井岡一翔、当地で公開練習 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井岡一翔、1年5か月ぶり試合が米国デビュー戦「全く問題ない。体作り直した」当地で公開練習

2018年9月6日8時6分  スポーツ報知

  • 米国デビューを控える井岡一翔(右)は名トレーナーのイスマエル・サラス氏を7年ぶりに師事
 

  ◇プロボクシング▽スーパーフライ級(52・1キロ以下)10回戦 WBA世界同級2位・井岡一翔―WBC同級3位・マックウイリアムス・アローヨ(8日、米ロサンゼルス)

 昨年大みそかの引退表明を撤回し、8日(日本時間9日)に米国で復帰戦に臨む元世界3階級王者・井岡一翔(29)=SANKYO=が5日、当地のジムで公開練習を行った。数分前に対戦相手のアローヨ(プエルトリコ)が練習を終えて引き上げた後、井岡はイスマエル・サラストレーナー(61)へのミット打ちや、シャドーボクシングなどで軽快な動きを見せた。

 慣れ親しんだフライ級から一階級上げ、1年5か月ぶりの試合が米国デビュー戦となるが、ブランクについては「練習を始めた時の方が感じたが、今は全く問題ない」ときっぱり。「体を作り直し、少しずつ変わってきた実感がある。強さを証明するのにアローヨは、いい相手」と自信を見せた。

 リング外では、昨年5月に結婚した妻で歌手の谷村奈南(30)との離婚危機が今夏、一部で報じられたため、この日はマネージメント事務所関係者が報道陣に対し「ボクシング以外の質問はしないで」とピリピリ感が漂った。一方で、井岡は「いい試合のチャンスをもらえた。自分は“持っている”と思う」と笑顔。目標に掲げる日本人初の世界4階級制覇へ、まずは本場・米国のリングで結果を出す。

 

トレーナー、サラスさんですか。一時期タイで世界チャンピオンを沢山作り日本のジムが呼んだ?んですよね。でも日本ではタイほど世界チャンピオン作ってませんよね。一番驚いたのは、坂本選手にフリッカージャブを主軸として畑山戦を戦わせた事ですね。最近では村田さん指導してませんでしたっけ?ガンボアのトレーナーもしてましたね。

果たして井岡を今までのスタイルのままで行かせるのか?サラス式に変えて来るのか?個人的にはサラスの教えるボクシングは日本人には合わないんではないか、と素人は思う。TBSは映らなないので来月CSでやるだろうからそれまで待てたら待とう。

 
 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス