社会派Dr.Naruのブログ

病気で悩む方が少しでも笑顔の時間を増やせるように努めています。

健康な人には病気で悩む人の気持ちはわかりません。

私も小児喘息でやりたい運動の制限があったり、

怪我で入院し手術を受けたこともありました。

患者さんの立場からの医療を目指して…


現在、お年寄りや病気の方には辛い世の中です。

少しでも支えになりたいと思っております。


ちなみに私は17代目の医者で根っからの医者家系…

人々の支えになることが天命だと思っております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

医療従事者のことも…

やっと政府も色々と動き始めましたが、

経済の問題もありGoTo事業の軽めの規制や、

軽めの要請をする方針を出してきています。

 

確かにお店を営む方や旅行関係者、

それだけではなく様々な業者が厳しい状況です。

 

しかし実際にあったクラスターで、

何十人規模のクラスターなのに、

症状がある人が殆どいないということもあり、

自分は感染しないとかではなく、

自分が感染しているかもしれないという気持ちでいて欲しいです。

 

医療従事者はみんな大変な思いをしています。

特に重症者を扱う医療従事者は、

3月からずっと重症者の対応をしているにも関わらず、

病院の収益が落ちているために

減給になったりボーナスが支払われないということが起きています。

 

日々、患者さんのために、

そして自分の感染防御に必要以上神経を使い、

本当に大変な思いをしているのに何も報われていません。

 

さらに現場で働く者は本当に自粛生活も続けています。

自分たちは遊びも我慢して、

人のために一生懸命働き、

精神的にも限界を迎えているのに、

何も考えず遊んでいる人たちのために大変な思いをしている。

 

東京都は重症者が50人台と言っていますが、

東京都は重症者の基準が他県と基準が異なるため、

他県の基準に合わせると150人を超えると言われています。

 

政府はこんな調子なので、

一人一人が現在の医療現場の深刻な状況。

そしてこれから感染拡大が続けば、

近い将来に医療は確実に崩壊します。

 

するとコロナとは無関係な患者様も困る事態になります。

もうすでになっていますが…

今、政府がやるべきコロナ対策

急に新型コロナ感染者が増えたことで、

慌てて政府が色々と動き出しましたね。

 

具体策ははっきりとしていませんが…

専門家の分科会でも政府の立場を考えた甘いコメントですし…

 

GoToが感染拡大に影響しているエビデンスがないなんて…

 

日本政府の悪いところは自分たちの失敗を認めないところですね。

自分のケツも拭けない人が国民の税金を預かる資格はないと思います。

 

以前からも何度も書いているように、

感染症対策は早目早目に如何に対策をするかが重要です。

 

よって今からの対策では遅いので、

まだまだ感染拡大は深刻になるでしょう。

 

会見では3週間は自粛をみたいなことを言っていましたが、

医者の立場で言うと4週間必要です。

実際に今までの対策は3週間で終わっており、

結果的に抑えきれておらず、

以前からもう1週間延ばせばと書いていました。

 

兎に角人の流れを止めないといけないので、

GoToなんて今すぐすべてやめないと、

予約をした人は一部キャンセルすると思いますが、

半分以上は行くでしょう…

 

それでは感染拡大を抑えられません。

1か月はロックダウンさせて、

その間の保証をしっかりやることで、

後々の経済の復旧がより早くできるということに何故気づかないのか…

 

感染者が増えれば検査も増えます。

実は検査費は保険適応の場合は公費で行わわれます。

これだけでもかなりの費用です。

 

感染者数も地域差があるため知事に任せるというのもわからなくはないが、

今の漠然とした対策ではなく、

もっとはっきりした方針を決め、

知事に丸投げではなく、

協力して対策を決めるとしないと…

 

まさに日本の縦割り行政の弱点ですね。

これを機会に日本の行政の在り方も根本的に考えるべきでしょう。

 

医者は厚労省が嫌いな人は沢山いますが、

今回ばかりは不眠不休で頑張って頂いていたそうで、

今まで否定的な事を言ってきたことは本当に反省しています。

 

ただこのままでは医療は本当に大変なことになり、

自分は大丈夫という若者も、

自分たちの行動が後々多くの人に影響を及ぼしているということを知って行動して頂きたいです。

当院もコロナ対策のために

B-spot治療が出来ず多くの患者さんが苦しんでおります。

 

自分たちの行動が多くの人に影響を及ぼしているということ…

前にも書きましたが自分は大丈夫ではなく、

自分が感染している可能性があると考えて行動を控えて頂きたいです。

 

因みにコロナの後遺症に脱毛があります。

それも2割の方に認められると…

自分が感染すると無症状でも

脱毛をきたす危険性もあると思えば出かけないのではないでしょうか…

終わりなきコロナ

東京都の感染者数を見て医療従事者は本当に辛い思いをしています。

 

確かに重症者の割合は以前より少ないのですが、

感染者数が増えれば自然と重症者は増えます。

 

医療機関内のクラスターも多く、

現場は毎日張り詰めた空気です。

 

医師会や専門家が警鐘しているように、

医療が崩壊すると、

医療を必要とするすべての患者さんに影響が出ます。

医療機関はコロナ対応もしていますが、

コロナ以外の患者さんの方が遥かに多いのです。

 

確かに経済優先も分かります。

自殺者の数の方が、

コロナの死者数よりも遥かに多いことも知っています。

 

以前からも書いているように、

1ヵ月きっちり皆さんが自粛すれば、

かなり感染拡大を抑えられます。

 

そうすれば年末年始も普通に楽しめる可能性もあります。

 

現状を放置すれば、

それも出来なくなるでしょう。

 

これを理解して、

もっと前にそれをしていれば…

 

もうロックダウンをしようがしまいが、

GoToを続けようがやめようが、

今後の経済は悪化する事は容易に推測できます。

 

今月の頭くらいから、

しっかり政府が一ヵ月と決めて休業要請をかけていれば、

掻き入れ時の年末年始を問題なく過ごせたかもしれなかったのに…

 

医療機関では皆んな私生活でも仕事でもずっと我慢してます。

そして遊び歩いて感染している方々の為に、

毎日防護服を着て頑張ってます。

 

入院を請け負っている医療従事者は

我々以上に苦しんでいます。

 

政府がやらぬなら、

本当に個々がしばし我慢をして頂きたいです。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>