかれる事も少なくありません。



自分では頭の中から振り払おうと必死ですが、やっぱり過去のキャリアの上にあぐらを書いてる自分がいるのかもしれません。


自分にはJリーグでの結果がある。

ワールドカップにも出場した。


そんな考えは今の俺には何の役にもたってない。

サッカー選手、同じピッチで誰がその刹那にどれだけのパフォーマンスを見せれるかが全て。


いつまでも絶えることのないゴールへの意欲。
誰になんと言われ様がゴールを奪おうとする野性的な強欲。
世界のトップレベルへの向上心。


見失っている自分らしさが多いです。


ヨーロッパで活躍してる日本人選手は昔からアンダー代表に入るようなエリートが順調に成長してここまできてるけど、


俺は違う。


そこをもっと自分に言い聞かせなきゃいけないと思う。



中学生の時に試合を出来るスペースも到底無いグランドで部活をやっていて地区2回戦で負けるようなチームでも必死でボールを追っかけた事。


砂浜の様のグランドで毎朝誰よりも早くきて毎日シュート練習で疲れ果てて全国大会もほど遠かった高校時代。


東京都3部から始まってプロを目指してます。なんて恥ずかしくて口が裂けてもいえないような場所でスタートした大学時代。



すべて満足できる環境もコネもなかったけどそれまで過ごしてきた時間と人との出会いは自分に取って宝ものそのもの。


だからこそ俺は下手くそだけどここまで来れた事に間違いはない。



他の選手に無い物があったからこそここまで来れたし、それらは辛い学生時代から得たものそのものだから。



周りの選手達は心から尊敬してるけど、だからこそ俺は彼らに負けちゃいけない。



俺は血統書付きの純血の犬じゃなくて雑種として雑草魂と反骨心でここまで登ってきたから。


まだ上まで行ける。行かなきゃ行けない。


ここで後ろを振り向く訳にも行かない。



ここで振り向いたら日本から送り出してくれたフロンタ-レのみんなにも後援会のみんなにも恩師や学生の頃のチームメイトにも合わせる顔がない。


年齢なんて関係ない。
限界は自分自身が作り出す偶像に過ぎない。

俺の好きなラッパーのG.Cueの歌詞で頭の中でいつも繰り返し再生される歌詞。

「ボンクラがまくるエリート」

ぜってーまけねー!

誰にもまけねー!!横の奴を引きずってでも前に進んでやる!!

どんな壁も絶対ぶっ壊してやる!!

なんか単なる熱血バカかもしれないけどそれ自体がやっぱ俺の長所だから、周りをいかそうだとか、技術でかわそうとかもう考えないようにする。


短所を直すんじゃなくて、長所で突き進もうと思います。



今日みんなに会って改めて自分自身のあるべき姿を自覚できる事ができました。


これもまた出会いから得られる大きな財産。



この気持ち大切にしていこう。

と書きなぐりながら自分に言い聞かせてます。


また明日から頑張ろう。



チュース(`ε´)/


iPhoneからの投稿

チョン・テセさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース