田中恒成、死闘覚悟でKO宣言を封印 3階級制覇へ「きつい試合になる」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

 

KO宣言を封印 3階級制覇へ「きつい試合になる」

「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 世界最速タイの3階級制覇を目指す田中恒成(23)=畑中=が3日、WBO世界フライ級王者木村翔(29)=青木=とのタイトルマッチに向け、名古屋市北区の畑中ジムで練習を公開した。恒例のKO宣言をせず、日本人対決の死闘への覚悟をにじませた。

 手にした2本の世界のベルトは、いずれも王座決定戦だった。初めて挑戦者として上がる世界戦のリングは、日本人対決。田中が公開練習の冒頭、「きつい試合になる。倒すということに重点は置いていない。自分との闘い」と緊張感をみなぎらせた。

 畑中清詞会長(51)も「ひりひりするような試合になる」と激戦を予想する大一番。田中が、武器に挙げたのが「自信あります」というスピードだ。スパーリングでは言葉通り、左右に回り込み、連打をたたき込んだ。王者の持ち味を「スタミナ、パワー、メンタル」と次々に挙げて敬意を示したが、最後は「心を折りにいきます」とニヤリ。死闘の先に、世界最速タイとなるプロ12戦目での3階級制覇を、しっかり見据えている。

 

CBCテレビ中継は生ですが配信はいまのところ無さそう。田中選手ちょっと遅れて9月に卒業だそうで忙しいですね。文武両道の世界チャンピオン。今度は挑戦者としてですか。最速3階級の記録よりも記憶に残る試合期待しております。もちろん両者に。それにしても9月になったばかりだとおもったら試合まであと20日早いですな~

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス